« 過去を反芻して楽しむ | トップページ | 孤独の重要性 »

愚作を残して死ねない(-.-)

絵画団体を脱会し、さぞや楽に過ごせるだろうと思うのは大間違いでした。100号の大作は描かないものの、50号以下の小品は山ほど描かなくてはならない。。。crying

なぜならアトリエを整理するたびに旧い絵が出てくるのですが、ことごとくが気に入らない、つまり駄作というか愚作というか。。。(>_<) 忘れているうちはいいのですが、いったん目にすると気になってそのままにしては置けない。〔実はこれを始めるとと収拾がつかなくなるので危険bomb

というわけで、旧い絵の手直しに明け暮れています。それが、なまじ当時の手法を残そうなどと思うのですから画面がちぐはぐなことになってしまったり。。。

山ほどある愚作に時間をかけていられるほど私の人生は長くは思えない。そうかといって不肖の子ら〔我が作品bleah〕を残して死ねないというところ。。。。

でも、なかには〔たしかこれは発表したとき悪評を受けたやつ・・・でも今みてそうは悪くないんじゃないの?shine〕という絵も出てきたりしてちょっと嬉しくなる時もあるのですが。。。。自分の感覚での手直しですから、必ずしも良くなるとは限らないし、さらに失敗作になる恐れもあります。。。bearing

とにかくじっとしていられないのは確かです。これ、長生きの秘訣と言えばいえるかな。。。smile

P1180952_480x319

F3号
良し悪しは別として小一時間で出来ることもあります。

|

« 過去を反芻して楽しむ | トップページ | 孤独の重要性 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去を反芻して楽しむ | トップページ | 孤独の重要性 »