« 傑作が粉々に・・・(+o+) | トップページ | 母の形見 »

匂いと香りの違い

あるいはどーでもいい話かも。。。

最近テレビを観ていて気になる言葉に、タレントやリポーターがお料理を前に〔いい香り・・・〕というのを頻繁に聞きます。ラーメン屋に入ってもステーキを前にしても〔う~ん、いい香り。。。〕

私が香りという言葉を使う時にはバラなどの花、香水石鹸など。 口にするものではせいぜいコーヒー紅茶類、または、いい男が燻らす上質の煙草ぐらいでしょうか。〔そうでない場合はただ臭いeye〕あとはだいたい〔匂い〕で済ませていますが。。。。どんなに高級なレストランでも〔いい香り・・・〕とは言わない。〔高級レストランには行かないけど・・・(^^ゞ〕

なんでしょうね?丁寧語のつもり?お店への気遣い?皆さんは違和感を覚えませんか?海苔をまいたおにぎりや魚の煮つけは〔いい匂い〕で十分だと思いません?

私の好きな姜尚中さんが先日〔遠くへ行きたい〕という旅番組に出演してましたが、食べ物屋さんで〔いい匂い・・・〕とおっしゃったのでほっとしました。。。。

余談・・・・日曜美術館の司会をおやめになってから、はじめて姜尚中氏をテレビで拝見。。勝手なことを言うようですが、彼にはあまりくだけた番組に出演してほしくない。。。ただいま氏の著書〔あなたは誰?私はここにいる〕を読書中。。。

P1160420_480x319


P8号 野辺山 古い絵を少し手直ししました。線が強すぎたかも。。。

|

« 傑作が粉々に・・・(+o+) | トップページ | 母の形見 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

確かに匂いと香りは使いどころが違いますね。
私も食べ物は「匂い」だと思います。
「香り」は香水や線香といった香りものとか、コーヒーやお茶関係、葉巻でしょうか。
微妙な使い分けが日本語の美しいところですが、感覚が鍛えられていないと使い分けができないのでしょう。
ステーキに香りは私もちょっと……いや、かなり違和感があります。

投稿: なよ | 2011年12月27日 (火) 11時00分

なよ様

でしょう?
ところが今は何でもかんでも〔香り〕と言っているようで気になって仕方がないのです。
でも今の時代がこのような言葉に抵抗ないとすれば私などが気にしても仕方ありませんね。多勢に無勢でそのほうが正しいということになるやも。。。

貴女はお若いですから、これから先、長くこのような不思議な言葉遣いに悩まされるかとおもいます。


投稿: おキヨ | 2011年12月27日 (火) 11時40分

おキヨさん、こんばんは。
確かに、「匂い」と「香り」の感覚の違い、
私も同様に感じます。
また、少し話が逸れますが、「お教室」等の表現も、
丁寧なつもりで使われているのかもしれませんが、
違和感を感じるもののひとつです。
それにしても、言葉は、本当に難しいものですね。
ところで、私の母も姜尚中さんが好きですよ。

投稿: hanano | 2011年12月28日 (水) 00時22分

hanano様

貴女もそのようにお思いですか。よく考えると匂いと香りの言葉の境界線というのも微妙ですね。
掘り下げるとややこしい話になる恐れが.。。(~_~;)
言葉というものはは時代で変化するものです!などと言われるとそれまでという記事です。

そうですか!お母様が私同様姜尚中氏をお好きなんですねnotes
日曜美術館でしか姜尚中氏を知りませんが、過不足のない物言いと深みのある声がとても魅力的でした。

投稿: おキヨ | 2011年12月28日 (水) 01時47分

本当に「香り」「香り」とテレビに出る人間は言う。
「香り」という発言が似合わないタレントさえも。
またNHKの女性アナウンサーさえ使っています。
これ誰が言い出して、これがトレンドになったのでしょうか。
本当に違和感感じます。
良い匂いは香りというべきとの様です。
「匂い」「臭い」どちらも同じ発音であり、相手を思いやるのであれば、よい匂いは「香り」と言ってあげると相手に対する思いやりをはっきり表現できるとのことの様です。
どうも今の人は、感情表現を言葉で出来ないようです。
言葉は言霊と私たちは教わってきました。
これを習わなくても、言葉の抑揚で相手に対して良かったか悪かったか通じることを体得してきました。
今の世の中の人間関係を象徴する言葉使いと感じます。

投稿: 北斗七星 | 2014年3月 7日 (金) 23時51分

北斗七星様
ようこそ♪
若い方ならいざ知らず、結構なお年の人でさえ首をかしげるようなところで〔香り〕というんですね。〔香り〕と云っておけば間違いないとでも思っているでしょうか?
匂いと香りを言い分けるにはどうやら難しいようですね。
私もはっきりしたことはわかりませんが自分の感覚で使い分けています。
考えてみると言葉は非常に難しく、デリケートなものですね。
拙ブログ毎日の更新ですから言葉の落とし穴が待っているようなものです。墓穴を掘らぬよう気を付けたいと思うのですが、すでに遅しかもしれません〔汗〕

投稿: おキヨ | 2014年3月 8日 (土) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 傑作が粉々に・・・(+o+) | トップページ | 母の形見 »