« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

大橋純子さん

旧い日本映画を見た流れで30年前に活躍したアイドルたちの歌を聴いていたのですが、元アイドル達のあとにベテラン歌手の大橋純子さんの姿がshine ヒット曲〔シンプル・ラブ〕と〔たそがれマイラブ〕の2曲を歌いました。

大橋純子さんの〔たそがれマイラブ〕がヒットしたのは、30年ぐらい前だったと思います。私もまだ40代、若かった。。。(#^.^#)

当時TBSで〔獅子のごとく〕という森鴎外の生涯を描いたドラマをやっていたのですが、その挿入歌が〔たそがれマイラブ〕でした。毎週聞いているうち、大橋純子の歌の上手さと歌詞が好きになり、レコードまで買ったものです。当時私が女性歌手のレコードを買ったのは珍しく、私にもまだ甘やかな感情が残っていたということですね(^-^;

ドラマの主人公は確か江守徹さんでした。彼も30年前はまだスマートで、ロマンチックなドラマの主役を演じるに十分な素材と演技力をもった俳優だったと思います。ついでに言えば、彼とコンビでつまらぬコマーシャルに出ていた中尾彬さんもこれまた2枚目だったんですよ。。。

今日久しぶりで観た大橋純子さんはほとんど昔のまま、というより年を重ねてより美しくなっている! w(゚o゚)w 

Images

大橋純子 

| | コメント (2)

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 

久しぶりに観たいと気持ちが動いた映画〔マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙〕を隣県の映画館に行って観てきました。評判どうり、上質に仕上がった見応えのある作品で、私の好きなメリルストリープの迫真の演技は第84回アカデミー主演女優賞に輝くのもうなづけるものでした。

映画は英国初女性首相になった政治家、 保守的かつ強硬な政治方針から〔鉄の女〕と言われたマーガレット・サッチャーの、老衰し混濁した意識で現実と幻想をさまようシーンから始まります。私などの年齢ではサッチャー氏の活躍した1979~1990年という時代はそう遠いものではなく、〔事実サッチャー氏は現在存命中〕このシーンはいささかショックを受けました。

50歳で保守党首に選ばれ、79年に英国首相に任命。男性社会の中で孤立奮闘、リーダーシップを発揮するも経済の混迷、フォークランド紛争 アイルランド共和国のテロ攻撃などが次々と彼女を襲います。

良質の作品に多く出演し、貫録十分のメリル・ストリープの〔鉄の女〕は本人と見紛うほどの見事な演技力でした。そして世には知られていない老衰したサッチャー氏の姿とのギャップ。。。84回アカデミーメークアップ賞を受けたのもこの映画ですから、メリルのメークがいかに見事なものかが判るというもの。現在86歳で認知症を患っているサッチャー氏の姿を残酷なまでに演じきっています。

質の高い映画を観ると、どなたかのセリフじゃないけど〔いやぁ~、映画って本当にいいですねぇ。。。〕とおもわず言いたくなりますね。。。

Photo

| | コメント (2)

可愛いギャラリー3人

30数年前から、飽きるほど描いていて、一向に飽きることのない、そして描けば描くほどなぜか下手になる(ー_ー)!!浅間山を、定番の位置から4,5枚ほどラフスケッチをしてきました。

御代田にあるお気に入りの場所に、2年ほど前パン屋さんが出来て、大変繁盛の由。店内には無料のコーヒー付きで買ったパンを頂けるテーブルがあるのでドライブ中のお客さんが多いようです。私は満席の店内をしり目に、買ったパンとサービスのコーヒーをもって、雄大な浅間山がそっくりそのまま自分のものになる裏庭に。。。notes そこにもテーブルがあり、屋外に出たのは私達夫婦だけ。まだ寒かったですからね。

私がスケッチを始めると、いつの間にか傍に女の子が一人。色もつかない雑な絵など子供は1分とみていないことを知っているので、そ知らぬ顔でいたのですが、女の子は飽きる風もなくみているので〔お嬢ちゃん、絵が好きなの?〕ときくと〔はい〕〔でも、これ、色がつかなくてつまんないでしょう〕〔ううん、おもしろい。。。〕

そのうち、女の子の姉妹らしき年上の子と幼児も参加。さすが年かさの子は社交術に長けていて〔おばさん、絵がすごく上手いですね〕〔そうですか。有難う〕〔おばさん、上野の美術館知ってますか?〕と聞くので〔ハイ、知っています〕〔私、一度だけ上野で絵を観たことがあるの。〕と、夫が脇から〔ではもしかしたらおばさんの絵も観たかな〕〔えーッ、おばさん、あんな立派な絵も描くんですか?〕おしゃべりな夫のせいで話があらぬ方へ。。。bearing

ふとみると、幼い子がスケッチブックに手を加えていましたw(゚o゚)w 

〔画像削除〕

合作?のせいで少しはましになったかも。。。eye

楽しいひと時でした。

 

P1160805_480x319


旧碓氷峠方面から

まだべた塗りですが形だけ。。。

| | コメント (2)

早春の浅間山

今年になって初めてのドライブ。春になって最初の行く先はまず例外なく軽井沢ですね。私の町から雪化粧した浅間山が手招きしている様子がわかるのです。

P1160722_480x319

上信越道 富岡付近

このブログに最も多くUPされているお馴染みの場所

P1160725_480x319


荒船山に薄っすら雪が・・・3月には珍しいと思います。

P1160736_480x319

碓氷峠の浅間 昔は峠を越すと突然目の前に浅間の姿が現れてそれを見るのが楽しみだったのですが、いつのまにやら木立に遮られ〔突如!〕という感じではなくなりました。

P1160746_480x319

P1160747_480x319

塩沢湖付近

P1160750_480x319

P1160760_480x319

御代田方面の浅間

スケッチしていると可愛らしい3人の観客が・・・絵を飽きずに観ていてすっかり仲良しになりましたnote

| | コメント (4)

