« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

テレビのアナウンサーに物申す

民放のアナウンサーはさておいて、私が気になるのは国営テレビのアナウンサーの髪型。少しは知性を感じさせる髪型にしてもらいたいもの。N○Kの番組すべてを観ているわけではないのですが、たまに観るN○Kアナウンサーのヘアースタイルは、民放のおバカ番組に出てるねぇちゃんたちと何ら変わりがない。嘘でもいいから少しはNHKの誇りを感じさせる髪型と服装にして頂きたい。。。

なに、時代に沿ったファッションですと? 

H○Kは時代に沿わない旧いものも観ているのです。前髪を目のあたりまで下ろし、両端にだらりと細く垂らしたヘアースタイルはプライベートのときになさい!観ていて鬱陶しくてしょうがない。。。どんなインテリジェンスのある内容の話でもAKBなんとかという小娘たちのような髪型ではとてもそうは思えなくなります。

たとえばFテレビ朝のワイドショーの司会を務める菊川怜さん。私は別に彼女を好きとかファンとかというわけではないのですが、彼女のきりりとした髪型にはとても好感をもっています。。。

でも・・・お言葉だが婆さん、俺も旧い人間。あの髪型のアナウンサーを好きでN○Kを観てるんだ!勝手なことを云わんでくれ。。。という方が居たらどうしよう。。。coldsweats01

P1190569_480x319

F6号

旧い絵を手直ししました。

| | コメント (6)

ショック!閉店なの!?(;O;)

先週、新蕎麦を食べるつもりで軽井沢に出かけたのですが、途中で万座温泉に向かったためお蕎麦を食べることが出来ませんでした。で、天気の良い今日仕切り直しで新蕎麦、新蕎麦♪♪と軽井沢へ。。。

P1190463_480x319

P1190478_480x319

なんとも美しい秋色の浅間山 一応あちらこちらでクロッキーを数枚。。。art

P1190492_480x319

軽井沢でお蕎麦を食べるときはこの〔水音〕さんで。

あれ、お昼時だというのに車が一台もない!と思ったらなんと閉店の張り紙が。。。これはショックでした。営業不振とは思えなかったのですがどうしたことでしょう。2年前馴染の女将さんが引退したときも寂しい思いがしたのですが、まさか閉店になるとは思いもしなかった。。。weep

P1190493_480x319_480x319

看板の水車小屋も荒れ果てて。。。

仕方がないので、星野エリアにあるお蕎麦屋さんに行きました。P1190496_480x319

相変わらずの人出でお蕎麦屋さんも数人待ち・・・時間つぶしにお店を一回りしてなんとかお蕎麦にありつけましたが・・・お蕎麦は好みの味ではないdespair

P1190512_480x319_2

P1190517_480x319

街なかは紅葉まっさかりでしたが・・・

P1190526_480x319

旧碓氷峠はあと1~10日ぐらいでしょうか。。。

| | コメント (8)

フラメンコを観賞

昨日書きかけ途中消滅させた記事をあらためて更新します。

隣市の文化会館でフラメンコ公演があったので観てきました。昔はバレエやフラメンコのダンサーを絵のモデルにお願いすることがあり、公演のチケットをよく頂きましたが、最近は絵画専門のモデルを起用するのでバレエやフラメンコを観る機会がしばらくなかったのです。バレエはともかく、フラメンコのほうは好きなので今回は身銭を切ってチケットを購入bleahダンサーの一人が当地出身ということで、ごあいさつ程度の公演だろうと思っていたのですが、意に反してこれが実に素晴らしかったshine

女性2人と男性一人、3人のダンサーがそれぞれ各地にフラメンコ教室を持ち、指導、育成をされている、技術的にレベルの高い優れたキャリアの方々です。

それにも負けず劣らずの カンテ〔歌〕と奏者たち。。。カンタオールはまだ若い男性でしたがフラメンコ特有の、魂の底から響く、聞く者の心を揺さぶるような歌声には十分な迫力がありました。ヴァイオリン、ギター、ベース パッカーションの演奏家たちも、一人ひとり高いレベルの技術を感じました。私達はフラメンコといえばすぐに華やかな衣装の踊りを思いますが、実はこの歌と演奏があっての踊りなんだそうですね。。。

220pxflamencosevilla

画像は今回の公演とは関係ありません。

| | コメント (2)

悪意あるがごとき・・・(-_-メ)

年に数回やってしまいます。いくら注意して居ても。。。

せっかく書いた更新記事が、ここらで下書きに〔保存〕しようとクリックしたとたん消滅。。。こういうとき気を取り直して初めから書き直せる、という方おいででしょうか。。。私はもうダメ。カーっとしてパソコンに毒ついておわりにします。。。

今日は隣市でフラメンコ公演を観て、感激冷めやらぬうちにと書いたものがあっという間に消えてなくなりました。

PCが悪意を持って私の隙を狙っているとしか思えない。。。crying

P1190419_480x319

くちゃくちゃのポスターだけUPしますcoldsweats01

| | コメント (4)

近寄りがたい人(~_~;)

Aさんという私より一回り若い女性画家の知り合いがいます。Aさんと作品展やデッサン会で一緒になることがあるときなど、彼女の云うに言われない存在感にはるか年上の私、情けないことに妙に気圧された感じを抱いてしまうのです。despair

Aさんは縦横大きな身体におよそ女性らしくない色彩に乏しい服装をして、いつも他の女性たちのおしゃべりを黙って聞いて居ることが多いのですが、でもまったく話さないわけでもない。話の内容によって〔それはこういうことだと思う〕とか〔・・・とはいうけど、すこし違うんじゃないの?〕とか自分の意見を実に的確に無駄のない言葉で、ともすると鋭すぎる表現で他の女性たちが後に続く言葉を失ってしまうくらい。。。私の知り合いでは数少ない知性を感じさせる女性です。

具体的にどういうタイプかというと、Aさんを見るたび私が思うのは、昔テレビでよく観ていた〔ペリーメイスン〕や〔刑事アイアンサイドで主役を演じたレイモンドバーを一回り小ぶりにした女性版。。。といったら年配の方はおわかりでしょうか。。。eye

