« 楽しい銭湯(^^ゞ | トップページ | 〔愛しの座敷わらし〕を読む »

成長と貢献

数日前の新聞の小欄から一部を抜いた記事です。

〔人には安定感ー安定したい。 不安定感ー変化が欲しい。 重要感ー価値ある存在でありたい。 愛とつながりー愛されたい。 成長ー成長したい。 貢献ー何かに貢献したい。〕という6個の基本的欲求がある。この欲求の中で人生の本当の喜びは〔成長〕と〔貢献〕であり人は本来成長し、何かに貢献するために生まれてきた。

安定感、不安定感 重要感 愛とつながりだけでは自分の為だけの人生であり、それは根本的な喜びではない。〔成長し、貢献することが真の充足感、真の喜びにつながる〕ということです。。。

ピーター・セージ著〔自分を超える法〕という本の内容だそうです。

この短い内容の切り取りを読んだだけで深くうなづけるものがあり、この著書を読みたいと思いましたが、根がへそ曲がりで屁理屈ババァの私、皆がこの本の内容に共鳴し、成長はいいとして、世に貢献する人がやたら増えたら世の中にぎやかになるだけでは収まらないだろうな・・・という感想に至りました。

世に貢献する人というのはその役目〔宿命〕を担ってこの世に誕生したという私の考えは消極的すぎるのかな。。。

それに、72年間生きてきて、何一つ世のため人のために役に立たなかった。。。いまさらこの本を読んだところで遅いヮ。本買わない!〔ひがみっぽくもなってきました(+_+)〕

P1140673_213x320


F15号  手直し中 です(~_~;)

|

« 楽しい銭湯(^^ゞ | トップページ | 〔愛しの座敷わらし〕を読む »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しい銭湯(^^ゞ | トップページ | 〔愛しの座敷わらし〕を読む »