畑の住民 おめでた♪

以前に、夫の畑の農具小屋に猫の母子3匹が住んでいて、夫と菜園仲間が可愛がっている話を書きました。その母猫〔おっかさん=夫命名〕がまたおめでたなんだそうで、夫は孫でも出来るようにそわそわしています。

私は自転車でしか行けない夫の畑には行ったことがないので、この野良ネコ一家にはお目にかかったことはないのですが、やはりなんとなく嬉しい。おめでたい話なので、夫の皿から刺身をとりわけちょっと火を通して畑の住民の明日のご馳走にしました。この分だと、今まで二人分だった我が家の夕飯の肴が3人分になるやもしれません。

夫の話では猫の親子は飼い猫のようにきれいで、栄養状態もよく母親はよく太っていて、夫表現では〔なかなかのいい女〕だそうです。〔あれでは雄猫の目を惹くなぁ~・・・〕

ということは家族が毎年増える!?・・・ということは我が家の家計に少なからずの影響があるかも・・・((゚゚дд゚゚ ))

Images

猫の恩返し を期待smile

| | コメント (4)

色彩と性格

昨日夫に台所洗剤を買ってきてもらったところ、赤い色のものを選んできました。夫は昔からなにかといえば赤いものを選ぶことが多いですね。彼の洋服箪笥の中は赤い衣類であふれています。

そこでふと赤い色を好む人間はいかなる性格の人間かに興味を持ち調べてみました。心理学的に色彩の好みと性格は密接だといわれていますからね。

赤を好む人の性格・・・生命力 エネルギー 好奇心 元気 開放的 活力 などポジティブな言葉が並び、その他には 攻撃的 イライラ 短気 などがあります。見事に当たっていますね。個人的に私が付け加えるとすると 見栄っ張りオッチョコチョイですかね。。。happy01

因みに私はというと、自分でもなぜだかわかりませんが最近絵を描くのに黄色を使うことが多くなっています。

黄色を好む性格とは・・・明るい 自由 楽観主義 自己中心的、あたってるかも・・・。付け加えるとすれば 我儘 ずぼら ですかねcoldsweats01

実は私昔から青が好きなんです。

青色を好むタイプは・・・ 誠実 クール 知的 上品 ほらね。これが本当の私です!

P1160714_480x319_480x319

最近黄色が多い。。。ε-( ̄ヘ ̄)

| | コメント (8)

香りの好き嫌い

スーパーに出かけ、台所用洗剤を買い忘れて返ってきました。夫がウオーキングに行くので帰りに買ってくるよう頼んだところ、買ってきたのが〔イチゴの香り〕とパケージの下に書いてある赤い色のもの。。。夫に色を選ばせると98%の確率で赤い色を選ぶのですがこれ、うちのお爺だけかしら?

で、その洗剤を使ってみるとこれが台所いっぱい〔イチゴの香り〕に溢れ、長時間香りが漂っているのでどうも気持ち悪い。。。奇妙な話ですが私、いちごは好きでもあの匂いは嫌い。冷蔵庫にイチゴを入れると庫内がイチゴ臭くなるのも気になります。あと一つ、バナナが好きでもバナナの匂いがダメ。。。。

それで、せっかく夫が買ってきてくれたものをそっと隠して、あらためて自分で買ってきました。↓

P1160713_480x319


昔ながらのコレ、安くて匂いがほとんどしません。いま台所用洗剤が矢鱈増えていますが、どうしてあんなに香料を強くしなければならないのかわかりませんね。生ごみだって密閉した容器に入れるんだし。。。第一食べ物を作るところで香りのものが必要でしょうか?

| | コメント (2)

素敵なジュリー~!(#^.^#)

BSプレミアムで10時~11,30分まで沢田研二ライブを楽しみました。会場は5,60代の女性達であふれんばかり。。。沢田研二はおばちゃん方にとっては永遠の王子様 ということです。

なんたって、元祖ヴィジアル系ですからね。顔よし声よし〔歌の上手下手はともかく〕で当時の若い女性はもちろん結構なお年のおばさままでみ~んな”ジュリー~!!lovelyでした。フランス映画〔太陽がいっぱい〕で世界をアッと言わせたアランドロンの美貌に勝るとも劣らない沢田研二、そりゃ美しかった。。。

現在63歳のジュリーですが、おや、昔より歌が上手くなってる!?結構じゃないですか。彼は歌手。お餅のようにぽっちゃり太ろうが、白髪になろうが お腹が丸くせり出そうが、手足が短く見えようが 汗まみれで息切れしようが・・・声がよく出てさえいれば上等。歌手としての体面は保てます。

若い頃太りやすい体質に鞭打って日本中の女性を楽しませてくれたんですもの、死ぬまで美しくあれ、は酷というもの。美味しいものを思う存分食べて丸々太ったって誰が責められましょう。。。かっては自分を白馬に乗せてくれた王子様ですもの、老年期に入ったジュリーをおばちゃんたちは決して見捨てるような薄情ものではありません。あの熱狂ぶりをみて私も胸が熱くなりましたもの。。。

Images


 

沢田研二  1870年代

| | コメント (13)

Mさんとのふれあい

隣県で月一回のデッサン会〔クロッキー〕をはじめて9か月目になりましたが、出席者の顔ぶれも定着し順調に運んでいます。

趣味の習い事というのは雑多なことを忘れ、そのことに集中、没頭出来るとひと時です。午前10時に始め、お昼になるまでがあっという間。。。そして近くのレストランで軽食のひと時が、お互い馴染になってきている同士なものですから楽しい。。。note

