« 動き回るネズミの話 | トップページ | 母の手の感触 »

清濁併せ持つ

〔カントの人間学〕という、ドイツの哲学者 イマヌエル・カントをわかりやすく、面白く書き解いた本〔中島義道著〕があります。なかで著者は

日本人は狂気の含有率がほぼゼロで、品行方正過ぎて、小心翼々としていて、淡泊で、自制心があり過ぎて、物足らない。我が国に生息している哲学者はほとんど哲学者で無いような気がする〕といっています。カントのような天才的な哲学者は万が一にも日本人から生まれないだろう・・・というのです。

狂気の含有率ゼロ、か・・・面白いいいかたですね。confident

思えば、どの分野でも天才といわれる人間はフリが大きいですね。常人が首をかしげるような奇行にはしる天才も居たりします。

〔人間とは、崇高かつ卑猥で、勇気に満ちかつ臆病、聡明かつ愚劣、 冷酷かつ情愛ある個々人である、〕ともかいてあります。なるほど清濁併せ持つのが人間なのですね。。。

水清ければ魚棲まず〕という諺もありますし、あまりに完全な人間を求めすぎても、演じてもかえって不自然な人間が出来上がるのではと考えるのは、濁り過ぎのきらいがある私の僻みかな?coldsweats01

Images

|

« 動き回るネズミの話 | トップページ | 母の手の感触 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

>狂気の含有率ゼロ、

ゼロではないでしょうが、確かに変人呼ばわりされるきらいのある日本。
狂気の沙汰でしきゃ、表せられない世界も存在するのではと思うのですが。
突出した部分が、才能として認められる。
 これは、紙一重の世界でもありますね~
さて、私は?
 変人と言われております(ー_ー)!!
天才でないのも確かです。
唯の変人か~ぁ?
がくっ!

投稿: nono | 2012年10月 3日 (水) 11時21分

nono様
天才と名がつけばその人はもう奇人でも変人でもないわけです。

これからでも遅くはない、nonoさんも私もガンバって天才の部類の人間を目指しましょうsmile

投稿: おキヨ | 2012年10月 3日 (水) 11時38分

「清濁併せ持つ」人に、ある種私はあこがれます
私の認識が、頭がよく、人間のキャパがあって
ある種の大物と思っているからです
私も出来ればそうなりたかった
なにしろ、頭悪いし、人間に幅がないし、肝心な
ところバカ正直だし~
なのに、私も親から「あんたは 変わっとる」と
言われて育ちましたから、変人なのでしよう
人の後ろについてぞろぞろ歩くの嫌いだし
ベストセラーの本は絶対読まないし
多くの人が好きらしい、クッキーは嫌いだし
お墨付きの変人ですbleah

投稿: キャサリン | 2012年10月 3日 (水) 16時24分

キャサリン様
変わっている・・・いいではありませんか。個性があるということですから。
可もなく不可もなしという平均的は必ずしも良いとは言えないと思います。
人は10人十色でいいんです。

そういうご自分を罪悪視してはいけません。
なんちゃって、分別臭いこと言っちゃったbleah

それと、謙遜のし過ぎは自慢とも言いますから、ほどほどに。。。good

投稿: おキヨ | 2012年10月 3日 (水) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動き回るネズミの話 | トップページ | 母の手の感触 »