« 研究発表の信憑性 | トップページ | 明快な別れの理由 »

嫉妬心について

野心や虚栄心など人間が醜いと感じ、隠したいと思っている最たるものは嫉妬心だそうです。。嫉妬を軽く日常的に表現する言葉に〔羨ましい〕という言葉がありますが、〔羨ましい〕という時には本当に羨ましいと思っていない場合のほうが多いのだそうです。

嫉妬は生後5か月の乳児にもみられるのだそうで、これらの感情を持っていないと言い切れる人はまず居ないと断言してもいいのではと思うのですが、絵などを長年描いていると、野心 虚栄心 嫉妬心にまみれて当たり前という世界で過ごすことになります。この感情が希薄だと前進が困難であって、野心が強いほど、自分を表現するエネルギーが強く、勉強や研究もするのだと思うので、一般的に醜いといわれるこの感情はむしろ必要なんですね。

でも、嫉妬はやはり隠したい感情だと思います。同期生がいち早く頭角を表し、賞賛を受けると嫉妬で心穏やかではいられなくなるのですが、この感情が自分の起爆剤となることも事実です。

嫉妬心を過去形として口にできるときは、相手と自分が同格になった時でぐらいでしょう。。。

118_1872_200x267

|

« 研究発表の信憑性 | トップページ | 明快な別れの理由 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 研究発表の信憑性 | トップページ | 明快な別れの理由 »