« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

プリティー・ブライドを観る

柳の下にドジョウは2匹居ない、というのが正直な感想。。。

1990年制作、ジュリア・ロバーツ、 リチャード・ギア主演の〔プリティー・ウーマン〕が大ヒットし、2度目のヒットを狙ったつもりか9年後、同じ配役で、似通った題名。期待して観たのですが・・・時間も遅いせいか、映画が面白ければ決して寝ることがない私、途中で寝っちゃいました。

反目しあいながら惹かれあう男女が結局結ばれるという、ハリウッド映画お定まりのストーリーで、二人の主演者も9年前の鮮度は無く、この映画を観ながら前回の〔プリティー・ウーマン〕がいかに出来の良いラブコメティーだったかが比較されました。

〔プリティー・ウーマン〕でホテルの支配人をあれほど魅力的に演じた演じたヘクター・エリゾンドーという俳優も出演していましたが、彼の魅力がまったく生かされていないのも気に入らない。。。

2011年度を締めくくるテレビでの映画鑑賞としては物足らないものがありました。

Images

| | コメント (0)

迂闊もここまでくると・・・(ー_ー)!!

明日に何があってもおかしくはない年の私がいまさら家具を購入する羽目になった事情はあらためて書くことにして。。。今年最後の大失態!

数週間前に予約した洋服箪笥と整理ダンス2点が今日運ばれてきました。購入の際に〔家の階段は真っ直ぐではないので場合によってはつるし上げになるかもしれません〕ということを担当者に言っておきました。

案の定、両方ともセパレーツタイプではないので我が家の曲がりくねった狭い階段は無理。二階のベランダから家具をつるしてあげることになったのですが・・・ベランダを見上げていた2人の男性が〔奥さん、ベランダも無理のようですよ〕〔え!そんなはずはないですよ。だって以前にはもっと大きなものをベランダから入れたんですから・・・〕と言いながら外へでてみて愕然としました。

じつは5、6年前に、留守にしても洗濯物が雨に濡れないよう大きなひさしを取り付けたんですね。以前に家具をつるし上げたのはその前。。。夫はプールに行って留守。どうしよう・・・(;;;´Д`)ゝ

と考えても無理なものは無理。運んできた2人の男性は〔とりあえず家具は持って帰りますのでまた店の方と相談してください〕と帰ってしまいました。

プールから帰った夫に事情を話すと〔これは迂闊だったなぁ。俺もベランダのひさしはすっかり忘れていた。〕〔でも、ベランダの手すりは簡単にとり外せて家具は入れられたんだよ。。。〕〔。。。。〕肝心な時に居ない夫にむらむらと怒りが込み上げたのはいうまでもないこと。。。家具屋の担当者から、用をなさなかったことを謝罪する電話があり、私の方も平身低頭は言うまでもありません。

で、正月明けに仕切り直しということに。。。happy02

P1080148

群馬 白倉神社前の大天狗

| | コメント (0)

暮には何かが起こる我が家

この押し詰まった年の瀬によからぬことが起こるというのは、まぁ一口に言って日頃の行いのせいでしょうね。。。

昨日、夕飯の支度をしているとなんだか足元が変!敷いてあるマットがびしょ濡れになっているので、またお爺が畑から採ってきた野菜を洗う時水をこぼしたなとおもい、乾いたマットと取り換えました。数時間して、〔あれ!?〕また同じ場所が濡れている。。。おかしいなと思い蛇口の下の引き出しの奥を見ると水が溜まっていてそこからしみだしてきているのがわかり仰天!

すわ、一大事と思い、すぐに業者に電話したところ、幸いにもまだ休みに入っていなくて明日伺いますとのこと。

今日(28日)の午後修理の方が見えて、10年経って劣化した水道の蛇腹の部分を交換してもらい事なきを得ました。ほっsweat01

P1160433_480x319

普通会社は28日が仕事納めに入るところが多いのですが、このT大手企業の下請け メンテナンス会社は明日からお休みだそうで、危ういところでセーフ。。。私の日頃の行いが良いという証拠ですねscissors

ほんとうに助かりました。感謝!

| | コメント (2)

母の形見

大掃除は疲れますが嫌いではありません。なぜなら、普段雑用に追われて,こういうときにしか思い出の品や懐かしいものを、見たり触れたりすることってないじゃありませんか。。。

P1160431_480x319


亡母の腕時計。

30年前に亡くなった母の形見です。

私達夫婦が東京からこの地に会社ぐるみで転勤したときに、まだ元気だった母が東北の田舎から手伝いに見えた時がありました。 会社もまだ地元に馴染んでいない時期だったので、末端の仕事の人手が欲しく、輸出用の製品に入れるパンフレット折りなら、私や母でもできるということで夫が膨大なパンフレットを会社から持ってきたのです。急ぎということで母と二人山のようなパンフレットを折るアルバイトを数日間させられました。

その時の報酬が1万円。当時としては高報酬だったかと思います。明治生まれの母が生まれて初めて自分で働いて得たお金。。。で買ったものなので当然私が形見として受け取った懐かしい、懐かしい時計です。

| | コメント (0)

匂いと香りの違い

あるいはどーでもいい話かも。。。

最近テレビを観ていて気になる言葉に、タレントやリポーターがお料理を前に〔いい香り・・・〕というのを頻繁に聞きます。ラーメン屋に入ってもステーキを前にしても〔う~ん、いい香り。。。〕

私が香りという言葉を使う時にはバラなどの花、香水石鹸など。 口にするものではせいぜいコーヒー紅茶類、または、いい男が燻らす上質の煙草ぐらいでしょうか。〔そうでない場合はただ臭いeye〕あとはだいたい〔匂い〕で済ませていますが。。。。どんなに高級なレストランでも〔いい香り・・・〕とは言わない。〔高級レストランには行かないけど・・・(^^ゞ〕

なんでしょうね?丁寧語のつもり?お店への気遣い?皆さんは違和感を覚えませんか?海苔をまいたおにぎりや魚の煮つけは〔いい匂い〕で十分だと思いません?

