« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

状況判断できないの!?

日頃言いたい放題を書きまくっている私がいうのもなんですが、世の中には周囲にまったく気を使えない人っているものですね。

昨日はFデッサン会の日。。。お昼休みには近くのレストランで大所帯の昼食会が定着となりました。デッサン中の張りつめた気分を解放し、息抜きの自由な会話ができるのでみなさん楽しみのご様子。。。

女性が集まると、老いも若きも話題にするのは体型のことが常のようです。。。ほとんどが中年以降の方ばかりですから、小太りのぽっちゃり型が多く、中にはアメリカ女性に多いNさんのように大型タイプもいらっしゃる。。。私のテーブルにはこのNさんと他2名の小太りおばちゃん。。。小太りおばちゃんたちは、Nさんを前に、〔ここのところまたお腹が出てきちゃってぇ~・・・どんどんみっともなくなっちゃう。〕〔私もよ~!こんな年になっても、女だからなるだけ綺麗でいようと思っても、美味しいものが目の前にあるとつい食べちゃうのよねぇ・・・〕とお定まりの会話。。。

Nさんは知的な方で、あまりこのような会話には加わることがないのですが、会話は聞こえるでしょう。私はNさんに〔最近Mさんがお見えにならないけどどうしたのかしら。。。たしかお住まいが近くでしたよね。。。〕と別の話題を。。。

小太りおばちゃんたちには悪気はなく、無邪気なだけというのはのはわかっています。

が、大人なんだから状況判断しなさいよ!(# ゚Д゚) ムッカー

P1180649_213x320

 所要時間10分?

費用削減の為素人のお嬢さんがモデルです。

| | コメント (2)

〔可愛い花〕よ・・・

あの懐かしい双子の歌手のお一人が亡くなられました。

私の青春時代活躍したアイドル歌手ザ・ピーナッツ。。。私とほぼ同年代ですから現実には70代なのですが、潔く芸能界から姿を消してしまったのですから、彼女たちはいつまでも最後の映像のまま可憐な〔可愛い花〕です。

テレビの申し子のように1950年後半から70年半ばまでトップアイドルとして活躍し、突然の引退後、久しぶりのニュースとしてはあまりにも悲しい。。。

当時、私は友人の父が経営するダンス教室でソシアルダンスを習っていたのですが、フロアで最初に踊る曲は決まって演奏だけの(可愛い花)でした。思い入れの強い懐かしい曲です。

また一人昭和のスターが旅立ってしまいました。合掌。。。

Photo

P1180646_213x320

今日はFデッサン会の日。生徒さんが増えあまり描けなくなりました(+_+)

| | コメント (0)

700色ですと?・・・仰天!

新聞で、クレパス700色セットが近くサクラクレパスから発売されるという記事を見ました。色の数は過去一般発売された中で最多だそうで、50個限定で52万5千円。。。

クレパスは簡単に言うとクレヨンとパステルの混合で、大正時代から使われている画材のようです。

700色というと画家にとっては望む色のほとんどはあるので有難いこともあるでしょうが、隣同士の色がほとんど似通ったもので混乱をきたす、ということにも。。。お仕着せの色で混色の苦労せずに絵が出来あがるというのも考えようによっては余計なお世話になりかねませんhappy01 

それより700色という色はさぞ素晴らしいケースに収まっているでしょうね。52万5千円はもうそんじょそこらの絵なんぞよりよほど芸術品。そのまま壁に飾ったほうがいいような気もします。

ところで、南こうせつの〔神田川〕の歌詞に〔あなたはもう忘れたかしら、24色のクレパス買って・・・〕という箇所がありますが、NHKでは〔クレパス〕を〔クレヨン〕に変えるんですって・・・お気付きでしたか?なぜかというとクレパスはサクラクレパスの登録商標なので〔クレパス〕とうたってはいけないらしいです。ふぅ~ん。。。。eye

P1050069_480x319

SM      オイルパステルを併用

サクラクレパス以外の製品はオイルパステルといいます。

| | コメント (6)

陽水ファンでした(#^.^#)

いつもは拙ブログの更新記事を書く時間でしたが、昨夜はBSプレミアムで〔井上陽水弾き語り〕という番組を観てしまいましたnotes

1970年代のフォーク全盛時代もっとも異彩をはなった陽水、私はすでに〔おばさん〕といわれていい年代になっていたのですが、根がミーハー、他のフォーク歌手にはさして魅力を感じなかったのですが、井上陽水の不可思議な詩の世界と、その金属的な力強い声に惹かれ〔傘がない~いっそセレナーデ〕までのテープ〔当時はテープ〕は今でも部屋のどこかにあるはず。。。(#^.^#)

井上陽水もすでに還暦が過ぎ、魅力的だった声にもはっきり言って衰えの兆しはありましたが、その怪物然とした風貌はますます磨きがかかった巨人の風格。

昨夜は音楽畑各分野のエキスパートのようなゲストの面々と自身の持ち歌を熱唱。。。選りすぐったゲストたちもそれぞれ大変に魅力的でした。

。。。というわけで、ブログの更新はなりませんでした。coldsweats01

考えたら拙ブログを立ち上げてから、私がいかに井上陽水が好きだったかを過去2度位は書いたような。。。coldsweats01

Images

| | コメント (2)

マリちゃんのストレス

ご近所のAさんが愛犬マリちゃんを連れて散歩中だったので、〔マリちゃんの声最近聞かなくなったけど元気そうでじゃないの。。。〕と声をかけてみました。ご近所には屋外で飼われているのはマリちゃんだけ。以前はよく吠えて用心に一役買っているワンちゃんでしたが、高齢のためかたまに聞こえる声も以前ほどの元気が無いように思えます。

すると、Aさん、マリちゃんに聞かれたくない話でもするように声をひそめて言うには〔マリはね、孫に焼きもちを焼いてそれがストレスになって体調が悪いんですよ~。。。〕

Aさん宅には昨年生まれたお孫さんがいて、家族中で初孫に夢中です。

お話を聞くと、赤ちゃんが生まれる前まではマリちゃんだけに愛情が集中していたのに、突然どこからともなくやってきた小さなライバルに、すべての愛情をさらわれてしまい、それがストレスになって、食欲不振 脱毛 反応が緩慢になり 赤ちゃんを抱いて近づくと怒るというのです。