太っているのにデブじゃない、人を見透かすような大きな目、笑った顔を想像できない。威圧感があるなど。。。

こんな頼りがいのある女性と年齢を越えて友達になりたい気もしますが、たえず気おくれを感じていなければならないようじゃ嫌だな。。。sad

Images

レイモンド・バー

| | コメント (0)

筋違いの不満

今日はFデッサン会の日でした。発起人のIさんと私は30分は早く会場に行って場を整える仕事があります。皆さんがやってくるのは、開始時間すれすれ。。。そして支度を時間間際までガチャガチャ手間取っています。。。新しい方が増えているのでこれはまたミーティングの必要を感じます。貴方たちは上げ膳据え膳のお客様ではありません!poutと云えたらどんなにいいか。。。

10年一昔というけれど、時代が10年違うと、ものの考え方にだいぶ開きが生じますね。それとも土地柄かな。。。

総じて私の時代の人間は、何かを勉強する、人にものを教わる、という時に、ある種の緊張感を持って、多少早めにその場に着きそのモードに入ることを心掛けました。私より10年若いIさんは〔みんな、趣味の遊び半分で来てるんだから、そんな固いことを云ったら誰も来ませんよ〕という。そんなもんかな。。。despair

この人達、お昼休みなどには自分の行っている絵画教室の先生に対してはかなり辛辣な批判やら不満を云うから不思議です。最も多い不満は〔誰々には親切でも私はあまり教えてもらえない〕ですね。

おそらく絵画教室では美校を目指す若い人や中央画壇に入選したいレベルの高い人との比較だと思います。

指導者に熱心に指導して貰いたかったら、それなりの努力をしないと、ということはわかっていない連中ですね。

私もそのうち言われかねない・・・crying

P1190403_480x319

P1190404_480x319


今日は裸婦クロッキーでした。

| | コメント (2)

我が愛しき男たち

昨日に続きさらに前の昔ばなし。。。

私の最初の男友達は、物心の着いた頃にはすでに仲良しだった近所の床屋のイクちゃん。この子とは小学校もクラスメートでした。育ちゃんは成績優秀で小学校時代ずっと級長〔学級委員長〕を務めるほどでしたが、実は家では大変な甘えん坊。その秘密を知っているのは私だけでした。

小学校時代もう一人忘れられない男の子はタケヒロ君。早生まれで入学したせいで皆より一回り小さく、ぼんやりした私をたえずかばってくれました。弱いものをかばう漢気はタケヒロ君本来の気質だと思うのですが、ひとつは彼の父親と私の父は飲み仲間ということもあったのでしょう。

でも、実はこの二人の男の子たちより、はるかに魅力的な男性は橋のたもとの下駄屋のおじさん。まだ日本人の履き物は下駄が一般的だったころ、我が家のように大人数だと、頻繁に下駄の修理にいくので、使い走りに適した年齢の私がよく修理の必要な家族の下駄をもって下駄屋さんに行きました。

店先に胡坐をかいて下駄を修理するおじさんは入道のような大男。特にその布袋様のようなお腹が私には珍しく、〔オジサン、今日もくしゃみをしますように・・・〕と密かに願ったものでした。彼の鮮やかな仕事ぶりもたいそう魅力的なものでしたが、くしゃみをした際の波うつ太鼓腹の魅力にはかないません。彼が連続でくしゃみをした日などは特別サービスを受けた気になりました。私はいつもオジサンのくしゃみを今か今かと待ち望みましたが、くしゃみのない日はなんだかとても損をしたような気がして帰ったものです。

私の懐かしい二人の男友達は、私に何の断りもなく早々にあの世に旅立ってしまいました。下駄屋の伯父さんは靴の時代到来となる頃、お店と共にどこかに消えてしまいました。。。

Photo

| | コメント (4)

私の〔三丁目の夕日〕

昨日、今日2日にわたり映画〔三丁目の夕日〕をBSプレミアムで観ていました。昭和三〇年代、東京下町の人々の飾り気のない暮らしを、ユーモアーとペーソスをまじえた、見ようによっては他愛ないドタバタ作品ですが、上映された時には大ヒットしたようです。たしかにこの時代を過ごした人にとってはいやがうえにもノスタルジックを感ぜずにはいられない要素がふんだんにこめられた映画で、この当時上京していた私にとっても懐かしいものでした。

私がある職業の資格を得るや否やすぐさま上京して最初に住んだのは両国国技館裏でした。この周辺も両国一丁目、二丁目、といった地名だったように思います。憧れの東京に住んだというのに、周辺は若い女の子が楽しめる処などなにひとつなく、両国駅近くにある小汚い喫茶店に行くだけが関の山。生涯で最も地味な暮らしをした時代ですsad

その代り、当時の人気力士を直にまのあたりにしたものです。大鵬柏戸、栃ノ海、鏡里 千代の山、大内山など当代人気力士を出げいこの帰りなどに見かけたり、部屋の前を通る時に見かけたり。。。北の冨士〔現九重親方の師匠〕は当時16,7歳ぐらいだったでしょうか、〔相撲は辛いよ~wink〕と女の子の気をひくようなそぶりを見せて通ることも。。。特異な容貌をした大内山が窓辺で涼んでいる姿はかなり強烈でしたsmile 松登という、当時の相撲通ならよくご存じのおっちゃんが隣人でした。

つい懐かしく、いま両国周辺の地図をPCで見たところ何が何だかわからない。あれほどあった相撲部屋も少なくなったようですね。勤め先から住処に帰るには回向院を通り、裏木戸をあけるのが最短距離でした。あの裏木戸が懐かしい。。。

何のことはない、自分だけ懐かしがって終わる記事になっちゃった。。。bleah

Photo

当時大人気の大鵬もボール遊びに興じている姿は初々しい少年でした。

| | コメント (2)

無駄を省く知恵を!

