« 群馬の小京都 小幡へ | トップページ | 見た目すでに勝負あり(~_~;) »

見どころ豊富な城下町小幡

昨日に続き小幡の見所を。。。

小幡はまた織田家にゆかりの深いところ。織田信長の次男信雄〔のぶかつ〕が1615年に所領となって以来150年にわたりおさめられたところです。町の中心から少し離れた場所に崇福寺という菩提寺があり初代織田信雄から7代にわたる墓が祀られています。

P1170186_480x319_2

織田信雄の墓

P1170191_480x319_2


織田宗家7代の墓

P1170180_480x319

織田家の菩提寺からさらに奥まった場所に宝積寺という寺院があり其処の枝垂桜が見頃でした。

P1170219_480x319

宝積寺〔ほうしゃくじ〕

P1170218_480x319

P1170221_480x319


樹齢140年の貫録。枝先が地面を這っています。

宝積寺の裏に〔菊女の墓〕があります。小幡信貞が城主であった時代に腰元のお菊という美しい娘があり城主の寵愛を受けていました。当然正妻や他の腰元の嫉妬に遭い、無実の罪に陥れられ19歳の短い生涯を終えます。その後城下に禍が頻発、お菊の祟りではと恐れられ、お墓の供養をしたところ禍は治まったと伝えられています。

P1170233_480x319


〔菊女の墓〕右 左はお菊の母親の墓

美人薄命ということですね。。。

P1170235_480x319


小幡氏歴代の墓

P1170234_480x319_2

P1170210_480x319_2

周辺を散策 

P1170208_480x319


旧い時代の家屋が興味を惹きます。

P1170212_480x319


まだまだ見どころがたくさんありますが、この辺でやめていきましょうか。。。happy01

|

« 群馬の小京都 小幡へ | トップページ | 見た目すでに勝負あり(~_~;) »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。美人薄命っていうのは、病弱だからと思っていたら、そういう事情もあったのですね。勉強になりました。おキヨ様は例外なようで、なによりです。

投稿: アワムラ | 2012年4月18日 (水) 04時10分

アワムラ様
美人は病弱で命を落とすとの解釈が一般的ですが、
薄命とは不幸せとという意味もあるので、、お菊さんのように美しさが原因となって命を落とすことも〔美人薄命〕と言っても間違いではないようですよgood

”おキヨ様は例外なようで。。。”
あ、痛たッ!!(>_<)
かの原節子をアワムラさんならご存知ですよね?・・・となんとかアワムラさんに一矢報いたい一心で伝説の美人女優を登場させたりして・・・coldsweats01

投稿: おキヨ | 2012年4月18日 (水) 11時00分

おキヨ様
そこの部分は「例外的に、美人なのに長生きしていらっしゃる」という意味です。きっと、おキヨさんは原節子のような方なんでしょうね。でも、原節子90歳過ぎだし、私のあこがれの芦川いづみ様だって77歳だなんて、信じられないです。私は永遠に「乳母車」や「陽のあたる坂道」の世界の中に生きていたい。

投稿: アワムラ | 2012年4月18日 (水) 12時34分

アワムラ様

とんだ原節子で・・・〔汗!〕
でも貴方様がそうおっしゃって下さるのなら、こちらの容貌が解らないのをこれ幸いとして否定もせずに頑張り抜きたいと思います!(爆)

へぇ~そうですか。。。あの可憐な芦川いづみが私より4歳も上でしたか。アワムラさんは芦川いづみのようなタイプがお好みなんですね。なんなら〔私は芦川いづみのような美人〕と言い直してもいいのですが。。。

投稿: おキヨ | 2012年4月18日 (水) 19時50分

それはどうでしょう。「芦川いづみ」だと、わからない人が多そうなので、吉永小百合のままでいてください。でも日活で吉永小百合は芦川いづみ直系の妹分でしたよね。ちょっと訂正を。1935年10月6日生まれなので、まだ76歳でした。

投稿: アワムラ | 2012年4月19日 (木) 04時16分

アワムラ様

どうせ妄想するなら国民的な小百合様ということに収めておきましょうヽ(^o^)丿
芦川いづみは76歳なんですね。どちらにしてもきれいなお年寄りとなっていることでしょうね。
誰かのような妄想好きの憎たらしい婆でなないcoldsweats01

投稿: おキヨ | 2012年4月19日 (木) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 群馬の小京都 小幡へ | トップページ | 見た目すでに勝負あり(~_~;) »