12歳という年齢もあり老化現象だろうと思ったら、獣医さんの言うには〔赤ちゃんへの嫉妬からくるストレス〕も考えられる、という話でした。。。

これは驚いた!犬が人間同様 嫉妬によるストレスで体調を崩すなんて。。。

〔だからね、ご機嫌を損ねないよう、マリの前では孫の名も云わないようにしているの。。。家じゅうでマリに気を遣って過ごしているんです。。。馬鹿な話でしょう。。。〕と苦笑い。いやいや、マリちゃんにしてみれば笑事ではないはずですよ、可哀そうに。。。think とは言いながらAさん宅を想像しちょっとクスッとしちゃった。。。happy01

P1180621_480x319

F3号

P1180619_480x319_2

F4号

| | コメント (0)

レトロな喫茶店

昨日群馬県 前橋市まで天満敦子リサイタルに出かけ帰りに会場近くの喫茶店に寄りました。この周辺の商店街も、ご多分に漏れず、時代の波に押され寂れた風情ですが、一軒だけ、ドアからしていかにもレトロ感のある小さな喫茶店が目にとまったのです。

中に入るとジャズが流れていて、壁にはクリムトやロートレックの絵が貼ってあり、わが青春時代に入り浸っていた喫茶店を彷彿とさせました。

奥のカウンターにはこれまた粋な帽子の中年男性の常連客が一人、絵になる姿でさりげなく座っていて。。。

水を盆にのせてやってきた白いシャツのマスターは50がらみの半白髪、ちょっとくたびれ加減がまた店の雰囲気に似合っていました。〔ジャズ、いいね。この店いつ頃から?〕夫が聞くと〔30年やっています〕と。。。〔貴方の年代じゃジャズじゃないんじゃないの?〕という夫の言葉に〔僕は元ジャズを演奏していたものでしたから・・・若い頃ベースを弾いていたんですよ。〕とマスターが答えました。そうか、夢のあった若い時代にこだわったお店だったんですね。。。

気に入ってたびたび来たい気もする店ですが、我が家から30キロ、いかんせん遠すぎます。

それより、周りの状態からこの喫茶店生き残れるか?が気にかかる。。。sad

P1180611_480x319_480x319

コーヒーは美味しかったのに、テーブルの映像が無い?coldsweats01

| | コメント (6)

天満敦子ヴァイオリンリサイタル

私が珍しく、無料や頂き物のチケットではなく、自らチケットを求め出かけた天満敦子リサイタル、いやぁ~よかった!!notes

ラジオかテレビでしか聴くことのないヴァイオリン演奏を今回に限って会場まで出かける気になったのは、昔、天満敦子が天才ヴァイオリニストとして世界的に認められ、テレビによく出演していた頃があって、その美しい音色が耳に残っていたことと、私が今年はじめに絵画団体を辞め、心身に余裕が出来たことで、遅ればせながらクラシック音楽にもすこしは親しもうとと思ったからです。もともと音楽は好きだし、ヴァイオリンという楽器の哀調ある音色には惹かれるものがありました。

演奏は1部、2部に分かれていて、1部目は比較的耳に馴染んでいる曲 

◎アダージョ〔バッハ〕 ◎トロイメライ〔シューマン〕 ◎タイスの瞑想曲〔マスネ〕 ◎ロンドンデリーの歌〔アイルランド民謡〕 ◎この道・ 城ケ島の雨〔山田耕筰 梁田貞〕 ◎中国地方の子守歌〔岡山県民謡〕 ◎落葉松〔小林秀雄〕 ◎赤とんぼ〔山田耕筰〕 ◎ホーム スイート ホーム〔ビショップ ファーマー編〕 ◎祈り〔ブロッホ〕 の11曲。 休憩をはさんで2部には

◎シャコンヌ〔バッハ〕 ◎望郷のバラード〔ポルムベスク〕 ◎ジュピター〔ホルスト〕と重厚な曲3曲に加えアンコール曲として ◎ 見上げてごらん夜の星を ◎故郷 を演奏しました。

特に〔望郷のバラードは〕天満敦子の代表的な演奏曲。ルーマニアで演奏を絶賛され、ルーマニア出身の作曲家の遺作を託されたもので、日本でも大変な評判を得ている曲ということです。

私は音楽には詳しくはなく、音楽に関して難しい表現では語れませんが、詳しくないことがかえって素直に胸に響くということもあると思うのです。これもまた天満敦子という天才ヴァイオリニスト所以のことなのかもしれませんね。

蛇足・・・ それにしても、なんと飾り気のないリサイタルだったこと。。。舞台は演奏家と名器ストラディバリウスと弓だけ〔実はストラディバリウスより 弓のほうがいわくつきの名品だとか〕ご本人も口紅一つつけるわけでもなく、きらびやかな衣装をまとうわけでもない。地味な服装でポケットから黒いハンカチをときどきだして〔暑いですねぇ〕とまるで近所のおばさんのような親しげな笑顔と口調。。。happy01 それだけにその素晴らしい演奏が浮き彫りになったということもいえますね。。。一番前の席に座れて本当に良かったshine

P1180606_480x319

P1180610_480x319

| | コメント (8)

明快な別れの理由

日本の一般庶民の男性が〔妻に飽きたから〕という理由で離婚したいといったら100%の非難を浴びると思うのですが、ハリウッドの人気俳優 ジョニー・デップならこの理由で事実婚が解消されても非難を浴びることにはならない?そりゃ文句を言えないほどの 納得出来る資産での解決方法で、とうのお相手がOKなのですから傍がとやかく言うことはないのです。