私の好きな姜尚中さんが先日〔遠くへ行きたい〕という旅番組に出演してましたが、食べ物屋さんで〔いい匂い・・・〕とおっしゃったのでほっとしました。。。。

余談・・・・日曜美術館の司会をおやめになってから、はじめて姜尚中氏をテレビで拝見。。勝手なことを言うようですが、彼にはあまりくだけた番組に出演してほしくない。。。ただいま氏の著書〔あなたは誰?私はここにいる〕を読書中。。。

P1160420_480x319


P8号 野辺山 古い絵を少し手直ししました。線が強すぎたかも。。。

| | コメント (6)

傑作が粉々に・・・(+o+)

P1160411_480x319

なんだとお思いですか?

私が30数年前に描いた絵です。まるで瀬戸物が割れたような状態に!!(゚ロ゚屮)屮

P1160410_480x319

20号キャンバスからこのように剥がれ落ちてしまいました。

P1160412_480x319


我ながらお見事! 絵の具のこびり付きが全くなく、新たな絵が描ける状態になりました。

なぜこのようなことになったかというと、まだ油絵の用具がよく解っていない最初の頃に、地塗りの用具をアクリル用か何かと間違えちゃったんですね。当然キャンバスにうまく接着しないのですが、その時点ではわかりません。そこへもってきて、マチェール〔絵肌、画面のボリューム感〕を出すため絵画用の砂やら石膏やらを混ぜたものだから、年数が経つとともに絵の具の重みと乾燥とでひび割れてしまい、剥がれ落ちたというわけです。。。

よく理解しないで、事を始めるとこういう失敗をしてしまいます。。。bearing

というわけで傑作を失ってしまいました。。。影も形もなくなってしまえばなんとでも言える。。。smile

| | コメント (4)

ミシンの話

NHKの朝ドラ〔カーネーション〕をめずらしく飽きずに毎日観ています。

主人公の使っているタイプのミシン、わが実家にも昭和50年ごろまではありました。

昭和25,6年だったと思いますが、長姉が文化服装学院で洋裁を勉強してミシンと共に帰郷しました。当時は和裁と同様、洋裁を習うというのも嫁入り道具の一つで洋裁を習う女性が多かったように思います。しかし、ドラマのように必ずしも仕事にするわけでは無く、とくに姉は我がままで気分や、とても人様のものを請け負うなどできるタイプではなく、たまに妹たちのブラウスなどを縫ってくれる程度でした。

姉が新しいミシンを持参して結婚したので古いミシンは置いてきぼり。。。私以下の妹たちが、別に洋裁学校へ行かずとも結構便利に使用したものです。

当時ミシンは嫁入り道具の一つでどこのお宅にもあったのではないでしょうか。、私のミシンはドラマで見るものよりはちょっと進んだ箱型でしたのでなおスペースを要しました。現在のコンパクトなミシンはは押入れの隅っこにでも片づけられるので便利になったものです。

たまに実家へ帰るとき、もう使い手のないミシンが、それでも捨てられることなくしばらくあったのですが、時代には逆らえず、いつの間にやらミシンの場所はソファにとってかわってしまいました。

昭和時代、大活躍したミシン。。。あのカタカタとリズミカルな音が懐かしいですね。。。

Imagesca3r1f4f_2

| | コメント (8)

不要物の山。。。(>_<)

数日前からすっかり掃除魔と化した私、今日は収納庫の整理をしました。

当面使わないものを保管しておくスペースが階段下にあるのですが、そこにあるものを全部出してみるとまぁほとんどがとっておいても仕方のないものばかり。。。夫と私がそれぞれ後で必要になるかもしれないと思うものを保管、というか放り込んでおくものだから、ドアを開けると向こうが勝手にわっと飛び出してくるようなゴミの(~_~;)保管物の山です。。。

一度中のものを全部外へ出して、必要、不必要を確認しながら、効率よく入れ直したところ、不必要品のほうが圧倒的に多いのです。当然ながら夫が放り込んだものですね。。。(#`Д´)

我が家の場合大胆にものを処分するのは私のほうで、夫はなんでもとって置きたい方。。。いきり立って掃除をしているものですから、できるだけ多く保管しておきたい夫とケンカになってしまいます。〔どーして、これをとって置く必要があるのっ!!〕というものが半分以上出て、まぁ物置の中のすっきりしたこと・・・shine 

なに、1年もすればもとのもくあみですけど。。。

P1020601_480x319

P1020600_480x319

| | コメント (0)