今日は私のお隣の席に、今まで一度も言葉を交わしたことのない80代半ばの男性です。なんというか、孤高の佇まいのご老人で、単刀直入に言うととっつきにくいお方。。。クロッキーの腕前は素人の域を出ており、仲間のIさんは彼を〔先生〕と呼んでいます。。。つまり初心者だけの指導に行っている私、彼に話しかけるきっかけがなかったんですね。

それが偶然レストランで隣合わせたものですから、はじめて言葉を交わすことになりました。私から話す糸口を探し少し会話がスムーズになったところで、彼、Mさんはお高い人ではなく〔素朴な人〕のようだとわかりました。美術の話なら厭わずむしろ積極的に話し、また私の話も穏やかに聞いてくれたのです。

部屋に戻って私が鉛筆を研いでいると、Mさんが傍にやってきて、〔貴女の描き方いいねぇ。。。線が綺麗だよ。〕と云ってくれました。Mさんがご自分の席を立って他人に話しかけることなどついぞみかけなかった。。。友好のあかしかなnotes

こんなささやかなことが年をとると嬉しく感じるものです。

P1080373_212x320

わがデッサン会、今日はヌードでしたので,以前に描いた着衣を掲載しました。

〔以前はヌードでも平気でUPしてたんですけどね(~_~;)〕

| | コメント (0)

そして彼女は居なくなった。。。

昨日の記事に関連した過去の出来事を思い出したので書きます。

近所のドラッグストアでの出来事。

私は偏食と小食のため栄養剤を長年飲み続けているのですが、大瓶だと保管場所に不都合なのでいつも小瓶を買っていました。ある日栄養剤を買いに行ったところあいにく小瓶が切れているようです。傍にいた20代の女店員さんに(小瓶が欲しいのですがいつ入荷しますか?)と聞いたところ〔この栄養剤は大瓶しかありません〕というので〔そんなことはないですよ。私いつも小瓶を買っているんですから。。。〕といったのですが〔この薬はこれしかありませんよ。別のお薬ではありませんか?〕〔長年飲んでいるものを間違えませんよ〕〔でも、この小瓶はありません!〕埒があかないので〔いつもいらっしゃる薬剤師さんは?〕と聞くと〔今いません!〕とつっけんどんにいいます。

私はそのお店を出て別のドラッグストアで同じ栄養剤の小瓶を買いましたが、前の店の店員さんの、客を客とも思わない横柄な態度に腹を据えかね、電話で事の一部始終を店の責任者にぶちまけ〔もう少し接客の仕方を教えたらどうですか!〕と云ってやりました。

少し経ってからまたそのドラッグストアに行って〔何しろ近くて便利なもので。。。〕見ると例の女店員さんの姿はありませんでした。注意をされたに違いなく、そうなるとぷいとやめてしまうようなタイプでしたからね。。。

P1030353_212x320

| | コメント (2)

店員さんの良し悪し

いつものスーパーで買い物を済ませ、お金とポイントカードをレジに渡そうとしたら、あれ!お財布の中のいつもの場所にポイントカードがない・・・?私の他にお客もいないのでそうあわてずに隅々探したのですがやっぱりありません。〔おかしいわね。ここでしか出し入れしないカードなのに、どこへ行っちゃったんだろう。。。〕と独り言をつぶやいているあいだ店員さんはただじっと私の行動をみているだけ。。。。〔もしかしたら別のコートのポケットにでも入っているかもしれない。〕という私に店員さんは〔ポイントが付かないけどいいですか〕〔いいですよ〕

これが2日前のことです。

今日スーパーへ出かけ、買い物をしたあと、2日前の店員さんとは違う方に〔ポイントカードをなくしっちゃたんですけど、新しく作ってくれないかしら。。。〕というと〔そうですか。でもちょっとお待ちください。念のため届け出がないか事務で聞いてきますので、お名前を。。。〕私の名前を聞いた店員さんは事務所へ行き間もなくニコニコしながら〔届いてありました。〕と私のカードを手に戻ってきました。

同じ店の、同じ年ごろの店員さん、同じ教育を受けたであろうに、なんでしょう、この接客態度の違いは。。。

ぼんやりしてカードを落とした私が一番悪いんですけどね。。。

えらい所帯じみた記事になりましたcoldsweats01

P1070554


白馬 2009年11月

| | コメント (10)

家屋の健康管理

築40年の我が家、住み人ともども傷みが増してきているので、どうしてもこまめな点検が必要です。家の中のほうは一応片が付きました。で、今日は縁の下のシロアリの点検と予防です。

朝早くに、大手ホームメーカーから依頼された業者がやってきて縁の下にもぐり、約2時間ほどの作業をしてもらいました。シロアリの心配はなく、縁の下の状態は良好とのこと。

これで昨年から部分的にやっていた家の中、外の点検がすべて終了し、まずまず一安心。shine あとはその家屋の住民2人の命が果てるまで住処のほうはおそらく大丈夫でしょうhappy01

今日縁の下の点検に見えた作業員は随分若い男性、というか男の子がたった一人。あまりに若く見えるので〔失礼だけどお幾つですか?〕と思わず聞いてしまいました。こちらとしては仕事さえしっかりしてもらえば文句はないのですが、〔こんなに若い子が一人で大丈夫かな・・・〕という気持ちになりますね。人手不足かな?。。。

P1160704_480x319

P1160705_480x319

| | コメント (0)

弱いがゆえに強い女?

