« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

酒井和歌子さん

今朝の10チャンネル旅番組のゲストは酒井和歌子さん。

この女優さんのドラマや映画をほとんど観たことが無いのですが、たまにこうした番組でお目にかかりますね。

酒井和歌子さんをみていると、世の若い方々は〔親戚に一人はほしい綺麗なおばさんshine〕と思うのではないでしょうか。

微笑んだ造りの顔のままで生まれてきたような方だな、と思うくらいこの方 いつもにこやかな笑顔をしていますね。かなり昔から女優業をされているので結構な年齢かと思うのですが、細身のプロポーション、透きとおったお肌は輝くばかり・・・これほどピンク色の服を品よく着こなす女優さんはそうはいません。

ただね、〔親戚には一人いて欲しい叔母さん〕でも、〔あ母さん〕となっては欲しくないと思われるタイプのような。。。 どこかあぶなっかしそう、家事が似合わなそう、頓珍漢なことをして笑ってごまかされそう。。。eye

ほら、酒井和歌子さん、お箸の持ち方が少し変よ!〔美人には目くじら立てるおキヨsmile

Images

| | コメント (8)

与謝野晶子もいじめに遭った!?

今、教育の場で問題の頂点となっている〔いじめ〕 情熱の歌人与謝野晶子も小学校時代いじめに遭っていたというから驚きです。明治時代の学校教育、家庭の躾はたいそう厳しいもので、そんな時代にまさかと思ったのですが、晶子本人が、同級の女の子から陰湿ないじめに遭い、しまいには金銭まで要求されたことを語っている、と 歌集〔みだれ髪〕の中の晶子の生い立ちに書いてありました。

この天才的歌人にも、人にいじめられるような、うつむき加減の時代があったんですね。子供の頃実は大変大人しい少女であったとか。。。いつ頃からあのような激しい官能の人になったんでしょう。

○ 肩あげを とりて大人になりぬると 告げやる文のはずかしきかな

まぁ このあたりからでしょうね。

私はハタチ過ぎてもおぼこ娘だったので晶子の歌集は苦手でした。ようわからんwobbly

で、いまになって解るかといえば、解らないでもないが、どこか〔そこまで露骨に言わなくても。。。〕と思う、芸術を理解しがたい凡人ですcoldsweats01

Images


与謝野晶子 

| | コメント (6)

よかったのかしら・・・?

今日はわがFデッサン会の日でした。いつもは14、5人程度の会場が今回異常なくらいのな賑わいです。実は市内で絵画教室を持っておられるS先生が大勢の生徒を連れて見えたのです。主催者のIさんに聞いたところわがデッサン会の応援?というおつもりだったようです。S先生お一人は以前からお見えになっていたので特に挨拶は致しませんでした。

会場は二重にならなければ描けない始末。。。それはいいいのですが、生徒さんたちのほとんどは初心者。でも引率されたS先生はご自分が描くのに一生懸命で生徒さんの指導は全くされません。私はいつものメンバーの指導で手いっぱい。S先生の生徒さんたちは描けるとこまで描いて、あとは手持無沙汰で座っているだけですが、それでもS先生は知らん顔。。。eye

午後になって、生徒さんたちは私が指導している後ろに立って一緒に聴いて居たのですが、そのうち数人の方が〔私のもみて頂けますか〕と。。。え?貴方がたの先生いらっしゃるんじゃないの…と思い、〔それはいいのですが、私が口出ししたらS先生に悪いでしょう〕と小声で言うと〔大丈夫です。大丈夫です〕と口々にはいうのですが・・・S先生のお考えが今一つ解らない?think

みなさんが指導を望んでいるので無碍にも断れず〔それなら・・・〕と少しお手伝いをしたのですが、これでよかったのかしら。。。?

次回もこのようだったらきちんとしたご挨拶の上で勉強会に臨みたいと思います。

P1160597_213x320_2

・・・というわけで、今日は描けず、2月、12日に描いたクロッキーをUP(^^ゞ

| | コメント (2)

妻以外は乗らないと思う・・・((+_+))

東京に住む夫の姪夫婦が、我が家に遊びに来る話が数日前からもちあがっています。

ドライブ好きの夫、姪夫婦を一泊旅行に連れていくつもりで、〔日光、草津 伊香保のうち、どこへ行きたいか、二人で相談して決めておいてくれ〕と電話したところ、翌日〔アタシは車酔いするから何処へも行きたくない。お宅に一泊するだけで充分・・・〕との返事。。。。

〔あいつが車酔いだとsign02 昔さんざいろんな所へ行ったじゃねぇか・・・〕と腑に落ちない顔です。〔年取って体質が変わったんでしょう〕と私は云ったのですが・・・実はすぐにピンときました。

皆さんは81歳の老人が運転する車で1日中ドライブできますか?おそらく、よく知った近くの人間、つまり老人の妻意外はドライブを躊躇すると思います。

私は姉妹に50代の頃から〔アンタの運転ではどこへも行きたくない!〕と言われてきましたし、若い頃に絵仲間たちが運転手としてさんざ利用した画友が70代に入ったころから、代わりに壮年の画友が運転手となりました。

夫は姪が一泊旅行のドライブを断ってきた理由が判らない。姪は高齢の伯父を傷つけるのを恐れて本当のことを言わないだけです。私は慣れがあるし〔万一のことがあったら仕方がない。。。bearing〕という覚悟で乗っていますからね。

P1140944_480x319

P1150164_480x319_2


私は志賀高原から小布施にいって栗おこわが食べたい!