よそ者の悲哀

今回からデッサン会の会場が変わりました。今までは町の中心部から離れた公共施設を借りていたのですが、都合により今日から町の中心街にあるショッピングセンター内コミュニティールームを借りることにしました。主催者Iさんに話では、今までの場所は交通も不便でわかりにくい。その点今回の場所は町中誰もが買い物に来る場所で便利、ということです。

部屋は前の半分と狭くはなりましたが現在の15~18人程度の人数ではさして問題はありません。そして今まで午後1時~4時だったのが、今回からは午前10時~3時30分、つまり1日デッサン会となりました。

周りがレストラン、喫茶店があるので昼食には大変便利。私はつれだって食事に行くことになると思っていたのですが、お弁当持参の男性数人を残し、女性の皆さん家に帰ってしまいました。。。そうかぁ、みな車で5分程度のところにお住まいなので1時間10分のお昼休みは家に帰った方がいいのですね。

車で40分かかる隣県から出向く私、たった一人で喫茶店に入りコーヒーとアップルパイでよそ者の悲哀を味わったわけです。  しかし、よく考えると1時間静かに本が読めるわぃsmile

P1160403_213x320_2

P1160409_480x319


クロッキー 2体

| | コメント (0)

笑気の沙汰(~_~;)

今日も佐藤愛子の〔これでおしまい〕の話を引きずりますね。

〔とりとめもなく笑いの虫の話〕という章で、女史が恩師北原武夫の葬儀で突然笑いの虫に捕らわれ、どうにも我慢ができずに、泣いてる風を装い肩を震わせて笑い続けた、という話が書いてあります。。。この章を読んで、〔なぁんだ、才女の誉れ高いかの佐藤愛子だって同じような不謹慎をしていたんだ。。。〕と50年ぶりにほっとしたしだいです。

実は私も今から49年前父が他界したときに〔笑いの虫〕に捕らわれました。

父が脳溢血で倒れ54歳の若さで亡くなった時、人の、しかも身内の死というものに初めて向き合い、呆然自失の状態のなか、東北地方独自の葬儀が3日間続きました。自宅で行われる〔葬式〕という人生初めての厳かな儀式に兄妹みな緊張を強いられ他のは間違いありません。

3日目の真夜中、お坊さんを中心に近親者が車座になり、ピンポン玉ほどもある大きな数珠を回し始めるのですが、お坊さんの経が何とも言えない節回しなのでふと可笑しくなってしまい、そっと真向いの次兄を見たところ、日頃不良の次兄が神妙な顔をしながら数珠を手繰っているのが見えた途端、今まで堪えていた〔笑の虫〕が込み上げてどうにも止めることができませんでした。うつむいて〔クスッ(~_~;)〕と笑って隣の妹をみたら、これもまた笑いを堪えているのが見えたのです。私はこの場で笑ってしまうか、中座するか考えましたが、不謹慎の度合いを考えて中座。すぐ後を追って妹もきたので裏庭で二人で思い切り笑ってしまいました。妹は隣の私が今にも吹き出しそうにしているのを見て笑いが移ったというのです。

二人とも〔箸が転んでもおかしい・・・〕年頃をとっくに過ぎているというのに、こともあろうに父親の葬儀で笑いころげるとは。。。思うに、極度の緊張が続き、3日目にそれがふっと緩み、そこへ〔笑の虫〕が入り込んだ、ということだと思うのです。

70をとうに過ぎて、葬式の場数をふめば、もはや緊張することもなく、したがってその複雑な心境のあまり笑いの虫に捕らわれるなどということは全くなくなりました。

P1160401_480x319

可愛い姫りんごも2か月で老齢化・・・

P1160402_480x319


さらにアップ。。。   身につまされますbearing

| | コメント (2)

佐藤愛子との共通点♪

佐藤愛子の〔これでおしまい〕という本がやっと手に入り中ほどまで読みました。この本、大変に売れているらしいのです。〔憤怒の作家〕と言われる佐藤愛子は女性の読者に人気があるようで、私なども20代の頃から遠藤周作、北杜夫とともに彼女のユーモラスな豪胆さにすっかり魅了され長年のフアンなのです。どのくらいの作品を読めばファンと言えるかどうかは別として…(^^ゞ

〔これでおしまい〕を読み始めて何ページ目かに〔人に元気だと思われるのは声の大きいことと、姿勢の良いこと〕だと書いてあります。

なんにせよ大作家と肩を並べるなんぞおこがましい話ですが、私も声が大きいし、脚は悪いものの背柱は比較的まっすぐ。。。共通点がある!flair

今までは女の声の大きいのは下品かつ知性と教養がない表れ、などと言われていたので肩身の狭い思いをしていたのですが、育ちがよく教養も知性もあり、おまけに若い頃は申し分ない美貌の佐藤愛子が〔声が大きい〕と知り何とも救われた思い、というか鬼に金棒。。。good

私、小さい頃は実に頼りなく、何事にも自信の持てない子供でした。家でも妹にやり込めらる始末で、そういう子はだいたい声が小さい。家庭では父に、学校では先生に(もっと大きな声で。。。)と言われ続けた結果、徐々に声が大きくなってしまったというわけで、弁論大会などにはうってつけのデカい声になってしまった次第です。

高校時代はそれで良かったのですが成人してからが問題が・・・。つまり年頃になって声の大きい女はなにかに不利ということがわかりました。男性のほとんどは〔可愛げのある女の子〕にしか興味が持てないのだとわかったのです。声のデカい女なんか・・・後の祭りですね。

