« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

今風仕事ぶり〔怒!〕

今日、我が家はサニタリーだけ部分リフォームをいたしました。洗面所を新しくして、かえ時を大きく過ぎてしまい だいぶ古びてしまった床を清潔な淡いグリーンにしました。

ところが、あろうことかトイレの床はそのまま!!!!(゚ロ゚屮)屮

職人さんは〔トイレは聞いてないので、今言われてもトイレのほうの材料が足りません〕とのこと。。。遅れてきた営業マンに〔サニタリー全部の床をと言ったはず!〕と云うと〔すみません。トイレはうっかり除外してしまいました。(~_~;)〕

サニタリーとは浴室、洗面所 トイレ などの設備を備えた場所、 サニタリーの床全部の張替えをお願いしたのだから当然トイレの床も入らなければならないはずです。見積書に床の張替えの図面があったのかなかったのか、その日私は外出して、夫が営業マン氏の相手をしたのです。男だけの話でまとめたのがいけなかったのかも。。。(ー_ー)!! 

とにかく常識的におかしい。。。百歩譲って、夫がうっかり図面を見誤ったとしても、最初からトイレを計算に入れないというのは不思議です。これが大手会社の営業マンの今風仕事ぶり。個人会社だったら当然利益を考え、〔特に頼まれなかったから・・・〕ということにはならないと思うのです。

結局半端な仕事をしたわけですから、後日あらためてトイレだけの床張替えをしたとしても、別料金など払うものか!pout

P1160644_480x319

新、旧の床の違い。 トイレの床の汚れが目立ちます。

| | コメント (2)

こういう男いる!

〔恋愛小説家〕この映画面白いですね。2,3年前に観たのですが、大好きな主演俳優 ジャック・ニコルソンに惹かれまた観てしまいました。1997年制作 アメリカ映画です。 

恋愛小説の大家 メルヴィンの実態は、強度の潔癖症 偏屈で嫌みな人間。まともな恋愛もできない、それでいて犬にだけは妙に好かれる、という男を、こういう役柄なら右に出る役者は居ないというジャック・ニコルソンが演じます。彼が出演する映画で面白くないという映画はまずありませんね。名優として10指に入ります。

この男がヘレン・ハント扮するレストランのウエートレスに恋をするのですが、ストレートな表現にはならないというのがこの映画の面白さです。いうこと、なすことがいちいち相手の気に障りイラつかせて、隣人のゲイの画家に(全人類の敵)とまで言われるしまつ。。。

私は、男って多かれ少なかれ、女からみるとこういう部分を持っているような気がしてなりません。我が亭主もご多分に漏れず。。。bearing ぃ いいえ!このブログをご覧になっている貴男様は違います!ちがいますとも。。。(~_~;)  

自分の意思を相手に伝えようとするのですが、肝心のところでちょろりと言わずもがなのことを言う。本人は相手を怒らせようなどとは思っていないのにそうなっちゃうんですね。

数年前のブログ仲間に、確かに好意は感じるのですが、入ってくるメールがちょっとイラつく。あまりに無神経な書き込みが多く、他の方に〔○○さん それは失礼というものでしょう〕といわれてしまいました。私もメールでお断りを・・・(~_~;)

いるでしょ、こういう男性。。。 それでも〔僕が何をしたっていうんだろう。。。?〕というやつ。happy01

Jacknicholson_2

| | コメント (2)

可笑しくて やがて・・・

今〔絶望名人 カフカの人生論〕を読み終えました。ひと月ほど前に買って読み始めたのは2日前です。。。

カフカといえば20世紀文学を代表する世界的作家。 本好きの方ならカフカを愛読された方も少なくないと思います。私も若い頃気取ってカフカの短篇集など読んだこともあるにはあったのですが・・・面白いと思わなかった、というよりわけわからん( ̄Д ̄;;

それが〔絶望の名人〕というタイトルに惹かれなにやら面白そうと思い読みだして最初のページで爆笑してしまいました。カフカというタイトルのついた本でまさか爆笑するとは思わなかった。

〔将来に向かって歩くことは僕にはできません。 将来に向かってつまづくこと、これは出来ます。 いちばんうまくできるのは 倒れたままでいることです。ーフェリーツェへの手紙ー

これは大真面目に書いた恋人へのラブレターの一節ときいてあきれ次には笑ってしまいました。まるで吉本喜劇の万才かと思うような。。。このように作品から抜粋された文章が沈鬱な人間性として知られるカフカの文章と知ってなお可笑しい。。。

そして、読み進むにつれ、孤独な人、絶望感に打ちひしがれた人にとって共鳴できる言葉のオンパレード。。

最後に 人を前に進めるのはポジティブな力だけとは限りません。ネガティブさからもまた力を引き出せることをカフカは教えてくれます。(人生にはカフカの言葉が必要なときが・・・)と書いてあり、カフカのネガティブな言葉たちが以外にもあなたに力を与えてくれるはずですと結んであります。

P1160633_480x319

| | コメント (2)

美女への攻撃

他人を攻撃する人、 言葉が汚い人は自分に自信が持てない人が多いそうです。ネットを観ていても、寄ってたかって他人を汚い言葉で攻撃しているのが目につきますが、そういう人間はおしなべて自分に自信の持てない人達?

