« Tスーパーオリジナル商品ファン | トップページ | 味覚の幼児化 »

コーヒーが不味くなった某ホテルラウンジ

しつこく軽井沢の話題をもう一つ。。。

軽井沢に来て帰りしな、今まではあるホテルのラウンジでコーヒー&アップルパイを頂いてから帰るのが習わしだったのですが、今回夫が〔行かない!〕といいだしました。

これまでは、われわれ老人が軽井沢で最も落ち着いてコーヒーを飲める場所といえば、若い人の姿をみかけないこのホテルのラウンジしかなかったのですが、夫が行かないと言う理由は〔コーヒーが不味くなった。。。〕

褒められた話ではないので、ホテルのイニシャルさえかけませんが、コーヒーが急に美味しくなくなったのはラウンジの担当者が変わった?

仕方がないので、Tスーパー内のミカドコーヒー店のテーブルで買い物客で騒然とするのを眺めながらの落ち着かないコーヒータイム。。。think

某ホテルのラウンジの中庭は美しく、四季の景色や野鳥の声を楽しみながらゆったりした気分に浸れるのですが、肝心のコーヒーの味が落ちたとなればわざわざ行く気にはなれない。 軽井沢での楽しみがひとつなくなりました。。。

ラウンジの担当者はコーヒーの味を確認しないのかな?

P1050483

P1050499

鬼押し出し

|

« Tスーパーオリジナル商品ファン | トップページ | 味覚の幼児化 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

「ミカド珈琲店」とはかつては横浜の上島珈琲よりも豆の輸入量が多く、業界では5本の指に入っていました。本店は日本橋の三越本店のまん前「菊一文字」と言う刃物屋の1本中にないった処にあった老舗でした。
旦那が社長、奥方が副社長で日本中のゴルフ場に手広く卸していて、何時もゴルフしながらの営業がメインの仕事の様でした。
 こんな豊満経営ってあるんだ・・! と何時も驚きと羨ましさで見ていました。
 やがてバブルが弾け、ゴルフ人工が激減して・・どうなったか話題からも遠去かっていました。
 軽井沢で芽が生きているのはさすが「ミカド」一度行って見たくなりました。

投稿: 仙人 | 2012年7月12日 (木) 08時50分

訂正:豊満経営 → 放漫経営

投稿: 仙人 | 2012年7月12日 (木) 11時11分

仙人様
ミカドコーヒーは銀座が本拠地でしたか。。。私は名前からしてミカドコーヒーは軽井沢が本拠地と思っていました。つるやスーパーに販売店が出来る前には軽井沢銀座にミカドコーヒーの旧い店舗があったものですから。。。

いわゆる殿様の片手間しごと?のような^^。。。当時は世の中が上向きでいたるところに(喫茶店)があり余裕綽々の商売が出来たようですね。たしかに羨ましい話ですね。

ミカドコーヒーはスタバやタリーズに勝るとも劣らない味わいがあって私は軽井沢に行くたびにミカドコーヒーを買って帰ります。
そちら方面では鎌倉にもミカドコーヒーのお店があるようですが、奥様と共に軽井沢にも足を運ばれてはいかがですか。

訂正のコメントわざわざありがとうございました。

投稿: おキヨ | 2012年7月12日 (木) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Tスーパーオリジナル商品ファン | トップページ | 味覚の幼児化 »