« 心洗われるエッセイ集〔邂逅の山〕 | トップページ | 酒に教えられる? »

りんごの上手な買い方

今時分、群馬や長野を旅するとりんご園のある場所では出店が立ち並び販売をしています。こういう出店ではその持ち主のりんご農家の方によってはリンゴの味同様 販売価格もまちまち。

私は出かけた場所によって、この場所ではこのりんご園と買う店をきめています。たとえば栗で有名な信州小布施にいったら段ボールいっぱいのリンゴを1、000円で買える店を知っています。ただしそのりんごは〔わけあり商品 〕↓

P1200462_480x321

鳥が突いたもので正規の小品にならないもの。ムクドリなどやられたものとおもわれますが、鳥も罪なことをするものですね。大概傷は一か所。そして例外なく美味しい。鳥は美味しいリンゴを知って突いているようです。自宅用はこれで充分!

先日小諸の帰りに寄ったお店には気のいいお兄ちゃんがやはり〔わけあり商品〕を一つ一つ10個選んでくれて〔300円でいいよ〕と。。。

スーパーの袋入りリンゴなどとは比べようにない美味しさのものがいまどき300円とは!思わず〔お兄ちゃん、安すぎ!せめて500円になさいよ〕と言いながらもしっかり300円を払いました。smile

ただし、ご近所のお土産用として正規の価格のものを2、3袋を買った後に訳ありを買うのがコツ。。。

そうすると、そのほかにこういうおまけがあります↓

P1200461_480x321

姫りんごが獲り放題notes 

|

« 心洗われるエッセイ集〔邂逅の山〕 | トップページ | 酒に教えられる? »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は果物大好き人間です。
糖質の取りすぎが気になるものの、どうにもなりません。
その私ですが林檎だけは、食欲が低下したときを除き積極的には食指が動きません。
それでも例外があります。
私が往復する山荘の途次にある、あるリンゴ園の「ふじ」だけは、それが店先に並ぶ11月の下旬を待ち遠しく思う絶品で、何でこんなに旨いのか、と感心しながら食べます。
今年は収穫適期が一週間ほど遅れているようで。先日、ようやくこの初物を口にすることができました。
年明けまで品物はある、というのでしばらくこの味が楽しめそうです。

投稿: 風花爺さん | 2012年12月 2日 (日) 07時14分

風花爺さん様

あの周辺の気候はリンゴのふるさと青森の気候と似ているのだそうで、味の良いリンゴが出来るのだと聞いたことがあります。

私の嫂の実家はリンゴ農家で、傷物〔鳥がついばんだもの〕は最高に美味しいと聞いていました。その通りですね。

せっかく成った見事な果実が小さな傷一つで見向きもされない不合理はリンゴと言えども痛ましいと思うので自宅用に買います。
本音はもちろんタダ同然の安さが魅力ですが♪

投稿: おキヨ | 2012年12月 2日 (日) 13時33分

リンゴの美味しさを北国に来て初めて知りました。
 関西では、取り寄せでもしない限り、ふかふかの林檎を食べる羽目になります。

実をもぎ取ってから、かなりの日数がたつと、言う事ですね。
そう言う事で、リンゴは好きではありませんでした。

東北に来て、初めて食べたリンゴは、驚きでした。みずみずしく、蜜入りの林檎、それ以来、この時期、毎年「ふじ」に蜜が入るのが楽しみです。
毎朝食べています。
 

投稿: nono | 2012年12月 2日 (日) 14時41分

こんにちは

なかなか賢い、買い方ですね。参考にさせていただきます。最後に収穫する「フジ」は11月も最後、霜が降りる頃に蜜が入ります。冷暗所で保存すると3月までは美味しくいただけますが、林檎の周辺がベタつくのは、蜜が外に出ているんです。やはり旬にいただくのがベストですね!

投稿: | 2012年12月 2日 (日) 17時09分

nono様
魚などでもそうですが、その地元で食べるのが一番ですね。果物はなんといっても東北が美味しいです。厳しい寒暖の差の気候が果物を美味しくするのでしょうね。

東北のリンゴは昔は酸味が強かったんですが、今は甘さを好むの時代でそのように品種改良されたと聞きました。ですから昔のリンゴはほとんど残っていませんね。

たまに昔の酸味の強いリンゴが食べたくなります。

投稿: おキヨ | 2012年12月 2日 (日) 23時49分

岳様

鳥は平等にリンゴを突くので傷リンゴは何処のリンゴ園にもあるはずです。岳さんもお試しになれば?
ただし、最初から袋入りの傷物は駄目です。リンゴ農家の方に一個一個丁寧に選んで貰うのがコツ。
お馴染みにならないと無理かも。。。
それにはきちんとお商売させること。つまり正規のお値段のリンゴも御買いくださいwink

投稿: おキヨ | 2012年12月 3日 (月) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心洗われるエッセイ集〔邂逅の山〕 | トップページ | 酒に教えられる? »