« PCの新旧交代 | トップページ | エネルギーの使い方 »

ネットで見つけた恩師の姿

中学時代私の担任だったK・クララという、60年前としては非常に珍しいお名前の先生がいらっしゃいました。当時24歳の純然たる日本人です。

戦後私の田舎町にもカトリック系の学校ができたのですが、当時はカナダ人の運営する私立学校に入学する生徒は少なくクラスはたったの14名。それだけにアットホームな雰囲気のクラスで、教師は生徒を数名ずつ自宅に招待することもあったのです。

クララ先生のご自宅へ伺ってわかったことは、ご両親が熱心なクリスチャンで、一人娘である先生の(クララ)というお名前はクリスチャンネームと本名が同じと知りました。先生のお宅は旧いながらも当時は珍しい洋間で、知的な感じのお父様と、物静かなお母様だったことを今でも覚えています。

先日同窓会の案内書が届き、見ているうちにふとクララ先生を思い出し、PCに旧姓のまま打ち込んでみたところ、びっくり!。。。カトリック協会○○会のホームページの中にクララ先生の現在のお姿が載っているではありませんか。下にお名前がはっきりと記されています。考えれば私とは10歳と違わない年齢、お元気でいらっしゃるのは当然です。当時よりややふっくらされてはいますが、お顔立ちで一目で恩師とわかりました。やはりというべきか、カトリック協会の一員として過ごされていたのです。

珍しいお名前と、特殊な環境のおかげで、こんなにもあっさりと恩師の現在がわかるとは。。。あらためてPCの便利さを思い知りました。

P1120114

|

« PCの新旧交代 | トップページ | エネルギーの使い方 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCの新旧交代 | トップページ | エネルギーの使い方 »