人間は飽きる生き物。どう頑張ってみてもせいぜい4,5年で普通は結婚生活に飽きる、ということを何かで知りましたが、それを引く手あまたの人気者が14年間も我慢?していたのですからむしろ褒められるべきでしょう。。。〔飽きた・・・〕これ以上正直で明快な理由はありませんね。〔性格の不一致〕〔すれ違い〕〔価値観の違い〕などという不正直で歯切れの悪い理由などよりなんぼかすっきりします。

話をぐっと我が家に引き寄せますが・・・

可哀そうなのはわが夫。とうの昔に結婚生活など飽き飽きしているのですが、妻が〔ワ・タ・シbleah〕にっこりしてOKするほどの資産もない。。。そのうちどうにもならない年齢となってしまいました。smile

今日も朝っぱらからご近所の未亡人の家に行ったっきり帰ってきません。お庭に朝顔を植えてあげるとか。。。未亡人は御年85歳ですけど、80過ぎの今でも夫は年上が好きなんですね。。。happy01

119_1978_400x300

119_1979_400x300

資産はないけど、こういうものを作ってくれますnotes

| | コメント (4)

嫉妬心について

野心や虚栄心など人間が醜いと感じ、隠したいと思っている最たるものは嫉妬心だそうです。。嫉妬を軽く日常的に表現する言葉に〔羨ましい〕という言葉がありますが、〔羨ましい〕という時には本当に羨ましいと思っていない場合のほうが多いのだそうです。

嫉妬は生後5か月の乳児にもみられるのだそうで、これらの感情を持っていないと言い切れる人はまず居ないと断言してもいいのではと思うのですが、絵などを長年描いていると、野心 虚栄心 嫉妬心にまみれて当たり前という世界で過ごすことになります。この感情が希薄だと前進が困難であって、野心が強いほど、自分を表現するエネルギーが強く、勉強や研究もするのだと思うので、一般的に醜いといわれるこの感情はむしろ必要なんですね。

でも、嫉妬はやはり隠したい感情だと思います。同期生がいち早く頭角を表し、賞賛を受けると嫉妬で心穏やかではいられなくなるのですが、この感情が自分の起爆剤となることも事実です。

嫉妬心を過去形として口にできるときは、相手と自分が同格になった時でぐらいでしょう。。。

118_1872_200x267

| | コメント (0)

研究発表の信憑性

米国の内科分野の専門誌がこの度発表した記事によると、コーヒーが死亡率を低下させる効力がある、とのこと。。。記事によると平均4~5杯のコーヒーを飲む人の死亡リスクが最も低く、一日一杯のみでも死亡率を促進させるそうです。

以前にもコーヒーに関し似たような研究発表があったような気がしますが、研究結果が確実になったということかしら?今まではコーヒーは体に悪いという事ばかり言われていたのでコーヒー党の私としては愁眉を開く思いですね。

この研究発表で私が最も関心を持ったのは、コーヒーに1000種類以上の成分が含まれている、ということ。。。あの小さな豆粒にそんなに多くの成分が含まれている?w(゚o゚)w この中に死亡率を低下させる成分が含まれているらしいのです。この成分が特定されるとまた大変、その成分を取り出して研究したなら不老長寿の薬が出来そうではないですかshine

今まで〔コーヒーは体に悪い〕からと飲まなかった人は大失敗をした気持ちでしょうね。crying

でもね、私が思うには、1000種類もの成分がコーヒーに含まれているというんでしょう?体に良いものばかりとは限りません。そのうちさらに研究が進めばこの喜ばしい研究発表がいつ暗転するか分かったものじゃない。。。eye

P1180599_480x319


 

F4号 

| | コメント (2)

鯛で海老を釣る♪

タイトルは〔海老で鯛を釣る〕が従来のことわざですね(^^ゞ

我が家の場合コレ↓

P1180598_480x319

夫が家庭菜園で作った新じゃが。。。。で 

↓ コレを釣りましたhappy01

P1180596_480x319


ハワイ原産地のコナコーヒー

夫が唯一無二の友である熊谷市のT氏に畑の新物ができると毎年送っているのですが、今年のお返しはTさんの娘さん夫婦が在住しているハワイ原産のコナコーヒー。。。notes

今までもTさんの処に娘さんから送られてきたコーヒーをおすそ分けして頂いていたのですが、今回は我が家のために娘さんが特別な高級品を送ってきたというのです。Tさんが我が家で収穫したものを少しハワイに送るのでしょう。。。

コナコーヒーの説明書を読むと、コーヒーの原産地としては唯一先進国で、ホワイトハウス公式晩さん会では必ずコナコーヒーが使用されるとのこと。高価な理由は希少価値の他、人件費、土地代が高いせいで、先進国ならではのことですね。

P1020856_480x319

早速、エクストラ・ファンシーのほうを頂いてみました。独特の香りで、飲み口はまろやかですね。あとは〔あれ、コーヒー飲んだかな?〕と思うほどさっぱりしています。

話題はコーヒーから離れます。

私の場合〔海老で鯛・・・〕ではなく〔鯛で海老・・・〕

伊勢海老だったら鯛より高級ではありませんか?私は鯛より海老が好きだし・・・従来のことわざ〔えびたい〕はあてはまらないですね。私の場合養殖の鯛で天然伊勢海老を釣る。。。smile

| | コメント (0)

ズミの花満開 奥日光

この先のお天気は保証できない、貴重な梅雨の晴れ間の晴れ間の今日、日光の新緑を楽しんできました。

P1180441_480x319

紅葉時と違い、いろは坂は貸切状態・・・notes

P1180445_480x319

中禅寺湖は曇りがち・・・

P1180459_480x319

紅葉時とはまた趣の違う〔竜頭の滝〕shine

P1180472_480x319


男体山

P1180479_480x319


戦場ヶ原

P1180487_480x319

今日最大の見どころは、〔ズミ〕のはなです。

P1180490_480x319


ズミの並木

P1180503_480x319

P1180504_480x319

日光にはたびたび来ているというのに、ズミの満開をみたのは初めて。。。

ズミとはバラ科で、りんごに近い野生の木 漢字だと〔酢実〕と書くようです。たしかにリンゴの花の似ていて 白色 淡紅。花の香りは薔薇に似てますね。

ズミの季節を知らずに出かけたので思いがけない幸運に出会ったような気持ちnotes

P1180498_480x319


ズミの花咲く光徳牧場は修学旅行の小学生で賑やかでした。

ここのアイスクリームがたいへん美味しい(#^.^#)

P1180513_480x319

P1180515_480x319

P1180516_480x319

P1180523_480x319


湯滝

P1180532_480x319

誤算bearing

十数年前、この場所から絶景が望めたのですが、木が生い茂りスケッチが出来ない状態でから戻りでした。。。

P1180543_480x319

金精峠 ここから先は群馬県になります。

P1180550_480x319

P1180552_480x319


湯の湖

P1180554_480x319

鱒釣りかな?