拙ブログにも、たまに屁理屈をこねた文章でいちゃもんをつけてくる輩がいますが、こんなもん見つけ次第問答無用で蚤をつぶす如く削除します。自分に自信のない人間がこういうゆがんだ趣味をもって楽しんでいるだけなので、よい子は真似をしてはいけません。

はっ!!・・・なに、汚い言葉で他人を攻撃するは自信の持てない小人のすること・・・!?私だΣ(・ω・ノ)ノ!

先ほど、偶然に、過去の記事を目にすることになって、まぁそのえげつない記事に仰天!2010年 10月27日〔キャメロン・ディアスは美人か?〕というタイトルで書いています。美人やチャーミングな女性を観るとなぜかいきり立って悪口三昧の攻撃をしてしまう私。老いてますます盛んな美女攻撃。一度や二度じゃないような気がする・・・あれもこれもすべて自分に自信がもてない証拠だったんですね。  反省punch〔猿でもできるヤツ〕

Cocolog_oekaki_2010_10_27_00_46_2

蟹顔と書いています(~_~;)

| | コメント (4)

へそくりの行末

妻のへそくり 平均170万円

〔オリックス銀行が22日発表した調査によると、配偶者に内緒で預金などお金をためる〔へそくり〕している妻の平均額は170万円で、夫の平均額112万円を60万円近く上回った。〕

新聞の小さな囲み記事からの抜粋です。このへそくりですが・・・私も一応家庭の主婦ですから人並みの(へそくり)をしています。若い頃はある程度貯まるとおしゃれ用品を買う楽しみがあって嬉しかった。が年寄りになるとおしゃれもしなくなるし、特に欲しいものがないんですね。孫でもいればたまにはプレゼントでもということもあるでしょうが、子も居なければ孫も居ないのですから〔おれおれ詐欺〕から騙されてへそくりを巻き上げられることもないわけです。

そうすると、もし私が突如死んだ場合へそくりの行く末が気になってきます。(それなら生きているうち世の中にために・・・)と思われるかもしれませんが、へそくりってそういうことに使うために貯める主婦は居ないと思いますよ。

元はといえば夫が汗水流して働いた貴重なお金。夫に返すのが筋だと思うんです。時々新聞に、ごみの中からわけのわからない大金が出てくるニュースが載るのは大概妻のへそくりと思って間違いありません。そうならないためにも、それとなく夫にへそくりの有り場所を知らせておいた方がいいと思いたりました。

で、かなり前から〔あなた、私がへそくりを多少持っていることを知っている?〕〔しらねぇな・・・〕〔私がもしぽっくり死んじゃったら、この辺の引き出しの底の底まで全部調べてね。〕と言ってあるのですが、今だって相当に忘れっぽくなっている。大丈夫かしら。。。

かといってせっかく貯めたへそくり、生きているうちには返したくない。微妙な問題です。smile

Dog01

ため込むにもほどがある!w(゚o゚)w

| | コメント (4)

ポケットの中の魚の骨

人様に言えるような話ではないのですが、でも、こういう話って妙に話してしまいたい衝動に駆られるのも確か。。。(~_~;)

先日ブログのお仲間バルおばさんの記事に乗っかって〔私だって!(○´3`)ノ 〕と妙なライバル意識を誘発させられ、〔こんどブログに書くね〕といってしまった話がこれ。。。↓

私はアトリエで仕事着に使用しているエプロンはワンピース型の丈の長いもの。両脇に特大のポケットがついていて、中は絵の具をふき取るぼろきれやら、鼻をかんだティッシュやら、まぁゴミ箱状態。。。(^^ゞ

ある日さすがにいっぱいになったので膨らんだポケットの中を捨てようとしたら、一番下の方からビニールに入った異様なものが。。。よく見ると、え!魚の骨!?

夫が畑の物置小屋に野良猫の親子3匹を飼っていることは、以前書きました。そのために我が家の食事の残飯が魚の骨だったりすると、彼らが食べやすそうな部分を集めて持っていきます。たまたま私が気を利かせて骨を集めて夫に渡そうと思ったのが何かのはずみでポケットに入れてしまい忘れちゃったhappy02

臭わなかったかって?ビニールに入っているし、油絵の溶液がこれまた臭い、アジの骨の臭いなどかき消してしまいます。そのぼろきれの下にあるので何日も全く気が付きませんでした。

超だらしのない話をさらす羽目になったのは、バルさんのブログ記事に対抗意識をもやし〔私の方がもっとすごいぞ!〕といってしまった・・・・・・いい年をして子供じみた私の自業自得bearing

P1160626_213x320


Fデッサン会でのクロッキー

指導から8か月、皆さんが徐々に形をつかんでいるのが見えてやはりうれしいですね。

| | コメント (2)

怠け者遺伝子と!?

