« 由紀さおり歌 映画〔エリザベス〕とテレビ三昧(^^ゞ | トップページ | 細川護煕氏と私との共通点 »

逞しい女 Ⅱ

ブログ記事もいきおいで書くところがあるので、いったん中断すると書きづらくなりますが、話を50年以上前の我が家の嫂の話に戻します。

私たち姉妹は、三軒先の〔綺麗なお姉さん〕が我が家に舞い込んできたものですから、嬉しくて、特に小さい妹達はこの新しい仲間にまとわりつきます。我が家はすぐに姑である母もろとも嫂にリーダーシップをとられてしまいますが嫂にはその力がありました。

私はのちに、率直に〔おさんどんをしなければならないのが判っているのに、どうしてこの家にきたのか〕と嫂に聞いてみたところ、こともなげに〔みんなと一緒に暮らしたいと思った〕というのでした。

先に嫂を〔乳母日傘で育った一人娘〕と書きましたが、実は彼女は養女。詳しいことは省きますが、複雑な成育史があり、精神的に天涯孤独というところがあったのだと思います。私達姉妹にも嫂を頼りにする事情があり、〔事情を書けば母親のことに触れなければならず抵抗があるので省きます〕つまり両方互いを必要とする事情がありました。

くどくどと書きましたが、何を言いたいかというと、ある著名な方が〔嫁と小姑は人類が滅亡するまで交わらない〕と書いているのを何かで読み、〔そうは断言できない〕と言いたかったのです。嫁と姑は天敵・・・という刷り込みが最初からあるのでことが複雑になってしまうのだと考えることもできます。

各地に散らばった姉妹が何かで実家で集まり、〔たまには兄妹で旅行をしたいね〕というと真っ先に〔うん、したいねえ!どこに行くべかnotes〕と喜ぶのは嫂。〔ねえさん!貴女は兄妹ではないでしょっ!〕とすかさずまぜっかえすのは、今でも近くでお互いを必要として暮らしている4女です。

楽な暮らしを提供してくれるイケメンでなければ、という今の若い女性には信じられないような昔の〔逞しい女〕の話でした。

P1180147_240x320


嫂の写真が出てこないので、彼女の娘を。。。

嫂は168センチの当時としては長身 美しい人でした(過去形(^^ゞ)姪は母親とよく似ています。

 

|

« 由紀さおり歌 映画〔エリザベス〕とテレビ三昧(^^ゞ | トップページ | 細川護煕氏と私との共通点 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 由紀さおり歌 映画〔エリザベス〕とテレビ三昧(^^ゞ | トップページ | 細川護煕氏と私との共通点 »