« 知っている漢字を書けない!? | トップページ | 〔ティファニーで朝食を〕を観る »

あります、そういうこと・・・(;O;)

ある年齢に達した女性の大方は同じ思いをしたことがあるはず!というのがこの歌です↓

〔ウインドに 映る老女はその昔 ヒール鳴らして闊歩せし吾〕 東京都 小出 風沙子さんが読売歌壇に入選した短歌です。

なんて素直な、そして共鳴できる歌でしょうか。。。

買い物に出かけ、ふと見るウインドーの向こうに、おもいの他に老け込んでしまった自分の姿に愕然とすることがあると思います。人によりその年齢は多少の差はあるでしょうがだいたい60代位から。。。

普段、そうそうは自分の姿を意識しながら歩いているわけでもないので、スーパーのウインドーの向こうから突然に目の前に現れた、くたびれ果てた老女がよもや自分の姿とは思わずに〔向こうからエライよぼよぼの婆さんが歩いてくるわぃ・・・〕と思い近づいてよく見ると〔え!これがついこのあいだまで吉永小百合にそっくりだった私!!?〕と腰を抜かさんばかりに驚いてしまいます。〔注 吉永小百合似は長年の妄想〕

本当に・・・(ノω・、) いつの間にこんな変わり果てた姿に。゜゜(´□`。)°゜と思うのですが、いくら用心していても、こんな日は生きていれば必ずやってくる・・・貴女にもねwink

 

P1160663_480x319

P1160668_480x319_2

旧いスケッチブックから

|

« 知っている漢字を書けない!? | トップページ | 〔ティファニーで朝食を〕を観る »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

紅き唇も 黒髪の色もみんな褪せてしまったけど、色んな思いが出来る様になりました・・これもひとえに歳を重ねたお陰です。(笑) 南部曲がり屋を思い起こすスケッチ、いい絵ですネ サイロの在る牧舎・・こんな絵を店の壁に飾りまくりたいですよ。 

投稿: 伊藤 | 2012年3月 5日 (月) 04時41分

伊藤様
 
確かに。。。思えば若き日の内面は単調でしたね。人生の本当の面白味はある年代にならないと本当ではありません。

お粗末なスケッチをいいと云ってくださってありがとうございます。
雑な彩色は連れが〔早くしろ!〕というものですから。。。悪いのはみな自分以外のせい〔爆〕

投稿: おキヨ | 2012年3月 5日 (月) 12時02分

〝こんな日は生きていれば必ずやってくる、私にも〟・・・ですね(笑)
たとえウインドウの自分の姿に驚いたとしても、
そんな日まで、私もどうぞ元気で命がありますように!
おキヨさんのような女性とお知り合いになると、
ますます、年を重ねるのもいいもんだなぁ、なんて思いますよ。
年を重ねて得る貴重なものを考えると、
逆に、それがない若い時代には、せめて
肉体の若さくらいないと、やってられないよなぁ・・・
なんて、感じたりもします。

投稿: hanano | 2012年3月 5日 (月) 22時16分

hanano様
世の中には例外という言葉がありまして、貴女には永遠にやってきません!hananoさんは数十年経ったなら岸恵子さんでいてもらいたい。あの方は〔私は年寄りにはなりません〕と宣言されましたからね。

若い時代は〔花〕です。年を経て〔実〕になりますね。豊かな実になりたいとおもったものの私はちょっと変な実になったようで・・・bleah

投稿: おキヨ | 2012年3月 6日 (火) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知っている漢字を書けない!? | トップページ | 〔ティファニーで朝食を〕を観る »