Y新聞の小欄で見つけた面白記事を一部抜粋。

〔人のDNAを精査したらすでに怠け者の遺伝子が存在していることが分かってね。どんな会社も2割前後はさぼっているだろ。それはこの遺伝子のせいだったんだ。〕

人間ばかりではなく、動物には働き者〔運動好き〕と怠け者〔運動嫌い〕が居るということに気が付いた研究者がネズミで実験したところ、よく働くネズミは、人間で言うと80キロを走る位の車輪をまわした。働かないネズミは車輪を枕代わりにしたり、トイレにしたものもいた、ということなんですねhappy01 実験の結果 遺伝子によって先天的にプログラミングされてるということが分かったそうです。

私が何を言いたいかというと・・・私が朝寝坊したり、何をやるのも億劫だったりするのは遺伝的なもので仕方のないことだということ。ついでに言えば、づぼらで何につけても楽なほうを好むのは遺伝子の仕業。私の先祖のゲノムが災いしているのです。さらに付け加えれば、何事も悪いことは自分のせいではない、と言い張る癖も、何十年も描いている絵が上達しないのもすべて遺伝子の仕業で、私がそのことで悩んでもどうにもならないことなのです。

先祖の悪しき遺伝子が全部私一人にかい!?crying

Images

でも人間にはこれらの欠点を補うべき〔理性〕というものが授かっているのですから、怠け癖を克服する努力を怠ってはならぬ。。。ということです。

 

| | コメント (4)

脳の話

先日ブログで親しくさせて頂いている〔風の樹人〕様をいつものように訪問したところ〔右脳 左脳〕について少し述べられていました。腕を胸の上で組んだとき右腕が上になると(左脳)左腕が上になると(右脳)だそうです。

私も早速試してみると右腕が上、左脳ということですね。で、左脳の特性を興味津々で調べたところ、計算 分析 論理的ということです。右脳の特性は 直観的 感覚的だそうで、 モーツアルト レオナルド・ダ・ヴィンチ アンシュタインなどの芸術家 天才達が挙げられていますす。

ここで知る限り私は芸術家にはなれないのは明らか。。。(ノд・。) しかし計算、 分析 論理的 といわれる特性もまるきりダメなのはどういうことかな?bearing 

脳は男女で大きさ 働きの特性が異なり 女性の多くは左脳、 男性は右脳ということだそうですが、まれには左脳の男性もまた右脳の女性もいるそうです。。。ということはオ○マといわれるあの方たちの脳は左脳が多い?。。。(^o^) 

よくしゃべる男は女性に近い特性・・・ですと!?私より口数の多い夫に腕を組ませて確かめてみましょう。きっと左脳に違いない。。。eye

 

ただし、これとて血液型と同じで必ずしも当たっているとは限らないようです。

Imagesca1mncef


草間弥生は女性でも右脳でしょうね。。。

| | コメント (4)

ドライビング MISSデイジー

何度見ても好きな映画 ドライビングミスデイジー、 今日で3回目また観てしまいました。そして毎回ラストシーンで目が潤みます。

主演はジェシカ・ダンディー、モーガン・フリーマン。1989年制作で アカデミー賞を何部門も獲った作品です。

ユダヤ系の元教師デイジーは高齢のため運転がおぼつかなくなり、息子が 黒人の運転手を彼女の専属の運転手として雇う。気位が高く、気難しいデイジーは運転手ホークを最初は傍にも寄せ付けないが、家政婦の急死で心細くなり、ホークを頼るようになる。そしてデイジーはホークの手を取り〔貴方が一番の友達よ。〕と。。。ある朝認知症で錯乱状態でいるデイジーをホークが見つけ、やがてディジーは老人ホームへ。。。久しぶりにデイジーを訪ねたホークの手からパンプキンパイを口に運んでもらうデイジー。。。映画はそのシーンで終わります。。。

ウイットに富んだ二人の会話。気難しく自己中心的なデイジーを上手くかわしながら、老いた女主人に暖かい心を捧げる老運転手。

ジェシカ・ダンディの気品ある美しい老婦人が徐々に老いていく様子が驚くほど自然で、アカデミー賞メイクアップ部門優秀賞を獲ったのも頷けます。それとモーガン・フリーマンはどんな作品に出演しても主演者とその存在感は同等ですね。素敵な俳優です。

21qbdvyv9zl__sl500_aa300__2

| | コメント (10)

2月20日は…♪

今日2月20日は ミスター・ジャイアンツこと長嶋茂雄さんと私めの誕生日

73年前に、東北地方が今より数段寒かった2月のこの日、聞くところによると産婆も嫌がる厳寒の深夜に私が誕生したのです。8人の兄妹で私が1年中で最も寒いという月に生まれたものですから、出生時からして母とお産婆さんには迷惑な子だったんですね(^^ゞ

昔、お産は自宅ですることが普通で、私の兄妹8人は同じ御産婆さんに取り上げて頂きました。ですから、私から下の兄妹が生まれるたびに同じお産婆さんと会っていますから自分をこの世に送り出してくれたお産婆さんを今でもはっきり覚えています。ふっくらと色白の優しい笑顔が印象的なおばさん~月日が経って~お婆ちゃんでした。

73年は気の遠くなるような年数とまだ若い方はお思いでしょうが、なにあっという間。。。

天使のように可愛らしかった〔本当は痩せて色が黒く、ごんぼ〔ごぼう〕とあだ名が(~_~;)〕私が、あっという間に吉永小百合と瓜二つの娘に。。。〔ほんとうはpig〕。。。それもつかのま、フィルムの早回しのような勢いで73年経ってしまいました。。。

時計とにらめっこして、自分の生まれたころにあわせて記事アップしました。

P1160616_319x480


F20号   Fデッサン会のモデルさん     途中です

私だってこんな時代があった・・・think

| | コメント (6)