もちろん湯本の旅館の日帰り温泉に入って帰りましたgood

| | コメント (0)

片腹痛い・・・

タイトルは他人を嘲笑っているわけではなく、正真正銘昨日から右下腹が少し痛い・・・といっても大した痛みでもなく、たまにおもいだしたようにシクシク程度で、食事も普通に取れました。今日になっても同じなので月曜になったら病院へ行こうと思っていたらシクシクが収まってしまい、そのかわり頭が少し重い。鼻水がでる段になって〔やっぱり風邪ゕ・・・

なんとかは風邪を引かないといいますが、なんとかではない証拠です!sun

昔は、風邪は馬鹿が引くもの〔逆説smile〕と思ったくらい風邪に縁のない私だったのですが、寄る年波には勝てず、ここのところ2年に1度の割で風邪をひきます。夫にいうと〔そんなボログ〔ブログのこと〕なんぞ書いてないで早く寝たら。。。〕といわれるので言わないでおこうっと。。。

P1180411_480x319

P1180412_480x319

P1180413_480x319

旧いスケッチブックから。。。

| | コメント (4)

草食系男子ですと(^o^)

Iさん宅の昨年生まれたの猫たちもすっかり大人になり、いっぱしの顔をして我が家の塀を行き来しています。我が家の塀が彼ら〔雄 雌 2匹〕の通路になっていて、ほぼ決まった時間に通り、どちらも家の中の私に、塀の上でちょっと立ち止まり、目で挨拶?をしていくのは感心、感心。。。delicious

1年間彼らと目を合わせているうち、なんとなくその性格もわかるような気がしてきました。雌のリリちゃんは、いかにも強気な目線を送って、立ち止まる時間もほんのわずかに対し、雄のタケ君は立ち止まる時間が長く、神経質そうな目線で中をうかがうような様子をします。

リリちゃんは時々スズメやネズミ?などの獲物をとって、塀の上を嬉々とした足取りで自宅に向かうのを見かけますが、雄のタケ君は一度も獲物を持ち帰るのを見たことが無いので、Iさんそのことを聞いてみると、おばちゃん〔Iさん〕は〔タケは草食系なんだよ。〕という返事。なるほど。happy01リリちゃんの獲ってきた獲物がまだ生きていて動いたりするとタケ君驚いて後ずさりするとか。。。それじゃ駄目じゃん。。。

草食系男子は人間だけにとどまらず、ついに猫にも感染したか。。。

考えたらライオンなども雌のほうが狩りが上手いんですよね。。。

P1180408_480x319

0号 

| | コメント (0)

薔薇を枯らしたくないだけ。。。

ご近所のMさんが病気で入院されてから2年が経ってしまいました。病状は小康状態で自宅へはまだ帰れる状態にありません。お嬢さんのKさんも母親のいない生活にどうやら慣れたようで、平常どうり会社勤めを送っています。

お母さんのMさんがお元気の頃はお庭の手入れが行き届いていたのに、会社勤めの若い女性には手間のかかる庭の手入れなどは無理なようで、当然お庭はお母さんがいた頃とは違います。

我が家はMさんと仲が良かったし、夫はまめな性分で、Mさん宅のお庭を手入れして差し上げるくらい何でもない事なのですが、若い方の考え方では、80過ぎの年寄りに自分の家の庭を掃除させるのは気づまりなのでしょう、どこかへ出かけるたびにお土産を持参して〔いつもお世話になります。〕と恐縮している様子なので、私は夫に〔ほどほどになさいよ。Kちゃんに恐縮させるのも気の毒だし。。。〕というと〔俺のやった薔薇が枯れてしまうのが嫌なんだよ!〕と。。。そりゃそうだ。。。think

Kちゃんの気持ちもわかるし、夫の気持ちもわかる。。。

P1180406_480x319


F4号

| | コメント (4)

国宝妻沼聖天

我が老夫婦の徘徊場所は主に群馬、長野方面ですが、今回は自県の妻沼あたりを徘徊してきました。我が家から埼玉県道45号線を30分ほど熊谷方面に向かって走ったところに今年5月にめでたく国宝と認定された妻沼聖天 歓喜院〔かんぎいん〕があります。

寺院の設立は伝承3年〔1179年〕ですが、1670年 妻沼大火で焼失 現存の聖天堂は18世紀に造られたものだそうです。 平成15~23年にわたり修復工事、 国、県、市、の補助金、信徒の寄付により 13億5千万の工事費を要し修復工事が行われたそうです。

P1180339_480x319_2

本殿

P1180340_480x319

仁王門

P1180342_480x319_2_2

石舞台が中央にあります。

P1180344_480x319

大勢の観光客。立派になったものです。。。

ここで修復前の本殿を。。。。

P1180404_480x319

昔描いた妻沼聖天本殿ののスケッチ

この頃は人っ子一人いませんでしたヽ(^o^)