一時期蔓延していた、コンビニやスーパーの店員さんたちが使う〔千円から預かりかりします〕を最近聞かなくなった、と新聞の小欄に書いてありました。そういえばいつの間にかその奇妙な言い方を聞かなくなったような気がします。

世知辛い世の中、少しでも感じの良い接客でお客の確保を狙うオーナーの指導が行き渡ってのことだそうです。なら初めからそういう指導が出来そうなのにと、私などは思ってしまうのですが。。。

また同じ欄に書店で〔カバーをおつけしてもよろしいでしょうか〕など矢鱈霊丁寧な言葉で客に許可を求める風潮があるが〔おつけしますか〕で充分ではないかと書いてあります。

私も同じ意見。言葉の無駄、ものの無駄がなんと多いこと!

一例として本にカバーは必要ですかね。私個人はあれほど無駄なことをするのは日本人だけではないかと思うのですが、海外の書店をご存じの方いかがでしょう。。。

カバーを必要な人には申し出るようあらかじめ展示しておけばいいことで、私のように、買った本の装飾一切を煩わしく感じて本体以外のものはみんなゴミ箱へ捨ててしまうものもいます。そんな人間に更なるゴミを追加するなどサービスどころか迷惑以外のなにものでもない。。。という偏屈人間も居ることゆえそこんとこよろしく・・・〔奇妙な言い回しをする年寄りにもいます。。。coldsweats01

P1190387_480x319


浅間山 SM

| | コメント (7)

清潔好きの男

昔、はじめてマイカーを持った男が、車を大事にするあまり、他人を乗せることを嫌い、やむなく乗せなければならない場合には靴を脱がされるということありませんでしたか?

先日買ってきた佐野洋子のエッセー集の中にそういう話が出てきたので、ふとある男性を思い出してしまいました。

私が30代の頃の話です。絵仲間のS君、ことマイカーに関しては異常なほど気の使いよう。写生に行くときに、数台の車に便乗して出かけるときなどS君の車には誰も乘りたがりません。たばこは禁止、靴はスリッパに履き替えなければならないからです。それ以外には特に潔癖というふうはなくごく普通の善良な青年なのですが。。。

S君は当時、仲間のK子という宮崎あおいちゃんにちょっと似た20代前半の女性に恋していて、彼女と仲の良かった私に打ち明けました。つまり自分の胸の内を私からK子に伝えてもらいたかった。。。delicious

K子に話したところ、〔嫌だ!車に乗るときいちいち靴を脱がなければならないようなミミッチイ男。。。〕と ま、当然の答え。S君は決してミミッチイことなどなく、私とk子をよくあちこち食事や飲みに誘ったりしました。K子は彼のただ一点〔車に乗るとき靴を脱がされること〕だけを嫌ったのです。女なら誰でもそうだということまで、S君は女性に詳しくなかったんですね。。。

K子は2人の子持ちの立派なおばさんになりましたが、S君は60代の独身のまま。

あの奇妙な癖さえなかったなら。。。happy01

P1190392_480x319


今日はデッサン会がありました。 15分ポーズ

P1190397_480x319

こちらは1分ポーズ 動きを素早く捉える演習です。

| | コメント (6)

女性に哲学者は居ない不思議

私はものを考えたりするとき、〔それが重要なこと、つまらぬこといかんに関わらず〕なにかをしながら考えます。出品しなければならない絵の構図を考えることから~明日何を着て出かけように至るまでなにかを考えたり思ったりするとき、何もしないまま、そのことだけをひたすら考える、ということはありません。私は人はみなそうだと思っていたのですが。。。

ある日、夫に用事があり、彼の部屋に行くと、窓辺に向かいぼ~っとしているので〔なにしてるのsign02〕というと〔考えごと。〕という返事。

今まで、よく、テレビを見ながら、本を読みながら、または趣味の猫のこけし造りの途中で居眠りをしているのは何度も目撃していますが、窓辺でぼ~っとしているのを見るのは珍しい。

〔へぇ~!私はものを考えるときなにかをしながらのほうが考え事に集中できる。〕というと〔あんたの考え事はその程度のものだから。。。〕とのたもうた。pout

そういえば、子供の頃、海をぼ~っと何時間でも眺めていたのはお爺さんばかりで、そんなお婆さんは見たことがなく、お婆さんは大概井戸端会議だったような。。。

〔だから女にはソクラテスやプラトンのような哲学者は出ないんだ。〕と次なる言葉。。。

エラそうに。。。punch さよか、でも女はソクラテスになれずとも、〔ソクラテスの妻〕には誰でもなれるのだ!

お若い方の為に。。。ソクラテスの妻というのは悪妻の代名詞のような女性smile

250pxthe_thinker_rodin


ロダン〔考える人〕

| | コメント (2)

どなたさまで?(-_-;)

馴染の和風レストランで頼んだものが運ばれてくるのを待っていると、私と同年配の品の良い婦人が化粧室からの帰り、私の席に前で立ち止まり、いかにも親しげな笑顔をみせてお辞儀をし、おまけに仏様でも拝むような仕草で両手を合わせました。〔sign02 〕とは思いましたが、自身の最近とみに人様の顔が覚えられないのを自覚していますので、〔こんばんは。今日はこちらでお食事ですかdelicious〕とうまく調子だけを合わせました。

さて、誰だったのだろう〔絵画サークルのメンバーかな?大型浴場で一緒になる方?〕と考えながら出口でお会計を済ませる夫を待っていると、例の婦人がご家族と出ていらして、〔先ほどは失礼しました。私、知人と勘違いしてしまって。。。〕

なんだ、そうだったのか。あの仏様を拝むような仕草は、一旦親しげに笑いかけたものの、知人と別人と気付き〔ごめんなさいcoldsweats01〕の意味だったんですね。。。

そうとわかったら私のカラ愛想、きまりわるいじゃないか!〔怒!〕

P1190381_480x319

F6号  

| | コメント (4)

サノラーになる!

