« 危ないお爺の口(~_~;) | トップページ | 本の整理 »

シベリア〔菓子〕を見つけたヽ(^o^)丿

シベリアという名の昔からあったお菓子、偶然ですがやっと見つけました。シベリアをブログで話題にしたのはこれが2度目。その時は夫が子供の頃〔シベリア〕を〔アラスカ〕と言って〕嗤われた〕というようなことを書いたのでしたが、今回はシベリアの実物が手に入りました。↓

P1160472_480x319


隣町に用があって、ついでに大型スーパーチェーン店に寄りパンコーナーでシベリアが目にとまりました。とうとう探し当てた!と言う思いですが、あるいはこのスーパーではシベリアはずっとあったのではないでしょうか。。。

このお菓子は昭和初期に生まれた方々には懐かしいものだと思います。〔シベリア〕の歴史は古く、明治時代~大正からあったもので、発祥地、考案者 名称 由来 食品分類にいたるまで正式な解明がなされていない謎の菓子。 〔ウキペディア調べ〕ということです。

甘党の夫は時々このお菓子を懐かしがっていたので、私が差し出すと〔ほう、シベリアまだ生き延びていたか。。。〕と大喜び。現在は食品分類として〔パン〕のようですが、昔は駄菓子屋で売っていたようです。

カステラ様のものに羊羹に似たものがはさんであって、あっさりした甘さは昔とほぼ変わらない味でした。ケーキなど溢れるように豊富なお菓子がある現在、シベリアを買う人はおそらく私と近い年代の方たちではないでしょうか。

|

« 危ないお爺の口(~_~;) | トップページ | 本の整理 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

シベリア。
奇遇にも、つい先日、近所のスーパーに売られているのを見掛けたところです。(いつでも置いてあるというわけではないようです)
固定ファン層が存在するんでしょうか。 当地でもまだまだ現役です。(笑)
  
>発祥地、考案者 名称 由来 食品分類にいたるまで正式な解明がなされていない謎の菓子。
  
謎のお菓子。(^^ゞ
そういえば、近所のスーパーでは和菓子系と一緒の棚に置かれていました。
でもいつぞや、街のホームベーカリーでもシベリアを見掛けた覚えが。(笑)
 
レトロお菓子(ちょっとお洒落な)という分野で、まだまだ需要がありそうですね。(^ァ^)

投稿: もとよし | 2012年1月18日 (水) 08時42分

あ!
 見たことがある様な~カステラのあんこを挟んだ感じ?
 食べた事ないのですが、今度見つけたら、ぜひ買い求めましょう!

これに似た、ロール状のカステラ様の生地に
 羊羹風な餡を巻いた。昔からの和洋折衷のケーキ?
確か?愛媛?四国です。

わがやも酒を飲まない夫は、
大の甘党・・・(ー_ー)!!糖尿なのに(ー_ー)!!

投稿: nono | 2012年1月18日 (水) 11時44分

もとよし様
察するに、シベリアは高齢社会になったことで復活したのではないでしょうか?
乳製品を使っていないし、羊羹のように濃厚でもない。高齢者の胃にやさしい甘さです。おまけにフトコロにも優しい(^^♪

2年ほど前シベリアの記事がきっかけで貴方様とお知り合いになれました(*^^)v

投稿: おキヨ | 2012年1月18日 (水) 12時20分

うちの実家(下町)のそばのタバコ屋(兼駄菓子屋)にも
前からずーーーっと「シベリア」は置いてあります。
今もありますよ~。まさか絶滅危惧されているお菓子
だったとは知りませんでした~w(゚o゚)w

投稿: エミーユ | 2012年1月18日 (水) 12時28分

nono様

ご覧になったことがありますか。
このお菓子は昔全国的に流行したそうで、処によっては廃れることなくあるようですね。
私の町のパン屋さん、スーパーではとんと見かけることなく、隣町でやっと一つだけ残っていたシベリアを見つけました。大手のヤ○ザ○パンで製造しているのに、私の町には今までみたことがありません。

ご主人様が糖尿病なんですね。お食事に気を使いますね。。。

投稿: おキヨ | 2012年1月18日 (水) 12時30分

シベリア、初めて拝見しました!
カステラに羊羹を挟んだような・・・とは、
明治の頃には、ずいぶんハイカラな感じの
お菓子だったのでしょうね。
あんパンなどもそうですけど、日本人は
和洋をうまく取り合わせて、日本独自の
味を作り出すのが上手な気がしますね~

投稿: hanano | 2012年1月19日 (木) 00時01分

エミーユ様

え!シベリアがず~~っとありましたか!それもパン屋ではなくやはり駄菓子屋。。。
そうなんです、シベリアは駄菓子屋でなくっちゃ。(笑)分類するとあれはパンではなく駄菓子に属したのです。昔は。。。
でも、時代でどうやらパン屋に身売りしたようですよbread

投稿: おキヨ | 2012年1月19日 (木) 00時46分

hanano様

貴女もシベリアははじめてお知りになったのですね。処によって根強く残っているようですが、私の町のようにまったく消え失せたところがあるようです。
明治大正時代はシベリアはミルクホール〔大人の社交場〕ではやったようですが、昭和になって駄菓子屋で売るようになり子供の食べ物になったようです。

たしかに。アンパンは和洋折衷の代表的な食べ物ですねgood

投稿: おキヨ | 2012年1月19日 (木) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危ないお爺の口(~_~;) | トップページ | 本の整理 »