ま、声のせいだけとは限りませんが。。。。crying

P1160377_480x319

嫌いと言いながら何が書いてあるのかが気になって石原慎太郎の本を購入。

| | コメント (2)

お爺の楽しみ♪

最近 借地の畑に朝夕決まった時間に出かける夫、わけを聞いたら〔物置小屋に猫の親子が住んでいる〕とのこと。。。まるで隠し女〔愛人ヵ?(^^ゞ〕でもできたようにいそいそと出かけます。〔留守の時にはどうするのよ?〕というと、その時には6人いる畑仲間の誰かに頼むのだそうです。

2匹の子と母子3匹、なかなか懐いてくれなかったようですが、ここのところなんとか距離が縮まった感じがしていると嬉しそう。。。

呼ぶのに名前があったほうが便利と思い、母猫を〔おふくろさん〕男の子を〔坊や〕女の子を〔おてんば〕と命名。何ともイージーなネーミングですが、〔おふくろさ~ん〕と呼ぶと自分の名前だとわかって跳んできてスリスリしたと喜んでいました。。。

80才ともなると子持ちの雌猫しかすり寄ってこなくなりまして家内安全!smile

P1160387_480x319


赤岳〔八ヶ岳主峰〕F8号

20年ほど前の絵を少し手直ししてみました。ヵ硬い(~_~;)

| | コメント (6)

メロドラマの王道〔君の名は〕

日本映画の代表的メロドラマ〔君に名は〕をBSプレミアムで観ました。1952年頃のラジオドラマの映画化です。私はまだ11,2歳の脱皮?(^^ゞしていないほんの子供、ラジオを聴いても何のことやらちっとも分らなかったのですが、母や姉が熱心に聴いていたのを覚えています。でも映画化された時はすでに洋画ファンで、日本のメロドラマには興味がなく当時話題の〔君の名は〕を観たのは半世紀後の今回が初めて。。。

主演は佐田啓二、岸恵子。。。岸恵子は勝気な素の性格をきれいに覆い隠して悲劇のヒロインになり切っていたし、佐田啓二はいかにもメロドラマふうの容貌で、額に垂らした髪が嫌みなく似合っていましたね。

私が好きだった野添ひとみが夜の女役で出演していたのが珍しかった。月丘夢路や淡島千景の美しさも捨てがたいでしたね。。。

余談になりますが、ヒロインの夫を演じた川喜多雄二は長姉の夫にそっくり。世間知らずの姉がこの俳優の容貌に似た義兄に一目でのぼせて結婚したのはいいのですが、わがままに育った姉が原因で年中喧嘩していました。dash

え、ストーリー?・・・・メロドラマです!

Images

| | コメント (8)

若いつもりでも・・・((+_+))

大掃除ついでに少し家具の置き場所を替えました。ところがカーテンレールの丸い部分が出っ張って飾り戸棚がぴたりと壁につきません。つかないと地震の時の家具転倒防止器具を取り付けるのに具合が悪い。。。そこで10センチほどカーテンレールを上に取り付けるよう夫に頼みました。〔あぁ、お安い御用だ、そんなもんすぐできるよ。。。〕

ところがやたらに時間がかかっているようなので覗いてみると、カーテンレールはまだ元のまま。。。10年前に取り付けたビスがさび付いていてうまく外れないというのです。

夫はもうすぐ80歳、何をやるにしても年相応の仕事ぶりなのに気持ちだけは昔のままなんですね。ちいさなビスの溝が見えなかったり、腕を上に上げたままの作業が大変な年齢だということを一時的に忘れている。

若い頃は言わなかった〔そんなもの簡単!〕とか〔わけないよ!〕が年取った最近のほうが多いのです。老妻にに見栄這ってどうするの・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

結局カーテンレールの位置を上げて、家具転倒防止器具を取り付けるだけで2時間もかかりました。

P1160381_480x319

P1160384_480x319

少々時間がかかりましたが、きれいにできましたヽ(^o^)丿

まだまだ役に立ってもらわないと困るんです。

次ということもあるのでこういう時には最大限に労いの言葉をかけておきますsmile

| | コメント (0)

部屋の整理整頓

一日おいて今日は自分の部屋の大掃除。。。まず飾り棚の掃除です。中のものをすべて取出し埃だらけの棚をきれいにして、不要なものはゴミ箱へ。↓

P1160374_480x319

しかしみっともない。1年分の埃で白くなってますcoldsweats01

自分で買ったものより友達のお土産などのほうが多いので整理し難く

いままでとっておいたのですがもう十分義理を果たしました。

P1160373_480x319

パヒュームのコレクションをしていたのですが、あらかた姉妹、友人に分け与えました。

でも使いかけだけは残っています。装飾品も同様。。。未練たらしく少しは残っています(^^ゞ

P1160375_480x319

捨てもの。。。直接ゴミ処理場にもっていくのは夫の役目ですsmile

| | コメント (0)

福沢一郎記念美術館へ

群馬県富岡市にある福沢一郎記念美術館へ出かけてきました。18日までの特別展になんとかセーフ。。。

洋画家福沢一郎は富岡市生まれ。シュールレアリスムを日本に紹介した画家とされていて、昭和初期の日本画壇の担い手として、創立当時の独立絵画団体で華々しく活躍した画家です。

展覧会も最終日近くで超モダーンな会場にはなんと私達夫婦二人きり。美術館を借り切った状態でこんな贅沢な話はありません。思い切りゆっくりと、親切な学芸員の方の説明を聞きながら、福沢一郎の世界を堪能。

画家は激しく手法を変えながらも、圧倒的な色彩感覚、表現力で観る者を魅了しました。しかし、そのドライな表現は時に楽しくユーモラスで、威圧的とか近寄りがたいという感じではありません。代表作のひとつである〔悪のボルテージが上昇するか21世紀〕などの他、初めて観る作品が多く、満足感が得られました。

絵の他にアトリエを再現したコーナーがあって、絵の具に塗れた椅子、その上の小さな座布団など画家の体温が感じられるようでした。

P1160356_480x319

福沢一郎記念美術館

P1160353_480x319

贅沢な空間に老夫婦二人きり(~_~;)

P1160351_480x319

彫刻家掛井五郎の作品〔野外の作品は撮影OKですよね?〕

P1160361_480x319


美術館は小高い場所にあるので榛名山が望めました。

| | コメント (2)

ガラクタの山

今日はアトリエの中を少し整理・・・のはずだったのですが、始めたら少しというわけにはいかなくなりました(>_<)

年1度は暮に大掃除をしているはずなのに、なぜにこうもガラクタが集まってしまうのか。。。新しいものなどそうは買い込んでいるわけでもないのに、なんだかものが増えてしまいます。

そこで、思いきりました。今まで〔これはまだ使うだろう・・・〕〔これはもったいない〕〔これは思い出の品〕というものに決着をつけようではないか!

ということで、片っ端から捨てるものを仕分けしてみると捨てる物のほうが多かった。

たとへばモチーフに使ったギター2個 面白くもない形の花瓶数個、 棚の隅っこで場所ばかり取っている埴輪や土偶などのさえないコレクションの数々。その他旧いテープやCD 、 使わずにおいて風邪を引いた水彩やアクリル絵の具などが大きな袋に2個にもなりました。昨年はまだ使えるとでも思ったのかしら。。。

こうやってスペースが空くとまたぞろ余計なものが何となく増えちゃうんですよねぇ。。。bearing

P1160199_480x319

P1160193_480x319_2

片づけに夢中でガラクタの山を写すの忘れた!\(;゚∇゚)/

| | コメント (0)

人の癖さまざま。。。

人は誰しも癖の一つや二つ持っているものです。それが意外と本人は気付いていない場合があって、デッサン仲間のSさんもその一人。。。自分の話の途中で〔ホホホ〕と笑いだすんですね。悲しい話、不愉快な話題など内容如何に関わらず〔ほほほ〕と笑わないと彼女の話は進行しないのです。

しばらくデッサンに出てこなかったので〔しばらくね。お忙しかったの?〕と聞くと〔入院していた父が亡くなりましてね。ホホホ〕〔まぁ、それは…ご愁傷様でした。大変でしたねぇ。〕〔看病に通っていたんですが、なにせ高齢なもので、ほほほ…◎▽◆&‘;+○▽⁂#◆ホホホ〕話に笑い声が混じるので後を聞き出すのに何度も〔え?・・・え?〕と繰り返さなければならない始末。。。

しかし〔話の途中で笑うのをおやめなさいよ。。。〕というほど親しい仲でもないし、癖というのは注意されてすぐに止められるものでもないと思うのです。

変わった癖がどのような理由で本人に培われたのかはわかりませんが、テレビなどを見ていてもニコニコと嬉しげな表情で辛い話をしている人などたまに見かけますね。

さて、私にはどういう癖が?・・・coldsweats01

P1150924_480x319

P1150804_480x319

| | コメント (0)

お見舞い先での再会

ご近所のMさんが、今まで入院していた病院から特別養護老人ホームへ転院したのでお見舞いに出かけました。特別養護老人ホームとは、ご病気が完治しない方が入院される老人ホームのことです。Mさんはお気の毒にもパーキンソン病で一人では歩くことが不可能になってしまったのでした。

私達夫婦がお見舞いに出かけたのはちょうど昼食の時間で、入院されている皆さんが食堂でお食事が終わったばかりの時。。。私たちは食堂にある面会コーナーに案内されそこでMさんとお会いできました。

Mさんは車いすにはなったものの、血色もよく以前のように快活におしゃべりもできたのでほっとしました。

30分ほど面会して、帰り際、後から歩いてきた夫が車いすの方と話をしています。しばらくして出てきて〔会社のEさんだよ。知っているだろう。社宅で一緒だったじゃないか。。。〕〔えー!!、あのEさん!?〕私はご挨拶にと思ったのですが、夫に〔この次に来た時でいいじゃないか〕と止められました。

あの紳士然としたすてきなEさんとここでお逢いするとは。。。脳溢血の後遺症でだそうです。。。夫もいささかショックだったらしく〔人の運命なんて言うのはわからんものだね。。。〕と話しながら帰ってきたのですが、それはまた自分たちの明日であるかもしれないとしみじみ思いました。

ブログも明るい話題だけというわけにはいかないですね。。。

P1150981_480x319

P1150972_480x319

| | コメント (4)

チャーミングガール♥

今日は一日デッサン会でした。

今日のモデルさんは一風変わった女性。。。どう変わっているかというと とにかく明るくて人懐っこい。

まず、モデル台でやおらポーチの中からボディーローションを取出し、形のいい四肢に塗りこんでいます。私が思わず笑うといたずらっぽい笑顔を返して〔身体が乾いちゃって・・・〕なるほど、商売道具?のお体にエアコンを一日中直に受けるのであれば無理もない。。。納得(*^^)v

女性の描き手はほとんど中高年なので、若いモデルさんに〔おきれいねぇ、どうすればそんなにきれいでいられるの?〕などと聞いています。〔○○体操・・・(なんといったか忘れました(^^ゞ) をやっているんです!ちょっとやってみましょうか?こういううの・・・〕と休憩中だというのに、オバちゃんたちに美容体操の指導。。。 

みなさん朝からのデッサンでいい加減身体がこわばっているので、これ幸いとモデルさんの動き見ながらオジサンもオバサンも体操を始めたので、会場はデッサン会場から美容体操教室に早変わり。。。notes

だいたい、モデルと描き手は距離を持っているのが普通ですが、中にはこういう素敵な方もいるんです。天真爛漫でじつに可愛らしい、チャーミングなお嬢さんでした。

P1160133_480x319

Hさんの作品

今日に限ってクロッキーをUPしないのは、モデルさんのヘアースタイルに特徴があるので配慮しました。 

 

| | コメント (0)

美容師の腕前

ここのところ馴染となった、大型銭湯内にある千円カットの美容院に昨日行ってきたのですがこれが失敗。。。(>_<) 

私が銭湯に出かけるのは今までは決まって午後4時。それが昨日は都合で午前中に出かけたのです。あれ!いつもの美容師さんが居ない・・・3名居る美容師さんの顔ぶれがみんな違います。そうか、午前と午後ではスタッフが変わるんだ、ま、いいか、来てしまったんだし。。。

さてカットにかかり〔どうしますか?〕と聞かれたので〔このままを揃える程度でお願いします〕と。。。でもね、仕上がりは・・・あ~ッ年寄りカットだ!!crying

いつもの美容師さんは、〔この方が私的には好きです!〕とか〔このほうがおしゃれですよ〕と高齢のお客を少しでも若く見えるように気遣っていました。以前は、千円カットをそれなりの仕事だろうと高をくくっていた私はこの美容師さんがすっかり気に入ってしまい以来ず~っとこの美容院です。

同じお店の美容師さんと言ったって、性格 腕前それぞれ個人差があります。

ま、いいか。髪は伸びるんだし。。。その間なるべく帽子を被っていようか。。。bearing

P1160116_480x319


友人Hさんの彫刻 

| | コメント (0)

痩身=美は思い違いです!

女子の体重全年齢で減少  戦後初〕今朝の新聞一面記事。。。痩せている方がきれい、という意識が低年齢までひろまっているからということです。肥満でない子や、痩せている子でもさらに痩せたがる現象、だそうで、そういえば小学生の女の子が太るからといって食事を加減するというお母さんの話を聞いたことがありました。世界的に見て日本の女性は細いほうというか、はっきり言って貧相だと私は思っています。それなのになぜもこう痩せの信仰にはしる!

何日か前に〔ボンベイ・ベリー・ウッド〕という劇場中継をテレビでみました。インド舞踊と中近東のベリーダンスを組み合わせたようなダンスをコンガのリズムに合わせて派手な衣装の女性たちが踊るのですが、その女性美についつい最後まで見入ってしまいました。ダンサーたちはみな豊満で、中でも花形ダンサーの姿態はひときわ美しく、女神の化身ではないかと思うほど。。。

私がスリムな女性よりふくよかな体型が好きなのは、まるでおじさんのようですが〔オジサン化してる?(~_~;)〕裸婦をモチーフとした絵を描くためのデッサンを長年しているせいでしょう。痩せているうえポーズもろくにとれないモデルがくるとイライラしてつい〔金返せ!〕と胸の中で毒づいてしまいます。(お里が知れる(~_~;))

日本の女性も手足の長いプロポーションに変わってきているのですから、もう少し体重が増えたら世界の女性に比べそうは見劣りがしないのではと思うのです。

だいたい、痩せりゃ綺麗になるというのは妄想。〔もと〕というのがあって、痩せたって即美人になるとは限らんでしょう。。。smile

2


美貌の誉れ高い原節子も太めの体型でした。

| | コメント (0)

〔運命の22日間〕を観る

BSプレミアムで、〔戦争証言スペシャル 運命の22日間〕を観ました。

〔運命の22日間〕とは8月15日玉音放送の後に始まったソ連軍の樺太占領のことです。

戦争の体験者が語る真実は戦後67年を経てなお生々しく胸にせまりました。ソ連軍の占領で、生まれ故郷樺太を追われた人、取り残された人々 集団自決の生き残りの方の証言やご家族の悲しみなど少しも風化することなく証言されました。また元ソ連兵、日本兵などの証言など70年前の実体験が身に迫って戦争の残酷さを浮き彫りにします。

断言できるのは世界中例外なくいつの時代でも〔戦争は人を不幸にするもの〕だということです。

とはいうものの、私は終戦当時6歳で東北の田舎暮らし。戦争の本当の痛ましさ、おぞましさがよくわかっていません。戦後になっても負けた戦争の話など大人もしませんし、ものがわかる年になっても学校で教わる戦争歴史は上っ面だけ。。。

70年前の開戦も書物や戦争映画などを見ていて何が真実なのか本当のところよくわからない部分もあるのですが、このようなドキュメンタリー番組で戦争体験者の話ほど説得力のあるものはありません。

P1160223_480x319


平和ほど価値のあるものはありません。

| | コメント (2)

ナルシストとは。。。

先日新聞に興味を惹く記事が載っていました。

〔ナルシスト〕というのは一般的には自分の姿にうっとりするなど、自分を過剰に美化してしまう傾向にある人間のことと思われていますが、犯罪心理学では凶悪犯の典型的な人格の一つをナルシストと呼ぶ、ということです。

日常では次のような傾向がみられる人 

① 自分にしか関心がない ② 横柄で尊大 ③ 賞賛を求める ④ 成功や権力の空想にふける ⑤ 自分を特別だと思っている ⑥ 他人を利用する

記事では浅原彰晃こと松本智津夫をさしていますが、それほどではないにしても上記の6項目のうちことに② ③ ⑤ の強い男が我が家におるんです。。。

夫側から言わせると

〔我が家には① ② ⑥ の強い傾向にある女がおる!〕 ということになりそう。。。smile

因みにこの場合⑥の(他人を利用する)の他人とは夫ということですね。。。bleah

P1160206_480x319

P1160208_480x319

P1160210_480x319

東御芸術村の一角に 古い石仏が集められていました。以前来た時より数体増えていますね。。。

なんとか読める年号は天明3年とありますから、浅間山大爆発の年に造られた石仏です。

| | コメント (0)

小諸 丁子庵

昨日の続きです。。。美術館が目的で出かけたものの、休館日とあってしばし呆然としてしまいましたが、周りの風景の美しさにすぐ気を取りなおしちょっくらスケッチnote

今日は油彩スケッチですから多少時間を要しますが、でも大丈夫、夫はいつものように周辺を散策に出かけ、そのあとは温泉の受付の女性に土地の話を根掘り葉掘り訪ねて時間つぶし。。。おかげでそう焦ることなく仕事ができましたwink

お昼は久しぶりに小諸丁子庵でお蕎麦を。。。

丁子庵の建造物は120年前のもので〔日本の暖簾〕という著書の表紙を飾るほどの老舗です。著名人の来店も多く、店内には寅さんこと渥美清さんや、元総理大臣細川護煕夫妻の写真などがありました。

レジの奥に上手いスケッチがあったので〔どなたが描いたのですか?〕と代の変わった若い店主に訊ねると〔亡くなった祖母が描きました〕という答えです。。。そして〔新館に油絵がありますのでご覧になりますか?〕と案内してくれました。新館には100号の浅間山を描いた大作が2点。画家は白日会〔中央画壇の団体〕の会員だったということです。お礼を申し上げると〔絵のことをこんなに聞いてくださる方が居ませんので、祖母も喜んでいると思います。〕と。彼はおばあちゃん子だったに違いありません。

P1160242_480x319

P1160243_480x319_2

P1160249_480x319

画家が72歳の時の絵だそうです。こういう出会いがあるので旅は楽しいですね。

P1160291_480x319


F3号 小諸から観た浅間

P1160288_480x319_2

F6号 東御からの浅間

どちらもまだべた塗でお粗末すが、感じを見るため途中で額に入れて見ます。

絵の具が完全に乾いてからでないとこれ以上は描き進めないのです。

| | コメント (0)

無駄な100キロ走行(;O;)

長野県東御市の梅野美術館でわが市出身の画家の展覧会を開催しているというので、出かけてきました。

P1160171_480x319

P1160173_480x319

上信越道脇の山々はまだ色褪せていず十分に綺麗♪

P1160178_480x319


妙義山

P1160196_480x319

高速を降りて・・・やや雲が多くなりましたが…ルンルンnotes

P1160203_480x319

梅野美術館前の素晴らしい風景。浅間連山。美術館入口へ。

P1160201_480x319

・・・・・!!crying

今日は火曜日と勘違いをしていたんです。理由は昨日の日曜の外出。普段我が家は日曜は外出せず、大概月曜の外出になります。それをたまたま友人の個展に出かけ帰りは大型銭湯という月曜パターン。。。で、すっかり火曜日と思い込んでしまったのですね。

このいいかげんな思い込み、生まれついての性格に年齢が拍車をかけています。((+_+))

ただし今回は〔今回はということは以前にもあったということです(~_~;)〕夫は少しも怒りません。久しぶりのドライブに〔まぁ、いいじゃないか。また来ようよ( ^ω^ )〕と上機嫌でした。

P1160226_480x319

ただ気に入らないのはこいつら。。。

〔ガァガァガァ。。。happy01〕と私をバカにして嗤うんです!!

| | コメント (0)

友人の個展へ。。。

彫刻家Hさんの個展に隣県T市まで行ってきました。〔おそらくこれで最後・・・〕と本人が言うのですが、まだまだお元気な89歳。その創作意欲には驚かされます。

最も、彼の尊敬してやまない日本を代表する彫刻家佐藤忠良は98歳で亡くなるまで仕事をされた由。佐藤忠良に比べると89歳のHさんなどあと10年は頑張らなければならないことになります。

Hさん、若い頃佐藤忠良のアトリエに1度行ったことがある、というのが自慢で、忠良の作品もさることながら、その飾らない人柄に魅了され、以来心の師として一歩でも忠良に近づくよう意欲的な制作の日々を送っています。