節操がない今の店舗

久しぶりに近くの大型家電店舗ヤ○ダ電機に出かけて驚きました。電気やが普通のスーパーになっている!w(゚o゚)w・・・でも店内には例の〔や~○ぁ~だ電気~♪〕というコマーシャルソングが流れているのでやっぱりヤ○ダ電機に違いない。。。

そういえばかなり以前に夫が〔ヤマダ電機が雑貨屋のようになっちまったよ。〕といったような気がしましたが電気屋が団地内にあるので私はそのお店で間に合っていたのです。車まで売っているのには驚きましたね。。。

最近の店舗はなんだか節操がないですね。薬やもしかり、ありとあらゆる雑貨をおいてあり、薬のコーナーは3分の1程度。。。便利といえば便利で、一つどころで欲しいものが手に入るということは忙しい今の時代の要求を満たしているのでしょうね。

本屋さんも本ばかりではなくいろんなゲームやCD DVDなどをおいてあるので中学生のたまり場になっているところもあります。こういう書店は近くにあっても落ち着かないので、私は隣町まで出かけ昔ながらの落ち着いた書店で本を探します。

 お米屋さん、酒屋さん 八百屋さん 魚やさん 本やさん 薬屋さん 雑貨屋さん・・・みんな町から消えてなくなりました。

P1030205_480x319_2

P1030229_480x319

P1030239_480x319

| | コメント (4)

撃ち殺されかねない・・・(~_~;)

家族の悪口をブログに書いた少女が、怒った父親にPCを銃で撃たれた映像を朝のワイドショーで見ました。いかにもアメリカらしい話題。

家族の悪口を書いたのが知られて銃でPCを!?。。。もし夫が私のブログを見たならw(゚o゚)w・・・PCどころか自分が撃ち殺されかねないcoldsweats02

私が我が亭主を、やれ粗暴だとか、品がないとか、喧嘩っ早いとか 女好きとか、部屋は散らかしほうだいとか。。。約4年にわたって繰り返し書いてきたのは、何も憎くて書いているわけではなく、愛情という裏打ちがあってのことで(~_~;)日本人特有の照れというか、そのぅ~・・・〔しどろもどろcoldsweats01

だって・・・自分の亭主を照れもせずに 男らしい、おおらか 快活 女性には老若を問わず平等に優しい妻には箸より重いものは持たせない夕食の片づけを嫌がらないない、などと真正面から書けないではありませんか。日本人って昔からそういうところありますよねぇ。。。

ない!?うそっ!∑(゚∇゚|||)

はぁ~~!((+_+)) とにかく、これだけ柄にもない褒め言葉を並べたんだから、今までの悪口三昧は帳消しになるかな・・・撃ち殺されずに済むかな。。。

P1160099_213x320_5

F20
40代の頃の夫。なぜか途中放棄(^^ゞ

| | コメント (2)

思い出の遠野の民家

30数年前に描いた遠野の民家が先日の大掃除にひょっこり出てきました↓

P1160600_480x319

F8号

稚拙ながらも一生懸命な気持ちが表れている絵だと思います。

この頃はまだ町の絵画教室 T先生に手ほどきを受けていたので、自分の描きたいものなど主張できる段階ではなく、日本家屋の大家 向井淳吉に傾倒していたT先生について回っていた時代のものです。

T先生は東京から越してきたばかりの頃で、生徒といったら私と同年のkさんと2人だけ。週一回指導のはずなのに、毎日のように電話がかかってきては、〔一緒にスケッチに行こう〕〔アンタもお昼ひとりなんだからこっちで一緒に食べよう〕〔家で描いているんだったら、こっちできて描けばいいよ〕などと誘うので師なのか友達なのかあいまいな関係になってしまいました。その頃は3人で実によくあちこちスケッチに出かけたものです。kさんは時として師より上手く〔先生の牛はおかしいよ。牛はこういう形だろうがね。。。(方言)〕とダメ出しをすることも。。。(^o^) 男女の意識はまるで無く、宿では3人同部屋で語り合い寝たものです。 

これは岩手県遠野市で描いたもの。まだこのような藁屋根は十分に残っていた頃です。

そのうち都心の展覧会、ギャラリーを見歩くようになり、それぞれが好きな絵を描くようになり始め、生徒も大勢になったT先生とは出歩くこともなくなりました。

そのT先生も4年前84歳で他界されました。

 

| | コメント (4)

消えゆく町並・・・(ー_ー)!!

先日久しぶりに、16,7年間もデッサンの勉強の場に借りた公共施設のあった場所を通ったところ、建物が消え失せていてきれいな更地となっていました。ちょっとショック。。。どうやら、3・11の大地震で旧い建物が使用不可となりそのまま取り壊しになったようです。

わが町は主要道路である中山道宿場町に加え、明治~昭和まで養蚕市場、製糸工場で繁栄した町です。ですから私がこの地へ来たころはなんと蔵の多い町という印象を受けました。その蔵も今では風情のあった家並と共にあらかた取り壊しになってしまいました。

私は90年代のはじめこの町の旧い建物に興味を覚え、暇さえあればスケッチをした時期がありました。近い将来なくなってしまう建物という予感がしたんですね。今その時がやってきて町は急速に変化しつつあります。時代には逆らえないということですね。。。

Sketch28big

橋のたもとの料亭だったようですが、新しい橋が出来るときに取り壊しとなりました。

Sketch26big

P1160602_480x319

わかりにくいのですがポンプ式の井戸が真ん中にあります。

スケッチブックがたくさんあるはずですが容易に出ない場所にあります(~_~;)

| | コメント (4)

野田総理と私の共通点

久しぶりの大爆笑。。。↓

807432571329124437

国民の皆さん 我が国の総理大臣の字が今話題になっています。

私は野田総理の字を拝見し、自分のお仲間を見つけたような気がして大いに親しみの感を抱いたしだいですヽ(^o^)丿

字のへったくそな私ごときが総理大臣の字を拝見し笑うなどはおこがましくももってのほかで、私が大爆笑したのは、この字に対して罵詈雑言のサイトでみた、待ってましたとばかりのボロクソな書き込み。。。smile 

ついでにこんな方々もやり玉にあげられた!↓

8059d6d5

Ad24fb3f


私はこの方々の字を拝見し、今までの自分の悪筆コンプレックスから解放されました。これを恥とも思わずにお書きになった政治家の偉い方々に感謝申し上げます。

余談ですが、私が若かりし頃、お熱を上げた青年医師がおりましたが、ある日彼の字を見てしまい、その知性のかけらもないあまりの悪筆に百年の恋もいっぺんに吹っ飛んでしまいました。それよりさらなる悪筆揃い。。。こうなると単なるさらし者ですねhappy01

逆に驚いたのは。。。↓

D17f2355s


忘れもしないあの〔みぞうゆう〕の御方の字。これは内容はともかく字は素敵up

| | コメント (7)

嫉妬の苦しさ

NHK朝ドラ〔カーネーション〕をはまり込んでみています。次女直子が若手デザイナーの新人賞を獲ったことで長女優子の気持ちは複雑なものに。。。嫉妬の感情です。

嫉妬心は醜いとわかっているだけに身近な人間に対して起こるこの感情は自分自身をやりきれないものにします。

我が家も5人姉妹、顔も性格も能力も違うので、成人してからさまざまな思いに駆られたのはドラマと共通したものがありました。

ドラマのような突出した事ではなく、日常的な中にも嫉妬の種は多数転がっています。苦しいのは嫉妬心を押し隠さねばならぬこと。。。ドラマのように派手に泣きわめくことはまずありえないことで、何食わぬ顔を装って日々を過ごさなければならないところにあります。そして自分の心の狭さ、醜さに思い悩むものですから、知らず知らずにどこか歪んだ性格になって、それが反抗という形になる場合も。。。。

我が家では次兄がいわゆる〔不良〕と呼ばれる若者でしたが、これは両親に特別扱いをされる長兄にたいしての屈折した感情が原因だったのではと今になって思うのです。

ドラマ〔カーネーション〕から我が家のつまらぬ昔話となってしまいました。coldsweats01

P1150406_480x319

| | コメント (2)

居眠り磐音フアン

夫も人並みの年寄りだなと思うのは、ここ数年前から時代劇を好むようになったこと。若い頃には洋画、洋楽好みだったのが、現在のお気に入り番組はNHKの〔陽炎の辻〕これが物語の内容というのではなく、主人公〔居眠り磐音〕のフアンなのです。

BSプレミアムで6時から〔平清盛〕を観ているのですがこちらの主人公松山ケンイチはワイルド・・・というかはっきり言って薄汚いcoldsweats01 そのすぐあとにみる山本耕史は水も滴るようないい男です。夫の好みといっても磐音という侍が好きなので、現代ものに出ている山本耕史には特に反応しません。綺麗で強い侍が好きなんですね。lovely 

昔は山本耕史のような男性を形容して〔役者にしたいようないい男・・・もう役者になっている(ー_ー)〕の他に〔油壷から抜け出たようないい男・・・テカテカ!?w(゚o゚)w〕という云い方をしたのですが、どちらかといえば優男タイプに使われたようですね。

山本耕史って造作が、一時期超モテモテだった韓国の俳優ヨン様タイプですよね。それなのに日本のオバちゃんたちはなぜ山本耕史には目もくれずヨン様だったのでしょう。。。国産じゃだめなの?

51lvhnukgl__sl500_aa300_

| | コメント (6)

はじめて聞く話

ドライブ中、眠気防止に普段あまりしない会話をすることがよくあります。

私がかねてからいつか夫に聞こうと思っていたことを先日ドライブ中にやっと聞くことができました。それは戦後の混乱期で大学へなど行くすべのなかった夫が大手の企業に就職出来たことの理由です。

以前に一度記事にしたことがありましたが、夫の姉は深川の芸者〔辰巳芸者〕でした。夫の話ではかなりの売れっ子芸者だったということです。この筋の女性は旦那という仮の伴侶を持つことになるのですが、そこはやはり経済力のある男性ということになります。そういう男性のいわゆる囲い者、2号さんとなったのでした。その男性の伝手で入社出来たということなのです。入社してからも夫はその人のいわば義弟の関係になるわけですから、影となってなにかに力になってもらったそうです。。。聞いてみれば、これもまた戦後の混乱期であったがために出来たことなのでしょう。夫は私が聞かなければ話すつもりはなかったのでしょうが、聞かれた事には正直に答える人です。

しかしお互い人生の最終段階に入っているのですから、いまさらこの程度の話を聞いたから、話したからといってどうということはない。ただこれで私が謎と思っていたことがわかりすっきりしたということだけです。。。

