« 映画〔人間の条件〕を観て | トップページ | 恥ずかしい言い間違い、覚え間違い(~_~;) »

懐かしのファッション

昨日とは打って変わった映画石原慎太郎原作の〔狂った果実〕を観ました。当時は私まだ高校生でしたから、こんな不良映画はご法度の時代。慎太郎の作品は、私の学校では禁止でしたから、もっと強烈なフランス映画などは観ていても、〔狂った果実〕は観てはいけなかった。。。というのが可笑しいですよね。happy01

世の中ヌーベルバーグとかいって同作家の〔太陽の季節〕とともに〔狂った果実〕は大変な話題作だったと思いますが、しかし、純情だった若い青年が恋を知り不良の兄に恋人を奪われボートで二人の命を奪うというラストシーンは洋画では特に目新しいものではなかったような気がします。

裕次郎も津川雅彦もまだ可愛らしい顔をしていて、北原三枝だけはいかにもベテラン女優の風格を放っていました。

北原三枝のファッションが懐かしいですね。私がセーラー服を卒業して身に着けたファッション、いわゆる〔落下傘スタイル〕というもので、スカートが花のように大きく広がる服で、私としてはこの時代のファッションが最も好きでした。女性が女らしさを表現できる華やかで愛らしいファッションだったと思います。などという半世紀も前のことを思い出しながら居眠り半分に観てしまいましたcoldsweats01

Himawari

ひまわり 熊谷守一

|

« 映画〔人間の条件〕を観て | トップページ | 恥ずかしい言い間違い、覚え間違い(~_~;) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画〔人間の条件〕を観て | トップページ | 恥ずかしい言い間違い、覚え間違い(~_~;) »