« 書店にて・・・♪ | トップページ | 老いを楽しむ »

鉛筆削り

明日はデッサン会があるので、深夜に用具の用意をしています。用具の用意と言っても私の場合数本の鉛筆を削るだけ。。。鉛筆削りはこれ↓

P1160900_480x319


30数年使用しています。

周りの人達の鉛筆削りを見るとカッターナイフがおもですが、私はあれは使えない。不器用な私、うっかりすると自分の手を切ってしまいそうで怖いんです。その点この古い学童用の鉛筆削りはご覧のような具合で手を傷つける威力を失っています。

私がこれを自分のものにしたのは、30数年ほど前ですが、あるいはもっと以前のものかもしれません。前の持ち主が中学生だった頃とか。。。私も高校時代このタイプを使用していました。

なんにしても現在このタイプは無いのでは?

実はこれ、若い頃画友Hからもらったもの、というより彼が使っていたものを強引にせしめたものです。 Hは左腕の悪性骨肉腫のため30代の若さで亡くなりました。

いつも十数本の鉛筆を削るのですが、このナイフを使って鉛筆を削りながらたびたびHのことを思い出してしまいます。

|

« 書店にて・・・♪ | トップページ | 老いを楽しむ »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありました、ありましたねぇこの手のタイプの鉛筆削り大変懐かしく画像を拝見しております。しかしこの鉛筆削りの柄の部分の樹脂は非常に割れ易い材質だった事を記憶しておりますが、おキヨさんは余程、物を大切に扱う性質なんですねぇ・・夭逝されたHさんも貴女にブン取られてさぞかし本望でしょうねぇ(笑) 

投稿: 伊藤 | 2012年4月 8日 (日) 06時16分

今日のデッサン会はいかがでしたか?
良い時間を過ごされたことでしょうか。
愛用の鉛筆削りは、長く手に馴染んで
使い勝手が良いだけではなくて、
大切な思い出が含まれたものだったのですね。
この鉛筆削りがおキヨさんの手元にある限り、
Hさんは、心の中で生きていらっしゃるのでしょうね。

投稿: hanano | 2012年4月 8日 (日) 13時39分

ありましたねぇ、こんなナイフ。(^ァ^)
おキヨさんは今もご愛用でしたか。
 
子供の頃、兄が机の引き出しに仕舞っていたのを記憶しています。
刃の部分がまるで剃刀みたいに見えて、怖がりの私は、ほとんど使うことが無かった筈です。(^^ゞ
 
いつの頃からか、すっかり見なくなりましたね。
鉛筆の削り方も、とうとう覚えず仕舞いの私です。

投稿: もとよし | 2012年4月 8日 (日) 22時34分

伊藤様

凄いものも持っているでしょ。レアものです〔爆〕
これが錆びてはいるものの、壊れる風もなく立派に役立っているんですよ。

周囲に笑われますが、捨てる気に慣れず、ますます愛着がつのります。

ものを大切にするお手本にしていただきたいですね。。。happy01

自分が買ったものだったらとっくに捨てていたでしょうね。

投稿: おキヨ | 2012年4月 8日 (日) 23時12分

hanano様

今日はまずまずの出来でした。なかなか満足したものが描けないので続いているんでしょうね。絵画作業の中ではこのクロッキー〔早描きデッサン〕というのが私には最も楽しいものです。


結果として形見となってしまったナイフです。
丈夫で長持ちしているので、前の持ち主の短い生涯を思うと皮肉なことですね。

投稿: おキヨ | 2012年4月 8日 (日) 23時40分

ことよし様

見覚えがありましたか。
見た目は相当ひどいですが、現在の持ち主より長生きしそうな気配です。。。(~_~;)
ナイフが怖い世代・・・お若いんですね。
鉛筆削りはあのモダーンな電動式で?

あれはあっという間に削れてしまうものなのでしょうか?
とすると、丁寧に鉛筆を削るときにできる時間の空間の楽しみがないということになりますね。

う~ん、私はナイフで一本一本削るほうがいいですね。。。


投稿: おキヨ | 2012年4月 9日 (月) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 書店にて・・・♪ | トップページ | 老いを楽しむ »