P1020866_480x319_2

| | コメント (0)

年が逃げる

俳優 小野寺昭さんが八ヶ岳連峰一つ天狗岳に登山するテレビ番組を観ていて、頂上の眺望の素晴らしさにため息がでました。近ごろ登山人口が増えたということですが、あのような景色が頂上を目指すと待っているのかと思うとさもありなんと頷けます。世界の著名な山々からみる近寄りがたい風景とはまた違い、時々下界から仰ぎ見ている親しみやすい山の、登って初めてわかる素晴らしい眺望です。。。

御殿場に住む三女の夫が山登りが趣味で、八ヶ岳に時々登るのを聞いた青森に住む私の長兄が羨ましがり〔八ヶ岳には一度登ってみたかった〕と云っていたのをふと思い出しました。富士山には二人で登ったといっていましたが、それも兄が還暦前の話です。兄は50代頃までは東北の山々には登っていたようですが、60代にはもう山歩きはやめて、釣り一本になったようでした。

先日のY新聞編集手帳に〔中年のうちは山は逃げないが高齢になると年が逃げる〕と書いてありました。山好きのシンガーソングライター みなみらんぼうさんの言葉だそうです。

夫が山好きだった私の兄を、せめて遠望でもということで、白馬や八ヶ岳山麓の泊りがけ旅行に誘うのですが、いまでは青森から出てくるのさえ億劫なようです。それと、これは私の想像ですが、東北訛りの劣等感が関東へでて来ることを億劫にしているのかもしれません。

P1130756_480x319


松原湖からの八ヶ岳

| | コメント (6)

疑心暗鬼

〔正直な夫と思えど大いなる嘘を吐かれているやもしれず〕 新聞の文芸欄に入選した仙台市 小野寺寿子さんの短歌です。

この方のご主人はずいぶんと誠実なタイプのようで私など羨ましい限りですが、それでもふと疑心暗鬼に陥るのはなぜなのでしょう。。。確かにまじめで口数も少ない人はその心のうちというのがつかみにくい。。。本当のところ何を思っているやら、妻である自分はどう思われているのか、愛されているのかいないのか。。。

私なら〔不正直と思えど我が夫の幼児のごとき挙動可笑しき〕ということになるでしょう。口数の多い男はごまかしや嘘をはバレバレで頭隠して尻隠さず、なのですから。。。。ということでケンカにはなっても疑心暗鬼で悶々とするということにはなりません。

さてどちらのタイプがよいやら。。。

夫婦といえどもお互いに一生明かしたくない秘密は誰もが心の底にあるものと思うのですが、それは嘘にはならないので言う必要はないでしょう。。。といいながらモナリザのごとき〔なぞの微笑〕をするのは女性の方だと私は思いますが。。。eye

P1010483

| | コメント (0)

機嫌が悪い日のブログ記事

若い方と会話をしていて時々気になるのですが、こちらが何かを訊ねるたびに〔あ、はい〕といってから話し出すんですね。なぜ〔はい、〕ではなく〔あ、はい〕なのでしょう。何度も何度もそう云うので気になって気になって。。。eye 営業マンなどに多いです。

テレビやラジオで2人だけで対談中質問されたゲストが〔私ですか?〕という人。二人相向かいでいるのだから貴方しか居ないじゃないですか。なんでわざわざ〔私ですか?〕と聞くの!気になって気になって。。。eye こういうタレント、文化人結構いるんです。

いえね、。。。いつもの美容院が最近いつ行っても大勢の客なので、待つのが苦手の私、別の美容院へ行ったところ、大柄のいかにも大雑把な印象の男性美容師がいて、ざっくざっくと不器用な手つきで髪を切られ変な髪形にされちゃった。。。crying チョーむかつく!〔こういうとき若者言葉いいですねbleah

というわけで機嫌が悪く、ついかみつき内容になってしまいました(^^ゞ

P1160577_480x319

ベレー帽を買いました。外出の時当分は必要となります(;ω;)

| | コメント (6)

へぇ~、そうだったの?

何かをしていながらも唐突に、愚にもつかない疑問がわき起こるということありませんか?

 私は桂ゆきの画集のなかの〔月とすっぽん〕の絵を見ていて〔題名ではないかも.。。(^^ゞ〕今更ながらですが〔はて、どうして月とすっぽんが比較になるのかしら?〕と思いました。。。で、調べてみたとこ説はいくつかあって、すっぽんの甲羅が丸いので〔まる〕という異名があり、同じ丸でも輝く月と亀の甲羅ではこれほど違うという意味。もう一つは朱塗りの円い盆、朱盆が訛りしゅぼん=すっぽんとなって同じ丸でも月と朱盆〔すっぽん〕ではこんなに違う、というのが語源だというのです。

今一つ解らなかったことは〔狐につままれたような話〕という言葉。狐に化かされた、だまされたという意味だとわかるのですが、さていったい身体のどこをつままれたのかな?ということを、この言葉を活字で見るなり聴くなりするたびに思っていたのですが、腕でも頬でもなくだったんですね。鼻は顔の中央にあり死角になるので素早く抓むとなにをされたかわからない・・・つまり不思議なことがおこった!ありもしないことがおこるということのようです。。。

