« 私の〔三丁目の夕日〕 | トップページ | 筋違いの不満 »

我が愛しき男たち

昨日に続きさらに前の昔ばなし。。。

私の最初の男友達は、物心の着いた頃にはすでに仲良しだった近所の床屋のイクちゃん。この子とは小学校もクラスメートでした。育ちゃんは成績優秀で小学校時代ずっと級長〔学級委員長〕を務めるほどでしたが、実は家では大変な甘えん坊。その秘密を知っているのは私だけでした。

小学校時代もう一人忘れられない男の子はタケヒロ君。早生まれで入学したせいで皆より一回り小さく、ぼんやりした私をたえずかばってくれました。弱いものをかばう漢気はタケヒロ君本来の気質だと思うのですが、ひとつは彼の父親と私の父は飲み仲間ということもあったのでしょう。

でも、実はこの二人の男の子たちより、はるかに魅力的な男性は橋のたもとの下駄屋のおじさん。まだ日本人の履き物は下駄が一般的だったころ、我が家のように大人数だと、頻繁に下駄の修理にいくので、使い走りに適した年齢の私がよく修理の必要な家族の下駄をもって下駄屋さんに行きました。

店先に胡坐をかいて下駄を修理するおじさんは入道のような大男。特にその布袋様のようなお腹が私には珍しく、〔オジサン、今日もくしゃみをしますように・・・〕と密かに願ったものでした。彼の鮮やかな仕事ぶりもたいそう魅力的なものでしたが、くしゃみをした際の波うつ太鼓腹の魅力にはかないません。彼が連続でくしゃみをした日などは特別サービスを受けた気になりました。私はいつもオジサンのくしゃみを今か今かと待ち望みましたが、くしゃみのない日はなんだかとても損をしたような気がして帰ったものです。

私の懐かしい二人の男友達は、私に何の断りもなく早々にあの世に旅立ってしまいました。下駄屋の伯父さんは靴の時代到来となる頃、お店と共にどこかに消えてしまいました。。。

Photo

|

« 私の〔三丁目の夕日〕 | トップページ | 筋違いの不満 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

昭和、なんて清々しい響き。みんな一生懸命でしたね。「三丁目の夕日」は原作本で、楽しく泣かせてもらいました。いい歌がいっぱいありましたね~。

投稿: 十三夜 | 2012年10月25日 (木) 15時20分


ほう!おじさんがね~
恋多きおキヨ様?でしたか…


三丁目の夕日、あの電化製品なども懐かしかったですね。
寅さんにも、黄門様にも涙した。
涙もろいは親譲りの岳です。

投稿: | 2012年10月25日 (木) 18時21分

十三や様
〔三丁目の夕日〕の原作はマンガですって?そういえば映画でもマンガ的なオーバーアクションがありましたものね。楽しくてほろりとさせられて。。。ヒットするわけですよねnote
貴女は下駄を履いたことがおあり?happy01

投稿: おキヨ | 2012年10月26日 (金) 00時23分

岳様

女は自宅に有り余っていましたからね。家以外では男の子と遊びました。happy01
オジサンの太鼓腹にホレる小学生っているかな〔爆〕このあたりからすでにおかしな人格がほのみえておりました。

涙もろい…悪い人はいませんよねぇ。。。delicious

投稿: おキヨ | 2012年10月26日 (金) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の〔三丁目の夕日〕 | トップページ | 筋違いの不満 »