« 我が愛しき男たち | トップページ | 近寄りがたい人(~_~;) »

筋違いの不満

今日はFデッサン会の日でした。発起人のIさんと私は30分は早く会場に行って場を整える仕事があります。皆さんがやってくるのは、開始時間すれすれ。。。そして支度を時間間際までガチャガチャ手間取っています。。。新しい方が増えているのでこれはまたミーティングの必要を感じます。貴方たちは上げ膳据え膳のお客様ではありません!poutと云えたらどんなにいいか。。。

10年一昔というけれど、時代が10年違うと、ものの考え方にだいぶ開きが生じますね。それとも土地柄かな。。。

総じて私の時代の人間は、何かを勉強する、人にものを教わる、という時に、ある種の緊張感を持って、多少早めにその場に着きそのモードに入ることを心掛けました。私より10年若いIさんは〔みんな、趣味の遊び半分で来てるんだから、そんな固いことを云ったら誰も来ませんよ〕という。そんなもんかな。。。despair

この人達、お昼休みなどには自分の行っている絵画教室の先生に対してはかなり辛辣な批判やら不満を云うから不思議です。最も多い不満は〔誰々には親切でも私はあまり教えてもらえない〕ですね。

おそらく絵画教室では美校を目指す若い人や中央画壇に入選したいレベルの高い人との比較だと思います。

指導者に熱心に指導して貰いたかったら、それなりの努力をしないと、ということはわかっていない連中ですね。

私もそのうち言われかねない・・・crying

P1190403_480x319

P1190404_480x319


今日は裸婦クロッキーでした。

|

« 我が愛しき男たち | トップページ | 近寄りがたい人(~_~;) »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

このお嘆きは折りに触れて俎上に載りますね。
同好サークル、趣味の集まりのどこででも見られる光景ですね。
私がいま預かっている山の会でも全く類似の風景が展開されています。
山行にしても、集会にしても、それを行うためにリーダーや幹部がどれだけ水面下で「アヒルの水掻き」をしているのか」なんてことには丸で無関心。
ただ受動的に参加して、自分はお客様と勘違いしているのかとしか思えないような振る舞い。
すべて、自分さえ楽しければそれで良し・・・。
アルコールを存分に胃袋に流し込んで、酔った勢いで言いたい放題。
そんな様子をリーダーは苦々しく思いながらも、雰囲気を壊さないよう自分を抑え、どこにも持って行き場のない精神的な疲れを抱え込んでしまいます。
モチベーシュンの持続に苦労します。
これって少しは社会の役に立っているのでしょうか?
誘発されて、思わず愚痴ってしまいました。

投稿: 風花爺さん | 2012年10月26日 (金) 09時01分

風花爺さん様

私としてはガス抜きのつもりでいましたが、やはり年寄りの愚痴になっていたかもしれないですね。反省〔猿でもできるクチ…(~_~;)〕
他人への批判、不満を持つくらいだったらきっぱり関わり合いを辞めてしまえばいいことなのですが、切れ切れながら長年ライフスタイルとしてきたことをきっぱり終わりにしてしまう度胸もなく繰り返し続けている次第です。
細々ながら他人と関わっていることで精神面の老化を防いでいるというか・・・結局自身の為というのが本音でしょうか。

他人と交わればいづれも似たようなことがありますね。何の不満もなく、楽しいだけという人が居たなら余程の独裁主義ではないかと思います。
折り合いの世の中、ある程度の我慢が必要ですね。。。

投稿: おキヨ | 2012年10月26日 (金) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が愛しき男たち | トップページ | 近寄りがたい人(~_~;) »