いやぁ~面白い。。。

豊富な知識を持っている方には味わえない楽しみかた。。。smile

P1160575_480x319

40年間タイ焼き一筋のお店で買いましたnote

| | コメント (4)

美術団体脱会

思うところがあって、私が会員として20数年間所属していた美術会に脱会届を提出しました。理由は一言で言うと〔在籍の意味を感じなくなった〕ことです。

ですから、私の実名と今までの所属していた美術会をご存じの方は、毎年からは六本木で行われる展覧会や、ネットに掲載される団体の作品集の中に私の絵が掲載されないことになります。美術雑誌に絵を掲載する時にはこれからは無所属となりますが、私は絵を描き続けてさえいればいいことで無所属になったからと言って私個人は今までとなんら変わることはないのです。

依る大木〔所属団体〕がないと心もとないのでは?と思われるかもしれませんが、自分自身に欺瞞をもって過ごすよりはましではないかという思いの方が強まった結果です。

私は元来ただ絵を描くことが好きなだけで芸術肌の人間ではないし、ややこしい人間関係を上手く泳ぐ逞しさを持ち合わせていませんので、むしろ20数年間在籍していたのが不思議なくらいなのです。今回長年世話になった所属団体を辞めてしまうのですが、会を去ったり、所属を鞍替えすることは美術団体では特に珍しいことではありません。

すっきりしたところでこれから私が考えることは、気持ちを新たに多少でも自分の絵に変化を見出すことと思っています。

P1160584_480x319

万山望からの浅間山 F6号  途中です。描いてわかったのですが小山敬三はこの位置からたくさん描いていますね。

| | コメント (6)

〔愛と喝采の日々〕を観る

昨日は、午後6時半より観たいと思っていた映画、1977年作〔愛と喝采の日々〕を観るために夕飯の片づけを夫にさせて(^^ゞ私は早々とテレビの前に。。。この映画は当時好評で、私の好きなシャーリーマクレーンが主演だというのに洋画好きだった私なぜか観ていないので楽しみでした。

志半ばにして家庭人となった元バレエダンサーと、ライバルだった現役プリマ バレリーナとの葛藤。。。才能あるわが子を、果たせなかった自分の夢を実現させるべく元ライバルのバレリーナにに託すというストーリーですが、二人の女性の複雑微妙な心理状態を抉り出すように物語は進みます。

シャーリー・マクレーンのライバルにはアン・バンクロフト。〔奇跡の人〕でサリバン役を演じた女優です。

この映画の見所はなんといってもバレエの素晴らしさ。有名なクラシックバレエの数々をたっぷり堪能できます。また老いたトップダンサーの残酷な引き際とかライバル同士の地位争いという点では昨年観た〔ブラックスワン〕と共通したものがあります。

娘を演じたレスリー・ブラウンと その恋人役のミハエル・バリニコフはバレエ界では知られたダンサーでしょうね。二人の踊りはバレエに疎い私でも引き込まれてしまいました。

ただ、中年になった二人の女性の殴り合いのシーンはいただけない。せっかくの美しいバレエシーンの数々が台無しの醜さ。結局お互い心の内をさらけ出して仲直りということで、いかにもアメリカ映画ですね。

女性同士の嫉妬を含んだドロドロ関係はあんな簡単なことで終わるわけがない、というのが日本人である私の感想です。

51nohv9xl__sl160_

| | コメント (9)

例の作家の本購入^^ゞ

3日前、読みたい本があり書店に行ったので、ついでに新刊書コーナーを覗いたのですが例の芥川賞作家田中慎弥の本が見当たりません。いえ、私は野次馬根性むき出しでこの話題の作家の本を買に書店に出かけたのではありませんよ。念を押しますが。。。ただあれだけ話題になった人物の本がなぜないんだと不思議に思い店員さんに聞いたところ〔あるところにはあるのですが、私どもには回ってきません。何しろ売れているそうで。。。〕〔でしょうねぇ。。。聞いておいて買わないのも変だし・・・取り寄せてもらおうかしら。。。note

それが意外に早く〔入荷しました〕の電話。いえ私はほんとにあんなおかしな会見をした作家の本など別に読む気などなかったのですよ、ほんと。。。

あの作家、川端康成文学賞、三島由紀夫賞も獲っているですって。それなのに一番欲しい芥川賞はなかなか回ってこない・・・5回目でやっとこさ芥川賞にこぎつけたが素直に万歳できない気持ち解らぬでもないですねぇ・・・とはいってもあの意表を突いた会見にはあっけにとられましたね。あれは狙いどうりの小芝居?出版社は〔これは受賞プラスアルファーだぞヽ(^o^)丿〕とほくそ笑んだことでしょうね。

いや私は別にあんなねじくれた会見する作家の本など・・・しつこいですか?smile

P1160576_480x319

P1160565_480x319

新聞で推薦していたこちらを欲しかったのです。

| | コメント (0)

同意見の投書

昨日の読売新聞の投稿欄〔気流・・・〕に、私がかねがね思っていたことと同じ考えの投書がありました。

画家の岩橋 好男さんは〔まだ有名ではない画家の寄贈美術館を作ってほしい。有名画家の二流、三流の絵よりも、無名画家のこの一作と言える作品を集めたほうが面白い〕とおっしゃっています。 まったくもって同意見ですね。

