« 共感できる幸福論 | トップページ | キレやすい理由 »

貴方はどちらのタイプ?

ある心理学者のブログを毎回面白く拝見しています。

今日はペットボトルの水が半分しかない場合、〔もう半分しかない〕と思えば不安が増すし、まだ半分もある、と解釈すれば平然とし、安定感が増す〕ということを書かれています。まだ十分に水はある、と思えば、安定感があり無駄な買い物をしない、とも書かれています。ということは、水がもう半分しかない、と思う人はどうやら無駄な買い物をしてしまうらしい。。。

ここから、我が家のことになりますが、夫は前者、私は後者になります。つまり、心配性の夫と楽天的性格の私。。。

以前にも触れたことがありますが、夫の洋服箪笥、下着類の整理ダンスは私も物よりはるかに大きいのにかかわらず、びっしりと物で溢れかえっています。私はこれを〔夫はおしゃれで・・・〕と書きましたが、おしゃれというより心理学的に心配性、不安症ということになります。

私は箪笥の中はゆるゆるのほうが好きなので無駄に買い集めることはしません。一つ買ったら一つ処分します。だって、必要なら数分で手に入る世の中ですよ。。。

性格が違っていてつくづくよかったと思います。これが二人とも同じ心配性なら。。。おぉ、考えただけでも嫌ですねbearing

Img_2408_300x400

 

|

« 共感できる幸福論 | トップページ | キレやすい理由 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

私はご主人様と一緒ですね
もっと不安症かも知れません・・
半分なんてブルブル、一本の時点でもう一本追加します
気に入れば気に入るほど、これが無くなったら
と思うと、不安で不安で・・・
でも、言い訳をさせていただくと
私が小5の時母が心臓弁膜症で手術をすることに
どのような説明を受けたのか、全く記憶には無いのですが
自分の身近な人が、それも母親が死ぬかも知れない
と知った時のショックは正に「ガァ~ン!」でした
走り去る、タクシーの後窓から振り返る母の様子は
今も忘れることが出来ません
子供心に覚悟をしました(手術は無事でしたが)
それから結婚までの10年余り、外から帰ると
母が死んでいるかも知れないという、恐怖に怯え
ました(母もそう言って、脅してましたし)
何しろ小心者の私ですから、大きなショックに
耐えられないので、その時点から今まで何度
覚悟をしてきたことか・・・
反対に覚悟をして、自分から切り離してしまうので
物だとそれでもいいけれど、人の場合はやばいです
冷たいってことになるんですね、これがcoldsweats01

投稿: キャサリン | 2012年9月 6日 (木) 06時50分

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 職務経歴書の書き方 | 2012年9月 6日 (木) 09時54分

キャサリン様
では、そういうところを夫に頼り切って安心していられる私同様、貴女様のご主人は安心しておいででしょうね。。。両方が楽天的なのは考えもの〔爆〕

個人の育成過程で人格が形成されることもあるようで、キャサリンさんの深層心理はお母様のことが強く影響をうけていらっしゃる。
夫は深川で東京大空襲にあ遭い丸裸の状態で何とか生き延びたのが不安症心理になっていると思います。
普段は陽気な人間ですが、ものをため込むこむ一点にその心理が集約されているようです。

今から無理にご自分を変える必要はないと思いますよ。。。wink

投稿: おキヨ | 2012年9月 6日 (木) 10時23分

職務経歴書の書き方様
拙ブログをご覧頂きありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。m(__)m

投稿: おキヨ | 2012年9月 6日 (木) 10時27分

お金は欲しいけれども、お金持ちにはならなくてもいい。びみょー。(ToT)

投稿: 十三夜 | 2012年9月 6日 (木) 17時53分

十三夜様

ペットボトルの水をお金に置き換えて考えたのかな?
あと1万円しかないと悩む人もいれば、まだ一万円もある、と幸福な人もいるのです。
明日必要な1万円があればいいのよねwink

投稿: おキヨ | 2012年9月 7日 (金) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 共感できる幸福論 | トップページ | キレやすい理由 »