« 町の退廃が止まらない | トップページ | 椅子を蹴る女 (-_-メ) »

〔レ・ ミゼラブル〕を観る

以前からテレビや新聞で宣伝をしていた〔レ・ミゼラブル〕公開初日の今日観てきました。

一言で言って、同監督〔トム・フーバー〕の〔英国王のスピーチ〕に勝るとも劣らずの出来栄えでした。

映画はミュージカル仕立てで、ミュージカルものはあまり好まない私、内心どうかなという気持ちがあったのですが、これが素晴らしかった。。。昔のミュージカルというと、俳優たちが歌うのではなく、オペラ歌手が歌ってそれに合わせるという、いわゆる〔口パク〕が多かったように思うのですが、今回の出演者たちは演技、歌唱力その他を含め厳しいオーデションを受けた俳優たちということで、それぞれが素晴らしい持ち味と歌唱力を発揮。

ストーリーの舞台背景は貧困と格差にあえぐ19世紀のフランス。主人公ジャン・バルジャンが一片のパンを盗み19年間の投獄から仮釈放され、そのまま逃亡者になる。時が経ちやがて、その人格を買われ市長になったバルジャンの前に転勤になった追手の警察ジャベールが現れる。貧しさのあまり、子供を抱えたファンテーヌが売春婦に身をやつしたあげく亡くなる。バルジャンはファンテーヌの子コゼットを連れてジャベールの追跡を逃れる。

コゼットが成長し、若き革命家と恋に落ちる。。。とまぁ、誰もがご存じの物語なのでこの辺で止めておきますが、ジャン・バルジャンを演じたヒュー・ジャックマン、先日〔ニューヨークの恋人〕というロマンチックコメディーをテレビで観たばかりでしたが、別人のように重厚な役をこなし切っています。 ラッセル・クロウの悪役がまた堂に入っていましたね。彼はロックははお手のものでしょうが、ミュージカルとなると・・・?と思いましたがこれが素晴らしいものでした。

母親役のアン・ハサウエイは〔プラダを着た悪魔〕のときよりずっとほっそりと儚げで美しく、歌い上げて亡くなる場面には涙をふく観客も。。。コゼットを演じたアマンダ・セイフライドという可憐な女優は知りませんでしたが、容貌 歌唱とも他の俳優と甲乙つけがたい魅力がありました。

難を云えば、子供の頃から知っている物語ですから、この部分をもう少し丁寧に、と、物足らなく感じたところが随所にありましたが、映画という時間に限られたものですから仕方がないのかもしれませんね。。。

Photo_2

|

« 町の退廃が止まらない | トップページ | 椅子を蹴る女 (-_-メ) »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

「愛の物語」女性には特に人気の様ですね。
タイトルを日本語に訳すと「ああ無常」とか?
レ・ミゼラブルよりも、ジャンバルジャンを
覚えている人の方が多いでしょうか?
映画はいいですね!

投稿: | 2012年12月22日 (土) 10時42分

岳様

こんにちは。
そうそう、レ・ミゼラブルはむかし〔あぁ、無常〕のほうで通っていました。

小説は人物一地一人を濃厚に書き記されているので俳優が演じると違ったイメージになるきらいがありますが、そこをこだわらずに観るとかなりいい作品ではないかと思います。
岳さんもお二人でいかがですかscissors

投稿: おキヨ | 2012年12月22日 (土) 11時18分

「レ・ミゼラブル」、早速初日にご覧になったのですね!
ここしばらくは、全国ロードショーもので〝これは見たい!〟と思う
映画があまりなかったのですが、この映画は見に行くつもりでした。
実は、「レ・ミゼラブル」は、もう15年以上も前にロンドンにいた頃、
ミュージカルを好きになった切っ掛けの作品でした。
それまで私も、おキヨさん同様、ミュージカルには違和感を感じて
好きではなかったのですが、数回同じ舞台を見たのち、
はたとその魅力に目覚めました。
クオリティの高いものの魅力は、やはり圧倒的ですね。
一年間のロンドンでの生活の最後の晩は、「レ・ミゼラブル」の
舞台を見て過ごしました。懐かしい思い出です。
映画の予告動画を見ると、ミュージカルにほぼ近いようだったので
楽しみにしていましたが、配役は私も、どうかな?と思っていた
だけに、おキヨさんの感想を聞いて、ますます楽しみになりましたhappy01
近々映画館へ足を運んできますねnote


投稿: hanano | 2012年12月22日 (土) 12時36分

hanano様
みなさんこの映画を待ち望んでいたようで珍しく劇場が混んでいました。
私も初日に出かけたのは初めてです。
私がミュージカルが苦手というのは舞台を見たことがないからで、舞台のミュージカルを観る機会があったならきっと好きになったことでしょう。〔レミゼラブル〕はその苦手意識を払拭しましたね。。。

ミュージカルと言っても舞台と映画とではまるでちがうとおもいます。映画はあくまで映画であって、ただセリフを歌に代えただけのことで、演じるのも映画俳優ですし。。。

コゼットを使用人として働かせている宿の夫婦役の俳優二人は舞台俳優ではないかと思うのは、映画俳優の出演者たちと雰囲気が違う感じを受けました。

舞台と映画の違いを感じながらご覧になるのも又楽しみの内に入るかもしれませんよgood

投稿: おキヨ | 2012年12月23日 (日) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 町の退廃が止まらない | トップページ | 椅子を蹴る女 (-_-メ) »