« グッド・ウィル・ハンティング〔旅立ち〕 | トップページ | 緊張感のない日々(-.-) »

いやだからいやだ。

いやだからいやだ〕という言葉で文豪内田百閒を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか

文豪で〔偏屈者〕といえば内田百閒の名が筆頭に挙げられると思うのですが、今日のY新聞別紙に百閒先生の〔なぜいやか〕が要約なしで載っています。

〔なぜといえばいやだから。なぜいやか、といえば気が進まないから。 なぜ気が進まないかといえばいやだから〕。。。。。think

これは日本芸術院会員が内定したときに固辞した際の言葉だそうで、百閒のあっぱれな偏屈ぶりが凝縮されているようです。勘ぐれば、百閒先生の味のある偏屈ぶりは広く世に知られていて、それゆえの人気ということも無きにしも非ず、ここですんなり芸術院会員を承諾するわけにはいかなかったのでは?と思わないでもありません。いかにもこの断り方に愛すべき偏屈ぶりがみえて当時のファンの拍手が聴こえるようです。百閒の気質を知ればそれでよしとする向きもあったのでしょう。。。かくしてこのような名言?が残されたわけです。。。

我が家のお爺も相当の偏屈もの、これがタダ憎たらしいだけで、とても笑って許すなど出来かねます。。。

偏屈ぶりが愛されるようになるには文豪にならなければいけないようですね。

200pxuchida_hyakken_19521015

内田百閒  

みよ!この絵に描いたような偏屈な面構えhappy01

|

« グッド・ウィル・ハンティング〔旅立ち〕 | トップページ | 緊張感のない日々(-.-) »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

再確認しました
私も偏屈者ですね
この言葉とても、よぉ~くわかりますからcoldsweats01
ど~してっと聞かれるから、あ~だこ~だと理由を
つけるけど、本当の理由は嫌だからなんですね
偏屈者には自分なりの理屈があって、だからそれに添わないから、いやなんですね
母親に「あんたは変わっとる」と言われて育ち
ましたが、卵が先か、鶏が先かの論理で
洗脳され、私は変わった人間だと思って
育ちましたから
これから年を取り、お爺さまのようになるので
しょうね私

投稿: キャサリン | 2012年8月 6日 (月) 06時37分

キャサリン様
考えると個人の(嫌!)に対して〔どーして、〕と聞くのもどうかと思いますよね。理由を聞いてもどうにもならない。。。〔爆〕
嫌と思うのはほとんど理屈ではないので、理屈をはめ込もうとすればするほどおかしなことになってしまいます。内田百閒がそのいい例ですねhappy01

キャサリンさんがご自分の偏屈を自覚していらっしゃるのなら大したことはありません。
我が家の爺〔夫〕は自分が正しくて周りが変だと思っています〔爆〕周りとはおもに私の事bearing

ただ他人にやさしいのが救いですね。。。

投稿: おキヨ | 2012年8月 6日 (月) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グッド・ウィル・ハンティング〔旅立ち〕 | トップページ | 緊張感のない日々(-.-) »