画像撮影 2011、10,18日

| | コメント (6)

母を恋うる記

先日、〔心洗われる話〕という名作集で、谷崎潤一郎の短編〔母を恋うる記〕を読みました。

谷崎は34歳の時に母を亡くするのですが、その2年後に書かれた作品。 耽美主義といわれる大作家の文体は、母に想いをよせる短編にせよその芸術性の高い特徴を濃厚に表してあり、何とも不可思議な世界に連れ込まれます。

夢の中で私〔作家〕は幼い少年になり、母を求めて見知らぬ土地をさまよいます。母と思った人に〔お前は私の子供ではない〕と冷たくあしらわれるなどしながら放浪をするうち、三味線を抱えた美しい女と出会います。女のあまりの美しさに少年は〔あれは人間ではない。きっと狐だ〕と思うのですが、女が泣いているのを知って〔小母さんはなぜ泣くのですか?〕と問いかけながら一緒に歩いているうちその人が母だとわかります。

普段、読んだ先から内容を忘れてしまう私ですが、先日読んだばかりなので、あらすじはざっとこんなところです。

私はふと目を覚ましました。夢の中で本当に泣いていたと見えて、私の枕には涙が湿っていた。

早熟の文豪も、母を恋うという気持ちは幼児と変わらない。大人となって抑圧された気持ちが夢のなかで解き放たれたと思うのです。

Photo

谷崎潤一郎

| | コメント (4)

父母への想い

この26日が母が逝って27回目の命日です。郷を離れ遠方で暮らす私も高齢となり墓参りも出来ないことで心痛と共に、若い頃には淡泊であった父母への想いが年々募っていることを感じています。父は今の私よりはるかに若い54歳で他界し、母は来年で今の私と同じ年で逝ったのですから、私の弟のような父、同年代の母を身近に感じ愛おしく思うのも当然のことかもしれません。

8人の子供に父母の愛情が分散されていたせいでしょう、愛情の分け前が少なく感じられて、若い頃には愚かにもこちらからの気持もそれに見合う程度でよいとおもったものでした。今思うと満たされない淋しさの裏返しの感情だったようにおもいます。

兄妹8人ともあれば、親と云えども、気に入った子供、さほどに感じられない子供があるのは事実のようで、昔はそのことで罪悪感や、愛情を平均に保つ親の義務感のようなものに縛られるようなことはなく、ありのままの感情で子供に接したような気がするのです。我が子が可愛くないことはない、不器用なため多くの子供にお菓子を分け与える様な均等の愛情を示しことが出来なかったのだと、今は父母の身になって悟ることが出来ています。

今の時代のように、、一人、二人の子供に身をすり減らすほどの愛情と義務感を向け、さらに複雑な事柄に支配されなければならない時代とどちらがいいのか。。。

09041302gorillainfant_big

| | コメント (0)

高齢者心理

大っぴらに声にすることをことををはばかられるのが高齢者に対する批判ではないかと思います。そこで押しも押されぬ立派な?高齢の当事者である私が自戒もこめていうのなら、たいして問題なかろうと。。。

まず、高齢者の特徴として上げられるのは 

○ 押しつけがましい。 ○ 自己中心的な会話や行動。 ○ 人の話は聞かない(理解力の低下のなせる業?) ○ 多弁になる〔内容のない話を長々とする。思考を処理する能力が低下のせい?〕 ○ しぶとさ、したたかさが強くなる。 

これはポジティブな高齢者。

一方ネガティブな高齢者は

○ 身体の不安が多い。 〔年齢的に死を意識するため健康な体であってもたえず不安に駆られる〕 ○ 悲観的思考。 ○ 混乱しやすい ○ 生き甲斐を見失う〔なにをやっても喜びや楽しみを見いだせなくなる

この心理になる年齢は何歳からというのはないと思います。比較的若い方でもいち早く精神的硬化が始まる人もいれば、80歳でも柔軟な思考を持っている人もいるし。。。

上記は50代の女性にも多く観られる傾向だと個人的に思いますがいかがでしょうか。smile

拙ブログを訪れてくださる皆様にはそのような方はいらっしゃらないので、万が一にも〔おのれ!おキヨババァ よくも言いたい放題を!!impact〕と激怒されることはないと確信しています。

〔☆ この記事に、異論 批判のコメントはご遠慮願います〕

6ced014fe6f087a0

美しい老年 草笛光子

| | コメント (4)

自画像の話

Y新聞〔時の余白に〕の今回のテーマは〔自画像描けますか〕でした。このコーナーを担当する芥川喜好氏は冒頭に谷川俊太郎さんのエッセーを紹介しています。

ほんとは誰でも自分と付き合うのは大変なんじゃじゃないか。ただ大変なのを自分じゃなく他人のせいにしているだけじゃないか。大変な自分と出会うまではほんとに自分と出会ったことにならないんじゃないか〕・・・この言葉深く共鳴しますね。

誰もが、自分という人間に悩まされ手こずったことがあるのではないでしょうか。私など人生も終盤に差し掛かっているというのに、まだ自身の感情を持て余すことがあります。できれば、そんな年甲斐もない〔ネェちゃんバァちゃん〕的な自分なぞと出会いたくないもの。幼稚だったり、ややこしかったりする、自分のなかに住む得体のしれない魔物をなだめすかすのも容易なことではありません。

また、同じ欄に〔老年とは自分と全面的に向かい合う時節だ〕という作家中野孝次の言葉もありました。〔時の余白に〕のコーナーには、毎回宝石のような名言や芥川喜好氏の素晴らしい言葉、また専門である日本美術界の話などが鋭い洞察眼で書いてあります。

私は絵を描く人間なので、もちろん自画像は数点描いています。でも、もし内面的な自分を絵にしたのなら怪物のような自画像が出来上がるかもしれない。。。sweat01

Photo

| | コメント (6)

