« 本が買えるということ。 | トップページ | 江戸切子2点 »

愛情ゆえの悪習慣

肥満の傾向がある子供の割合は全国で青森県が最も高い。6歳の女児の全国平均は4.2%だが、青森県は11.6%。。。理由として、野菜の摂取量が少ない。活動量が少ないなど。。。 WHO〔世界保健機関〕は子供に60分程度の運動を進めているが、青森の子供は20分程度。。。。都会の子供たちより地方の子供たちのほうが運動量が少ないのは廃校で学校へ通う距離が遠くなり、スクールバス通学などのせいもある。。。ということで

全国平均で4.2%に対し青森の児童の肥満率11.6%でワースト。それともう一つのワーストは男女とも寿命が全国で最低ということなんですね。。。。

重大な事柄が2点も全国ワースト1位とは!青森県出身の私としてこれは穏やかではいられませんdash 肥満の原因は明らかなのに、生活習慣の改善がみられないようです。なぜ改善されないのか青森生まれの私、なんとなくわかる気がするんですね。

青森ではお客のもてなしのときや、大事な家族、ことに愛しいわが子には、とにかくてんこ盛りのご馳走を振舞うことが何よりの愛情表現・・・というところがあります。食べ盛りの子供には愛情を形で示す具体的な方法として過剰な食事量を子供が欲するままに与える、それが子供を慈しみ、丈夫に育てる方法だと思っているふしがあります。

昔から子供に対して盲愛的なところのある県民性だと私は感じています。〔食事が少くて可哀そう・・・〕〔学校が遠くて可哀そう・・・〕という考えだと思うのです。他の県より愛情過多の親が青森には多いと考えていいと思いますが、もうそろそろ、その悪習慣を見直して、子供の将来を考えてあげるのが本当の愛情と思わないことにはこの〔二つのワースト〕から逃れられないと思いますよ。。。

Stemple

この程度なら可愛いですね。
シャーリー・テンプル

|

« 本が買えるということ。 | トップページ | 江戸切子2点 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本が買えるということ。 | トップページ | 江戸切子2点 »