« 匂いと香りの違い | トップページ | 暮には何かが起こる我が家 »

母の形見

大掃除は疲れますが嫌いではありません。なぜなら、普段雑用に追われて,こういうときにしか思い出の品や懐かしいものを、見たり触れたりすることってないじゃありませんか。。。

P1160431_480x319


亡母の腕時計。

30年前に亡くなった母の形見です。

私達夫婦が東京からこの地に会社ぐるみで転勤したときに、まだ元気だった母が東北の田舎から手伝いに見えた時がありました。 会社もまだ地元に馴染んでいない時期だったので、末端の仕事の人手が欲しく、輸出用の製品に入れるパンフレット折りなら、私や母でもできるということで夫が膨大なパンフレットを会社から持ってきたのです。急ぎということで母と二人山のようなパンフレットを折るアルバイトを数日間させられました。

その時の報酬が1万円。当時としては高報酬だったかと思います。明治生まれの母が生まれて初めて自分で働いて得たお金。。。で買ったものなので当然私が形見として受け取った懐かしい、懐かしい時計です。

|

« 匂いと香りの違い | トップページ | 暮には何かが起こる我が家 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 匂いと香りの違い | トップページ | 暮には何かが起こる我が家 »