« 貰えば嬉しいというものではない(~_~;) | トップページ | 楽しい銭湯(^^ゞ »

芸術とはなにぞや・・・

私の好きなブロガーGさん〔爺さんではありません。ご自分ではオッサンとおっしゃってますがお若い方〕の7日付の記事を拝見して思わずにやり・・・

ブログ内の左コーナーにある〔痛いニュース〕という中にある記事を無断拝借してきました。

〔ドイツのオストワル美術館で、展示中のオブジェの模様を清掃員の女性が染みと間違えてふき取るハプニングがあった。 被害に遭ったのは、80万ユーロ(約8600万円)の価値があるとされる現代芸術家マルテイン・キッペンベルガー氏の作品〕

ということです。。。お気の毒に・・・と思ったのは消された作品ではなく、8600万円の作品を拭き消してしまった女性にです。

私も時々どう理解していいかわからぬ現代芸術に出くわします。鉄くずの山にしか見えないものや臭ってくるようなぼろきれの陳列。。。

昨年ある美術館で、グリコのおまけにあるような小さなお相撲さんの人形が100体以上列をなしていてその中の数体が転んでいる作品を観ました。私は〔この転んでいるお相撲さんは振動で転んだんですかね。それともこういう陳列ですか?〕と学芸員に聞いたところ〔さぁ、私が見たときはこうなっていましたのでそのままに。。。〕というのです。私がこの転んでいるお相撲さんを全部立たせたら芸術は成り立たない?という判断もあるわけです。でももし人の歩く振動で倒れたのなら直すべきではとも思いました。

私も小学生に毛の生えた程度の絵は描きますが、こと〔芸術〕なるとおおよそわけがわかりませんね。

5fe62b87bd02bf7325a00bdf7f2078ec8e5

いま ジャクソン・ポロック展を日本で開催中ですが、昔私が通った美術研究所の床も絵の具の飛び散りが芸術的といえば言えました。ヽ(^o^)丿

|

« 貰えば嬉しいというものではない(~_~;) | トップページ | 楽しい銭湯(^^ゞ »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 貰えば嬉しいというものではない(~_~;) | トップページ | 楽しい銭湯(^^ゞ »