なに、ハルキストですとsign02 村上春樹ファンのことだそうで、今回、氏のノーベル賞受賞なるかで巷では大いに盛り上がったところ、中国作家に持っていかれ、ハルキストの皆さんは相当にがっかりなさったようで。。。

〔1q48〕が大評判になるまで、私は画家の村上隆は知っていても、小説家の村上春樹は知らなかった。。。と思っていたところ書棚に〔ノルウエーの森〕〔海辺のカフカ〕などがあったので驚きました。作家名を気にせず書店の店頭に並んでいるのを買う事が多いせいです。しかし、著書の内容が自分の好みだったなら作家を確かめるはずなのに・・・?年代的に胸に響くものが無かったかもしれませんね。。。

私の胸にずんずん響く作家となると2年前乳がんの為他界された佐野洋子氏。。。

おこがましいことを承知で書くと、作家とは多々共通点があって、

まず、年齢がひとつ違い、田舎のミッションスクール卒、 大勢の兄妹 母親との確執 などなど。。。何にもまして〔そこまで書くか(lll゚Д゚)〕と思うほどのあけっぴろげな性格が好きでしたね。。。氏は武蔵野美大卒なので、私が親さえ許してくれていたのなら、美大で佐野氏と遭っている可能性もあった、lovely などと夢想するほどその闊達な文章のフアンなのです。

村上春樹のファンが〔ハルキスト〕なら私はさしずめ〔サノラー〕でしょう!

P1190377_480x319

佐野洋子の痛快なエッセー集をハンドバック用に。。。notes

他、はじめて韓国の作家の本を買いました。隣に中国のノーベル賞作家 莫言氏の著書が並んでいましたが、ルオーの絵の表紙に軍配があがる。。。delicious

| | コメント (0)

パン屋さんの記憶力\(◎o◎)/!

私の夫は思ったことをそのまま口にする人間、これはもう幾度も〔困った人、恥ずかしい思いをさせられる人〕として当ブログで紹介済みです。が、その余計な口がもとでたまには意外な出来事も・・・♪

わが夫婦が上信越道を走るとき最初に休息するのはきまって横川SA。東京方面から長野の観光地へ行くにはこのSAは程よい休憩場所らしく、大概観光バスや大勢のマイカーで駐車場が一杯、店内も賑やかなことが多いですね。。。

昨年、このSA店内に、小さなパン屋さんが出来ました。今年の春にこのパン屋さんでパンを買ったとき、夫が突然〔やぁ、何とも素敵なユニホームだね。ご主人、色の組み合わせがとてもいいよ。〕と例によって思ったことを口に出しました。私はパンしか見てなくて、店主と思われる老年の男性のユニホームまで気が付きませんでしたが、言われてみると、なるほどしゃれたベレーー帽、首に巻いたチーフとエプロンが、シブいグリーンと臙脂の組み合わせで、すらりと背の高い店主によく似合っています。無駄口が得意ではなさそうな店主、それでも照れたような笑顔で〔ありがとうございますdelicious

。。。とこれは半年も前の出来事。

昨日も横川SAに立ち寄り、〔ここのアップルパイ美味しかったよね。〕とアップルパイを買おうとパン屋さんに寄りました。と例の店主、夫の姿をみるや〔あ、お客さん、又お逢いしましたね。〕と。。。毎日毎日大勢の客に接しているこの老年のパン屋さんは、半年前わずかに言葉を交わした平凡な老人を覚えていたのには驚かされました。

〔わぁ、すごい!!。ご主人、記憶力がいいですねぇ!〕というと〔少しでも会話を交わした方は結構覚えているほうです〕とちょっと得以顔。

おもうに、パン屋さんではパンを買うだけ、が普通で、夫のように余計な口を利く人間は珍しいということなのでしょうしょう。

P1190276_480x319


横川SA

P1190274_480x319

| | コメント (4)

露天風呂にて♪

万座温泉では、天空の風景がご自慢であるPホテルで日帰り入浴を楽しみました。露天風呂にいくと私と同年代の先客が4名。軽く会釈しながら、目の前に広がる自然美を堪能するため彼女らと並んで湯にひたりました。が、なにやら看板のようなものや、木の枝ですっきりした風景が見渡せない。。。think

そこへ50年配の若いオバちゃんが二人入ってきて、〔あら~、ちょっとこの樹がじゃまね~〕などと不満そう。すると先客の女性たちが〔向こうなら景色はよく見えますよ。混浴だけど。。。〕〔え、向こうへ行けるの?なら行ってみたい。。。〕〔あら、混浴用のバスタオル借りてこなかったの?〕〔それならこのバスタオルを貸してあげる〕と若いオバちゃんたちの身体に年配の女性達がタオルを巻きつけてあげます。〔ちょっと勇気がいるわね〕などとはしゃぐ二人に一人の女性が〔向こうに女好きの爺さんが居るはずだから、気をつけて行ってきてね〕というので私も〔うちのお爺も。。。〕と思わず声をかけたのでお風呂は爆笑の渦。。。

しばらくして混浴風呂に出かけた二人が戻ってきて〔こっちと全然違う!風景は隅々見えるし、お風呂の色が濃い。。。〕というので、〔お風呂が違うんだったら行ってみたい〕と私。。。

〔そうよ、せっかく来たんだもの、向こうの風呂に入らなきゃ損よ〕と今度は同じバスタオルを私に巻きつけてくれました。

ドアを開けて向こうへ行くと、なるほど万座の全貌が目の前に。。。それと湯が牛乳でも流したように白い。。。夫はすでに上がったらしく姿が無いので、ゆったりと温泉;風景を楽しめました。

しかしなんですねぇ、外に居ても元気なのはいつでも女たち。混浴場でみた男たちはみな静かに、大人しく、互いに言葉を交わすでもなくそれぞれ風景を眺めているだけでした。smile

ちょっとはしたない記事になりましたか?coldsweats01

P1190341_480x319

P1190340_480x319

紅葉はあと4,5日でしょうか。。。

| | コメント (2)

紅葉の下見 軽井沢~万座

一週間前 姪夫婦にドライブを躱されてしまった夫、お天気の定まったこの頃遠出をしたくて仕方がない様子。しきりに〔もう軽井沢あたりは結構色づいたと思うよ。新蕎麦もでているころだし。。。〕と誘うので、ここのところアトリエに居ずっぱりの私も気分転換にと思い夫に同意しました。



P1190291_480x319

軽井沢はぼつぼつ紅葉の始まりというところ。。。

P1190296_480x319


浅間山 万山望付近

P1190307_480x319


鬼押し出し〔浅間山噴火跡〕を素通りして・・・

P1190333_480x319


万座へ。 

P1190335_480x319

標高1800m の万座温泉は紅葉が始まっています。

P1190338_480x319


万座はスキーのメッカ。今月末には雪が降りはじめるとか。。。

P1190346_480x319

日帰り入浴で万座の湯を堪能♪ 上質な温泉でしたdelicious

P1190353_480x319

P1190356_480x319


草津白根

P1190366_480x319

P1190369_480x319


嬬恋のキャベツ畑 

と、まぁ 久しぶりのドライブの走行300キロ。これで夫ももだいぶ気が晴れたでしょう。。。happy01

| | コメント (2)

夏木マリさん

2日前の朝、BSNHKの再放送〔旅のチカラ 魂で踊る いのちを踊る〕を観ました。女優夏木マリが敬愛してやまない世界的な振付師、演出家の ビナ・バウシュの故郷 西ドイツ ヴッバタールを訪ねる旅です。

2004年に亡くなったビナの高弟であるサスポータス氏のもとで、他のダンサーたちに交じり、コンテンポラリーダンスに挑む60代の夏木のしなやかな体に驚かされました。

デビュー当時、セクシー路線で活躍していたころにはそれだけの歌手、女優かと思ったのですが、年と共に磨きのかかった素敵な女優になっています。人間的にも豊かな内面と幅の広いアーチストだということがわかりました。

それにもまして、夏木マリさん、日本人には少ない顔の骨格が好いですね。彼女の顔がアップになった時イメージスケッチをし、あとでキャンバスにざっと絵の具を置いたのがこれ↓

P1190263_480x319_2

夏木マリそっくりに描くつもりはなく、ただ彼女のダイナミックな顔の造作をお借りしただけ。

若い女性の顔はつるりとしていて綺麗だけど凹凸がはっきりせず描いて面白みがないんですね。

さてこれがどのように変化するか・・・次回のUPが無かったら失敗したとお思いください。bleah

| | コメント (0)

エゴイズムに支配される

近隣トラブルが増えているそうです。今朝の新聞に〔恨み募った末・・・〕という見出しで10日に起こった世田谷女性殺人の記事がこの事件のいきさつを詳しく書いてあります。

犯行に及んだ男性は元警察官で性格は礼儀正しく温厚という人物。日本刀で刺された女性は野良猫を可愛がる優しい心の持ち主。

この組み合わせでどうしてトラブルになってしまうのでしょう。。。と思うのですが、実は最も悪い組み合わせのようなんですね。

人間は自分を〔〕と一人称でいう限りエゴイズムを持つことになるそうです。つまり誰もがエゴイズムに支配される可能性を持っている、ということです。この男性は人を正す、警察官という立派な職業を全うした人物。何事も無ければ温厚な人柄なのに、一旦相手が自分の意に反するとなると、自分の主張が100%になってしまい、他人の気持ち、感情などを推し量るに至らなくなる。。。正義感の強い人にありがちです。〔相手が憎い〕という感情に四六時中悩まされた10年間は地獄だったでしょう。。。

この不幸な隣人同士は 自分の判断を他人の悟性理性、判断力,感性に照らして吟味してみることを無用とする・・・という考えかただったようです。

エゴイズムのパーセンテージが高いどうしがぶつかり合うと、今回のように、自分の命と引き換えにしてまでも相手を抹殺する行為でてしまう。誰もが起こしうる事件だとおもいます。自分のエゴイズムのパーセンテージを考える必要がありますね。think

275pxcat03

猫ちゃんがトラブルの元だったようです。

| | コメント (6)

筋肉隆々(#^.^#)

昨日ちょっと首が張るなと思っていたら、今朝になって首から右肩が痛い。ちょっとした動作で運動不足の筋肉がへこたれてしまうんですね。かっては年寄り臭いからこれだけはやるまい、と自身に誓っていた市販の湿布薬を肩に貼る羽目に。。。bearing

己が肩に湿布を貼りながら思うのですが。。。これが年よりらしからぬきちっとした筋肉の付きsmile

私は股関節症の障害があることはたびたび記しています。私と同じ障害をお持ちの方はお判りと思うのですが、脚をかばうため、椅子や床から立ち上がるときまど自然腕に力が入ります。これが日常化すると結構肩や腕に筋肉がつくのです。3年ほど前まで毎日プールで泳いでいたので、水泳を止めた現在も肩の筋肉は落ちないのはそのせいです。脚がダメなら腕があるさ、ってところscissors

お婆の筋肉隆々って自慢になります?なに、不気味なだけ?なんでも自慢すりゃいいってもんじゃない・・・て? さいですか。。。happy02

P1190252_480x319

F8号

普段肖像画的なものは描かないのですが必要にせまられて

描いています。髪がまだ明るすぎますね。

| | コメント (6)

裸婦デッサンは何歳から?

今日のY新聞人生案内は〔息子が描いた裸婦像に衝撃〕というタイトルでした。

投稿者の息子さんは美術大学を目指す高校2年生。このお母さん、息子さんの描いた絵の中に女性の裸があったのでかなりショックを受けそれまでは〔可愛い、いい子ちゃん〕と言っていた息子さんの顔をまともに見られないとか。。。

長年裸婦デッサンの勉強を続けてきた私、この記事には考えさせられました。

件の男子は高校2年なので美大の受験勉強でデッサンは出来るだけ多くしなければなりません。普通、石膏デッサンで勉強するのですが、絵画教室のデッサン会に出向けば裸婦デッサンを勉強できます。裸婦デッサンを経験するのとしないのとでは受験の時に大きな差があるのではないでしょうか。

デッサン会というのは独特の雰囲気があって、その場に入ればどんな人でも雑念など消し飛んでしまうはずです。描くこと以外ほとんど何も考える余裕などなく、いかに対象を忠実に捉えること以外念頭にない、ということをこのお母さんは知るべきですね。

ですから、ご自分の〔可愛子ちゃん〕がご心配なら、画材をもって息子さんとデッサンの勉強をすれば悩みの解決になると思うのです。

う~ん、私のデッサン会に来ていた20才位の純真そうな青年がこの頃見えないのは、このような母親のせいかも。。。bearing

P1190248_480x319

裸婦習作

でも、よく考えたらこの相談者の考え方が一般的かもしれないですね。。。think

| | コメント (4)

あの日にかえりたい

○ 少年のような食欲戻らぬか 夜の桃ようやく食いおわりたり   横浜市 本多豊明

読売歌壇の優秀作品に選ばれた短歌です。

作者は少年時代は健康な食欲を持っていたことを懐かしんでいますが、私の場合、昔から食欲は淡泊でしたので、高齢でさらに食欲が落ちるとなると健康上に問題が生じる恐れがあるので切実です。

そんな私でも、高校時代は人並みの食欲があったことを思い出しました。お昼になると食堂にパン屋さんがきてコッペパンを販売するのですが、これが大変に美味しい。私はいつもジャムパンを一個買い、お弁当を食べた後すぐにも食べられたものですから、今思うと立派な食欲だったと思います。でもクラスメートは2個食べていましたよ。。。

あぁ、あの日に返ってあのパン屋さんのコッペパンが食べたい!あれは本当に美味しかった・・・と思い、町に出たとき、美味しいと評判のパン屋さんでジャムをはさんだコッペパンを買うのですが、何も食べていない状態でも半分しか食べられないですね。。。bearing

では鶴のように痩せ細っている?とお思いでしょうが、これが不思議。見た目ごくごく普通なんです。

いつだったか、テレビで観ていましたが、〔食べていないのにどんどん太る〕という肥満体の女性を室内の隠しカメラで観ていたところ、これが結構なつまみ食いeye 太る原因が判明しました。

私も食欲がないと言っておきながら、痩せもしないのはおそらくこのバージョンでしょう。。。smile

P1190242_480x319

F6号 服の色を少し落とさないと(^^ゞ

| | コメント (2)

末恐ろしい !(^^)!

我が子を虐待死させるニュースがもう珍しくなく思うような頻度で起こっています。おおかたの原因は大人になり切れないまま子の親となってしまうからでしょう。

これは養育義務のある人間と養護される人間というものではなく、力の強い大きな子供と無力な子供の組み合わせに等しいと思います。また社会の仕組みも複雑になって、子育ても容易なことではなく、心理的に追い詰められるなども要因の一つかもしれませんね。。。

そんななか、先日大型銭湯の脱衣場で、若い母親と3歳位になる女の子との異様な光景をみてしまいました。

女の子は何か不満でもあるのでしょう、大きな声で泣きわめいているのですが、これがただ事ではなく、激しく母親を罵りながら泣いているのです。そのすさまじさに周りがあっけにとらわれるくらい。。。大人だって泣きながらあれほどはしゃべることが出来ません。その間母親がわずかに口を挿むのがやっと。。。すぐに子供の罵り声が被さって母親の諭す声が消され、子供は泣きながらも母親の10倍の言葉を矢のように放っています。

まだ生まれて2年か3年の子ですよ。こんなに能弁に言葉を発するものでしょうか。。。幼児が泣きながら言う言葉ですから意味はよく聞き取れませんでした。

私は子供を持たなかったのでよく解りませんが、こういう事ってざらにあることですか?〔うちの子もそうです!〕というお母さんいらっしゃいます?

子供の養育に自信のないことが原因でしょうが、つい若い母親に同情してしまいましたね。。。

P1190244_480x319

ほったらかしにしていた桜の頃の妙義に手を入れてみました。

| | コメント (2)

虚栄心をくすぐる商法

〔誰でも他人の虚栄心を嗤う。しかし自分の虚栄心を嗤うほどの余裕はない〕というように、虚栄心はその強弱の差はあってもすべての人が持っているものと考えていいようです。

その虚栄心を巧みに操る商法、というのが、美術出版会社。もちろん信用のおける有名出版社はありますが、ほとんど悪徳商法ではないかというような出版社のなんと多いことか。。。

彼らのターゲットは、田舎に住む〔芸術家になりたい、またはなりたかった〕老人たちが主で恥ずかしながら。私もその一人。。。

P1190236_480x319

画壇を脱会したのだからもう出版社からは電話や印刷物がのないだろうと思っていたらとんでもない、ますます頻繁に来るようになりました。それがほとんどあやしげな会社ばかり。

電話なら〔こちら、明日もおぼつかない貧乏暮らしなので、費用の掛かる話なら一切お断りですよpunch〕と電話を切ることが出来ますが、印刷物は勝手に舞い込んできます。高い出版料振り込み用紙付きで。。。

この出版会社が潰れもせずに続いているということは〔お客さん〕が引きも切らずに居るということです。たまに自社の雑誌を同封してくるので観るとこれがひどい!こういってはなんですが、ほとんどど素人の絵を法外な料金で雑誌に掲載するんですね。。。

絵画団体に一般公募で入選した人には気をつけるようお達しがあるのですが、虚栄心というのは厄介なもの、それでも甘い話に乗せられてしまいます。印刷された自分の絵は、その代償としては高すぎる、とは感じないほど虚栄心を満足させるようです。

田舎で絵画に親しむ大金、小金持ちの皆さま、また絵画団体維持のため、力量関係なく資金集めで投入された方にご注意申し上げますが、〔○○先生、素晴らしい先生のお作品を芸術評論家の○○先生が大変褒めておられました。つきましてはぜひ当社の雑誌に先生の絵を掲載お願いしたく。。。〕という言葉に惑わされることの無いよう。。。

なに、余計なお世話!?Σ(゚□゚(゚□゚*) 貧乏人のやっかみと!?∑(=゚ω゚=;)

ならかってにせい!!

| | コメント (2)

ちょっとばかり羨ましい('_')

今日夫の姪夫妻が我が家へやってきました。

姪のTは以前に幾度か我が家にきていますが、彼女の夫の訪問は今回が初めて。私の夫は先日実家へ行ったときに彼とはあっています。

回りくどい言い方をしましたが、姪は10年ほど前に再婚、その間私はこの二人に逢っていないのです。

聞いては居ましたが、姪の夫の若さには正直驚いてしまって、どう反応したらよいか( Д) ゚ ゚Tちゃんは今年70歳、夫は55歳という年齢差カップル。。。Tが60歳の時に45歳の彼と結婚したことになります。どうやってsign02eye と聞きたいところでしたが、はじめて顔を合わす人にはあまりにもぶしつけなので思いとどまりましたcoldsweats01

先日も書きましたが、夫がマイカーで彼らをドライブに連れ出したかったようですが、Tが〔車酔いがする、おしっこが近い〕などで拒否。実は81歳になる伯父の車に乗りたくないのが本音。私も〔今日は何処へ行っても渋滞に巻き込まれるから出かけるのはよした方がいい〕と彼女を養護しました。

で、結局我が家で雑談、近くの和食レストランで会食をしただけでT夫妻は帰りました。

いいなぁ、Tちゃんの夫のあの若さ。。。彼女の老後は若い夫が居て安心です。出来ることならわが夫婦も、この精悍さの残っているTの夫に頼りたい気持ち。。。

☆ 都合により画像削除

| | コメント (4)

敬語を使う若者急増?

意外といえば若い人に失礼ですね。今、言葉遣いに気を遣っている若い人が増えていて、年代別では16~19歳の前回の調査の57・8%から83%も増えたということです。その上〔汚い言葉や下品な言葉も使わない〕も16・4%から51・8%にも上昇とか。。。へぇ~、ちっとも気が付かなかった。。。

そういえば、こころなし、若い人たちの服装もまともになったような気がする。。。2、3年前よく見かけたジーパンからお尻を半分みせて歩く若者が見当たらなくなったし、寝巻のようなジャージの裾を引きずりながら買い物をしている子も少なくなったように思います。

社会が気を遣う雰囲気になっているせいだとか。。。服装や言葉遣いを正さないと世の中に受け入れてもらえない、つまり仕事に就けないということなのでしょうか。となるとなんだか可哀そう。。。

礼儀正しくなるのは結構なことですが、若い人たちがますます、こじんまりして活気のない人間性になってはしまいか。。。

言葉遣いに気を遣うのはいいのですが、言葉の意味の取り違えが多いそうです。

え~と・・・こちらの方はお恥ずかしいことに自分が心もとないので若い人のことはとやかく言えません。 

心もとない・・・使い方あってます?coldsweats01

62c99ab8

だらしない人・・・キアヌ・リーブス ですhappy01

| | コメント (6)

友情の定義

私は拙ブログでたびたび〔親友と呼べる者は一人としていない〕〔友達は鬱陶しいもの〕などと偏屈なことを書いてきました。

これはどうやら私の生育環境に根差したものではないかと思うのです。

大勢の家庭環境で育った私、すでに人間関係の複雑さ煩わしさを家庭内で知ってしまった・bearing 成人して実家を離れ反動的に一人の清々しさ、自由さがどれほど心地よいものかを知ったのです。

親友はあるが、真友はない〕と昔の偉い人物がいったそうですが、友情とか親友などと言うものは実態が無い不確かなもの、恋愛と似たようなものではないでしょうか。

かろうじて友人と呼べるのは、昨日ちょっと書いたFさん。

しかしこの男、こちらからメールなどで様子を覗っても死んだように応答がないことがままあります。そうかと思うと〔友人と呼べるのは貴女しか居ない〕などと歯が浮くようなメールが入ることも。。。punch ま、酔っ払って打ったメールだと思うのですが、この異常に間延びした連絡の取り合いが私には程いいんですね。

友情とは二つの人格が相互に等しい愛と尊敬によって一つに結びつくものである

これは、カントの言葉ですが、そんなこと滅多にありませんよ。ですから軽々しく〔親友〕とか〔友情〕などと言う言葉を使うべからず、と私は思うんです。

まあまあ友人として達しえたのは・・・夫だけかな。smileこれとて一筋縄ではいかない友情ですけどね。

417bstrhb4l__sl160_

| | コメント (12)

肉体の美は最高の特典

肉体の美しさは最高の特典、有史以来どの国の民族も事実そうだと認めざるを得ないのではないでしょうか。。。これも読書からの受け売りですが、私もそう思います。

他の優れた才能を持った人間でも、ともすると肉体の美が備わったものに平伏する場合もあるのです。〔それによって気に入られること以外に私達は何を求めるのだろう〕といったのは17歳の小娘だったフランソワーズ・サガン。いかにも当時のサガンの発言で、軽薄ながら率直ですね。。。

私が今でも連絡を取り合っている古くからの友人Fは60代後半になる男性ですが、おそらく生涯独身を貫くでしょう。 彼は絵の才能もあり、知性豊かで人柄もよいのですが、はっきりもうして〔風采の上がらない男〕 それ故に、私が東京に出向いた時の長年の危なげない飲み友達で居られたということもあります。bleah

私は失礼ながら、Fさんは自分の容姿に自信が持てず、ついつい結婚のチャンスを逃したのだろうと勝手な想像をしていたのですが、それが少しばかり違うことがわかりました。

彼は男性の常で、美しく、優しく 賢い女性でなければ結婚したくはなかったんですね。私は浅はかにも、平凡で目立たない女性のほうがFさんにお似合いなのだろうと思っていたのですが、彼はある種の完璧主義で、表面的な美以外に相手の好ましい点を見つけて結婚するという妥協心をもたなかった。

かように、一部の人には肉体の美がことさら重要な判断材料になり得るんですね。。。

Images

〔ヴェニスに死す〕 のビョルン・アンデレセン

名声も知性もある作家を虜にする美少年を演じました。

| | コメント (2)

母の手の感触

BS4で〔新日本100巡礼 長野 善光寺〕という番組を観ました。 

善光寺は、故郷の知り合いや親兄妹が北東北から我が家を訪れた時に、観光案内で出かける場所の一つだったのですが、もうお互いみな年寄りになってしまい誰も我が家に来なくなってからは自然足が遠のいてしまいました。

〔遠くとも一度は行きたい善光寺〕といって、昔の善男善女がお参りをしたい場所のトップに挙げられたと思うのですが今はどうでしょう。。。

亡母が60代の時、善光寺参りに連れて行ったのですが、本殿に極楽浄土が約束されるという〔お戒壇巡り〕という回廊があり、その中を歩きました。これが恐ろしく暗い。墨を流したようなという表現そのもので、母はその暗闇を抜け出るまで私の手にしがみついたままでした。

生まれてこの方母と手を握り合ったというのはこれ一度きり。我が家は8人兄妹ですから、物心つくころには赤ん坊が母の手を占拠、という状態で、母に触れた記憶がなく育ちました。それと、私の母はたとへ我が子でも人の肌に触れることを嫌う性質の人だったように思います。

思いがけない母の手の感触。私は暗闇の恐怖より母の手の感触に気を取られていました。妙な気恥しさ、照れ、そしてここで初めて母の老いを感じ、大人の人間として立場の逆転を感じたのでした。。。

おそらく他の姉妹が経験しないであろう、健康時の母の手のぬくもりを思いがけなく経験したという、善光寺の思い出話です。。。

260pxzenkoji02s3200

善光寺

| | コメント (0)

清濁併せ持つ

〔カントの人間学〕という、ドイツの哲学者 イマヌエル・カントをわかりやすく、面白く書き解いた本〔中島義道著〕があります。なかで著者は

日本人は狂気の含有率がほぼゼロで、品行方正過ぎて、小心翼々としていて、淡泊で、自制心があり過ぎて、物足らない。我が国に生息している哲学者はほとんど哲学者で無いような気がする〕といっています。カントのような天才的な哲学者は万が一にも日本人から生まれないだろう・・・というのです。

狂気の含有率ゼロ、か・・・面白いいいかたですね。confident

思えば、どの分野でも天才といわれる人間はフリが大きいですね。常人が首をかしげるような奇行にはしる天才も居たりします。

〔人間とは、崇高かつ卑猥で、勇気に満ちかつ臆病、聡明かつ愚劣、 冷酷かつ情愛ある個々人である、〕ともかいてあります。なるほど清濁併せ持つのが人間なのですね。。。

水清ければ魚棲まず〕という諺もありますし、あまりに完全な人間を求めすぎても、演じてもかえって不自然な人間が出来上がるのではと考えるのは、濁り過ぎのきらいがある私の僻みかな?coldsweats01

Images

| | コメント (4)

動き回るネズミの話

きわめて下世話な話題bleah 

ワイドショーを観ていたら、〔男はみんなそう、仕方がないのよ。。。〕という、酸いも甘いも噛みわけた60年配の女性の言葉。。。言うまでもないことですが〔男の女性問題〕のことですね。でもね、一般的に言われる〔男はみんなそう。。。〕はどうやら間違いのようですよ、奥様方。

これはネズミを使った研究の結果解ったことでDNAのなせる業だそうです。

よく動き回る遺伝子のネズミと、じっとしている遺伝子のネズミを同じ条件でその反応を調べると、よく動き回る遺伝子を持つネズミは少しのことにも反応を示し、じっとしている遺伝子のネズミは同じ条件でも反応せず、じっとしたままというんです。そりゃそうだろう、と思われるでしょうが、実はこれ〔男の浮気〕の研究なんですね。先日読んだ本の中に書いてあったあった立派な医学研究です。

ですから、結婚するとき、相手の家系をさかのぼって調べれば〔よく動き回るタイプeye〕の遺伝子を持つか否かが解るというのです。

しかし、考えるとこれを調べるのは大変なことでしょう。単に相手の父親だけを調べればいいと云うことにはならないわけで、母親の家系の遺伝子もあれば、祖父母やそれ以上もさかのぼって調べる必要もあるわけです。

突然変異ということもあるし。。。think

220pxnogeyamahatsukanezumi_01

| | コメント (4)

優等生はなにかつまらない。。。((+_+))

今日はご近所で商店を営んでいるTさんが選挙のことで我が家を訪問。。。

この60代後半の奥さん、背が高からず、低からず、よく見ればかなりの美人ではあるが、目立ち過ぎない、よくしゃべる割には内容が控えめで決して相手より上の話はしない、相槌が上手い。服装も年相応で地味目だが、よく見ればいつも質の良いものをお召しになっている。。。要するにどこをとってもそつがなく、商売やに最適な女性なんですね。生まれ持った資質なのか、長い人生経験のなせる業か。。。

我が家の居間に入るなり〔まぁ、相変わらず綺麗にされていること!うちなんかと大違い。〕と言いながら一旦椅子に座ろうとし〔あ、ちょっと絵を拝見。まぁ、素晴らしいですね、これは何処を描いたんですか? 〕我が愚作を観ながらも〔絵を描く人は私などとは出来が違うんでしょうねぇ〕などとまるでそつがない。。。

この奥さんにそのまま乗せられてしまうと、私はいいように翻弄され、年甲斐もなくあらぬ事まで口走るはめになり、己が稚拙な内面をいつのまにやら披露してしまうことになり、後で臍を噛む思いに至るのです。。。bearingで、まずは先制攻撃〔お宅のお婆ちゃんお幾つにななりました?〕〔98歳になったんですよ~。でもね、頭がしっかりしていますよ。まだ自分のことは自分でできるし。。。〕と他の方のように〔年よりは手はかかるのよ~crying〕泣き言めいたことは言いません。

何処を押しても、優等生のような返事しか返ってこない賢すぎる人も、話し相手としては面白くないねぇ。。。早く帰ってくれないかなぁ。。。eye

Images

どこを切っても同じ顔をしてる。。。think

| | コメント (8)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »