« 居眠り磐音フアン | トップページ | 野田総理と私の共通点 »

嫉妬の苦しさ

NHK朝ドラ〔カーネーション〕をはまり込んでみています。次女直子が若手デザイナーの新人賞を獲ったことで長女優子の気持ちは複雑なものに。。。嫉妬の感情です。

嫉妬心は醜いとわかっているだけに身近な人間に対して起こるこの感情は自分自身をやりきれないものにします。

我が家も5人姉妹、顔も性格も能力も違うので、成人してからさまざまな思いに駆られたのはドラマと共通したものがありました。

ドラマのような突出した事ではなく、日常的な中にも嫉妬の種は多数転がっています。苦しいのは嫉妬心を押し隠さねばならぬこと。。。ドラマのように派手に泣きわめくことはまずありえないことで、何食わぬ顔を装って日々を過ごさなければならないところにあります。そして自分の心の狭さ、醜さに思い悩むものですから、知らず知らずにどこか歪んだ性格になって、それが反抗という形になる場合も。。。。

我が家では次兄がいわゆる〔不良〕と呼ばれる若者でしたが、これは両親に特別扱いをされる長兄にたいしての屈折した感情が原因だったのではと今になって思うのです。

ドラマ〔カーネーション〕から我が家のつまらぬ昔話となってしまいました。coldsweats01

P1150406_480x319

|

« 居眠り磐音フアン | トップページ | 野田総理と私の共通点 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

イタリア映画「ジェラシー」の挿入歌
井上陽水のヒット曲「ジェラシー」
どちらも わたしの好きな音楽のレパートリーに入っています。人の煩悩のNO1は嫉妬(ジェラシー)でしょうね。
・・・の嫉妬,・・・の嫉妬,・・・の嫉妬 一生の内に幾つ味わうでしょうね。厄介な人間模様です。

週間視聴率一位の「カーネーション」毎日観ていただいて有難うございます。やっぱり岸和田住民にとっては嬉しいです。
今年の年賀状は「カーネーション」を記事にしました。まあ予想どおりハガキ受け取った友人たちの反応は
「NHKの回し者?」「NHKのモニターしてるの?」などと ひやかしメールや電話があってどれも必死に否定する始末でした。
3月頃からは70才になった糸子役は夏木マリさんに替わり(公表)今の岸和田の風景が映る撮影もしているようです。楽しんでくださいね。地元ドラマが故のファンです。

投稿: 普通が好き | 2012年2月14日 (火) 16時45分

普通が好き様
イタリア映画〔ジェラシー〕の挿入歌のほうはちょっと思い出せませんが、井上陽水の(ジェラシー)は私も好きです。もともと陽水ファンで陽水の曲はすべて持っていますね。
おっしゃる通りで嫉妬心を持たない人間は居ないと思うのですが、嫉妬心はあながち醜いばかりとは限らないのですね。〔カーネーション〕でも嫉妬を力にして自分を磨いていくようですね。
絵の世界でも同じなのです。ライバルがいたほうが向上心が燃えますね。

このドラマの気取りのなさが好きですね。

貴女は岸和田というところを心から愛していらっしゃるからこうしたコメントをくださるんで、けっしてNHKの回し者?なぞとは思いませんが、NHKはお礼状位は送るべきではと思いますhappy01
また何かありましたら情報をくださいね(*^^)v

投稿: おキヨ | 2012年2月15日 (水) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 居眠り磐音フアン | トップページ | 野田総理と私の共通点 »