◎女性は弱いがゆえに狡猾である。

◎女性の方が強いのは弱いからである。

◎女性は支配しようとし、男性は支配されようとする。

女らしさとは弱さのことである。人々はそれを冗談の種にする。馬鹿なものはそれを嘲弄する。しかし理性的な人間なら女らしさこそ男性を操って自分の意のままに使用する起重機であることを非常によく知っている。。。

昨日に続き、中島義道著 〔カントの人間学〕から抜粋しました。

実に真理をついた言葉だとおもいませんか。。。。〔男性は支配されようとする〕には反論したい男性もいるのではないかと思うのですが、これはドイツの偉大な哲学者の残した言葉ですから致し方ないですねsmile

逆に考えると、家庭で奥さんの言いなりになって尻に敷かれている〔言葉に品がない(~_~;)〕男性の方が男らしいということになるので決して恥ではありません。  真に男らしい男性は家庭でか弱い女性を相手に争うようなことはしないはずです。そしてそのほうが幸せな家庭生活が営めるのですから(*^^)v

女性は弱いがゆえに狡猾である・・・・ちょっと気に入らんな・・・eye

Photo


イマヌエル・カント

ちょっと、アンタ 〔狡猾である〕のところを〔賢い〕といい直してくれる!?

| | コメント (6)

人はみなエゴイスト

幼児が自分を(○○ちゃん)と3人称で言わずに〔ぼく〕〔アタシ〕と一人称で云った時点で人のエゴイズムが始まるのだそうです。人が自己意識を持つと同時に肉体を侵食していく癌のようにエゴイズムも拡大していくという・・・頷けますね。(ー_ー)!!

エゴイズムは〔倫理的エゴイスト〕〔美的エゴイスト〕〔道徳的エゴイスト〕と3種類に分類されるそうで・・・

倫理的エゴイストとは、自分の判断を他人の悟性に照らし合わせて吟味することを無用とみなすものである、と。。。つまり、自分以外の者の判断のみならず、その存在さえもどうでもよい、と思い知らされるような人だそうで、います、そんな人!Σ( ̄ロ ̄lll)

美的エゴイストとは薄々と自分の感性の鈍さに気付いていながら、それを見ないように目や耳をふさぎ自己欺瞞、自己呪縛にに陥っている人・・・私かも(;´Д`A ```

道徳的エゴイストとは、一切の目的を自己自身の上にだけ限り、己に役立つもの以外のものにはなんの効用も認めない人。会社の創立者の、サクセスストーリーを語る人。わが子の躾を誇らしく語る人がこのタイプだそうで、うんざりするほどお目にかかりますね。

この3種のエゴイズムを全部備えた鉄面皮〔死語かな?(~_~;)〕も世の中にはいるんです。

中島義道著〔カントの人間学〕 からの拾い書きでした。なかなか面白いです(*^^)v

P1160703_480x319

百円ショップで仕入れてきましたnote 

| | コメント (8)

父のこと

昨日父のことに少しふれたので、ついでですかららもう少し書いてみます。

昔の父親というのは厳しくてあたりまえだった、とよく言われますが、私の父の場合は、それも度が過ぎていたきらいがあります。私は父親の歯を見せた笑顔を思い出すことが出来ません。自分なりに子供達に愛情を持っていたとは思いますが、子供達の方は、父親として尊敬の念はあったにせよ、〔愛情〕を感じていたかは疑問です。父と子たちの間に云うに言われない〔距離感〕がありました。

友達の父親と比較して、どうしてだろうと若い頃思ったものですが、父は我が子への愛情をどの様に表現していいのか知らなかったたのだと思うのです。

父は7歳で里子に出されたひとです。養母の、今の時代ならいじめとしか思われない厳しい〔しつけ〕に耐えて生きてきた人間で、優しい言葉の使い方を知らず、自分が養母によって叩き込まれた〔礼節〕をそのまま教えるだけがただ一つの子供たちへの愛情表現ではなかったかということが、私が大人になってから思ったことでした。このことはもちろん父から直に聞いたことではなく、父が亡くなった後母から聞いた話です。

父と子の間に笑顔の交流が皆無だった。。。父の厳しい生い立ちがそうさせたことに違いなく、残念に思うのは、54歳という若さで厳格だった父が他界したこと。

もう少し生きて、子供たちが大人の考えが出来、父に老いの兆しがみえるようになったのならまた違った局面があっただろうに、と思ったものです。。。

〔以前にも父のことを書いたことがありますので似通った文面だったらお許しを。。。〕

P1160684_480x319

春の小川♪

P1160685_480x319

P1160689_480x319

P1160697_480x319

| | コメント (4)

食卓の条件

さしあたって書くこともないので昨日に続き食事の話を。。。

よほどの不味いもの〔犬も喰わない?は別の意味に使いますね(^^ゞ〕でない限り、状況次第で美味しく頂くことができるのが手料理だと思うんですね。新婚の夫は大概〔妻の料理はおいしい〕または〔まぁまぁ上手なほう〕と答えるに違いありません。それは幸福な食卓だからです。食卓で会話が弾みば特に贅沢な料理ではなくても美味しいと感じるはず。

今の若い方が聞くと奇異に思うかもしれませんが、私が子供だった時分、我が家では食事は静かにするもの、つまり食事中むやみとしゃべってはいけないのでした。父が居るとそれは絶対で、小さな妹達でもきちんと正座をし、押し黙ったままご飯を頂きました。ですから父が留守の時の食事はどんなに気楽であったか・・・とはいえ習慣で羽目を外すまでにはいきませんでしたけど。。。

私が今にいたるまで食事、食欲に淡泊なのはそうした食事習慣が原因ではないかと自己分析しています。

父が亡くなり、陽気な兄嫁が留守がちの母に変わり、我が家で采配を振るうようになってから食事が賑やかになりました。ですから、私達兄妹の〔家庭の味〕は兄嫁の手料理となるのです。

P1030215_480x319

蓮華が咲き始めました。

P1030226_480x319

P1030239_480x319

| | コメント (0)

若い女性は煮物が苦手

ある食品メーカーの調査によると今の若い女性は煮物が不得手だということです。魚の煮つけとか ひじきの煮物 肉じゃが かぼちゃの煮もの などのことですね。 そんな解り切ったことわざわざ調査などしなくてもと私などは思ってしまいますが。。。

私だって20代の頃は煮物など作りもしなかったですね。ことさら習いもせずに結婚してとくに痛痒を感じませんでした。煮物などは経験を重ねて上手くなるもの。結婚前にお料理学校へ行って、たまに上手くできたからってそんなものは借り物の味に過ぎません。煮物が家庭の味になるまでそれ相応に年数がかかってあたりまえです。

でもね、こんなところにも才能のあるなしがついて回り、料理の得意な女性と73才にもなって〔だれ?eye〕・・・・料理下手のまんま、というのもいるにはいる。。。(ノ∀`)

でも当人は台所に立つのは好きとは言えないまでも料理は下手とは思っていない。私の魚の煮つけ、ひじきの煮物その他の調理すべてを夫が50年近く〔美味い!goodといってくれます。そりゃ最初の頃はお世辞だったでしょうが、そのうちすっかり〔家庭の味〕が板についた、ということですね。

要は家人の口にさえ合えば〔お料理が上手い、煮物が上手〕ということになるんです。夫や我が子の〔〕を自分の料理に合わせてしまえばこっちのもの。。。smile

P1030292

P1030291

| | コメント (6)

魅力的なお腹の話

2月29日に、サニタリーのリフォームでやり残したトイレの床を張り替えるため再び職人さんがみえました。今日は無口な方が一人。。。

トイレなど狭いものですからその作業などあっという間。たちまちきれいに張り替えられ、これでサニタリー内部は清潔なブルーグレイの部屋に完成note どんなに年をとっても、○○と畳は新しいほうがといいます。○の中の字は亭主?

でも内心ちょっと惜しいと思ったことが。。。先日みえた職人さんのおひとりが素晴らしく大きな人、巨漢ですね。このようなお仕事には不向きではないかと思うお相撲体型で、我が家のような狭い家ではさぞかし仕事がやりにくいだろうと心配したくらいです。

私は若い頃巨漢は苦手だった。小柄な私などその風圧で吹っ飛んでしまいそうで。。。(~_~;)でも年取った今は違います。大きな男性はなんたって頼りがいがあるように見える。やさしそうだし。。。というわけでその方が再び我が家に見えるのを内心心待ちにしていたのですが、今日の方はスマートな方でした。

なぜかというと、も一度あの巨大なお腹に触りたかった。。。(#^.^#)

先日、巨漢さんと会話中にどうしてもその見事なお腹に触りたくなってしまい、思わずタッチ。の後に(ごめんなさい、どんな感触かと思って…(^^ゞ)というと〔ははは、やっぱり触られちゃった。女の人はなぜかこの腹に触りたがるんですよ。奥さんたちによくモテる腹です〕と。。。

正真正銘、太っ腹で心根の優しい男性だからなんでしょうね。

200pxkaikoutakeshisakka

開高健   こんなタイプでした。

| | コメント (6)

〔理想の女〕を観る

2004年に制作された、スカーレット・ヨハンソン 主演の(理想の女)は質の良い見応えのある映画でした。

イタリアの高級リゾート地のアマルフィに一組の夫婦がやってくるが、若く美しい妻はたちまちプレーボーイの若い貴族に狙われる。夫を愛する貞淑な妻は誘いに応じないが、ある日夫の小切手の出費がある女性に支払われていることを知って思い悩む。。。というストーリー。

スカーレット・ヨハンソンは美人という部類の女優ではないのですが、実に魅力的。どんな映画でも蠱惑的なこの女優は好きですね。1930年代のエレガントなファッションが素敵で堪能できました。

共演のヘレン・ハントはつい先日〔恋愛小説家〕お目にかかったばかり。前回の映画では生活に疲れたなりふり構わない子持ちの女という役柄でしたが、この映画では浮名を流す謎の中年女性を演じていて、なかなか魅力的でした。結構、この女優の映画を観ているのですが、なぜか題名を思い出せない。

スカーレット・ヨハンソンは〔真珠の耳飾りの少女〕が強く印象に残っています。

Photo


スカーレット・ヨハンソン

| | コメント (0)

存続することの難しさ。

現在私が月一回お世話になっている隣県のデッサン会に微妙な翳りが。。。昨年上半期まで、広い会場が二重にならなければ描けない日もあったほどの人数が集まったのですが、ここのところ明らかにデッサン会のメンバーが減ってきています。今日はたったの12人だけ。。。

Kデッサン会は設立30年だそうで、T先生が御ひとりで頑張っておられます。先月は腰痛で入院されていたのに、入院先から会場にいらしたとか。。。2年前まで副担当者がいたのですが、病気で脱会されました。

私も過去3回もデッサン会の設立に加わり、2,3年から長くて16年はなんとかやってきましたが、ことごとく途中で挫折。つくづく存続の難しさがわかっていますので、30年間もT先生がおひとりで会を続けてこられたのには敬服します。

デッサン会の人数が減っているのは偶然の重なりで、来月はまたいつもどうりのにぎやかさを取り戻すことを願っています。〔でないと、私の勉強の場がまた減るので困るのだ・・・自分本位coldsweats01

P1080659_212x320

今日は裸婦クロッキーだったので、前に描いた着衣クロッキーを。。。

| | コメント (2)

傍聞きーかたえぎき

今、バックの中の文庫本は長岡弘樹の(傍聞きーかたえぎき)という短編集。外出先でとぎれとぎれに読んでいます。傍聞きーかたえぎき・・・初めて見る言葉で、造語かと思いましたが〔傍らで聞くともなしに聞いていること〕 直接に話を聞くより、人の会話を聞くともなしに聞いている方が余計に話の真実が見えてくる・・・ということのようです。

云い得てる。

デッサン会の休憩時間などに女性たちの会話を(傍聞き)していると、時々〔私はご近所の奥さんたちとはあまり親しくないのよ。話が合わないの。。。〕〔そうなのよねぇ。テレビの話題や、家族がどうしたとかの話ばかりでしょう。つまらないのよね。。。〕〔私、テレビなど俗っぽい話ばかりで見る気がしないの。。。〕

本人たちが無意識としてもなんだか自分を一段高い所に置いたような言い方に聞こえてしょうがない。。。芸術に取り組んでいるという自負がそのような言葉となって現れるのかな?そうだとしたらとんでもない勘違いおばさんたち。地域の美術団体の発表会で浮かれていきまいているだけで、美術史、海内外の著名な画家 作品などの知識も乏しく話題に上らないし、実は自分の手一つろくなデッサンもできない人達です〔私もですが…(~_~;)〕

芸術家気取りは20年早いヮimpact

でもそういうこと言いたい時期ってあるんですよね。ご近所の皆さんこの鼻息荒いおばちゃんたちを勘弁してやってください。

P1050076_480x319

お向かいのミーちゃん

P1050538_480x319


お隣のモモちゃん

み~んな仲良しlovely

| | コメント (6)

人情紙のごとし・・・

孤独死、孤立死、どう違うかわかりませんが何ともやりきれない言葉が新聞紙面に頻繁に見かけるようになりました。

立川市のマンションで90代の母親と介護をしていた60代の親子が亡くなったのに見つかったのはひと月も後だそうです。高齢者2人が暮していて、ある日から郵便物が溜まっているのに変とはだれも思わなかった?人間って自分の周囲にそれほど無関心でいられるものなの? われ関せず、厄介なことは避ける 冷酷 それとも自分以外の人間には興味がない?

私の80才になる夫ことで恐縮ですが、普段、がさつ 口が悪い 喧嘩っ早い おせっかい お調子者 と悪口三昧を書いてきた私ですが、今日は少し違います。もし夫のような性格の人間がこのマンションに居たとしたら、この母子は亡くなるようなことにはならなかったかもしれない。。。。

夫は教養とか知性などとはほど遠い人間ですが、心に血が通った人間だと思います。自分より弱い立場の人は決して放って置かない。人に非常に関心があります。子供から老人まで人が好き。いちばん好きなのは若いおばちゃんだけど・・・

おせっかいで、筋が通らないと公共の場でも大声を上げるがさつな人間が時として必要なのではないか、と このニュースを見て思いました。

P1050069_480x319


浅間山  SM

| | コメント (6)

あかの他人がなぜ〔おかあさん〕なの?〔怒!〕

またもやツイッター仲間のtoakoちゃんが話題を提供してくれました。赤の他人が女性を〔おかあさん〕という呼び方には納得できかねるというのです。まったくもってその通り。。。こういわれて私も30数年前のことを怒りと共に思い出しました。

花で言えばまだ十分見ごろの40代〔自分でいうゕ?(ノ∀`) 〕 北海道を旅行中、露天商のアンちゃんに(おかあさん)といわれてしまい私は大変ショックを受けました。人生初めての(おかあさん)という呼びかけです。お子さんのいらっしゃる女性はもしかしたらこの呼びかけに慣れているのでさほどのショックはないかもしれませんね。

自分ではファッションもメークもきっちり決めていたつもり。どこをみればそんな所帯じみた呼び方をされなければならないのか納得がいきません。で〔お兄さん、いまアタシの事おかあさんって言わなかった?商売しているんだったら女におかあさんは駄目よ。買う気が失せた!〕傍に、口を聞かせたら誰にも負けない夫が居るのでこちらは強気。。。bleah

私が本当に腹が立ったのはこれからです。 夫が〔そういったって、アンタをお兄ちゃんがそう呼ぶからにはおかあさん的オーラ十分なんだよ。あはは・・・〕これですよbomb

しかし、なぜ赤の他人が女性を(おかあさん)と呼ぶんでしょうね。好く考えて、〔おばさん〕よりはましだろうと?〔奥さん〕がポピュラーな呼び方なのですがこれだって独身の女性なら複雑な思いをするでしょう。

う~ん、こんなことでも考えると結構難しいものですね。。。。

118_1817_284x213

118_1803_480x360

118_1815_284x213


画像は5年前函館一人旅の時のもの。

| | コメント (8)

今更遅い!

私としては〔もっと早く研究して欲しかった。。。〕というような研究発表が新聞に載っています。

末梢血管をひろげ、血行を良くしたり、若さを保てる、などと言われているビタミンEが、マウスを使った研究の結果 過剰摂取すると骨粗しょう症を誘発する、ということが分かったそうです。

多くの中年以降の女性たちが〔え~!!?Σ(゚д゚;)〕と言う思いではなかったでしょうか。。。私は股関節症があるため、血行には特に気を付けていたし、偏食はする、年であまり食べなくなったりで仕方なくある大手薬品メーカーの総合ビタミン剤を長年服用しています。

気になるので内容をみるとビタミンEは10mgと書いてあります。過剰摂取になるのかなぁ。。。

医者嫌いの私、3年前の検査では骨量がやや低めということがわかりましたが、その後の検査はしていません。でもビタミンEが多く含まれているナッツ類を好きで食べているし、カルシュームを含んだ食品を意識的に採っているのでさほど気にしていませんでした。

なんにしても私としては〔今更遅いわぃpout〕という研究発表ですね。

P1160666_480x319


旧いスケッチから   妙義山

| | コメント (2)

プーチンの涙

おや、強いイメージのプーチン氏が泣いている映像が新聞に載ってますね。。。↓

201203064299371n

イメチェンを図ったんですかね。支持率が60%だったとか。。。日本では昔〔男は人前で涙なんか流すんじゃない!みっともない・・・〕と子供でも言われたものですが。。。

ガンガン強いばかりの人間には時として辟易させられますが、場合によっては女性達は強い男性がちらりと垣間見せる弱さに寛大です。ロシアの女性たちもそうでしょうか。。。

プーチンさんはお若い頃〔子供時代?〕ひ弱だったそうで、のちにフィジカルな部分をアピールするのは、コンプレックスだった昔を払拭する意識が強かった・・・というようなことが書かれています。

子供時代ひ弱だったコンプレックス・・・でふと思い出したのは三島由紀夫氏。

プーチンさんは柔道で鍛え上げた肉体ですが、三島由紀夫は以前からコンプレックスだった青白いインテリのイメージを、ボデイビルなどで肉体改造をし、筋肉隆々の肉体をやたらと雑誌などで誇示しだし、世間からは〔ナルシスト〕といわれ、また文壇では〔俗物〕などと冷笑されたということです。

知性とフィジカルはどこか相反する感じがあります。プーチンさんも肉体の誇示をほどほどにしないと逆効果ということになりかねません。

政治家の記事を書きながら 政治のことをにまったく触れないのは私ぐらいでしょうねsmile

| | コメント (2)

〔ティファニーで朝食を〕を観る

もしかしたら初めてではないかもしれないこの映画の記事。ですから同じことを書かないために今日は意地悪な視点で書いてみました。

〔ティファニー・・・〕を初めてみた時に主人公がコールガールという設定だとは全く気付きませんでした。清純が売り物のオードリー・ヘプバーンが演じたのですから無理もありませんね。そういう意味からいうとこれはミスキャスト。売れない小説家〔ジョージ・ペパード〕にも有閑マダムのパトロン〔パトリシア・ニール〕がいてお金の関係のいわゆる〔若いツバメ〕ですが、ペパードの紳士的なイメージが強すぎました。主人公たちがみんなわけありの複雑なストーリーなのに、やたらと都会的でしゃれたラブロマンスなのです。かろうじてコールガールのイメージを表現する場面は、主人公が初対面の男のベットで寝るシーンがあります。これとてオードリーの童女のような寝顔が可愛らしく、きれいなシーンでした。要するに〔それらしき〕シーンは微塵もなく、ジバンシーのファッションを着こなした魅力満載の〔オードリー、きれい、きれい!lovely〕のラブロマンス。

この映画の主人公にオードリーとは逆タイプのマリリン・モンローという話もあったようですが、モンローの〔ティファニーで朝食を〕だったらどんな仕上がりの映画になったのかと興味をそそられます。

変な日本人を演じたミッキー・ルーニーのメークが極端。。。地のままでよかったのに。

有閑マダムのパトリシア・ニールが、オードリーとは違う大人の女の美しさを発揮して素敵でした。

忘れてならないのは映画の底辺に流れるヘンリー・マンシーニの〔ムーンリバー〕永遠の名曲ですね。

Photo_2

| | コメント (4)

あります、そういうこと・・・(;O;)

ある年齢に達した女性の大方は同じ思いをしたことがあるはず!というのがこの歌です↓

〔ウインドに 映る老女はその昔 ヒール鳴らして闊歩せし吾〕 東京都 小出 風沙子さんが読売歌壇に入選した短歌です。

なんて素直な、そして共鳴できる歌でしょうか。。。

買い物に出かけ、ふと見るウインドーの向こうに、おもいの他に老け込んでしまった自分の姿に愕然とすることがあると思います。人によりその年齢は多少の差はあるでしょうがだいたい60代位から。。。

普段、そうそうは自分の姿を意識しながら歩いているわけでもないので、スーパーのウインドーの向こうから突然に目の前に現れた、くたびれ果てた老女がよもや自分の姿とは思わずに〔向こうからエライよぼよぼの婆さんが歩いてくるわぃ・・・〕と思い近づいてよく見ると〔え!これがついこのあいだまで吉永小百合にそっくりだった私!!?〕と腰を抜かさんばかりに驚いてしまいます。〔注 吉永小百合似は長年の妄想〕

本当に・・・(ノω・、) いつの間にこんな変わり果てた姿に。゜゜(´□`。)°゜と思うのですが、いくら用心していても、こんな日は生きていれば必ずやってくる・・・貴女にもねwink

 

P1160663_480x319

P1160668_480x319_2

旧いスケッチブックから

| | コメント (4)

知っている漢字を書けない!?

ネットで拾ったニュース。。。最近、自分の名前でも小学校で習っていない漢字を書いてはならないと先生が指導するというのはおかしい。。。

小学校の副校長で、大阪府教育委員を務める陰山英男さんという方がツイッターでつぶやいたことが大きな反響を呼んでいるそうです。

こういうこと誰がどういう理由で思いつくのでしょうね。。。全ての父兄がそういうことなのかと納得する理由があるのならこれほど大騒ぎにはならないのでは?

これは先生個人によっての指導か、学校によっての指導か、または府、県の指導か?よく解りませんが、父兄は困惑、 混乱するでしょうね。子供だってせっかく覚えた自分の名前を漢字で〔書けるのに書けない~crying〕とつまらないでしょうし。。。。

そうすると、なんですか、仮に〔山田太郎〕くんは山を習った段階で〔山だ たろう〕と書くのでしょうか?〔田〕より先に〔太〕を習ったとしたら〔山だ 太ろう〕ということになり、〔僕はこんな名前嫌だ!weep〕と登校拒否になるやも。。。

教育者という頭のいい人たちが集まって作り上げた結論で〔習わない漢字は名前であっても書いてはいかん!〕というのですから、全ての父兄が納得する理由の説明が必要と思いますが。。。

P1090927_480x319

P1090928_480x319_2

旧いスケッチブックから

 

| | コメント (2)

外でどうぞ、だと!?(@_@;)

ツイッター仲間のtoakoちゃんが、喫茶店でゆっくりしようと思ったら飲みさしのコーヒーカップまで下げられた、と憤慨していましたが、私もコーヒーショップで、彼女とは違う例ですが、〔心が感じられないなぁ。。。(ー_ー)!!〕と言う思いにさせられたことがあります。

昨年12月はじめ、軽井沢の比較的新しいショッピングモールに立ち寄りました。東御まで行った帰りだったのですでに陽が落ちて、軽井沢は真冬の寒さ、人影もまばらで、若者目当てのショッピングモールなど老人夫婦には場違いとすぐに気づき、コーヒーだけを買おうとコーヒーショップへ。豆を頼み、コーヒーを注文しようとしたら〔豆を御買いになったお客様にはサービスのコーヒーを差し上げております。〕とのこと。。。どうせ一口大の小さいものだろうと思っていたらさに非ず、普通サイズの紙コップに入ったコーヒーを2個頂きました。

ところが、〔サービスのお飲み物はは外でお願いします〕というのです。店内にはお客はゼロ。店員さん以外に誰もおらず、これからもお客が入ってくる様子はありません。外は風もあるしとんでもなく寒い。。。mist

夫が、〔この寒いのに外じゃ無理だよ〕といったのですが〔サービスは外でお願いしていますので。。。〕の一点張り。。。見ると通路の向こうになるほどテーブルは置いてあります。でもいくらなんでもこの寒さでは外は無理。。。

仕方がないので車まで持ち帰って飲みました。

一人の客も居ず、これからも入って様子のない店内で〔例外〕を期待する我々年配者は間違っているのでしょうか?

〔今回は特別としますので、隅のテーブルでどうぞ〕とにこやかに言われたら、どんなに嬉しく心の中まで温まったことでしょう。。。と今の世の中で思う方が間違いか。。。bearing

P1090929_480x319

P1090906_480x319

P1090911_480x319


旧いスケッチブックから。

| | コメント (4)

ありのままの話

〔誰でも、ありのままの相手を愛することが出来る。しかし、ありのままの相手と一緒に生活することは出来ない

これは先日読んだ〔絶望名人 カフカの人生論〕からみつけた言葉です。

カフカは愛する人が居ながら、生涯独身で過ごしたそうです。物事を深刻に、ネガティブに考えると確かにそう思えるかもしれませんが、大方の人間はもっと楽天的、愛する相手が居れば結婚するのが当然と考えます。しかし生涯初心のままで過ごせる方はまれではないでしょうか。。。

私は上記の言葉わかりますねぇ、実によく、切実に。。。私は凡人ですから、結婚数年してから徐々にわかったのですが、結婚する前にそのことが分かったカフカという人間は心理学において天才ではなかったかとおもわれます。

人間として確かに〔好い人〕なのに、あまりのありのままの相手〔夫〕に時々辟易し、その言動に悩まされ〔え、こんな人だったの!?〕と何度思わされたことか。はっきり言って私はありのままの相手は嫌ですね。今からでもいいから少しは老妻の前でもかっこつけてもらいたい!

男とはそういうものです!いい年をしてなにを小娘のようなことを、と私を嘲笑する方はよほど〔ありのまま〕の言動が素敵なご主人か、それとも奥様が怖くて、まだ〔ありのまま〕を出せないでいる?(^o^)

私もうっかりテレビの前でうつらうつらするときなどだらしなく口を開けた〔ありのまま〕だったりしてるかも。。。

低次元な〔ありのまま〕の話coldsweats01

P1160659_480x319


浅間山 F6号

| | コメント (4)

シンプルイズベスト

昨日に続き部分リフォームの話。。。

今回我が家で設置した洗面台です。↓

P1160645_480x319_2

旧式でしょう。。。。これにはわけがあります。

実は前の洗面台は見栄っ張りの夫が決めたグレードの高いしゃれたものでした。細長い蛇口が軽いタッチであちこち動くタイプ。ところがうっかりするとこのコブラのような蛇口は、いい加減な夫がきちんと水が止まるまで上にあげないことがたびたびで、水がポトポト落ちて洗面台の縁にあたり、跳ね返って床がじっとり湿っていることがしょっちゅう。。。あるときにはお湯のほうだけが垂れていて朝起きてみたらサニタリーが湯気だらけということも一度や二度ではありません。。。ですから周辺の傷みが早く、化粧台の引き出しは反り返って開け閉めが悪くなり、床も変色。。。

というわけで、なまじモダンなタイプなどと色気をだすと、雑な夫のために前回の二の舞ということになるので、今回は手ごたえで閉め損ねることがまずない、という旧式のタイプを選びました。これなら蛇口が短く、水が真っ直ぐ下に落ちるので床に跳ね返ることがありません。我が家においてはシンプルイズベストいうわけです。

この文章をお読みになって〔さて、どういうことなんだろう!?〕とお思いの方は、我が亭主のように物事に雑でいい加減な人間をご存じない幸せな方です。

| | コメント (8)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »