« 老いを楽しむ | トップページ | 〔戦火の馬〕を観る »

不義理三昧

昨日に関連した記事になります。

拙ブログを立ち上げてもうすぐ4年になるのですが、ただの一度も〔結婚式に出席〕という話題はありません。私が60代に入ってからは〔そろそろ親族の結婚式にはもう参加しなくてもいいのでは・・・〕と考えたからです。

私は8人兄妹 夫の方は6人、我が家には子供が無いものの、他の兄妹にはそれぞれ2、3人の子供がいます。その子らがみな成人し結婚適齢期が到来。私も50代の頃までは義理を欠くことなく出席していたのですが、数年前からその子供たちの子供、つまり、兄妹の孫が結婚する時期に入りました。ますます頻繁に届く結婚案内状にさすがにうんざり。我が家はどの親族からも遠く離れていて、その都度出かけるとなると結構な出費と体力が要ります。しかも結婚する当人とはほとんど面識がない。。。

本音を相手に云ってしまえば身もふたもない話になってしまうので、持病の股関節が悪化し出かけるのが億劫になった、ということにして、片手落ちの無いようすべての結婚式に欠席、ご祝儀を送るだけで済ましています。不幸のほうも縁の深かった人だけに参加ということにしています。

もう無意味と思うことはしない。老いの知恵です。

年をとるとこういうこともきっぱりできるという利点もあります。物事をきっぱり割り切ることによって、愚痴のない生き方ができるとおもうのです。

P1160917_480x319

P1160937_480x319

花もも

|

« 老いを楽しむ | トップページ | 〔戦火の馬〕を観る »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

前回の記事といい、今回といい、
まさに、年をとることの良さが感じられます!
こういう考え方ができるようになるんだと思うと、
私も年齢を重ねるのが楽しみになりますよ。
実際、私の母も、おキヨさんより少しだけ年下ですが、
「年をとるのはいい。気持ちが軽くなるから」
・・といったようなことを話していました。
私自身にしても、20代の頃は、もちろん今よりも
お肌のハリもあったけど(笑)、
気持ちの上では、もっともっとしんどかったような気がします。
そういった意味では、今の方がずっと心が軽く、
穏やかな気持ちでいられます。
これが年をとる毎にさらに・・・と思うと、
いいものですね~happy01

投稿: hanano | 2012年4月10日 (火) 18時31分

hanano様

私は昔から自分に都合の良い考え方をするタイプで、年をとったらさらにその傾向が強くなったということのようですねcoldsweats01
つまりは自分の考え方一つで楽にも苦しくもなるのではと思うのです。
〔年をとるのはいい、気持ちが軽くなるから・・・〕と貴女のお母様がおっしゃった。
察するに、hananoさんのお母様も、物事の整理を上手くお出来になるタイプの方のようですね。
整理が上手くなるというのはつまらぬ欲望を捨て去ることです。
やってみるとこれがとても気持ちがいいんですねnote
そして、身の丈に合った好きなことだけ残してそれを楽しみながら、味わいながら残りの人生を生きていきたい。。。とカッコいいことを書きましたが、根が俗物、美しく枯れることが出来ますかどうか〔爆〕

投稿: おキヨ | 2012年4月11日 (水) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老いを楽しむ | トップページ | 〔戦火の馬〕を観る »