P1180346_480x319_2

仁王様 2対のうち右の仁王は修復中で留守でした。

P1180355_480x319_2

境内にある〔千代桝〕 田山花袋の小説〔残雪〕の舞台になった料亭だそうですが残念ながら読んでいません。

P1180358_480x319

境内にはもう一つ忘れてならない名物が妻沼名物いなり寿司 大きなのが特徴です。

P1180322_480x319_2


聖天様周辺の風情ある餅菓子やさん

P1180323_480x319

築100年の建造物だそうです。

P1180325_480x319_2

一休みnote ずんだ餅〔枝豆餡〕美味しかったですね。

P1180329_480x319

聖天様のお坊さんも一休み?happy01

国宝と認定されたとあって大勢の観光客です

| | コメント (2)

ダンス必修化ですと!?(◎o◎)

文部省科学省は24年、中学校学生指導改正で現代的なリズムを取り入れたダンスを必修化。

ふ~ん。。。ということはこれからの子供たちには現代的なリズムダンス、ヒップホップとかを教養として勉強しなければならない。昭和14年生まれの私などは正直あっけにとられるような話ですが、文部省のえらい方々が知恵を出し合って決めたことなのだから正しい判断にに違いありません。

現代的リズムダンスというと、あの、だらしなぁ~い服装で、時にはひきつけを起こしたような奇妙な身振りをする踊りですよね。よほど慣れたダンサーが踊っておるのなら、旧い人間の私でも〔へぇ~、見事なものだな〕と思わないこともないのですが、ダンスといえば かのタップの名手 フレッド・アステア ジーン・ケリー ドナルド・オコナーなどに心酔して過ごした私、品もく○もないいまどきのダンスなど、わざわざ教養として取り入れることなど必要なのかと思ってしまいます。

決まったことなのだからまぁいいでしょう。して指導は誰が?ということでこれがびっくり!ダンスインストラクターが指導するのではなく、そんなダンスなど踊ったこともないフツーの教師が指導だって!? これは酷というものではないでしょうか。教師には4,50代の、ダンスが苦手な方だっている筈。 場合によっては生徒に失笑をかったり、軽視の元になるやもしれません。心的障害の原因にもなりかねませんね。

思い出しましたが、半世紀前、私の高校時代にもモダンダンスの指導がありました。体育の女教師が体をくねらせて踊る恰好は若い私達にはみるだけで恥ずかしく、〔嫌らしい踊り〕にしか思えず、結局、〔好かん先生〕と。。。。

まぁ、現代的ダンスの勉強が、生徒も先生もがみんなが楽しめる科目であればそれに越したことはありませんけど。。。

Images


こっちもおしえたら?

| | コメント (2)

かって朱鷺は害鳥だった。。。

朱鷺のひな8羽のうち6羽が巣立ち、あと2羽も順調に成長して巣立ちを待つのみだとか。まずはよかったですね。。。

こんなに大騒ぎをしながら種の保存に躍起となっている、ニッポニア・ニッポンという学名の貴重な鳥が、19世紀~20世紀初めには、現在よく見られる鷺〔サギ〕のように日本のどこにでもいる鳥で、スズメなどと同様田を荒らす鳥として嫌われていたのをご存知ですか?

明治生まれの母が子供の頃、東北地方ではまだ珍しくもない鳥だったとか。。。母はピンク系の色を決まって〔ときいろ〕で通した人でした。それほど朱鷺の羽は美しく、装飾用の羽を得るための乱獲も朱鷺の絶滅の要因の一つとも言われています。また乱獲の理由には食用ということもあったようで、朱鷺の肉は非常に美味、滋養に富んでいて薬膳として貴重なものだったそうです。農薬 棚田の減少なども考えられますが、それ以前にすでに朱鷺は激滅しているのですから、やはり人間による乱獲と考えるのが自然でしょうね。

心配なのは、せっかく育った朱鷺がうまく繁殖できるかどうか。。。田に昔のようにエサとなる虫、ドジョウなどが豊富にいるのでしょうか?環境が適していないと、せっかく放鳥してもかわいそうなことにならなければいいのですが。。。

250pxibis_kin_2

| | コメント (0)

深くて浅い赤堀菖蒲園の歴史

群馬県伊勢崎市にある赤堀花菖蒲園はちょうど見頃となりました。花菖蒲は30種類、500メートルにわたり、用水路後を流れるようにうねりながら咲くさまは壮観です。

私は時々この脇を通って赤城山麓にある大型銭湯に行くので、シーズンになると菖蒲園に立ち寄って観ることが出来るのです。

この菖蒲園の歴史は深くて浅い。。。どういうことかというと、この堀が用水路として掘られたのは12世紀ごろ。大雑把にいうと、ちょうどいまNHKで放送中の、不評をかっている大河ドラマ、平清盛が活躍していた時代ですね。大変旧い話。。。ところが浅間山噴火で荒廃した土地を改善する目的で掘られたこの堀、ただの一度も使われなかったということです。計画を途中放棄した? 

この堀の名称は〔赤堀女掘〕と書かれているのでsign02とおもって調べたところ、役に立たないという意味なんだそうです。かかあ天下のおひざ元としては納得のいかない女性蔑視にあたる名称ですね。

堀が発掘されたのは昭和50年。昭和58年に国定史跡となりました。堀跡に菖蒲園が作られたのは平成5年ということです。

赤堀菖蒲園は見事な花菖蒲がある以外は何もない静かなところ。観光地のにぎわいを想像してみえると拍子抜けされると思います。ただ用水路に沿って歩きながらじっくりと花を楽しむ、それでいいじゃないですか。。。good

P1180301_480x319

P1180296_480x319

P1180297_480x319

P1180298_480x319

P1180305_480x319

花期は長く、まだまだこれから咲きつづけます。

| | コメント (4)

ピンチ!先立つものが無い(ー_ー)!!

17年間、月に一度ほとんど休むことなく通い続けた隣県のデッサン会が閉会のピンチに追い込まれている、ということを、今日会長にうかがいショック受けています。理由は資金がが足りない。これ以上明快な理由はありません。。。

つい1年前までは会場内が二重になるほどの人が集まったというのに、ここ数か月嘘のように描き手が引き、私が用事で休んだ先月などたったの6名しか居なかったそうです。人員が減った理由は定かではありませんが、他のデッサン会場に流れたか、デッサンというものを重視しなくなった傾向にあるということも。。。一回につき、3万円の経費がかかるデッサン会は人が集まらなければひとたまりもありません。30年以上の歴史があるKデッサン会最大のピンチというわけです。プロのモデルを使わずに素人モデルの着衣、という方法もあるのですが、長年ヌードデッサンをやっているKデッサン会としてはプライドが許さない。。。。あぁ、芸術活動も お金しだい、ということですね。。。

こうなったら私が宝くじでも買って見事3億円を当て、そっくり寄付・・・という手あかのついた冗談を言っている場合ではない。。。crying

P1180290_480x319

P1180282_319x480

10分ポーズ

| | コメント (2)

人の話は自慢か悪口だと?

新聞記事の片隅で見つけたのですが。。。〔人間の話の8割か9割は自慢か人の悪口〕ですって。。。それほどではないだろう、と思いながらも否定できない私。なぜなら拙ブログの半分は人の悪口を書いていますので。。。〔おもに同居人のことですが(~_~;)〕

自慢のほうは、自慢するだけのものを持ち合わせていないので大丈夫かなとは思いますが、自分がそのつもりではなくとも、相手の受けとり方次第で自慢話は絶対にしていないとは言い切れないところがあります。

悪口のほうはさておいて、自慢話か、そうでないのかになるとこれは曖昧ですね。たとへば、我が子が目指した学校へ無事に入学できた、という喜びの事実を知人に報告した場合、共に喜んでくれる友人だったら問題ないのですが、話す相手の子が入学できなかったとしたらどうでしょう。〔ふん、自慢しちゃって・・・〕となりかねません。

私は時々ブログに自分の姉妹のことで〔妹は昔は出来が良かった。〕〔昔は美人の姉だった〕と書きますが、現在はよぼよぼの婆さんだったり、平凡この上もない70代の婆さんになってしまっている姉妹のすべて過去形の話ですから自慢にはならないだろうと勝手に考えているのですが、やはり自慢のうちにはいるのかな。。。?

これを神経質に考えたらブログなんてとても書けない。。。coldsweats02

P1180278_480x319

F3号

筆を使わずナイフだけで短時間に描きました。と事実を書けば、これは自慢っぽいですね(^^ゞただし、雑でまだ仕上がっていないのですから自慢どころか恥さらしです。coldsweats01

自慢の定義は難しい。。。というか、私はへそ曲がりですから、〔自慢の何処が悪いんじゃ~っ!!我が辞書には謙虚という言葉が載っていない!〕

| | コメント (5)

白馬 懐かしの青鬼集落

とうとう5月らしい爽やかな日が無く過ぎてしまいました。おかげで私の一泊旅行も台無しbearing

実は5月になったら、新緑とアルプスの残雪が美しい白馬へ行く予定だったのですが、2日続けて好天気ということが無くてとうとう旅行はおじゃんになってしまいました。今は田に水が張られアルプスを逆さに映す絵が描ける頃だと思うのですが、なんですか入梅の声がちらほら(+o+)。。。夫に〔こんな時に行ったってしょうがあるめぇ。。。あきらめな〕といわれてしまいました。

今日は8時からBS7チャンネルで〔日本の原風景紀行〕で白馬 青鬼集落を放送していたのでせめてテレビを観で我慢するか、ということに。。。テレビでもあいにくの曇り空で残雪の白馬三山は薄ぼんやりしか見えていません。

私が青鬼集落へ初めて行ったのは30年ほど前でしょうか。その景色は別世界に迷い込んだように美しいものでした。まだ建造物保存地区になる前で、現在はトタン屋根になっている家々がまだ藁屋根の頃でした。訪れるものといえば写真家か、絵描きばかり。。。出入りも車で自由だったのですが、2008年11月に行った時には駐車場から先は徒歩で行かなければならず、足の悪い私、坂道を30分歩くのは無理。村の関係者にその旨を話し、許可を頂いてスケッチに絶好の場所まで車で行きました。

手づかずの〔日本の代表的な原風景〕に息をのんだものです。

P1070618_480x319

P1070601_480x319

P10705951_480x319

P1070610_480x319

白馬 青鬼集落

いづれも2008年11月の映像

| | コメント (0)

素朴派 じつはしたたか者?

素朴な絵で日本でも大いに人気のある、フランスの画家アンリ・ルソー〔1844年〕について、今までの画家のイメージを覆すようなことが書かれている小誌を大変面白く読みました。

ルソーはその作品で、子供のように無垢で純真な精神の持ち主とイメージされていますが、実は相当なしたたか者であると、画家を研究しているうちに解ったというのです。彼は他人の絵の構図をそっくり頂いたり、刑事事件を起こしたり、偽りの自伝を他人に話して知らん顔をしているような人物であることが資料の上からも事実であることが分かったのでした。

だからといって、ルソーの人々を引き付ける精神性の高い〔素朴絵〕が変わるものでもないでしょう。他人の絵をちゃっかり頂いて、それ以上の絵に仕上がるのならそれは画家として腕のあることを証明しているのです。

今では、ルソーの絵が実際にその場所に出かけて描いたものではない、丸ごと作り物だということはすでに知られていて、稚拙に描かれたものが偽り、じつは相当な凄腕の持ち主でもあるというのです。世を欺むいて、純真で無垢な精神を持った画家として世にデビューするのに成功したルソーを貴方は嫌いになるでしょうか?絵というものは描く人の人間性を否応なしに表すものですから、どの様に暴かれようがルソーはやはり作品にみる様な精神が根底にあるのだと思います。

数年前に、有名画壇のある画家がイタリアの画家の絵をそっくり真似て描き、非難の嵐になったことがありましたが、彼の場合自分の力量が出せずに、ただの〔真似〕に終わったことが悲劇?だったのです。ルソーのように誰の構図を頂こうが元を超えた独創的な絵を描けば問題なかった。多くの画家は多かれ少なかれみな誰かの描いたものを模倣しながら前進するのですから。。。

P1180273_480x319

〔下手〕を装ったルソーの自画像

 

| | コメント (8)

日本語は難しい(ー_ー)!!

