« 対義語 | トップページ | 共感できる幸福論 »

デートの時の支払い今昔

○ アベックがそれぞれ支払う入館料 二百円ずつ接して置きぬ   栃木県 斎藤宏寿

新聞の文芸欄で見つけた短歌。作者はおそらく私と同年配かもしれません。デートの時の費用をすべて男性が当然として負う時代ならではの着眼のような気がします。それぞれが別々に、自分のものは自分で支払うことに違和感を感じるのでしょう。

自分のものは自分で支払うのは当たり前という今の考え方のほうが合理的なのです。デートしたからと言って相手が必ずしも親密な関係とは限らないでしょう。貸し借りを持ちたくない友人同士とか、偶然同じ映画館、美術館に来たかっただけだとか。。。

昭和30年代には若者だった私の時代は、たとへどんな仲にしろ、男女が行動を共にした場合、男が費用を持たなければならないムードがありました。男性が貧乏で、女性がお金持ちという組み合わせでもです。デートの時に、女性がお財布などを見せるのははしたない、という、女にとってはまことに都合の良いマナーがあったのです。smileただし、心ある女性は後で男性に恥をかかせないよう費用の返済をさりげない形でしたものです。

男はやせ我慢の時代でもあったのですね。

どちらの時代が好きかは、これをご覧の貴方しだい。。。happy01

Cocolog_oekaki_2009_10_18_00_19

クリムト〔接吻〕をお絵かきで模写

|

« 対義語 | トップページ | 共感できる幸福論 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!
 日差しが、ガンガンの東北です(我が家だけ?)
一昨日あたりから、夜過ごしやすくなってきました。
 でも~やはりクーラーに頼っております(´д`)

>クリムト〔接吻〕をお絵かきで模写
凄いです~ぅ!♫顔そっくり!
(そっくりだから・・・だけではない事、書いておきますね)
私好きな絵です!

あ~ラ話が、自分の分は、自分で払いたい・・・の人です。(男性には可愛くない?)
男の人でも自立した女性が、好きな人いますよね~

俺は男だーの人には、ちょっとだな!かもしれないワタクシ・・・・
 

投稿: nono | 2012年9月 4日 (火) 08時56分

この絵のことを何も知らないで、ずいぶん昔に
パズルで作りました、何しろパズル大好きなので
本物と全く一緒ですか?
私には本物より、こちらの絵の方が明るくて、
色合いがきれいなように思うのですが?
ところで、レジでの支払いは、断然割り勘よりは
一括の方がいいし、女性よりは男性の方がいい
という認識でしょうか、私の場合。
当然女性同士だと割り勘ですけどねcoldsweats01

投稿: キャサリン | 2012年9月 4日 (火) 09時38分

nono様
北埼玉周辺も朝夕はだいぶ涼しくなりましたよ。
仙台はもう日中も涼しくなっているのではと思いましたが、まだクーラーが必要なんですね。。。

この絵を数年前にPCのお絵かきで描いたのですが、操作が慣れなくて大変でしたcoldsweats01
日本人がクリムトを好むのは日本的な要素が多く潜んでいるせいかと思います。
ロマンチックだし。。。惹かれますよねlovely

私は男性に華を持たせたいタイプ。私の周りの男性も又その方がいいタイプが多かったでしたよgood

投稿: おキヨ | 2012年9月 4日 (火) 10時48分

キャサリン様

クリムトの〔接吻〕はあらゆるところに登場、利用される、知名度の高い名画ですね。
モナリザ同様パズルの題材の利用はよく解ります。

私は画集でしかみたことがないですから、この絵の本当の色がどんなだか知らないんです。画集や雑誌などは一つ一つ色が違いますからね。。。

割り勘・・・女性だけだとそれが当然ですよね。
男性が居ても大勢だと割り勘ですよね。

たまに太っ腹な男性が居れば〔ここは俺に任せてdash〕ということもありますが。。。happy01

投稿: おキヨ | 2012年9月 4日 (火) 11時02分

クリムトの模写がお見事!!、サスガです。(^0^)
金箔の部分が、ホントに金色に輝いて見えますね。

クリムトのこの名画、なんの予備知識もなしに見たとして、日本画として紹介されたら信じてしまいそう。(^ァ^)
なるほど、日本的な要素が潜んでいるんですね。

投稿: もとよし | 2012年9月 4日 (火) 22時00分

もとよし様
クリムト作品は日本画の技術を取り入れていることはよく知られていますね。
特にこの〔接吻〕という作品はクリムトの最も代表的な名画で、知名度はダ、ヴィンチのモナリザに匹敵します。

日本人の大好きな〔接吻〕お絵かきコーナーの雑な真似事でも楽しんでいただけるんですから、クリムトの威力は凄いですね。。。


投稿: おキヨ | 2012年9月 5日 (水) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対義語 | トップページ | 共感できる幸福論 »