« 別れはやはり切ない・・・(;O;) | トップページ | 実は繊細だったIさん »

叱るという事

親は子供を叱らなくなったし、上司が部下を叱らなくなった。たびたび新聞などにみる世の中の現象です。。。これは現在社会問題の焦点となっている〔いじめ〕にもつながることと思いますね。

なぜ叱ることをためらうのかというと、パワーハラスメントで訴えられたり、嫌われたりトラブルの素になるのだそうで、厄介だからというのです。親が子供を叱らないのもその方が楽だから。子供は未完成なのだから叱ることが山ほどあるというのに叱らない。。。親が叱り方を知らないということもあるのでしょう。

叱るということは、感情に任せて怒ることではなく、正しい行為、考え方を教えることです。

私はよく大型銭湯を利用しますが、こどもが公衆マナーを知らずに家の風呂のつもりで大騒ぎをしていても親が注意をしないのが目につきます。今日の投稿欄にもありましたが、投稿者は年配婦人で、子供とその親両方を叱ったというのです。これが正しい行為なのに、ともすると〔うるさい人〕位にしか思われない。。。

公衆マナーを教えなかったり、上司が部下を注意したり、叱ったりしないのは、みな〔自分可愛さ〕からでしょう。他人などのことはどうでもよい、自分が苦労せずに面倒なことのないようその日が終えればという無責任な考え、親は子供にやさしい親と思われていればいいのであって、子供が将来どんな人間になるかなど考えないから叱るべき時に叱らないのでしょう。

家庭で正しくしつけられなかった子供は、いじめを悪いことという認識が出来ないし、大人になり社会に出ても部下の叱り方も知らない人間になるのではないでしょうか。

よし!ここまで、書いたからには、私も風呂でマナー知らずの親子を叱る立派な婆さんになってやる!。。。とは思うのですが・・・根が気弱なもので体格の良い若い母親にぐっと睨まれでもしたらびびるだろうなぁ。。。happy02

P1050454_480x319_480x319

|

« 別れはやはり切ない・・・(;O;) | トップページ | 実は繊細だったIさん »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

おキヨさん、きょうの記事は育児中の私には耳の痛いお話です。まさに、叱らずして感情に任せて怒ってばかり。いつも反省しているのですが、時間がない・やることがいっぱい、で気持ちに余裕がないため怒ってばかり。┐(´д`)┌ ダメ母です。
先日、同級生15人で集まったときも今や部下を多数持つ世代になっているのになかなか叱れなくて困る、という話題がのぼりました。理由は今の若者は注意すると簡単に辞めてしまうからだそうです。イヤなら次、という発想なんでしょうかね。
この話題を持ち出した同級生は、この居酒屋で注文を取りにきた若い女の子にメニューのことで質問したら「わかる者に言っておきます」と返事をされひっかかったというところから話の端が発しました。
今の受け答えは大人としてあの女の子に注意すべきか、と言うのです。つまり、言葉遣いが変!
「係りの者に申し伝えます」が正しい言葉づかいでしょ?と言うのだけど、一言言ってからうるさい客と思われてサービスが悪くなってもどうかと思うし、でも日本の将来のためには正しい言語文化を継承しなきゃいけないし、云々と些細なことで議論しておりました。ちなみにこの彼は大学教授という立場にあったのにもかかわらず、若者の言動がひどく、もっと若いころから教育しなければいけない、とわざわざ教授を辞めて中学教師になったという変わり者です。

話がそれましたが、サービスが悪くなっても困る、という発想もすでに自分本位なものでしょう。この彼のように日本の未来を考えて、まずは自分の子供からしっかり「叱る」ことのできるように私自身の言動を見直さねばなりませんね。

投稿: エミーユ | 2012年9月 1日 (土) 10時10分

エミーユ様

貴女は子育て中の若いお母さんだったのですね。いささか一方的な私の記事を真面目に答えてくださってありがとうございます。
ご自分で駄目母とおっしゃっていますが、それはあらゆる方面からものをよく見て勉強されているからと思います。
今の時代は私が育った戦時中よりはある意味子供の教育には適さない時代なのではと思うことがあります。
日本人は何となく自信のない消極的な存在に思いませんか? 日本人一人ひとりのものの考え方に、あらゆる点で断固としたものが無いからだと思います。

居酒屋の女店員にしても、ただ働いた分のお給料さえ入ればいいわけで、誰にも教育を受けず、叱る上司もないのですから、おそらくそのまま。その女性が結婚して子供を持つ、結果は誰にでも予想できます。

ご友人は大学教授の地位を辞して、最も教育の必要な中学校の教育者におなりになった。。。こういう素晴らしい教育者がもっとたくさん欲しい今の教育事情ですね。彼は後々傑出した日本の教育者になるかもしれませんね。

人の輪というのは普通同レベルの考え方が人達が集まります。エミーユさんも、この広い視野を持った方を理解できる方でしょうから、お子様の教育は推して知るべし、ですね。。。good

投稿: おキヨ | 2012年9月 1日 (土) 11時28分

怒らず叱る・・・というのは、本当に難しいものですね。
それを受け止める側も、相手の気持ちをきちんと
理解するだけの心がなければ、伝わらない気もしますし。
組織では、今、ハラスメントに対しては過剰に敏感なようで、
ともすれば、「被害者だ!」と言った者の主張の方が
通りやすい風潮もなきにしもあらずですね。
正当な注意をして刺された・・・などというニュースが
報道されれば、公共の場できちんと叱ることに対して
二の足を踏んでしまう人がでてくるのもわかる気がします。
本当に難しい問題ですbearing

投稿: hanano | 2012年9月 1日 (土) 16時45分

hanano様

感情を抑えて叱るということは確かに難しいことですね。難しいことには訓練が必要だと思います。
いろんな習い事のサークルなどがありますが、いっそ〔我が子の叱り方教室〕など出来たならいいかと。。。flair
ハラスメント・・・おっしゃる通りで、加害者にされてしまうと大変なことになりかねません。やはり消極的にならざるをえないのでしょうか・・・。
世の中いろいろと複雑になってしまって、なにが正しいことかわかりにくくなりました。

でも、消極的な事なかれ主義で収めてしまう考え方は物事が良い方向へは向かないと思いますね。

投稿: おキヨ | 2012年9月 1日 (土) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別れはやはり切ない・・・(;O;) | トップページ | 実は繊細だったIさん »