« 蛾眉→がび→美人 | トップページ | 交配の優劣 »

佐渡裕オーケストラ演奏会

楽しみにしていた〔佐渡裕指揮シエナ・ウインド・オーケストラ演奏会〕へ。数か月前チケットを手にしたときには、まさかこんな猛暑になるのは予想してなくて、真夏とは言え日が沈んでからの外出なのだからと思ったのでしたが、高崎市の群馬音楽センターまで出かけるのに、車の外は日中の気温のまま。。。

いや、それ以上に熱かったのが会場前の人、人!今まで演奏会などにあまり気を動かさなかったこの私が久々、ミーハー根性丸出しでにわか〔サドラー〕になったことでもお判りのように、この○そ暑い中音楽センターの前は長蛇の列。。。wobbly 席に落ち着いてから見回すと7・3の割で女性が大多数でした。

P1190017_480x319


佐渡裕は世界的実力派指揮者ながら、テレビなどの出演が多く、その親しみやすい人柄、ダイナミックな演奏が多く知れ渡っています。つまり世界トップレベルの指揮者でありながらお高くとまっていない。そのあたりが人気の秘密なのでしょう。。。

P1190018_480x319

プログラムは

○ 序曲 〔バラの謝肉祭 ジョゼフ・オリバドゥティ〕 ○組曲 〔リンカーンシャーの花束 パーシー・グレンジャー〕 ○ 音楽のおもちゃ箱~佐渡裕のトークと音楽 ○ 〔サクラのうた 福田洋介〕 ○ 歌劇〔薔薇の騎士組曲 リヒャルト・シュトラウス〕 クラシック音楽に詳しくない私の耳には馴染のない演目でしたが、7席中央部でダイナミックな指揮者のパフォーマンスと、生演奏の迫力に2時間たっぷり酔いしれました。

期待に違わず、お楽しみの〔音楽のおもちゃ箱〕では佐渡さんはじめオーケストラの皆さん、黒い衣装から突然カラフルな衣装に早変わり〔マンボNO、5〕を演奏、観客も総立ちで一体となりマンボのリズムを楽しみました。

最後には市民の老若男女の演奏者がそれぞれ自前の楽器を携え、プロアマ一緒にステージで〔星条旗よ永遠なれ〕を勇壮に演奏。。。

いやぁ、音楽って本当にいいですねぇ。。。〔どこかで聞いたセリフcoldsweats01

蛇足・・・テレビや雑誌で見る佐渡裕、187センチという長身は知っていましたが、あれ!?想像していたよりスマート・・・ていうかお痩せになった!?この暑さでダメージ受けたかな。。。

|

« 蛾眉→がび→美人 | トップページ | 交配の優劣 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

サドラーのおキヨさん。(笑)
人気の佐渡裕&シエナをお聴きになったとはウラヤマシイです。(^ァ^)
 
マンボまで出して来ましたか! 夏のコンサートに相応しい、多彩で愉しいプログラムですね。
 
明日は私もコンサート。 いつもの習志野文化ホールでオケの定期演奏会です。
プログラムは(シエナに負けず!)盛りだくさん。(笑)

投稿: もとよし | 2012年8月26日 (日) 00時14分

もとよし様
自分自身、今頃になってオーケストラを楽しめたことに驚きと感激を感じています〔苦笑〕
ハイ、私、臆面もなく〔サドラー〕なってしまいました。lovely
聞くところによると追っかけもいるらしいですね。思い返すと昔から花形コンダクターはおりました。団伊玖磨や黛敏郎がそうですね。実際目の当たりにするとその魅力の虜になる気持ち解ります。私の中からあの勇壮な演奏がいまだ消えていませんもの。

このぶんだと、習志野文化ホールまで出かけて〔もとラー〕にもなりかねませんねhappy01


投稿: おキヨ | 2012年8月26日 (日) 01時11分

佐渡さんは当代切っての人気指揮者のようですね。
私は「題名の無い音楽会」などTVで見るだけですが、確かに熱く見栄えのする指揮振りですね。
あの、R・バンスタインの最後の愛弟子らしいですから、日本ではいよいよ小沢征爾の後継者ですかね。
プロブラムはかなりマニアックのようで、これでは頑張って聴かないとならないですね。
TV画面では(特に昔のブラウン管や一時造られていたムリヤリのワイド画面TVなど)実際よりかなり太めに映ります。
昔、その世界にいたので、よく驚かされたのが画面からの印象より、実物がとても小柄だったり、細身だったりしていることでした。
ですから画面でスマートに見える人の実像は・・・不健全なくらい痩せている、ということになりますね。

投稿: 風花爺さん | 2012年8月26日 (日) 11時38分

風花爺さん様

実は私も佐渡裕という指揮者の知識はほとんどテレビからです。当代随一と言われる佐渡氏が高崎市の公演というなら行かざなるまい、という気持ちにさせられました。

おっしゃるようにプログラムの内容はほとんど知らないものばかり・・・しかしオーケストラの迫力は理屈抜きに感動するものがありました。

テレビや映画は人の姿をそのまま映すというわけにはいかないようですね。
20代前半の頃、青山京子さんが地方に見えた時に、ふとしたことで、素人インタビューということで同席したことがありましたが、ふっくらしたタイプと思っていたのに、小さな顔とほっそりした姿に驚かされました。

会場の(サドラー)たちにも〔あら、痩せちゃったわね〕という声も。。。
テレビの映像を差し引いてもちょっと体重が落ちたような気がしました。ハードですものね。。。

投稿: おキヨ | 2012年8月26日 (日) 12時29分

佐渡さんの指揮は、素晴らしいですね~とても気持ちが入っている感じが、素人にもわかります。
と、言っても他の方が、そうではないとは言いませんが・・・
佐渡さんは、息子の大先輩でもありますので、
 大阪で、毎年ある1万人の第九
参加したいな~ァと、思いながら叶わなかったことが、残念です。友人は2回も参加したんですよ~羨ましいっ!

投稿: nono | 2012年8月30日 (木) 12時02分

nono様
佐渡裕はご子息の先輩・・・そうでしたか。
佐渡氏は何せパフォーマンスが豊かですから見栄えがしますね。
私がよく解りませんが、演奏者もコンダクターによって違うのでしょうか?
とにかく迫力十分の演奏でした。
あれだけの人気指揮者ですからまたそちらでの演奏会がるでしょう。
次回はぜひ。。。good

投稿: おキヨ | 2012年8月30日 (木) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蛾眉→がび→美人 | トップページ | 交配の優劣 »