« まるで宇宙服 南部もぐり | トップページ | 写真離れをしてほしい。。。(-.-) »

マーガレット王女の恋

昨日からBSプレミアムでドラマ〔ロイヤル・スキャンダル〕を観ています。

5夜連続の一回目は、私的にはとてもスキャンダルなどとは思えなかった、マーガレット王女とピーター・タウンゼントとの〔世界を駆け巡ったロマンチックな恋〕を再現したストーリー。

当時、ニュース映画や、雑誌などで見る二人の姿は本当に美しく、まだ中学生だった〔・・・かな?〕私は恋愛とはこのような美男美女でなければ成り立たないものと思い込んでいましたので、この上なく理想的なカップルに見えたものです。

マーガレット王女は本当に美しかった。うわべだけなら映画女優などいくらでもいますが、氏育ちの品格を持ち合わせた美貌の持ち主は王女を置いて他に居るわけがないと思ったものです。

ロイヤルファミリーの一員として、離婚歴のある年の離れた男性との恋の成就は難しく、とうとう別れる決心を公に証明した王女の心を思って切ない気持ちになったものでした。

オードリー・ヘプバーンのデビュー作〔ローマの休日〕はマーガレット王女の恋が下敷きとなったという話もあったぐらいで、私としては〔世紀の恋〕と言われた、王女の伯父であるエドワード8世とシンプソン夫人の恋より、悲恋で終わったマーガレット王女の恋のほうに魅力を感じます。。。

07

若かりし頃のマーガレット王女

|

« まるで宇宙服 南部もぐり | トップページ | 写真離れをしてほしい。。。(-.-) »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まるで宇宙服 南部もぐり | トップページ | 写真離れをしてほしい。。。(-.-) »