« 脳の話 | トップページ | ポケットの中の魚の骨 »

怠け者遺伝子と!?

Y新聞の小欄で見つけた面白記事を一部抜粋。

〔人のDNAを精査したらすでに怠け者の遺伝子が存在していることが分かってね。どんな会社も2割前後はさぼっているだろ。それはこの遺伝子のせいだったんだ。〕

人間ばかりではなく、動物には働き者〔運動好き〕と怠け者〔運動嫌い〕が居るということに気が付いた研究者がネズミで実験したところ、よく働くネズミは、人間で言うと80キロを走る位の車輪をまわした。働かないネズミは車輪を枕代わりにしたり、トイレにしたものもいた、ということなんですねhappy01 実験の結果 遺伝子によって先天的にプログラミングされてるということが分かったそうです。

私が何を言いたいかというと・・・私が朝寝坊したり、何をやるのも億劫だったりするのは遺伝的なもので仕方のないことだということ。ついでに言えば、づぼらで何につけても楽なほうを好むのは遺伝子の仕業。私の先祖のゲノムが災いしているのです。さらに付け加えれば、何事も悪いことは自分のせいではない、と言い張る癖も、何十年も描いている絵が上達しないのもすべて遺伝子の仕業で、私がそのことで悩んでもどうにもならないことなのです。

先祖の悪しき遺伝子が全部私一人にかい!?crying

Images

でも人間にはこれらの欠点を補うべき〔理性〕というものが授かっているのですから、怠け癖を克服する努力を怠ってはならぬ。。。ということです。

 

|

« 脳の話 | トップページ | ポケットの中の魚の骨 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん
 DNAのなせる業とは言え、小生などもっと深刻なゲノムを持っているようで、一番悪いのは、それを修正しようとの想いもないことです。
 でも蟻の行列は何時も忙しそうにして歩いていますが、そのうち仕事をしている蟻は20㌫ぐらいしか居ないそうです。
 更に厄介のは、80㌫の怠け者を除外すると働きありのうちからまた怠け者が80㌫出来るのだそうです。
 社会には、私のような者もいないと成立しないということですね。

投稿: | 2012年2月23日 (木) 09時35分

おキヨさんがご紹介くださる記事、
いつもとても面白くて、興味深く
拝見しております。
なるほど、「遺伝子の仕業」なのですね。
そう考えると、自分自身についても、
あれも、これも・・と納得です!(笑)
私自身、根が非常に怠け者なのは
自分でよ~くわかっているので、
なんとか「理性」で奮い立たせているような
感じかもしれませんcoldsweats01

投稿: hanano | 2012年2月23日 (木) 18時38分

風の樹人様
しかし、やたらに修正しようとすれば個性の問題に食い込みそうですね。
お気持ちだけでよろしいのではないでしょうか^o^

そうです、そうです。蟻とキリギリスの物語ではすべての蟻が働き者のように感じてしまいますが、どうもそうではないようですね。
怠け者の蟻にお目にかかりたい気持ちです^^
結局は社会的な迷惑がはなはだしくない限りは多様の個性があっていいという結論ですね。

投稿: おキヨ | 2012年2月23日 (木) 20時01分

hanano様
私自身大真面目なニュースなどよりコミカルカラーのニュースに興味が湧きます。(^o^)
他人と違う自分の性格って気にしだすと気になりますが、そうはすぐに直らない。。。ですから〔DNAのしわざ〕としてしまえば都合がよろしいと。。。(爆)

日本人は海外の人達に働き蜂にたとえられているのですから多少そうじゃない人間が居たほうがいいかと。。。good
こんどhananoさんに世界で一番怠け者の・・・じゃなかったゆったりしたお国をこっそり教えて頂きたいものです。。。snail

投稿: おキヨ | 2012年2月23日 (木) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳の話 | トップページ | ポケットの中の魚の骨 »