男女の違いが判る本

〔男と女の違い〕について書かれた本が多く出版されてることに気が付きました。

○ 女にいらだつ男 男にあきれる女 ○ うそつき男と泣き虫女 ○ 話を聞かない男 地図を読めない女 ○ どうして男はそんな言い方 なんで女はあんな話し方

ざっと調べてもこんなぐあい。。。著者は心理学者が医学的根拠で書かれているものが多いようです。

私の書棚にもなにもこんなものが一冊ありました↓(^^ゞ

P1190190_480x319


日頃お爺の不可解な言動に悩まされているので、サブタイトルの〔男と女はなぜ喧嘩が絶えないのか〕がこの本を買う気を起こさせてのです。著者はコロンビア大学医学教授 マリアン・レガトという女性医学者です。

これが実例を挙げて、ユーモラスにかかれていて、その原因を医学的に、解りやすく説明してあるのでなかなか面白い。happy01

たとへば、強盗に遭ったとすると、女はその時の恐怖を何年たっても昨日のことのように思いだせるのですが、男はそのことはあまり覚えていず、警察で事情を聴かれた時の事や調書を書かされたことなどを明確に覚えている。なぜそうなるのかを医学的な説明付きで書かれています。

夫婦喧嘩をしたときに、この本を引っ張り出して、原因のあてはなる箇所を読めば怒りも収まるという寸法。。。good 〔人生終盤になって読む本でもないのですが・・・coldsweats01

| | コメント (6)

迷惑な話しかけ…(-_-メ)

どんなに気に入っていても、毎回同じだと飽きるという現象が起こります。私の場合は持病の股関節症の為、週一回掛る〔というのは大義名分で本音はリラックスとストレス解消〕マッサージ師。ですから、そういう時の為の予備?として、別の処にも気に入りのマッサージ師がいます。今日は赤城山麓まで遠征したところ、あいにく馴染の方がおやすみで、若いマッサージ師が施術しました。

愛想のいい若者で〔どちらからいらしたんですか?〕と言われ〔○○市から・・・〕というと〔あ、そうですか!僕、昔あの町で仕事をしていたんですよ。いやぁ懐かしいな。〕と事細かく町の様子を聞かれたり、答えたりしているうち、マッサージが終わっちゃった。。。。bearing

私が好むマッサージ師の条件は〔施術が上手いこと〕は言うまでもなく、2番目は〔無口であること。〕 ですから女性のマッサージ師には掛りません。私がいくら鬼婆でも、サービスのつもりで愛想よく話しかけてくる人に〔うるさいから黙っていてくれる?angry〕なんてこと言えませんからね。。。おしゃべりなマッサージさんに掛かるとなんだかとっても損した気分になるのよね。。。〔怒〕

P1190175_480x319_480x319

P1190172_480x319_2

P1190169_480x319

ダリア園に寄ってきました。

ダリアという花を一度も絵にしたしたことが無いので描いてみようと思おます。

| | コメント (4)

睡眠はやはり大事なようです。

私の場合もはや手遅れ・・・cryingというショックなことを、毎朝観ているワイドジョーの司会者がオープニングトークで云っていました。

人間の脳の一部である、海馬という器官がありますが、これが研究の結果、よく寝る子供のほうが大きいという。。。ですからこの海馬というタツノオトシゴに似た脳器官を大きく保っておくには、子供の頃によく寝たほうがいいというわけです。

海馬はうつ病、ストレス障害 アルツハイマーなどの患者は小さく縮んでいるそうです。なので、子供の頃からよく寝て少しでも海馬を大きく保っていると大人になって海馬が小さくなるリスクが少ないというんですね。。。

思い起こせば、私は子供の頃から夜遅くまで本などを読んでいて〔いつまで起きているんだ早く寝なさい(#`皿´)〕と父親によく怒られていた。。。その癖が大人になっても抜けきらず夜更かしの好きな人間となってしまいました。いまだってこうして深夜2時3時までブログを書いています。

私の海馬はとっくに縮んでいるに違いない・・・どうもこの頃、物忘れが著しい、考えがまとまらない。夫婦喧嘩をするにも夫に気の利いたセリフが返せず、私より7つも上の夫が優勢の率が多い。う~ん・・・馬鹿になった?eye  馬鹿な内容の記事が多くなっているのが何より証拠happy02

P1000035

これは本物のタツノオトシゴ

| | コメント (0)

悪癖がつのるばかり…(-.-)

先日、夫と二人町へ買い物に出て、コーヒーを飲んだときのこと。。。

店内は若い人たちでいっぱい。お店がそう広くないので、隣の若いアヴェックの様子が自然に目に入ります。夫、コーヒーを飲みながらそれとなく20代半ばと思われる男性の行動をみているようでしたが。。。。

このブログでたびたび夫の異常行動coldsweats01を紹介していますので、旧いお付き合いを頂いている方はご存じと思いますが、夫は思ったことを口に出さずにいられない人

ついに〔あなたさ、そのコーヒーいつ飲むの?〕私が止める間もあらばこそで、見ず知らずの他人にこんなことを聞く人間など居ないと思うのですが。若者、別に驚いた風もなく〔俺、猫舌なんですよ。熱いのがダメなんです〕と。。。彼女はケラケラ笑っているし。。。変な爺さんに突然余計なお世話をやかれた青年、今度はコーヒーを口元まで持っていきフーフーふいているのをみた夫〔オイオイ、コーヒーを吹いてから飲むなんてあまりいないんじゃないの?ははは・・・〕アヴェックも〔ははは〕happy01

傍から観たら祖父母と孫が一緒にコーヒーを楽しんでいるようにしか見えないと思います。私は〔ごめんなさいね。おじいさんは、自分が疑問に思ったことなんでも聞きたい人なの。気を悪くしないでね。〕と彼らに謝りました。

穏やかな青年で本当によかった。これが気の荒いお兄さんだったら〔うるせぇ、じじぃ、余計な御世話だ!〕ぐらい云われても当然。幾度も注意している筈なのに口先お爺、悪癖が直りませんねぇ。。。bearing

P1190148_480x360_2

F3号 

| | コメント (4)

嫌な奴〔男〕

2日前に〔性悪女〕のことを書きました。これでは片手落ちと思い今日は〔嫌ぁ~な男〕のことを書きます!〔dash鼻息荒い〕smile

私が17,8年通い続けている隣県のデッサン会で一緒になる、私と同年代のRという元高校教師だった男性。彼は私同様いい席を確保したいために早い時間に会場に来るのですが、会場作り〔椅子運び、モデル台を整える、更衣室を作るなど〕を女たちに任せて自分は動こうとしないので〔すみません、重いので男手が必要です〕と頼まなければなりません。おそらく家庭でも奥さんを手伝おうとしない横柄な夫でしょう。。。会長を差し置いて頼みもしない指導をするのですが、これが嫌らしい。若くて美人の女性にはへらへらと愛想よく、そうでない女性と年寄りは見向きもしません。男性なら誰しもそういう気持ちはあるでしょうが、こうもあからさまであっていいのでしょうか。。。

以前に、ある年配女性が、鉛筆入れを忘れてすぐ隣のRに〔1本貸していただけます?〕といったところ〔ここへ来るのに道具を調べてこないのがおかしいよなぁ~。勉強道具を持たずに勉強できるわけないだろうに。。。 〕とかネチネチ言い始めたので、私が〔ここにたくさんあるから〕と、Rの胸の前で彼女に鉛筆を渡したことがあります。これが若くて美人の女性だったら彼の態度は違ったはず。。。

そして彼が来なくなった理由。

会長が体調不良で辞めるにあたり、地元の人間で比較的長い会員のRに代わりをお願いしたところ、〔僕はいろいろと忙しいから・・・女性が大勢いるんだから女性がしなさいよ〕と拒否。要するに責任のある面倒なことはしたくない。そのまま続けて来ていると、面倒な仕事を引き受けることになるとでも思ったのでしょう。この日以来Rの姿は見えなくなりました。

男の風上にも風下にも置けないこんなやつの奥さんがお気の毒。。。

P1030645


| | コメント (6)

あつかましかった?

先週金曜日に大型銭湯に出かけお馴染みの美容院に行くと、珍しく先客が居ません。しめたと思い、前回で味を占めた顔剃りもお願いすると、美容師さん、〔顔剃りの後、マッサージ、パックもいかがですか?〕。。。なに、美顔マッサージ、パックだとflair 私、自分の年も忘れて〔そう! 誰もいないし、お願いしようかしら。。。〕

美顔マッサージなんて20数年ぶり。昔S化粧品メーカーの製品を使用していた頃、店内に設えたマッサージコーナーでまめにマッサージをしてもらったものです。美容師さんの腕前は、昔受けたS化粧品の美容部員に劣らない上手さで、かなり丁寧に時間をかけ、昔はなかったような美容器具まで使用してもらい気分的にもかなりリラックスできました。

マッサージをし終った鏡の中の私、心なし皺の数が数本消えたような。。。まるで吉永小百合・・・なに 聞き飽きた?では松坂慶子にします・・・並の美女notes

ふと待合の椅子をみると、お客が2人待っています・・・パックをとった顔が婆さんだったのでさぞ驚いたでしょうなsmile 

Lbacol12293_2


ローレン・バコール  こういう美女になりたかった・・・pig

| | コメント (4)

性悪女の特徴

嫌な女の特徴とは を以前ネットで見たことがあります。

○ 人の批判、悪口が多い。 ○ 人の情報を聞きたがるが、自分のことは一切言わない。

○ 相手の幸せに対しての反応が薄く、不幸には強い反応を示す。 ○ 相手によって極端に態度が変わる。。。たしかこのようなことだったと思います。

これを全部持ち合わせた女性から、先日〔デッサン会に入会したい〕旨の電話がありました。。。う~~んdespair。。。

貴女はどこで勉強しても、結局指導者の悪口を言って辞めるじゃないの。つまらないこと、余計な話には熱心だし、人の好き嫌いが激しい。出来れば他へ行ってもらいたいわ!poutと云えたらどんなにせいせいしただろう。。。なのに〔まぁ、そうですか。どうぞ、どうぞ。お待ちしてます。〕と心にもないことを言って予定表を知らせてしまう私も同類でしょうかbearing

彼女がそういう人だということを知らなかったことにして、あるいは改心したことを期待して、そして私が大人の対応のできるよう努力して頑張りたいと思いまぁ~すsad

そうそう、もう一つの特徴として、こういう人ってたいがい頭はいいのよねぇ・・・太刀打ちできるかな。。。bearing

Photo


シモーンヌ・シニョレ 〔悪魔のような女〕で好演

| | コメント (9)

やっと逢えた。ヽ(^o^)丿

妙義山の麓はそろそろ稲が綺麗な頃と思い、スケッチに出かけました。

妙義山に行くと必ず立ち寄るのは、小さな無人販売の店。地元で育った新鮮な野菜を100円均一で販売しているので、ドライブを兼ねて町営の温泉風呂にきたり、長野方面に出かけた帰りなどこの無人販売所に寄って野菜を買って帰ります。長年〔5,6年〕この小さな店に立ち寄っていると、何となく親愛感がわき、3年ほど前に、夫が〔いつも新鮮な野菜をありがとう。美味しく頂いております〕みたいな短い文章の伝言を書いて料金箱に代金と一緒に入れたことがありました。

今日も野菜を買って帰ろうとお店に寄ったところ、私と同年配の農家の女性が居るので、挨拶がてら〔いつもここで野菜を買って帰るんですよ〕というと〔ありがとうございます〕という言葉が返ってきたので生産者だとわかりました。

夫が〔やぁ、やっと直にお礼が云えた。以前短い手紙を入れたことがあったけど。。。〕〔あぁ、覚えてます、覚えてます。あんなことはじめてでしたから。。。嬉しかったですよhappy01〕と。。。

夫が家庭菜園をしているので、しばし野菜作りのアドバイス?を受け2,3買い物をしたら〔気持ちだから・・・〕と栗を頂きました。

P1190133_480x319

ヤマゴボウと、生姜 茗荷 を買いました。栗はおまけnote

P1190117_480x319

P1190140_480x319_2

一応こんな感じ。。。種を明かせば、5月頃描いた緑一色の絵の

色を変えただけ。。。(^^ゞ

| | コメント (4)

水産庁選定ファストフィッシュ

〔ファストフィッシュ〕?どういう魚かというと、食べよいように骨をあらかじめ抜いた魚だそうであとは電子レンジでチンして食べるとか。。。

最近この〔骨なし魚〕のことで賛否両論の投稿記事が目につきます。

ファストフィッシュ賛成派の方の意見としては、子供や病人が食べよい、調理の手間が省ける、調理の幅が広がるなどがあるようです。一方反対派の意見は、子供は自分で魚の骨を取り除くことを覚え、手先の器用さを身につける、骨を飲み込む危険を察知する教育になる。骨を食べられるように調理することでカルシュームの吸収が出来るなど、それぞれあるようです。。。

私はというと、理屈などどうでもよく、骨なし魚など気色悪い!魚売り場のコーナーで、骨を抜かれた、いかにも頼りなげな魚とは言いにくいものがくた~っと横たわっているのを数年前からスーパーで見かけていました。私の頭では魚とは骨のある生き生きしたもの、干物だってちゃんと骨が付いたものが見た目にも美味しく感じられます。

どういう方法にせよ小骨まで取り除くのにその魚は相当にいじられるのでしょう?これを思っただけでも嫌ですね。

日本人は昨今魚離れが著しく、水産庁としては消費拡大の為なんとか手だてを考えなくてはならないのでしょう。これはわかります。ただ・・・骨なし魚を食べさせられて骨のある日本人が出来上がるかな。。。

 ファストフィッシュ賛成派の方コメントはご遠慮願いますm(__)m〕

117_1729_284x213

実家へ帰ると海直産の魚が食べられます。男はみな釣り名人ですので。。。scissors

| | コメント (0)

旧富士見高原療養所

風立ちぬ、いざ生きめやも。。。堀辰雄の小説〔風立ちぬ〕に引用されたポールバレリーの詩。。。

この小説は旧い時代のものなのに、今でも女性に好まれる作品ですね。この作品の舞台となった信州の諏訪富士見町にある旧富士見高原療養所が老朽化の為取り壊しとなる記事がひと月前ほど新聞に載りました。

旧富士見高原療養所といえば、堀辰雄、その婚約者〔小説のヒロイン〕 竹久夢二や横溝正史など多くの著名人たちが入院したことで知られています。また昭和初期には病院を舞台にしたメロドラマが流行、多くの映画の舞台に登場したのがこの旧富士見高原療養所。。。

ミーハーを自認する私、なんとしてもこの病院を1度見学してみたかった。。。それなのに八ヶ岳に幾度となく出かけているというのに、私が〔ここからちょっと足を延ばせば旧富士見高原療養所があるんだけど。。。〕と言っても、夫は〔旧い病院などみたってしょうがねぇ!〕とにべにもありません。昨年もそういわれてチャンスを逃したのです。

8月に新聞に取り壊しの記事が載ったので〔もう見られなくなってしまうから、スケッチがてら八ヶ岳に行かない〕と誘っても〔暑くて嫌だ!〕と拒否。新聞には9月取り壊しとありましたからもう遅い!weep

風立ちぬ~、今は秋~♪〕は松田聖子。ではなくて、〔白樺ゆれる~高原の~♪〕 私は当然月よりの使者〕です。〔りんどう~咲いて~恋を知る~♪〕なんてロマンチックなんでしょう。。。夫のせいで旧富士見高原療養所 とうとう行けず仕舞いになりましたpout

P1130781_480x319

P1130784_480x319

八ヶ岳山麓  2011・4・6 撮影

| | コメント (6)

心のよどみ

久しぶりに伊豆の姉に電話してご機嫌伺いをしました。姉からは時々電話があることはあるのですが、私が都合の悪い日など、話し好きの姉の電話を途中で〔ゴメン、今ちょっと用事が・・・後で電話する〕と中断したりするので、たまには罪滅ぼしをしなければなりませんbleah

電話口の姉は〔どう・・・元気?〕という私の短い言葉に対し〔具合が悪い。死にそう・・・〕から始まって延々体の不調を訴えるのは相変わらず。。。つまり元気ということです。shineこの、身体がどこも悪いところが無いのに〔自分は病気がち〕とかたくなに思い込むことで81歳という今を元気に迎えた気がします。おかしな言い方ですけど。。。

母の溺愛を一身に受けて育ち、結婚してからも母離れをできなかったものですから、母が亡くなって30年経った今も心に空虚感があるのでしょうか、よく解りませんが、生き方の下手な人ですね。。。。姉妹ですからたまには優しい言葉をかけるつもりで電話をしても彼女のよどんだ心理をどうすることもできないのです。

とにかく高齢の姉がどういう形であれ元気だということが確かめられれば何より。。。ということで、ひとしきり〔具合が悪い。死ぬかも知れない〕を聞いて今回もひと安心。。。smile

P1110930_480x319

P1110940_480x319


| | コメント (2)

敵に弱みを握られる(>_<)

2日前、夫が買ったものを無くす、という記事を書いたばかり。。。今度は私ですhappy02

大型銭湯の帰りにスーパーに寄って買い物をし、支払いをしようとバックの中の財布を探したが・・・な、無い!!w(゚o゚)w 

バックのあらゆるジッパーをあけて探したのですが財布が見つかりません。買い物の支払いは夫にしてもらい、私はどこで財布を出し入れしたかを考えたのですが、最後にバックを開けた場所が馴染のお蕎麦屋さんだとわかりました。 

御蕎麦が来るまで本を読むのが慣わしなので、バックの中の本を取り出す際に邪魔な財布などを先に出す場合があります。多分そこだと思い、お蕎麦屋さんに引き返し、顔なじみのおネェさんにこっそり〔なにか落ちていなかった?〕と耳打ち。おネェさんは〔なにもなかったけど。。。?〕と言いながらも私の座ったテーブルを見にいって〔あ、ありましたよ!〕と。。。足元に落としたモスグリーンの財布が床に溶け込んでいて、テーブルの掃除の時に見えなかったらしい。。。

よかったぁ~!お金はたいして入っていなくても免許証を入れてあったんです。coldsweats01

夫が冷ややかな顔で〔ふん、人のことが云えねぇな〕と。。。夫が2日前に買った品物を無くした際に私がブツブツ小言を言ったのを根に持っている。。。〔しまった!敵に弱みを握られた。。。bearing〕当分は夫の失敗をあげつらうわけにはいかなくなりました。

老い二人が行動するとこういうことが多くなるんですね。トホホ。。。〔悲〕

P1190085_480x360

P1190087_480x360

昨日のクロッキー 2点

| | コメント (2)

玉菜〔たまな〕の話

私のバックには今 画家安野光雅が選んだ〔心洗われる話〕という文庫本が入っていますが、ただいま仲勘助の〔島守〕という短編に差し掛かっています。

仲勘助が信州野尻湖に滞在した明治44年頃のことを日記様に書いたものですが、昨年春に妙高に行った折、野尻湖を一周したので興味もひとしお。勘助の詩のような美しい文章で書かれた明治の頃の野尻湖を楽しめています。

それはさておいて、みなさん玉菜〔たまな〕と呼ばれていた野菜がなにかご存じ?小説〔島守〕のなかに懐かしい〔玉菜〕が出てきました。

玉菜とはキャベツの事。。。輸入された明治時代にはこの名で呼ばれていたんですね。でも時代が進むにつれフランス語かどこかのハイカラな〔キャベツ〕という名で呼ばれるようになり玉菜は一部の地方のみに残されました。

私が子供の頃故郷では玉菜と言っていましたが、出来るだけ正しい言葉をという教育指導中であったため方言だと思った〔玉菜〕は止めて、高校時代あたりからハイカラなキャベツに言い直すようになりました。

ところが、この忘れかけていた玉菜〔たまな〕という言葉をまだ使用している人がいた。

嫂です。嫂は徹底した東北弁の名手smile 意地でもしゃれた言葉など使用するものかという気概を持った人ですから、キャベツなどとは言わずにいまだに〔たまな〕と云っているようです。〔こんど電話で確かめてみよう。。。happy01

P1140080_480x319

P1140088_480x319


ナウマンゾウ  野尻湖博物館

| | コメント (7)

行きはよいよい、帰りは・・・〔怒!〕

久々の外出。。。私のクロッキー帳が切れたので、隣県のJ・ホンダまで出かけました。土曜日ということで店内はお祭りのような人出。。。

例によって、コーヒー店でちょっとしたデート気分です。なぜなら、家に居るとわが夫婦、お互い部屋に閉じこもっているのでほとんど会話がない。ですから外出すると、夫は貯まっているプールでの出来事を面白おかしく話したりするものですから、傍から見るといかにも仲の良い老夫婦に見えるに違いありません。要するに外面のいい夫婦なんですねsmile

店内では本やCDなどの特別価格コーナーがあって、夫は旧いジャスのCDを、私は好みの本を2冊買いました。ほかにもいろいろ興味を惹くものがあり、一回りしてから車に戻る途中、夫の手には自分のバックと私のクロッキー帳の袋しかないのに気が付きました。〔あら!CDと私の買った本は?〕夫、あわてて今まで歩いた場所をなぞりましたが、すでに遅し・・・落し物は見当たりません。。。coldsweats02

気ばっかり若ぶっても80才の老人。荷物を2個持たすと一個は無くします。前例があったのに私もついうっかり、性懲りもなく夫に2個の荷物を持たせたのがいけなかった。。。

〔安かったんだからいいや。またあとで買いに来ればいいじゃないか。。。〕にも腹が立ちますねぇ。先ほどまで楽しかった仲なのに帰りの車の中は険悪!

P1190079_480x319

稲もだいぶ色づいて。。。

P1190066_480x319

柿の実も大きくなりました。

P1190078_480x319_2

| | コメント (6)

肉じゃがの起源

数日前、Y新聞〔編集手帳〕の記事に、肉じゃがの由来について書いてありました。有名な話のようで、ご存じの方は多いと思いますが、私は知らなかった。。。

日本の家庭料理ナンバーワンといえば肉じゃがが筆頭に挙げられると思うのですが、肉じゃが誕生秘話として、かの海軍提督 東郷平八郎が、イギリス留学中味わったビーフシチューが忘れられず、艦上食に取り入れようとしたのですが、ワインなどが無く、料理長が悪戦苦闘の末に醤油と砂糖で味付けしたのが始まりだとか。。。東郷がもし〔こんなものシチューじゃないpout〕と怒ったら日本のおふくろの味、肉じゃがはなかっただろう、ということです。

おふくろの味と言いますが、私が子供の頃、ライスカレーはありましたが、肉じゃが食べたことが無かったように思います。肝心の(おふくろ)が肉じゃが嫌い?かなと思ってのですが、よく調べたら、一般家庭の食卓に肉じゃがが登場するのは1970年あたりになってからだそうで、それまで肉じゃがはどこで何をしていたやら。。。eye

それより、なにより新発見! 私が子供の頃、写真で見る東郷元帥の、上半身勲章だらけのその姿は厳めしく、下々のものを寄せ付けがたい印象でしたが、今検索でその青年期の写真をみて〔あら~ン!東郷さんってイケメンlovely〕とびっくり。。。↓

200pxtogo_in_europe


沈黙の提督と言われた東郷元帥も、この頃はおしゃべりで、女性によくモテたそうですよ。PCはいろいろと暴露してくれて楽しいですねnotes

| | コメント (4)

キレやすい理由

朝夕涼しくなってふと気が付きました。他の季節より真夏には意外と太陽に体を当てる〔日光浴〕ということが少ないですね。死ぬほど暑いのに日光浴だと!?と思われるかもしれませんが、それでも10分程度の日光浴は必要ではないかと思います。

シミやしわの原因と言われる紫外線ばかりが強調されますが、骨を丈夫にし、癌の予防効果を高めるビタミンDの吸収はよく知られているところでですね。その他日光浴は気分や集中力を高める効果やストレスの解消などもあるようです。

太陽にあたると神経伝達物質〔セロトニン〕が分泌されるそうですが、セロトニンが不足するとうつ病が発生しやすくなるということで、日照時間の少ない地域ではウツの患者が増えている例もあるそうです。

鬱にならないまでも、太陽に当たらないでいるとキレやすくなるとか。。。

夏になると人一倍暑がりの夫、イライラとキレやすいんです。そうだったのか~!暑がって太陽に当たることが少ないせいだったかもしれませんね。早速明日から日光浴を進めたいと思います。欲を言えば、物忘れ、雑な性格、粗忽さなども日光浴で解消できないかな。。。bleah

P1050747

長野 海野宿

| | コメント (2)

貴方はどちらのタイプ?

ある心理学者のブログを毎回面白く拝見しています。

今日はペットボトルの水が半分しかない場合、〔もう半分しかない〕と思えば不安が増すし、まだ半分もある、と解釈すれば平然とし、安定感が増す〕ということを書かれています。まだ十分に水はある、と思えば、安定感があり無駄な買い物をしない、とも書かれています。ということは、水がもう半分しかない、と思う人はどうやら無駄な買い物をしてしまうらしい。。。

ここから、我が家のことになりますが、夫は前者、私は後者になります。つまり、心配性の夫と楽天的性格の私。。。

以前にも触れたことがありますが、夫の洋服箪笥、下着類の整理ダンスは私も物よりはるかに大きいのにかかわらず、びっしりと物で溢れかえっています。私はこれを〔夫はおしゃれで・・・〕と書きましたが、おしゃれというより心理学的に心配性、不安症ということになります。

私は箪笥の中はゆるゆるのほうが好きなので無駄に買い集めることはしません。一つ買ったら一つ処分します。だって、必要なら数分で手に入る世の中ですよ。。。

性格が違っていてつくづくよかったと思います。これが二人とも同じ心配性なら。。。おぉ、考えただけでも嫌ですねbearing

Img_2408_300x400

 

| | コメント (6)

共感できる幸福論

最近までの猛暑に書店に行く勇気もなく、とうとう読む本を切らしてしまいました。仕方がないので、書棚を物色し、買った記憶のない本を探し出して読むことに。。。浅田次郎の〔僕は人生をこんな風に考えている〕という題名の本がありました。

冒頭の部分を抜粋。

自分は幸福な人間であるということをいつも信じること〕いかんともしがたい不幸はこの世に2つしかない。〔今、食べることが出来ない〕のと〔命の危機〕。この二つの心配がない限り〔自分はとりあえず幸福な人間である〕と思い、どんな小さなことにでも喜びを見出すことをすれば、誰のものでもない自分の人生に誇りをもって生きることが出来る。

〔自分は不幸だ〕と思ってしまうのは、今ある以上のものを求めそれが実現されないからだと思うのです。

幸福に関するキーワードは〔知足、すなわち足るを知る〕ということです。自分の持てる力を一つ一つ実現させていく。それによって満足な気持ちになれたら幸せと言えるのではないでしょうか。

そうなんですね。若い頃は〔足るを知る〕ということがなかなか理解できなかった。皆さんそうではないでしょうか。他人をうらやんだり、嫉妬したり ないものねだりをする。これを一つ一つクリアして人は精神的に成長していくのだと思います。

私はこういう苦い苦しい思いを経験した人のほうが深みのある人になるのではと思っています。いろいろな思いをするということは、いろいろな経験をしなければならないはずです。経験は人を成長させる。。。そういう意味で醜い自分も体験するのはあながち悪いことではないのです。ですから私は人を妬むとか羨むとか、そういう醜いタイプと違う、と健全を装う必要はないとおもうのです。年齢が徐々に解決してくれるのですから。。。私?・・・まだまだです。。。happy02

Img_2435_400x300


| | コメント (4)

デートの時の支払い今昔

○ アベックがそれぞれ支払う入館料 二百円ずつ接して置きぬ   栃木県 斎藤宏寿

新聞の文芸欄で見つけた短歌。作者はおそらく私と同年配かもしれません。デートの時の費用をすべて男性が当然として負う時代ならではの着眼のような気がします。それぞれが別々に、自分のものは自分で支払うことに違和感を感じるのでしょう。

自分のものは自分で支払うのは当たり前という今の考え方のほうが合理的なのです。デートしたからと言って相手が必ずしも親密な関係とは限らないでしょう。貸し借りを持ちたくない友人同士とか、偶然同じ映画館、美術館に来たかっただけだとか。。。

昭和30年代には若者だった私の時代は、たとへどんな仲にしろ、男女が行動を共にした場合、男が費用を持たなければならないムードがありました。男性が貧乏で、女性がお金持ちという組み合わせでもです。デートの時に、女性がお財布などを見せるのははしたない、という、女にとってはまことに都合の良いマナーがあったのです。smileただし、心ある女性は後で男性に恥をかかせないよう費用の返済をさりげない形でしたものです。

男はやせ我慢の時代でもあったのですね。

どちらの時代が好きかは、これをご覧の貴方しだい。。。happy01

Cocolog_oekaki_2009_10_18_00_19

クリムト〔接吻〕をお絵かきで模写

| | コメント (6)

対義語

〔嘘から出たまこと〕をPCで打とうとしたら〔マコト〕という漢字が〔〕という字で出ました。このことわざを辞典で調べたことが無かったので、この場合に〔実〕という字が正しいとは知らなかった!私はてっきり〔真〕という字が出てくるとばかり思っていました。

これは〔〕の対義語が〔〕だから、だそうです。

遅い→早い 高い→低い 暑い→寒い などは誰にでもわかる間違いようのない対義語なのですが、面白かったのでちょっと他を調べてみたところ、間違って覚えていたり、知らない対義語のなんと多いことか。。。coldsweats02

たとえば、〔偽善者〕とよく言ったり書いたりしますが、対義語の〔偽悪者〕は私はあまり聞いたことがないし字も滅多にみたことがない。苦境は使うが対義語の楽境もあまり使わない。その他 口下手に対し口上手〔口が上手いとは意味が違ってくる〕 

失意→得意 この場合の得意は普段使う〔得意になる〕とは意味が違うような。。。 適格→欠格ははじめて知ったし・・・この場合ふつう不適格と言いますよね。。。

私が無知なこともありましょうが、いや、日本語ってほんとうに難しい!。。。bearing

P1190047_480x319


イチジクをご近所から頂きました。note

| | コメント (2)

実は繊細だったIさん

お向かいのIさんがお庭の草木に水やりをしていたので〔おばちゃん、しばらく顔をみなかった気がしたけど。。。〕と声をかけると〔そうだよ。寝てたんだもの。。。〕という返事。

元気もののおばちゃんが寝てた!?話をきくと、今年に入って町内の組長を任されたIさん、町内の方が亡くなり、慣れない世話役でてんてこ舞い。やっと落ち着いた頃にIさんのお兄さんが亡くなり、そちらでも主だったことをしなければならなかったそうで、心身くたくたになってしまったとか。。。そのうち体に蕁麻疹のようなものができ始めんこれが痒いのではなく痛い。。。食欲もなく体がだるいので極度のお医者嫌いのIさんもさすがに病院で診察を受けたところ、慣れないことで神経を使ったせいで心因性皮膚疾患になったというのです。

4人の子供を女手一つで育て上げ、普段てきぱきとしていて何事にも動じないタイプのように思っていたIさんが心因性の病気にかかるとは。。。

娘さんに言わせると〔おかあさんは見かけ倒し!これで結構気が小さいのよ。〕だそうで、お医者に行かなけれなならないようだと涙目になるとか。。。

誰にでも弱いところがあるんですね。。。

P1050933_480x319


0号  煮干し

| | コメント (4)

叱るという事

親は子供を叱らなくなったし、上司が部下を叱らなくなった。たびたび新聞などにみる世の中の現象です。。。これは現在社会問題の焦点となっている〔いじめ〕にもつながることと思いますね。

なぜ叱ることをためらうのかというと、パワーハラスメントで訴えられたり、嫌われたりトラブルの素になるのだそうで、厄介だからというのです。親が子供を叱らないのもその方が楽だから。子供は未完成なのだから叱ることが山ほどあるというのに叱らない。。。親が叱り方を知らないということもあるのでしょう。

叱るということは、感情に任せて怒ることではなく、正しい行為、考え方を教えることです。

私はよく大型銭湯を利用しますが、こどもが公衆マナーを知らずに家の風呂のつもりで大騒ぎをしていても親が注意をしないのが目につきます。今日の投稿欄にもありましたが、投稿者は年配婦人で、子供とその親両方を叱ったというのです。これが正しい行為なのに、ともすると〔うるさい人〕位にしか思われない。。。

公衆マナーを教えなかったり、上司が部下を注意したり、叱ったりしないのは、みな〔自分可愛さ〕からでしょう。他人などのことはどうでもよい、自分が苦労せずに面倒なことのないようその日が終えればという無責任な考え、親は子供にやさしい親と思われていればいいのであって、子供が将来どんな人間になるかなど考えないから叱るべき時に叱らないのでしょう。

家庭で正しくしつけられなかった子供は、いじめを悪いことという認識が出来ないし、大人になり社会に出ても部下の叱り方も知らない人間になるのではないでしょうか。

よし!ここまで、書いたからには、私も風呂でマナー知らずの親子を叱る立派な婆さんになってやる!。。。とは思うのですが・・・根が気弱なもので体格の良い若い母親にぐっと睨まれでもしたらびびるだろうなぁ。。。happy02

P1050454_480x319_480x319

| | コメント (4)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »