« 本の整理 | トップページ | 暖かい背中 »

冬の彩 夏みかん

今の季節気が付くことに、私の地方では夏みかんを植えているお宅がずいぶん増えたこと。。。秋の柿の実にとってかわり、オレンジ色をした大粒の夏みかんは冬空に鮮やかな色どりを添えています。

柿や夏みかんなど、果物がたわわに実った光景はいいものですが、見ていると、民家の庭先に植えられている果物は収穫されることなく、地面に落ちて朽ちてしまうことが多いのです。せっかく実った果物が見向きもされず地面に転がっているのはいかにも勿体ない、というより痛々しい、哀れ、といった気持にさせられます。

物のない時代は柿や夏みかんは貴重な子供のおやつ、栄養補給になっていましたが、ものの豊富な現在、子供たちは自分の庭に植えてあるものなど食べ物と認識できないようですね。今の季節、あちこちで見かける夏みかんは観賞用に植えられているようで、ほとんどの家では収穫していません。

夫がご近所から頂いてきた夏みかんを食べてみると、甘さはあるものの確かに酸っぱい!でもこの酸っぱい夏みかんを昔はみんな食べていた。この強い酸味を美味しいものとして。。。現在の果物のほとんどは甘く改良されて、甘さ=美味しいということになってしまい、改良されない夏みかんは食べ物として認められないようです。

夏みかんの樹を持っているお宅では〔ママレードにしても誰も食べないのでそのまま成るにまかせ、下に落ちたものはゴミとして捨ててしまうということでした。。。う~む、やっぱり勿体ないし、成ったみかんがかわいそう。。。

P1160486_480x319

グリーンのほうはお店から買ったもの。

割ったほうはご近所から頂いたもの。頂いたみかんのほうが美味しいです。

|

« 本の整理 | トップページ | 暖かい背中 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

わたしは奈良出身ですが 夏みかんにタンサン(重曹)を付けて食べます。一袋ずつ花開きにして 小皿に入れたタンサンをたっぷり付けて食べます。シュワシュワっと白い泡が立つた金色の小粒を口に入れた時のあのさわやかな触感をおきよさんの写真をみて思い出しました。
早速お昼からスーパーへ買いに行きます。

投稿: 普通が好き | 2012年1月20日 (金) 11時48分

普通が好き様

え、夏みかんにタンサンを!それは知りませんでした。みかんの酸味が緩和されるんですね。なるほど。。。私も試してみます。
昔は酸っぱいものが苦手な人はお砂糖を付けて食べたりしていました。
夕べ、台所にわざと剥いた皮を置いていたところ、台所全体が夏みかんのさわやかな香りがしていましたよ。notes

投稿: おキヨ | 2012年1月20日 (金) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本の整理 | トップページ | 暖かい背中 »