« 軒を貸して母屋を取られる | トップページ | 新型うつ病 »

飴ちゃんの効用

今日は今年最初のデッサン会。

私はだいたい会場には早めに出かける方ですが、今日は皆さん早いお出ましですでに会場のセッテイングがなされていました。年明けで張り切っている?ヽ(^o^)丿

サークルとか勉強会などオバちゃんの多く集まる場所ではなぜか飴ちゃん〔キャンディー〕が行き交いますね。誰かが必ずと言っていいほど飴を持参していて数種類の飴が回ってきます。オジサンが飴を配って回るということはまずないのですが、オバちゃん方はバックに忍ばせていることが多いですね。甘いものは疲れがとれるし、なんとなく座が和やかになります。甘いものを口にしながら不機嫌になる人などいない。。。。happy01

思い返せば、立ち上げたデッサン会が2度解散の憂き目をみたのは飴ちゃんの活躍がなかったような気がする。。。eye

飴に〔ちゃん〕の敬語?を付けるのは関西地区だけらしいのですが、関東に住む私、個人的に〔飴ちゃん〕という言葉が好きなんです。delicious

P1160446_213x320


クロッキー用紙が足りなくなって表紙の裏側を利用しました。

用紙は灰色です。

|

« 軒を貸して母屋を取られる | トップページ | 新型うつ病 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

素敵!
素晴らしく活力のあるデッサンです事!
ご自身が、お元気の証拠です!

 (飴ちゃん笑)元気をもらいますが、甘いもの好きが食べ過ぎて、胃が変~とは、これいかに(--〆)

 関西お笑い界の上沼恵美子さん、曰く、おばちぁんは、必ず、持ってる、必需品とか・・・なるほどですが、甘いもの好きなのに持っていない、私です!が、今回の災害で思った事の一つが、飴玉の一つも持っていたら・・・心も体も安心する部分が、あるだろうな~ぁ! でした。
良い教訓でもあります。

山に登る人は、チョコレートを言いますが、チョコは解けるし・・・飴玉は、かなり長持ちしますしね!
 携帯食の一つに加えましょう!

投稿: nono | 2012年1月 9日 (月) 09時59分

nono様
いきおいだけが取り柄のクロッキーです(~_~;)
女性が飴ちゃんを何となく持っているというのは、漠然ながら何かしらの備えのため?のようなことではないかと思うにですが。

たとへば〔風邪ひいたのかしら喉が変・・・〕周囲の誰かが言った場合、即座に飴を差す方が必ずいるというのがオバちゃん集団。助かりますね〔笑〕
そうですね。災害時に一粒の飴があったら、身体も心も少しは落ち着くと思います。
登山家は昔は氷砂糖を持参したとか。
いづれにしても甘いものは心身を癒すのでしょうね。

それと、たとへ飴一粒でも あげる、頂くは心をつなげる作用もします。

投稿: おキヨ | 2012年1月 9日 (月) 11時56分

おきよさん
 以前順調な、しかも安心なデッサンです。
 私などこうはいかないのです。
 顔の前後の上腕の扱いに、デッサンの妙を感じさせて戴けます。
  描けると思っていると描けなくて、描けないと感じるときには描けるのですね。
 私は、人物デッサンは、全く駄目なものですから、感じで「雰囲気」を、といつも心掛けています。
  今丁度、県の瀬戸内よりの市町の展覧会受賞者を網羅した展覧会のためのposterのdesignの依頼を受けていて、今日漸く着手しました。

投稿: 風の樹人 | 2012年1月 9日 (月) 17時40分

風の樹人様
ありがとうございます。
しかし、クロッキーなどはあくまで勉強の一環で、いざ作品にしようと思うと、思うようにはいきません。人物に興味を持ったのがいいのか悪いのか。。。うだつが上がらずじまいで終わりそうです〔汗〕

先生は新年早々お忙しいことで何よりです。
これから一層芸術家として実のあるご活躍の年齢に差し掛かったのではないでしょうか。
とても楽しみです。


投稿: おキヨ | 2012年1月10日 (火) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軒を貸して母屋を取られる | トップページ | 新型うつ病 »