今更ながらですが、日本語の難しさを痛感しています。

私は今まで堅実な考え方をする人を〔地に足の着いた考え方をする方。〕という言い方をしていましたが、ふとしたことでこれは間違った日本語の使い方だと知りました。正しくは〔足が地についた考え方をする人〕だそうです。これを知ってから、テレビでアナウンサーやタレント、あるいは知識人と言われる方々の言葉を注意して聞くと圧倒的に〔地に足のついた〕が多く、〔足が地についた〕のほうが少なかった。

通じるんだからどっちだっていいじゃん!と若い方に言われそうですが、〔私だってそう思わぬでもない^^〕一旦知ってしまうと気になるものです。

面白いので、普段何気なく使っている言葉が正しいかどうかを調べて見ました。するといやあるわ、あるわ、今まで知らずに平気で言ったり、書いたりしていた間違いだらけの日本語と意味の勘違い。。。bearing

姑息な考え・・・は一時のがれ、一時しのぎであって、私が思っていたずるいとか卑怯といった意味ではない、そうです。

汚名挽回も割と耳にする言葉ですが 汚名返上が正しく、それを言うなら名誉挽回。

後で後悔する・・・も書く場合は注意するが、言葉ではうっかり言ってしまいますね。これは明らかに重複。

足元をすくわれる・・・は足をすくわれる。 

蟻の入る隙もない・・・は蟻の這い出る隙も無い

怒り心頭に達する・・・は間違いで怒り心頭に発するが正しい。

一段落〔いちだんらく〕・・・をひとだんらくという人が結構います。

今だに・・・は未だにが正しく、私はずっと〔今だに〕をつかっていました。coldsweats01

これだけわかったのだから、今後はわかったものだけでも正しく使えるかというと私の場合そうはいきません。73年間も間違えて覚えていたものをそうは簡単に直せるものではないわいっ!〔と威張ってどうする。。。smile

 

P1180213_480x319

P1180221_480x319

P1180230_480x319_480x319

P1180233_480x319_2_2

| | コメント (6)

澱のような不安

Y新聞〔ひろば〕という読者の声を書くコーナーに〔独り身〕と〔自由〕という題で68歳の女性が書かれた文章が胸にこたえます。

主人が天国に旅立って10年、毎日毎日悲しくて辛くてもがいて暮らしておりましたが、最近やっと諦められるようになりました。〕 〔自由に出かけられる独り身の人がうらやましかったが、それは大きな勘違いだと夫を亡くして初めて分かった〕 〔一人の自由はとてもかなしくはかない・・・〕

時々、夫の留守をいいことに、せいせいした気分で羽を伸ばしに一人ドライブやショッピングを楽しむ私、これは諭される記事でした。日頃夫の悪口など拙ブログで披露しては憂さ晴らしをしている私でも、留守は1日で十分と思いますね。3日も家を空けられたら不安が先に立ってしまいます。。。 この方は夫君を亡くされて10年目になんとか諦められるようになったとおっしゃる。。。

私の年齢になると、お互いどちらかが近い将来必ず〔一人になる〕ということを漠然と思いながら毎日を過ごしています。子孫を残さなかったわが夫婦、共に兄妹の多い身ですが、どちらかを失えばおそらく天涯孤独の気分を味わうことになります。私はこの記事を書いた女性のように10年の辛さ、かなしみには耐えられそうもない。。。

これは私が残された場合を想定しましたが、夫が一人になった場合を考えた時。。。いや彼は3日で立ち直るに違いないeye 妻を失ったことなどけろりと忘れ、私より10歳も若い未亡人の家に行っては力仕事を手伝うにきまっている、そのほうが夫にしても残り少ない時間楽しいし。。。くっ○~(≧ヘ≦)

P1180183_480x319

P1180182_480x319_2


一週間前に群馬フラワーパークの薔薇は見頃ですshine

P1180185_480x319_2

P1180193_480x319_2

P1180203_480x319

P1180204_480x319

| | コメント (4)

価格の見間違い(>_<)

先日、画材屋で水彩筆を買おうと、手ごろなものを選び、他のものと一緒にレジで精算してもらったところ、以外に支払いが多くおや?と思いました。なんと、価格の見間違えをし、一ケタ多い価格のものを買ってしまいました。

実は私、長年絵を描いていながら、水彩はたまにスケッチに淡彩を施す程度で、水彩筆は学童用の安物で間に合っていましたしかもかなり昔買ったものを今だもって使用しているので水彩筆の価格が判らなかった。。。油彩用の筆の価格はほぼ把握しているので見間違えることなどないのですが。。。そのようなわけで水彩筆を安踏みしてしまったんですね。ちょっと考えたら、書道や水彩画の筆のほうが高価格ということがわかりそうなものを。。。

また、筆に貼り付けてある価格表が超わかりにくい。細い筆に張り付けたものなど特に見えにくく、老眼鏡なしでは見間違えて当たり前です!〔老眼鏡はいつもバックの中にありますが、めんどくさいので出さなかった。。。自分の粗忽を棚に上げ悪いのは皆他人のせいに…bleah

さすがの私でも、レジで打ってしまったものを変えてくれとは言えずにそのまま買ってきました。crying 仕方がない、高級筆の(私的には)使い心地を楽しむとしましょう。。。

P1180252_480x319

水彩用筆

P1180249_480x319

油彩用筆 雑な使い方なのですぐに傷みます(+_+)

P1180250_480x319

30年物の学童用水彩筆 管理が悪く、筆先がゆがんでいたので水で固めました(^^ゞ

| | コメント (4)

細川護煕氏と私との共通点

芸術誌などを見ていると、元総理大臣であったことなど忘れてしまうような、芸術家然とした細川護煕氏の現在のお姿を拝見することがあります。現在は陶芸家として活躍中ですが、影の薄かった政治家時代より、はるかに堂に入ったアーチストとしての風格がうかがえます。

