« 下手になったのは夫のせい! | トップページ | 言わんこっちゃない!!〔怒〕 »

燃ゆる妙義山

今が紅葉のピーク時ではないかと思う上毛三山の一つ妙義山へ出かけました。数年前に描いて、途中でほったらかしてしまった頂上付近の奇岩の雰囲気をもう一度確かめこんどこそ仕上げたいと思ったからです。。。

妙義山はたかだか1,104メートルという頂高ですが、日本三大奇勝と言われ、奇岩で成り立っている特徴的な山塊で、紅葉時は紅葉狩りの観光客はもちろん多くの写真家と画家を集めます。

今回も大勢の若い画家の卵たちが思い思いの場所に陣取って絵筆を奮っていました。一人に訊ねると千葉大美術部の生徒さんたちということで、三泊して妙義山の絵を仕上げるとのことでした。紅葉時の妙義山は若い画家たちのエネルギーに見合う格好の題材です。

P1150621_480x319

P1150622_480x319

金洞山

P1150623_480x319

P1150625_480x319

この雑なスケッチをタブローにするというふとい了見bleah

P1150628_480x319

白雲山

P1150630_480x319

P1150637_480x319

中之岳  観光客の車で町営駐車場はいっぱいでした。

P1150638_480x319

P1150641_480x319


この山の名前は?

P1150643_480x319

P1150646_480x319

P1150649_480x319

妙義山ホテルで遅い昼食と、日帰り入浴をして帰りましたnote

|

« 下手になったのは夫のせい! | トップページ | 言わんこっちゃない!!〔怒〕 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

名前の分からない山は、多分「金鶏山」だろうと思います。
表妙義の主稜線から、ポツンと東に離れている孤峰です。
この山を交わすために「妙義紅葉ライン」は大きく東へ迂回していますね。
間違っていたらお詫びします。

投稿: 風花爺さん | 2011年11月 5日 (土) 09時51分

風花爺さん様
ありがとうございました。そうです。中之岳付近の駐車場から戻る途中の右手に孤立した山です。
この山が金鶏山でしたか!
金鶏山という名前は麓のある地点からだとわかるのですが山懐に入ってしまうと方向感覚がなくなり、どれがどれやら。。。(苦笑)

妙義ホテル方向へ行くとこの山が金洞山を隠してしまうところがあります。場所によって形が違うので混乱しますね。

投稿: おキヨ | 2011年11月 5日 (土) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下手になったのは夫のせい! | トップページ | 言わんこっちゃない!!〔怒〕 »