ただ私の考えと少し異なるのは、無名画家美術館というものをわざわざ新しく作ることではなく、現在各市町村にある美術館の一角を利用すればいいのです。というのは、私は以前にスケッチ旅行で日本各地に出かけた時期があり、その際には当地の美術館を覗くことが多かったのです。大方の美術館建造物は大きいのですが、その割には入館者が乏しく、広々とした館内に私と夫、ないしは画友だけ、ということがざらにありました。現在でも同じだと思います。つまりどこの市町村でも一般の方は美術館という場所にあまり関心を持たない、または持てない証拠だと思うのです。中には世界的な建築家の設計した美術館が訪れる人もなく閑散としています。

そういう美術館はたいてい貯蔵品を贅沢なスペースで展示してありますが、どんなに有名な絵でもそうは幾度も観に来るということにはなりません。

お高くとまっているのはやめて美術館をもっと一般市民のために解放すればいいのです。その町の絵描きさんや学校の美術の先生が描いた絵などが展示されたらもっとその地の入館者が増えると思うのです。

ただしそうなると所属団体名にこだわらない、高い審美眼を持った公平な審査員が必要になりますね。

無名だがよい絵描く画家はたくさんいます。とても面白いコーナーができ、入館者も増えるに違いないのです。

P1020837

| | コメント (6)

またひとり去った。。。

約40年間お付き合いをしてきたご近所のKさんがとうとう娘さんご夫婦と一緒に住むことになったとごあいさつに見えました。

kさんは元警官だったご主人と一人娘の3人家族で、絵に描いたような幸せな生活を送っていたのですが、お嬢さんの結婚、その2年後に突然ご主人を亡くされてから、寂しい一人暮らしをがんばってこられたのです。しかし80歳を過ぎてさすがに心細くなったのでしょう、ここのところ娘さんのところに居る方が多くなっていたのでした。

今日のお話では売りに出していた家屋にやっと買い手がついたということ。。。

私が40年ほど前にこの団地に越してきたとき、真っ先に仲良くしてくれた、現在障害者介護施設におられるMさんと共に、同じ並びのKさんとは長年ほどの良いお付き合いをしてきたのですが、月日というものは否応なしに様々に人の生活、生き方を変えてしまうものです。

人は必ず別れる運命にあるということはわかっているのですが、手を握り合い互いの健康を案じながら別れるというのも切なく、いうに言われない寂寥感で思わず声を詰まらせてしまいました。私達夫婦はとうとうこの団地内で最古参になってしまったのです。

P1160570_480x319


 シクラメン  0号

| | コメント (8)

重箱の隅を突っつく話

某テレビ朝のワイドショーを観ていたら、お寺を訪問したリポーターが厚手の防寒コートを着たまま本堂まで住職に案内され、そのままの格好で住職と会話を始めました。。。住職が法衣なのですから死ぬほど寒いわけがなく、コートを脱ぐのが礼儀ではないかと思うのですが。。。

私は以前から気になっていたのですが、寒い時期他家を訪問した際に、コートを玄関で脱がずにそのまま上がってくることが多いのに違和感を感じています。テレビなど見ていても人気タレントがコートのままでよそのお宅に上り込むのをみたことがありますし。。。今の時代それは当たり前のことになっているのかな?

我が家にも時々いろんな職業の方が見えますが、玄関でコートを脱ぐ方のほうが少なくなってきました。特に今のコートは毛などあしらったいかにも〔防寒用〕。そのままの姿でリビングまで入ってきます。男女ともにです。。。

それほどの家じゃあるまいし、どこでコートを脱いだっていいじゃないかと言われそうですが、昭和14年生まれの私、どうも気になってしょうがない。。。

P1160567_480x319_2

家庭菜園が趣味の夫が作った野菜。いま野菜が高値なのでご近所に喜ばれています。

| | コメント (10)

他人の顔が覚えられない(~_~;)

寒いので銭湯へ出かける回数が多くなりました。なみなみとあふれる湯につかる心地よさは何事にも代えられない至福の時間。。。こういう時に〔極楽、極楽spa〕という言葉を吐くのはいったい何歳ぐらいからかな?などと、とりとめのないことを思いながら入っていると、湯気の向こうからニコニコしながら近寄ってきた私より上かな、と思われるご婦人がいます。〔銭湯ではその解放感から全く知らない同士がごく自然に対話することが多い。〕で、私は気立てのよさそうなご婦人に向かい〔こういう寒い日はお風呂に限りますねぇ。お近くですか?〕〔ええ、車で10分ほど。。。〕〔そうですか。そのくらいの距離だといいですねぇ。私は20分くらいかな。○○大橋の先のH市なんですよ〕〔ニコニコ・・・〕〔近所にもお風呂があるにはあるんですが、ご近所中の方ばかりでゆったりできませんのよ。〕〔そうですよねぇ。。。〕〔こういう寒い日にはお風呂に勝るものはありませんねぇ。。。もうちょっと先にも新しい大型銭湯ができのですがご存知ですか?〕〔ええ、この前おたくさんに伺って行って来たんですよ。〕〔・・・coldsweats02・・・〕

うわぁ~~、どうしようsweat01  この前、この方と会話を交わしたのに、全く記憶がない。。。あげくにあろうことか同じ会話をはじめてのように話していたんです。

願わくばこの方に〔またお会いしましたね〕と先に云ってほしかった。。。

P1080393_480x319

利根の河原

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »