« ぬか喜びの研究発表 | トップページ | マーガレット王女の恋 »

まるで宇宙服 南部もぐり

先日テレビで大変懐かしいものをみました。

岩手県種市町にある〔南部もぐり〕という、潜水技術を養成する高校の取材番組でしたが、その潜水服は60年以上も前、私が子供の頃よく見ていた形そのままでした。今の時代海に潜るといえば、もっと軽快な潜水スタイルかと思っていたので少なからず驚いてしまいましたが、明治時代から行われていたこの地方の伝統的な潜水技術はじつは海外からも注目を浴びている優れた潜水様式だとか。。。

私の実家は、海に直結した河口で、家の前にはいつも漁船が停留していたのですが、船底の修理をするため、時々潜水作業をみることがありました。

潜水夫は船の上でその宇宙服に似た作業服を仲間の手伝いを受けながら身につけるのですが、これが何とも厳粛な感じを醸していて、最後に重い金属でできたヘルメット?を二人がかりでつけてもらいゆっくりした動作で水に入る姿はほんとうにかっこよく感じたものです。↓

Images

今はさすがに材質が軽量化されカラフルになってはいますが、原型は昔とさほど変わってはいないようです。

海底で長時間作業するには、100年以上も前から続けられているこの潜水方法が最も適しているようですね。

|

« ぬか喜びの研究発表 | トップページ | マーガレット王女の恋 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

番組拝見していましたよ!
 本物の姿をご覧になっていたのですね~
厳粛な気持ち・・・伝わりました。
何代も続いた家柄、後継がいらしていいですね~!
 あれが一番安全であり、冬の寒さには下に着る物が
大事でしょうしね!

危険はつきものでしょうから、自然と真剣になるってことなのでしょうね。
先人を尊敬します。

投稿: nono | 2012年7月30日 (月) 14時04分

私もテレビで観たことがあります。

潜水後、潜水症を防ぐ為に、回復を待つ
部屋に、何時間も閉じ込もるそうですね。

命がけで、とても感動するテレビ内容だった
記憶があります。tv

海の男は、カッコイイなぁ〜。good
shine日本の技術も凄いです。shine

それをほめるおキヨさんもカッコイイで〜すo(*^▽^*)o

投稿: けい | 2012年7月30日 (月) 18時12分

nono様

あの番組ご覧になってましたか。
土地柄で高校生の科目になっているんですね。海に関係した仕事につくのが当たり前の土地柄ですからね。

上で空気を送るポンプの作業する人と潜る人が余程息が合っていないと危険だと聞いたことがあります。

そうですね。
明治時代にあの潜水技術を土地に根つかせた先人は偉いですね。
あの潜水技術は種市町が発祥の地とは知りませんでした。

投稿: おキヨ | 2012年7月30日 (月) 19時57分

けい様

南部潜りをご覧になったことがあるんですね。

私は小さい頃よく見ていましたが、子供心にかなり危険の伴う仕事と想像できました。仕事に携わる人たちの緊張感が厳粛な空気を漂わせていたのでしょうね。

今と違って60年前の潜水服はかなり重量感があったように思います。特に頭部はかなり重い金属だったような。。。
潜水服を付ける前はフツーのおじさんでもすっかり支度が出来てしまうと別人のようにかっこよかったですlovely
何しろ60年ぶりにみる潜水服ですから懐かしかったですね。。。

投稿: おキヨ | 2012年7月30日 (月) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぬか喜びの研究発表 | トップページ | マーガレット王女の恋 »