« イーゼル絵画 | トップページ | 楽しみな〔薄桜記〕 »

褒めの極意

先ほどまでテレビで〔他人を褒める〕についてのバラエティー?番組が面白そうだったので観ていました。

他人をさりげなく褒めるというのは人によっては難しいようで、番組は他人を褒めることのできない一般男性を、なんとか他人を褒めるまで指導するという試みをした結果、男性は見事に他人を褒めることが出来たのです。

人には褒められたい願望があって、統計的にみても褒められれば学業、仕事などの成長率が延びるという結果が明らかだそうです。褒める、褒められる効用として、人間関係が潤滑になる、褒められることによって自己肯定感が増す。よいエネルギーが湧く。など。。。

とにかく相手の良いところをみたら口に出して褒める。。。これが出来ない人は極端に照れ屋の人か、または生育上の問題で、親に褒められなかったひと。

また褒められても嬉しくない人は、言葉の裏を読む癖のある人間、 人を信用しない、などが挙げられるそうです。。。

でもね、自分をよい人と思われたいあまりに、やたら軽々しく人を褒めまくるおばちゃんを見かけるとつい〔また口先おばさんがきた・・・eye〕と思ってしまう私は相当のねじくれ婆かな。。。coldsweats01

P1180841_480x319_2

F3号

|

« イーゼル絵画 | トップページ | 楽しみな〔薄桜記〕 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イーゼル絵画 | トップページ | 楽しみな〔薄桜記〕 »