今日の新聞には、細川氏の健康法として食事のことが書かれています。氏はかなり以前から食事は腹6分目、一日2食だそうです。首相時代から手のひらに収まるほどの小さなお弁当で質素なものだったそうで、会食などもなかったとか。。。。どんなに美味いものがあると聞いても関心の無かった氏も唯一例外が〔お蕎麦〕だそうです。

腹6分目で一日2食・・・私と同じですね。(*´ェ`*) 私も朝が遅いため、朝食と昼食が一緒になって一日2食主義です。午後はコーヒーにクラッカーとチーズぐらいは少し食べたりしますが。。。そして私も大の蕎麦好き。外出先の昼食は必ずと言っていいほどお蕎麦を頂きます。

一日2食主義と御蕎麦好き。。。元総理大臣で、現陶芸家の細川護煕さんと私の共通点です。粗食でも血液検査など健康診断では何ら異常がなく、お腹がせり出すこともない・・・ということも同じ・・・デス。おそらく。。。

だからどうした!(*`∧´)といわれても困りますけどね。。。happy02

Images

元総理大臣が本格的アーチストというのもまれなことですね。というか、このお方どうして政治家などに?

| | コメント (2)

逞しい女 Ⅱ

ブログ記事もいきおいで書くところがあるので、いったん中断すると書きづらくなりますが、話を50年以上前の我が家の嫂の話に戻します。

私たち姉妹は、三軒先の〔綺麗なお姉さん〕が我が家に舞い込んできたものですから、嬉しくて、特に小さい妹達はこの新しい仲間にまとわりつきます。我が家はすぐに姑である母もろとも嫂にリーダーシップをとられてしまいますが嫂にはその力がありました。

私はのちに、率直に〔おさんどんをしなければならないのが判っているのに、どうしてこの家にきたのか〕と嫂に聞いてみたところ、こともなげに〔みんなと一緒に暮らしたいと思った〕というのでした。

先に嫂を〔乳母日傘で育った一人娘〕と書きましたが、実は彼女は養女。詳しいことは省きますが、複雑な成育史があり、精神的に天涯孤独というところがあったのだと思います。私達姉妹にも嫂を頼りにする事情があり、〔事情を書けば母親のことに触れなければならず抵抗があるので省きます〕つまり両方互いを必要とする事情がありました。

くどくどと書きましたが、何を言いたいかというと、ある著名な方が〔嫁と小姑は人類が滅亡するまで交わらない〕と書いているのを何かで読み、〔そうは断言できない〕と言いたかったのです。嫁と姑は天敵・・・という刷り込みが最初からあるのでことが複雑になってしまうのだと考えることもできます。

各地に散らばった姉妹が何かで実家で集まり、〔たまには兄妹で旅行をしたいね〕というと真っ先に〔うん、したいねえ!どこに行くべかnotes〕と喜ぶのは嫂。〔ねえさん!貴女は兄妹ではないでしょっ!〕とすかさずまぜっかえすのは、今でも近くでお互いを必要として暮らしている4女です。

楽な暮らしを提供してくれるイケメンでなければ、という今の若い女性には信じられないような昔の〔逞しい女〕の話でした。

P1180147_240x320


嫂の写真が出てこないので、彼女の娘を。。。

嫂は168センチの当時としては長身 美しい人でした(過去形(^^ゞ)姪は母親とよく似ています。

 

| | コメント (0)

由紀さおり歌 映画〔エリザベス〕とテレビ三昧(^^ゞ

今日は午後7時から深夜2時までどっぷりテレビに浸かってしまいました。(~_~;)

7時から~9時…由紀さおりに歌を堪能・・・安田祥子、由紀さおり姉妹のデュエットは本当に素晴らしかった。

9時からは洋画 〔そんな彼なら捨てちゃえば?〕を観る。こんなラブコメディーはお婆には気恥しいし、たいして面白くもないとは思いつつ、それでも何となく見てしまう。

午前0時より〔エリザベス〕を観る。 イングランド女王に即位したエリザベス1世前半生の歴史映画で、これは見応えがありました。残酷なシーンが多いのはこの手の映画では仕方がないのかも。。。エリザベスを演じたケイト・ブランシェットというは女優のなんと美しかったこと。。。〔太陽がいっぱい〕をリメイクした〔リプリー〕に出演していたというが、覚えがない。。。

と、久しぶりに満足感を得た洋画を堪能したので、昨日の続きの記事は書けませんでした。

悪しからず。。。m(__)m

Photo

映画エリザベス    ケイト・ブランシェット

| | コメント (0)

逞しい女

昨日は、あまりの虫の良い若い女性達の異性観に、頭の旧い私、思わずかっとして暴言を吐いてしまいましたが、今日は私が生涯〔かなわぬ女性〕または〔尊敬する女性〕の筆頭として上げられる女性の話をしたいと思います。

と言っても、私の嫂の話ですけどね(^^ゞ

半世紀前の事と言えども、女性は、嫁ぎ先は出来れば条件の良いところにと思うのが普通でした。当時だって、たとへ恋愛中の相手でも結婚となれば、相手の家庭の条件次第では二の足を踏むこともあって当然だったのです。

私の長兄が、大恋愛の末結婚の運びとなり、父母,兄妹9人〔長女は結婚して家を出ている〕という大家族の我が家に兄嫁となる人がやってきました。と言っても彼女の実家は我が家の3軒先、お互い旧知の仲なので、翌日朝早くからこの〔新妻〕なる女性の勢いのある声で一人ひとり名前を呼ばれ〔ハイ、起きた、起きた、御飯だよ~!〕と蒲団を剥がされるしまつ。。。

一人娘で、いうなれば乳母日傘〔おんばひがさ〕で育った嫂は、中学時代の同級生であった次兄 また高校は後輩の私、という二人の不良共,それに続く雑魚たち〔妹、弟〕とこれから共に暮らすわけです。

なんだか長くなりそう。。。時間も時間だし・・・続きは明日にしますね。。。(-.-)zZ

118_1880_2

P1180140_480x360

P1180146_480x360


| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »