« 火野正平 こころ旅 | トップページ | 時代劇に目覚める »

真に楽しむ。。。

以前〔4月23日〕Y新聞に〔真に楽しめる〕ということに付いてコラムが載っていました。内容を抜粋すると

〔行楽地のニュースを見ると、”子供が 楽しかった” といっているが全然楽しいふうはない。 実際は 文化産業が提供するかりそめの楽しみを消費しているだけの事ではないか。。。〕〔飲食店の料理をブログ用に撮影する人も多いが、人に見せるため一種の労働としておこなっているように見える。〕

これ以外にも楽しむということをテーマに興味深いことが書かれていましたが、この2点だけでも〔そうかもしれない〕と思ってしまいます。

そして〔真に楽しむ〕には訓練が必要だという事。ファーストフードばかり食べていると、美味しいサラダを美味しいと思えないし、音楽をまったく知らない人がモーツアルトを聴いても楽しくないだろう。これもうなづけます。。。

忙しく働いた人が定年となり、さてこれから人生を楽しもうと思っても何をして楽しんだらよいかわからない、という例をよく聞きます。私の夫は定年退職後、ゴルフ、カメラ山登りなどいろんな趣味をひと通りやっていましたが、どれも途中放棄。楽しむ訓練が出来ていなかった、ということです。

そこへいくと私の絵は、幼いころから楽しむ〔訓練〕が出来ていた。 画壇の(兵隊)を辞めた現在、心行くまで絵を〔真から楽しむ〕ことが出来ています。。。note

P1180781_480x319_2


SM〔はがき2枚大〕 浅間山

ちょっと映像が小さかった…(^^ゞ

|

« 火野正平 こころ旅 | トップページ | 時代劇に目覚める »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさんが挙げられた2点について、
私も、そうだなぁ~と、とても共感します。
決してそれが悪いと言っているのではありませんが、
個人的には、テーマパークのような受け身の楽しみや、
食事中に写真を撮ることなどは、あまり興味がなくて
場合によっては、苦手な方です。
心行くまで絵を真から楽しめている今のおキヨさん、
素晴らしいことですねhappy01

投稿: hanano | 2012年7月 8日 (日) 09時23分

楽しみながら、絵を描ける♫
 素晴らしいことですね~

今、人生の頂点かもしれませんね!
 どんなに好きなことでもそれを職業とする事で
好きさ加減も半減?  もっとかな?
 意見は、いろいろ在るでしょうが・・・
(好きな事を仕事にできる幸せ・・・とか。)
私は、やはり趣味は趣味で、置いておきたいな~が、感想です。

我が家の夫もいろいろ試すどころか・・・試しもしない人、これは困ったものです。
しかし、ご本人は、何ともないよ~と。(;・∀・)
本当にそうなのでしょうか?
 負け惜しみと、取るのは、わたくしめが・・・?だからでしょうかしら?

投稿: nono | 2012年7月 8日 (日) 11時07分

hanano様
人それぞれ楽しき方の違いはありましょうが、私もただ〔あ~面白かった、楽しかった〕は真の楽しみとは違うように思うのです。
真から楽しむということは知識を持ってそれを深く味わえることではないかと思っています。場合によっては多少の困難も。。。

これをまたあまり追求してしまうと、矛盾も出てきますのでこのあたりでやめておきましょうか〔爆〕
横やりなど入りかねない。。。coldsweats01

一人密かに向上心だけは忘れることの無いよう絵を心から楽しんでおりますgood

投稿: おキヨ | 2012年7月 8日 (日) 20時00分

nono様
そうですね。私の場合は職業にするほどのものは描いていませんのでそれは気楽なものです。
ただ、漫然と描いているのもつまらぬことだし、自分に問題を課しながら、いまだに今日よりは明日、という気持ちで描いています。つまりこれが〔真の楽しみ〕方ではないかと。。。

女性より男性が生きる楽しみ方が下手と云われるのは仕事があるのと家庭を守る責任があるからだと思います。我が家に限って言えば、夫は気の毒。。。私が楽しむ訓練を夫の稼ぎでしたのですから〔爆〕
あげく、大事にするふりをして長生きしてもらいこれからも役立ってもらうつもり〔悪魔のような女・・・smile

投稿: おキヨ | 2012年7月 8日 (日) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火野正平 こころ旅 | トップページ | 時代劇に目覚める »