« 愛情ゆえの悪習慣 | トップページ | 沢渡温泉へ »

江戸切子2点

先日我が家に、若い夫と共に訪れた主人の姪が、江戸切子の花瓶と小物入れをを送ってきました。↓

P1200470_480x321

青い小物入れ と

P1200471_480x321


江戸紫の花瓶

私の描いた風景画を一点持って帰ったのでそのお礼でしょう。私はよく解らないのですが江戸切子は大変高価なものだとか。。。となれば海老で鯛ですかねhappy01

私が50年前、初めて亀戸の夫の家を訪れた時、ちゃんちゃんこを着た色気のない娘が隣の家からちらちら覗いていたのが彼女を見た最初です。彼女の母親は幾度か拙ブログの俎上に載ったことのある辰巳芸者だった夫の姉。粋な母親とまったく似ていない、いわゆる鬼っ子で、田舎育ちの私の目にも〔あか抜けない子〕という印象でしたが、ただそこは下町っ子、物言いはしゃきしゃきしていて、いかにも小生意気な印象でした。

私が今の地へ越してから2度ほど遊びに来たのですが、相変わらずな様子で渋皮がむけた、というふうにはならないまま。。。。

その彼女がなんと、15才も若い、ちょいイケメンの夫を紹介をしに見せびらかしにやってきたeye

わからんもんですねぇ、人の縁などというものは。。。

羨ましそう?・・・そりゃそうですよ!(# ゚Д゚)

というようなことではなく、江戸切子を頂いて嬉しかったということを書きたかっただけ。。。bleah

|

« 愛情ゆえの悪習慣 | トップページ | 沢渡温泉へ »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

焼き物とかガラス製品にはほとんど興味がないのですが、切子は別物です。
薩摩切子と江戸切子の違いは分かりませんが、いずれも特段の魅力があります。
なにせ高価なものですから、たやすく入手することが難しい代物です。
私も数点しか持っていませんが、同じものを飲んでも切子の重みを感じながら飲むと旨いと感じます。
単に、バイアスがかかっているだけのことなんですが・・・。

投稿: 風花爺さん | 2012年12月 6日 (木) 16時23分

おキヨさん、こんばんは

岳もバーバリーのカフスをいただいた方に
退職の時「江戸切子」を差し上げた事がありますが、
確か一個で五桁でしたね!
今は中国産で安価なものも出回っていますね。
風景画、魅力ですね~

投稿: | 2012年12月 6日 (木) 21時50分

風花爺さん様

外出しておりましてレスボンスが遅れ申し訳ありませんでした。

江戸切子を実際に手にするまでは興味がありませんでしたが、こうして眺めると美しいものですね。それと重み。これが何とも言えない心地よさで、江戸切子の魅力が初めてわかりました。

薩摩切子を検索してみたところ、江戸切子の伝統美に対し薩摩切子は色と模様にややモダンさを感じます。
共通する点はどちらも高価だということですね。。。^^
人様から頂く以外は手にする方法がありません。

投稿: おキヨ | 2012年12月 7日 (金) 00時21分

岳様
バーバリーも高価ですよね。
私は知らずに、その着心地良さに買おうとしたコートのお値段をみてバーバリーだと気が付きました。(~_~;)

直接工房へ行って購入したそうですから中国産ではありませんね。。。

投稿: おキヨ | 2012年12月 7日 (金) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛情ゆえの悪習慣 | トップページ | 沢渡温泉へ »