« アンティーク家具店 | トップページ | 重箱の隅を突っつく話 »

他人の顔が覚えられない(~_~;)

寒いので銭湯へ出かける回数が多くなりました。なみなみとあふれる湯につかる心地よさは何事にも代えられない至福の時間。。。こういう時に〔極楽、極楽spa〕という言葉を吐くのはいったい何歳ぐらいからかな?などと、とりとめのないことを思いながら入っていると、湯気の向こうからニコニコしながら近寄ってきた私より上かな、と思われるご婦人がいます。〔銭湯ではその解放感から全く知らない同士がごく自然に対話することが多い。〕で、私は気立てのよさそうなご婦人に向かい〔こういう寒い日はお風呂に限りますねぇ。お近くですか?〕〔ええ、車で10分ほど。。。〕〔そうですか。そのくらいの距離だといいですねぇ。私は20分くらいかな。○○大橋の先のH市なんですよ〕〔ニコニコ・・・〕〔近所にもお風呂があるにはあるんですが、ご近所中の方ばかりでゆったりできませんのよ。〕〔そうですよねぇ。。。〕〔こういう寒い日にはお風呂に勝るものはありませんねぇ。。。もうちょっと先にも新しい大型銭湯ができのですがご存知ですか?〕〔ええ、この前おたくさんに伺って行って来たんですよ。〕〔・・・coldsweats02・・・〕

うわぁ~~、どうしようsweat01  この前、この方と会話を交わしたのに、全く記憶がない。。。あげくにあろうことか同じ会話をはじめてのように話していたんです。

願わくばこの方に〔またお会いしましたね〕と先に云ってほしかった。。。

P1080393_480x319

利根の河原

|

« アンティーク家具店 | トップページ | 重箱の隅を突っつく話 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンティーク家具店 | トップページ | 重箱の隅を突っつく話 »