立ち仕事の多い彫刻家は自然足腰が鍛えられているので、それが長寿につながっているのかもしれませんね。

P1160138_480x319

P1160139_480x319

P1160132_480x319

| | コメント (2)

落ち着く雨天日

寒いのは苦手ですが、雨の日は意外と好きです。アトリエに籠り絵に没頭できるから。。。夫も雨の日は外出をあきらめるので、夕飯作りまで丸々自分の時間となるのです。notes

こういう日たまたま調子よく絵が進むことでもあると、もう鼻歌がでるんですね。鼻歌は1960年代のポピュラーソングあり、タンゴ曲であり、松田聖子の歌ありで、その日午前中ラジオで聴いた曲が鼻歌になります。

今日は狩人の(あずさ2号) 私がいつもお邪魔しているサイトにありました。

夏から描いている4号のアジサイが何度繰り返し描いてもなかなか決まらず、あきらめて潰してしまおうかと思っていたのが、偶然にいい形に落ち着きました。何とか構図が決まったところで夕飯支度の時間bearing

P1160101_480x319

妙義奇岩 F6号

夏描き始めたアジサイより秋の妙義が先に(つまらなく)仕上がりました。

| | コメント (0)

松本俊介夫人逝く

今日の新聞で、昭和初期の洋画家松本俊介夫人禎子さんが99歳で亡くなられたことが記されていました。

松本俊介は34歳で夭逝しているので、同年の夫人が今までご健在でも何の不思議もないのですが、私の中では俊介は遠い過去の天才という想いが強く、その夫人が今日までご存命だったと知るのは正直のところ意外でした。

禎子夫人は俊介の作品でも見られるし、若かりし頃の写真を観ても大変な美貌の持ち主で、義兄でさえも彼女が貧乏絵描きと結婚のときには嫉妬を覚えるほどだったと当時を回想しています。

俊介は短い生涯を濃密な画業で、のちには天才画家として世間に広く知られますが、夫人は〔俊介は所詮挫折の人生でした。。。〕といった言葉をのこしています。画家が生きているうちにその正しい評価を得られなかった無念がにじむ言葉です。

その作品が確かなものとわかっているのは当の画家だけで、世間の目は数年~数百年を経てから気が付くということが美術界ではまれではないのです。

P1160096_480x319


Y市の橋  松本俊介

| | コメント (4)

他人様のブログから・・・^^ゞ

私がPCを手に入れた当初から、ファンとして毎日訪問している若い大学教師の方のブログに興味深い記事がありました。無断拝借ですが。。。

語学学習に必要なもの

① 明確な目標を設定している人  ② 辛抱強い人 ③ かっこつけない人 ④ 努力家 ⑤ 積極的で貪欲な人  ⑥ 好奇心旺盛な人  ⑦ 夢を追い続ける情熱のある人 

以上の7項目で語学が上達するというのです。これって、他の勉強にも通用しますよね。

たとへば、私自身の身近なところで絵の勉強。当てはまります!

① 子育てが終わって、ヒマができたから絵でも・・・という人と、絵を勉強し画家になりたい!という人とはスタートが同じでもすぐに差ができます。

② 1,2年で〔ちっとも上達しない(;д;)〕とすぐに音(ね)を上げる人はダメですね。

③ 画材だけはイッパシな人っているんですよ。〔かっこつけeye

④ 休憩時間でも、休んでいるモデルの背中を描いている青年は目に見えて上達しています。努力の人。

⓹ 上記の青年が〔ベーコンという画家の絵を見たいのですが、画集をお持ちですか〕というので貸したことがありました。⑥にも通じます。

⑦稼業を手伝いながら絵画の勉強を怠らない青年。夢は中央画壇に入会することです。

この7項目はもちろん 語学や絵画だけではなく、スポーツやその他の事柄にも当てはまるものだと思います。

P1160069_480x319

P1160088_480x319


山茶花の季節になりました。

 

| | コメント (0)

書店にて。。。

佐藤愛子の〔我が老後〕シリーズがいよいよ今回が終わりらしい〔これでおしまい〕という最新書が欲しくて、買い物に出たついでにいつもの書店に寄りました。佐藤愛子ーコーナーを探しても、新刊書コナーを探してもなかったので店員さんに聞いたところ〔ございます!〕といいながら一緒に探してくれましたが〔?・・・え~と・・・ちょっとお待ちくださいね〕と首をひねりながらうけつけに戻り、コンピューターで確認。。。〔確かに入荷してます。探しますので少しお待ちを。。。sweat01 と二人がかりで行方不明の本を探しましたが見当たらない様子。。。

へえ~、そんなことってあるんだ。。。と思いながら待っていたのですが、結局探せず〔見つかり次第お電話をさせていただきますので電話番号を。。。〕ということになりました。

さては万引き被害にあったか?と思ってしまいますよね。Σ(゚д゚;)

その他の買いもの↓

P1160082_480x319

夫が買ってくれたバックがあまりにも小ぶりで不便でしたが、せっかく買ってくれたもの、じっと我慢で使用していました。もう1年使ったので義理を果たしたとおもい、やや大きめのものを買いました。

P1160084_480x319


普段着・・・

P1160083_480x319

追悼の意味で久しぶりに北杜夫を読みます。

| | コメント (4)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »