« ちょっとばかり羨ましい('_') | トップページ | 末恐ろしい !(^^)! »

虚栄心をくすぐる商法

〔誰でも他人の虚栄心を嗤う。しかし自分の虚栄心を嗤うほどの余裕はない〕というように、虚栄心はその強弱の差はあってもすべての人が持っているものと考えていいようです。

その虚栄心を巧みに操る商法、というのが、美術出版会社。もちろん信用のおける有名出版社はありますが、ほとんど悪徳商法ではないかというような出版社のなんと多いことか。。。

彼らのターゲットは、田舎に住む〔芸術家になりたい、またはなりたかった〕老人たちが主で恥ずかしながら。私もその一人。。。

P1190236_480x319

画壇を脱会したのだからもう出版社からは電話や印刷物がのないだろうと思っていたらとんでもない、ますます頻繁に来るようになりました。それがほとんどあやしげな会社ばかり。

電話なら〔こちら、明日もおぼつかない貧乏暮らしなので、費用の掛かる話なら一切お断りですよpunch〕と電話を切ることが出来ますが、印刷物は勝手に舞い込んできます。高い出版料振り込み用紙付きで。。。

この出版会社が潰れもせずに続いているということは〔お客さん〕が引きも切らずに居るということです。たまに自社の雑誌を同封してくるので観るとこれがひどい!こういってはなんですが、ほとんどど素人の絵を法外な料金で雑誌に掲載するんですね。。。

絵画団体に一般公募で入選した人には気をつけるようお達しがあるのですが、虚栄心というのは厄介なもの、それでも甘い話に乗せられてしまいます。印刷された自分の絵は、その代償としては高すぎる、とは感じないほど虚栄心を満足させるようです。

田舎で絵画に親しむ大金、小金持ちの皆さま、また絵画団体維持のため、力量関係なく資金集めで投入された方にご注意申し上げますが、〔○○先生、素晴らしい先生のお作品を芸術評論家の○○先生が大変褒めておられました。つきましてはぜひ当社の雑誌に先生の絵を掲載お願いしたく。。。〕という言葉に惑わされることの無いよう。。。

なに、余計なお世話!?Σ(゚□゚(゚□゚*) 貧乏人のやっかみと!?∑(=゚ω゚=;)

ならかってにせい!!

|

« ちょっとばかり羨ましい('_') | トップページ | 末恐ろしい !(^^)! »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

自費出版商法って昔からありますね。
写真でもありますよ。
コンテスト主催して、応募者に
入選には至らなかったけど良い作品なので、、
と写真集出版の話をもちかける、というの。
私はコンテストに出したりしないので縁はありませんが、知人がひっかかりそうになってました。
あまりにも高額なのでやめたみたいです。

投稿: おーくま | 2012年10月10日 (水) 20時59分

おーくま様

アマチュアカメラマンの方もターゲットにされやすいかもしれませんね。気分の作品が印刷されたものって妙に虚栄心、自尊心を満足させますからね。

知人の方はおやめになられてよかったですね。
昔の話ですが、私の知人はパリで開催される一流の展覧会に選ばれたとの通知を貰い浮き上がってしまって60万円を支払い、送った出品作品をも失うという酷い目に遭っています。


投稿: おキヨ | 2012年10月11日 (木) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっとばかり羨ましい('_') | トップページ | 末恐ろしい !(^^)! »