« 叱るという事 | トップページ | 対義語 »

実は繊細だったIさん

お向かいのIさんがお庭の草木に水やりをしていたので〔おばちゃん、しばらく顔をみなかった気がしたけど。。。〕と声をかけると〔そうだよ。寝てたんだもの。。。〕という返事。

元気もののおばちゃんが寝てた!?話をきくと、今年に入って町内の組長を任されたIさん、町内の方が亡くなり、慣れない世話役でてんてこ舞い。やっと落ち着いた頃にIさんのお兄さんが亡くなり、そちらでも主だったことをしなければならなかったそうで、心身くたくたになってしまったとか。。。そのうち体に蕁麻疹のようなものができ始めんこれが痒いのではなく痛い。。。食欲もなく体がだるいので極度のお医者嫌いのIさんもさすがに病院で診察を受けたところ、慣れないことで神経を使ったせいで心因性皮膚疾患になったというのです。

4人の子供を女手一つで育て上げ、普段てきぱきとしていて何事にも動じないタイプのように思っていたIさんが心因性の病気にかかるとは。。。

娘さんに言わせると〔おかあさんは見かけ倒し!これで結構気が小さいのよ。〕だそうで、お医者に行かなけれなならないようだと涙目になるとか。。。

誰にでも弱いところがあるんですね。。。

P1050933_480x319


0号  煮干し

|

« 叱るという事 | トップページ | 対義語 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

人は見た目ではなかなかわかんないですよね
やさしい人かと思いきや、陰で悪口を言ってたり
つっけんどんな言動をするからひどい人かと
思っていたら、イザというときかばってくれたり
これは自論なんですが、私は甲殻類タイプ
と言うのは、見た目は硬くって強そうに見えますが
中は弱い、反対に魚類は見た目は弱そうですが、
中には硬い骨が、そしてタコのような
表面も中も柔らかいが、弾力があってしなやか。
私は小心者で、ストレスにすこぶる弱いから
それをカバーするため(隠すためでもある)表面は強がる典型的な、弱い犬ほどよく吠えるって奴ですね
私もタコのように外も中も柔らかで、でも何か
あっても弾力のある人間でありたかったですね

投稿: キャサリン | 2012年9月 2日 (日) 08時35分

キャサリン様
甲殻類タイプ・・・なるほどねぇ、云い得て妙。そういう言い方もありましたか。
居ますね、甲殻類タイプ。
実は私もこのタイプに属するかも。自分ではそうは思わないのに周囲に特に若い人に煙たがられる。
ホントは気が弱くて結構うじうじしているのになぜか〔豪快な人〕bombイメージ。。。
声がでかいのと、断定的な物言いをする癖があるからだと思います。自分がものを云っている最中にも、〔いや、これは反論が出るかも・・・間違っているかも〕という気持ちとは関係なく断定的な言い方を。(~_~;)
しかし、いつの間にこういうタイプになったんだろう。。。と考えたら夫と暮らして渡り合っているうちにデス!bearing

投稿: おキヨ | 2012年9月 2日 (日) 12時26分

外から見た印象と本当の性質が違うことってよくありますよね。
私達の周りの人だけでなくて、例えば、
饒舌で賑やかなお笑い芸人さんが、
プライベートでは、非常に無口で内気な人だったりとか・・・
予想しない状況では、自分自身でも気付かなかったような
一面がふいに出でたりして、「あれ、自分ってこんなに
弱かったっけ」とか、逆に、「こんなに強かったんだ」・・・
なんて、意外に思ったりすることもあるものですね。

投稿: hanano | 2012年9月 2日 (日) 14時48分

hanano様
ありますねぇ、そういうこと。。。
ブログなどの印象もそういうことがあるでしょうね。

知り合いの方で、とても気さくで愛想がよくにぎやかな奥さんがある日一人でいるところを目撃し、ばかに沈んでいる風なのでよくよく聞いてみたら〔気疲れで。。。〕
そんなことなら大勢の前で愛想を振りまくことを止めればと思うのですが、ついそうしないでいられない衝動に駆られるとか。。despair

太宰治の小説にもそういう男が登場する作品がありますね。
人の内面はわかりにくいものですeye

投稿: おキヨ | 2012年9月 2日 (日) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 叱るという事 | トップページ | 対義語 »