« 不義理三昧 | トップページ | つれない即答 »

〔戦火の馬〕を観る

観たいと思っていた、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画〔戦火の馬〕を隣町の劇場で観てきました。チケット売り場のおねぇさんが笑ながら〔貸切になるかもしれませんね〕といったように、館内は私ども夫婦二人だけ。。。明日が最終日だそうで、みなさんは観終わったのでしょうね。 贅沢すぎるねと話し合っていると映画が始まる間際に若い女性が二人見えて計4名の映画鑑賞となりました。

ストーリーは、イギリスの片田舎に生まれた馬ジョーイが、少年アルバートに愛され幸せな日々を送っていますが、第一次世界大戦の戦場に駆り出されてしまいます。激しい戦争の中数奇な運命に遭いながら、巡り巡って少年兵となったアルバートにめぐり逢い、懐かしい故郷にアルバートを背に帰ってくるというものです。

戦争映画でありながら、残酷なシーンはなく、それほど醜い人物も登場しません。何より映像が美しかった。映画が始まってすぐの風景の素晴らしさ。イギリスの貧しい農家の、絵から抜け出したような建物の造りなどスピルバーグならではの映像美でした。

個人的には同監督の〔シンドラーのリスト〕などの戦争映画と比べ、穏やか過ぎる感もありましたが、原作が児童文学ということで納得。

馬が主役ということでしょうか、俳優陣が知名度の低い堅実派ぞろい〔私が知らないだけ?〕というのもいうのも好感が持てる映画でした。

Tbn_7b4ea72d62947b90

戦争映画というより 少年と馬のヒューマンドラマです。

|

« 不義理三昧 | トップページ | つれない即答 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

アカデミーノミネート作品っすねshine

ヒューマン系なんすね( ̄ー ̄)ニヤリ

観てみたいっすshine

投稿: ジョニー・タピア | 2012年4月11日 (水) 04時30分

戦火の馬、ご覧になったのですね。
 わたくしは、昨日、マーガレットサッチャーを観てきました。

あちらは生々しい映画で、戦火の馬とは対照的な表現ですかしら?
 まだ、存命の方を映画にすることは難しかっただろうと思わせられました。

鉄の女・・・人は、適材適所と言う言葉がありますが、
あの方は適所だったのでしょうか?
 女性が、修羅場をくぐり抜けて、生きてゆく・・・それだけでも凄いことだと思いました。
 修羅場から、すぐに逃げ出すであろう私とは(爆)
段違いの方で、精神構造を見通すことが出来るならばとさえ、思いました。

消化できない部分もありました。
 断片的な表現で、ご本人の心が見えてこないのが残念です。

わたしには、戦火の馬の方が心に響きました。
要するに
‘子供っぽい~と言う事ですね(;・∀・)爆)
 

投稿: nono | 2012年4月11日 (水) 10時23分

ジョニー・タピア様

この映画はお奨めですよ。
お宅の坊やたちがもう少し大きくなったときご家族で楽しめる映画だと思います。good

投稿: おキヨ | 2012年4月11日 (水) 10時43分

nono様

私はnonoさんが〔戦火の馬〕を早々にご覧になった時にすぐにでも観たかったのですが、何を勘違いしたか近くの映画館では上映してないと思い込んでいて、再度調べたら上映中、しかも明日で終わりというのであわてていってきましたcoldsweats01

この二つの映画はジャンルがまるで違うので比較できないものだと思います。どちらもそれぞれ見応えがありました。
サッチャーを演じたメリル・ストリープの演技は素晴らしかったでしょう!
英国の政治的、歴史的なことなどはあらかじめ知っていないと確かに上滑りになりますね。
その点〔戦火・・・〕のほうはヒューマン的要素の強い内容ですから直接胸に響きますね。

どちらにしても〔映画って本当にいいですねぇ。。。〕と映画評論家がおりましたが、私もそう思います。notes

投稿: おキヨ | 2012年4月11日 (水) 11時02分

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 接待のマナー | 2012年5月 5日 (土) 14時31分

接待のマナー様
コメントありがとうございました。

投稿: おキヨ | 2012年5月 5日 (土) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不義理三昧 | トップページ | つれない即答 »