« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

すする食文化

ラーメン屋などでたまに見かけますが、あれ、すすらないで食べる若い人が居るんですね。すすれない日本人?

日本人って西洋人にはテーブルマナ―に置いて厳禁の〔音〕をだしてもマナー違反にはならない〔麺をすする、お茶をすする、 椀ものをすする〕ことが許されています。そういう食文化なのですすること、その時に出る音も日本ではマナーに反しません。そのほうが自然な食べ方になります。

ラーメン店で近くに座っているカップルの女性を見るともなしに観ていると、蓮華にラーメンを数本ずつとりながら口に運ぶ。。。あれで美味しいのかな?と余計なお世話ながら思ってしまいました。

食べ物をすする音が許されるのは、禅の作法では麺とたくあんだけだそうです。たくあんの噛む音はどんなに上品な方でも出さないわけにはいきません。因みに私は音は出ません。お漬物一切食べませんので。。。delicious

お茶も日本茶は男性なら結構豪快な音をさせてすすりますね。女性でも多少のすする音はOKgoodその方が美味しそうです。

私は食後のコーヒーをいつも一人でゆったりした気分で味わいますが、ここだけの話、コーヒーだってお茶のように音を立ててすするほうが美味しい。ホントですよ。おためしあれ。ただし家の中だけの話で、うっかり外でなさらないように。bleah

P1200998_480x321

P1210001_480x321

P1210003_480x321

私のバカチョンデジカメで撮った星たち

星の名が全然わからないcoldsweats01

| | コメント (2)

ワンパターンの散歩道(^'^)

吾ながらよくもまぁ飽きもせずと思うほど同じドライブコースcoldsweats01 ↓

P1200925_480x321

妙義山

1月初めに通った時と違うのは薄っすら雪が積もっている。妙義の雪は珍しいかも。。。

P1200941_480x321

佐久平から北アルプスを望む。

P1200944_480x321

これは乗鞍でしょうか?

P1200945_480x321_2

蓼科山

P1200950_480x321_2

左端が八ヶ岳主峰赤岳 佐久平SAは大好きなところですnote

P1200956_480x321


佐久近代美術館に寄って見ました。

P1200959_480x321


佐藤忠良 船越保武 柳原義達など日本屈指の彫刻家の作品を見ることが出来ます。

P1200975_480x321

そして今日のピカイチshine一月初めに来た時より雪がやや薄いですね。

P1200972_480x321


私は浅間のこのような雪模様を見たのは初めて。。。

横に雪の線が走るのはよくあることでしょうか?ちょっと感動しました。見慣れたはずなのに自然には驚かされることが多いですね。

そして妙義山麓の日帰り温泉、峠の釜めしを買うという、まったく変わり映えのしないいつものパターン。。。happy02

| | コメント (12)

体型の進化

先日ネットで見つけた、明治時代の女性の水着姿↓

4efee819

これは明治か大正時代の女性の水着姿のようですが、なんとふっくらと親しみやすい体型だったこと。。。露骨な言い方をすれば、頭部が大きく手足が短い。

この体型は太古の昔日本人の原型となる民族がシベリアなどの極寒の地で暮らしていた名残りだそうで、寒さに適応した体型に進化した結果だということです。進化の結果の体型だもの賢い体型と思わなければなりません。

それが近ごろの日本人の体形は↓

P1140568_213x320

西洋人と変わらない。。。

背が高く、頭が小さく、腰の位置が高い。足の形がやはり日本人の特徴を残していますがそれも時間の問題だと思います。なぜなら温暖化で日本もだいぶ暖かくなった。もう寒さに対応できる形とはおさらばというわけです。それに文明の利器でそう寒い思いをしないで済むので人間の身体ものびのびと手足が長くなるのでしょう。

もちろん栄養の向上は言うまでもありません。

| | コメント (6)

夫がモテるわけ。

今年で81歳になる我が夫、これで女性にモテています。と云っても老人が素手でモテるわけもなく、それには当然小道具というものが必要ですね。これです↓

P1200910_480x321_2


夫の細工場から なぜかサロンバスもいっしょ(^^ゞ

これを女性達にばらまいているんですね。年代はほぼ50代以上。余程偏屈な方でない限りこのこけしを貰った女性は〔まぁ、可愛いぃ!!おじちゃんが作ったの?器用ねぇ。。。嬉しいわぁ〕というにきまっています。

20年前、定年退職したときに、人並みにいろんな趣味に手を出したのですが、どれも長続きしない。私は〔手先が器用だったわね。何か作ってみれば。。。?〕とおだてて進めたこのこけし作りが長続きしています。

一度など、画友が営んでいる雑貨屋に薦められ置いてもらったら、なんとあっという間に10個売れてしまい、それを補わなければならない大変さにお店に置いてもらうのをやめっちゃった。。。なにせオール手作業なので間に合わないんです。

で、気ままに作り、おばちゃんたちに差し上げてモテたつもりになって悦に入っているという次第。。。smile

P1200908_480x321_2

犬やフクロウも。。。

P1200905_480x321

P1200907_480x321

退屈しないで生きて行けますね。smile

| | コメント (12)

鬼の居ぬ間の出来事。

この場合、鬼とは私の事。。。

私が家を空けるとき、一台しかない車を使用するので、夫は一日家の中にいることになります。普段家に居ても互いに別の部屋に居るのだから私が外出したって状況としてはさして変わりません。私が居ようが居まいが自分の趣味である猫のこけし作りをしていればいいものを、私が留守だとなにかその気になれないようです。

で、何をしているかというと、どうやら家の中のあちこちを掃除しているようなんです。なぜわかるかというと、ものの置き方とかカーペットの位置がずれていたり膨らんでいたりするから。。。自分の名誉のために言いますが、我が家は誰がみえても〔ずいぶんきれいにしていますね〕と言われるくらい家の中がすっきり片付いていますし、私、掃除はマメな方。。。でも悲しいかな老いた身は重いものを動かすことが出来ないため、冷蔵庫やテレビなどの下の綿埃りは日常的に掃除は出来ません。どうやらそれをやってくれているようですheart01

それは当然有難いことですが、だったらついでに自分の部屋を片付けてもらいたいものっ!!punch そこまで気が付きながら、自分の部屋のあの乱雑さになぜ平気で居られるのかそこが判らない。。。

なにかをしてもらい感謝だけではおさまらない嫌みな婆さんsmile

P1200904_480x321

気が付いたらテレビのリモコンのカバーも取り替えてくれていました♪

| | コメント (12)

人は誰でも多面的

孟子の説いた〔性善説〕とは、簡単に言えば、人は善をもって生まれてきて、悪は後から身についたものということです。

本当でしょうか?個人的な考え方ですが、人はおおむね表裏一体という両面をもって生まれてくるのでは?100%の善人もまれでしょうし、悪人と言われる人でも100%のわけではないことを考えるとその方が自然なように思います。

善、悪 とは少々意味合いが違いますが、

私個人の事をだけでも、いろんな面を持ち合わせています。いい加減な面と几帳面な面が同居しています。努力家でもあり怠け癖も。。。妬みや嫉妬は醜いことと知っているので表面には出さないようにしていますが画友に対して確かに持っている。。。気難しいともいわれるし、ユーモリストとも言われます。生真面目であり、気紛れです。みんな自分なんですね。他人が私がたまたま怒っているところをみれば〔おキヨは怒りっぽい性格〕というでしょう。大声で笑うことが多い場面に出くわせば、〔陽気な人〕の印象を持つと思います。

私は自分がそのようなので他人もそうなのではないかと思うのです。そうと知っていれば、なるべく悪い面が暴れださないよう気をつけていかなければなりません。

時には自分を善面で覆つくしていた人が、わずかな隙間から反面を覗かした結果〔あんな人とは思わなかった〕とそしりを受けることがあります。

極端な例で、知的職業の方の〔魔が差した〕とか〔出来心〕なども人間の持つ裏面が覗いた結果なのでしょうね。。。

〔自分はこのような性格〕と決めつけることも不自由なことに思います。

人は誰でも多面性を持っているのではないでしょうか。。。

P1200903_480x321

 秋妙義  F3号アクリルボードキャンバス

 

| | コメント (8)

意外と外ヅラがいい?(^^ゞ

今日は今年最初のFデッサン会の日でした。kデッサン会では私はあまり皆さんと融合することもなく自然体でいてよかったのですが、私とIさんで立ち上げたデッサン会ではそうもいかず、初心者には優しく?指導したり、昼食も一緒だったり努めてコミュニケーションを図っています。

それゆえか、妙にオバちゃんたちに懐かれちゃって。。。coldsweats01 私って、自分で思うほど、偏屈婆さんではないかも。。。仮の姿いつまで続くかまぁ頑張ってみましょう。。。bleah

P1200896_480x321

P1200897_480x321

P1200901_480x321


絵面的にはやっぱり若いモデルさんのほうが・・・happy01

| | コメント (5)

みんなちがってみんないい。。。

先週水曜日に来ていただいたモデルさんに又今日も来ていただき、3日前に訪れたMさんと我がアトリエでプチデッサン会を行いました。つまり3婆の集い。。。delicious

可笑しかったのは、Mさんに私が説明するたびに、モデルのTさんが頷き〔そうですか〕と。。。(笑)多分、私の説明に対しMさんの返事があまりに小さくTさんの居る場所まで聞こえない。そこでTさんが反射的に返事をしているのではと思われます。たまにこういう方がいますよね。みんなを代表して相槌を打つ気のいいオバちゃん。。。

またMさんのように、ご自分で承知し気にしていながらも、うまく返事のできない方も。。。

○ わたしが両手をひろげても お空はちっともとべないが とべる小鳥は私のように 地面〔じべた〕を早く走れない。 

 わたしがからだをゆすっても  きれいな音が出ないけど あの鳴るすずはわたしのようにたくさんの歌は知らないよ すずと小鳥とそれから私 みんな違ってみんないい。。。

                                ご存じ金子みすずの詩でした。

P1200892_480x321

P1200891_480x321

72歳 堂々たるモデルぶりhappy01

| | コメント (6)

食べ残さない工夫を。。。

全人類が食べて行けるだけの食糧が世界で生産されているのに、飢えに苦しむ人々が8億人も居る。食べ物が均等ならば飢える人などいない。ということをご存知でしたか。

世の中はなんと不公平で、矛盾に満ちていることでしょう。などと食事をするのにこんな深刻なことを思う人などいないと思うのですが。。。せめて食べ物はマナーを考え、またレストランなどでは作ってくれた料理人に少しでも心を寄せることが出来れば食事が終わったテーブルの上は見苦しいことにはならないと思います。

日本では食物の3分の1は廃棄されるとか。驚きですね。まだ十分に食べられるのに期限切れで廃棄されたり、レストランなどでは食べ残しの廃棄が多いそうです。

私の年代の人間は飢えの時代を知っているので、食べ物を粗末にする人は比較的少ないと思うのですが、注文したものを半分は残して席を立つ若い女性はもしかしてダイエット?

なら、老いのため小食になったわが夫婦同様、初めから〔量を半分にしてください〕といえばよさそうなものを・・・。自分がお金を払うんだからどうしようと勝手、位にしか考えない?

私は何も上記の事を必ずしも考えているわけではないのです。ただ自分の食事をした後が雑なのが嫌なだけ。食事のマナーに厳しかった父親の影響なんですね。

P1200616_480x321

F20 婦人像

| | コメント (8)

老化現象の追加(ー_ー)!!

数日前にJ・ホンダにいってコーヒー店で夫婦で背中合わせに座って気付かない話をしました。その同じ日の事。

私はサービスタイムのコーヒー&ケーキを楽しむ前に、自宅用のコーヒーをひいてもらい、あとでお店で頂いたコーヒーと一緒に会計を済ませるのが常です。

いつものように会計を済ませようとしたところ、受付の女性に優しい笑顔で〔コーヒーはいかがでしたか?〕と聞かれ、〔美味しかったですよ。ここのコーヒーがとてもおいしいので、買い物に来るのが楽しみなんです。〕〔ありがとうございます。どちらからですか?〕〔隣の県からですけど、知り合いもみんなここのコーヒーのファンですよdelicious〕というような会話を女性と交わしているうちに、引いてもらった自宅用のコーヒーが頭からすっかり抜け落ちてしまい、店内て頂いたコーヒー代だけを支払い店を出ました。。。あげく、そのことを思い出しにしても翌朝になってからです。お店に電話を入れ、〔すみませんでした。そのまま月曜の午後までとって置いて頂けませんか。〕とお詫びとお願いをしました。

度忘れ、つまづき、 節々の痛み などに新たな老化現象として〔二つ事を同時に覚えていられなくなった〕ことが加わりました。。。今回のように、会話をしているうちコーヒーのほうはきれいに忘れてしまうのです。happy02  コーヒーをひいてくれた店員さんと会話をかわした店員さんとは違うので彼女は私がコーヒーを頼んでいたかどうかは知らなくて当然です。

で、今日は特に用もないのに、遠路コーヒーを受け取りに隣県まで出かけるというお粗末なはなしですcrying

P1200876_480x321_2

P1200878_480x321


田舎の冬景色を楽しみながら。。。♪

| | コメント (6)

人には添うてみよ

先日、デッサン会ではご一緒するが、特に親しくはないMさんから〔展覧会用の下絵を見てもらえないか〕というお電話を頂きました。Mさんは日本画を描いている方なので洋画を描いている私、どうかとは思ったのですが、人物画の狂いをみてもらいたいということでしたので今日我が家に来ていただきました。

Mさんは3年ほど前からKデッサン会にみえるようになったのですが、周囲と馴染むことなく発言も少ない方。物静か、というよりはっきりいってどこか偏屈さを感じさせる方で、お近づきになりにくいと思っていたのです。でも我が家にやってきたMさん、想いに反しごく普通の方で、彼女がこんなにやさしい笑顔になることをはじめて知りました。

Mさんを近づきにくいタイプと思ったのはこちらの勝手な思い込みだったんですね。Mさんは屈託のない話しぶりと快活に笑う方でした。馬には乗ってみよ、人には添うてみよというではありませんか。。。wink

Mさんは現在師事する先生が居ないということでしたので、及ばずながら人物の初歩的な書き方だけをという約束で我が家で時々下絵などを拝見することにしました。

P1200882_480x321

しかし、日本画の方って絵を下に置いて描くんですね。この姿勢が股関節に故障のある私にはとても無理。。。(~_~;)

| | コメント (4)

声の大きい人は・・・(-_-)

○  身勝手な奴の声ほどよくとおり     深谷市 小林清

新聞の文芸欄で見つけたこの川柳をみて、ともに声の大きいわが夫婦の事をではないかと思ってしまいました。じつにその通りで、いわれてみれば我が家はお互い身勝手coldsweats01

私の子供の頃には家でも学校でも〔話すときには大きな声で〕という教育をされたのでそれを良いこととして誇りをもってきたというのに、いつのまにやら〔大きい声は品が無い〕の〔自身の無さの裏返し〕のというようなことに変わっています。

私はたまにはよく通る声で聴き易いといわれることもありますが、振り返ってみると〔女らしい〕とか〔色っぽい声〕などとは一度たりとも言われた覚えがない。。。(-_-;)

なんですってね、声の大きい人の心理は他人の関心をかいたい幼児性を持った人間が多いとか。。。夫をみているとうなづけないこともないゕ。。。bearing

そうすると、わが夫婦うちそろって 品が悪く、己に自信の持てない、身勝手で 幼児性の強いという最悪のケースということになります。

そのとおりではないか、ですと!?bomb

P1200880_480x321_2


妙高 F4号

| | コメント (11)

妻の服装を覚えていない!(-_-メ)

もう~っ!!impactという話です。。。

画具を買いにJ・ホンダまで。。。いつものように私は画材店へ、夫は地下の工具店で買い物をしするので30分後にコーヒー店で待ち合わせをすることにしました。コーヒー店の広いフロアーはサービスタイムを当て込んだお客でいっぱいでしたがなんとか席を確保。夫はまだのようなので本を読みながら待ちました。それが30分の約束なのになかなか姿を現しません。じっと辛抱。他のお客が入れ替わる頃になってもまだ来ません。

と、ウエートレスさんが、〔お客様、ご主人様は向こうの席にいらっしゃいますが。。。〕え!と思って振り返ると私のテーブルの並びに私を背にして座っているじゃありませんか!私達はお互い端と端のテーブルに背を向けて座っていました。〔私に気が付かなかったの?〕と聞いたところ〔赤いコート〔正しくは臙脂〕だと思っっていたんで。今日は別だったか・・・〕(#`皿´)

たしかに私が頻繁に着ているのは手軽なえんじ色のダウンジャケット。けど、今日はグレーのチェックのコートでしょうがっ!。。。punch

私達夫婦が買い物ついでによくこのお店を利用するので、古株のウエートレスさんが両端に座っている老人の男女が夫婦だということを覚えていてくださったんですね。

私はオーダーを運んできた彼女に〔先ほどは有難う。。。あのね、この人、妻の今日の服装も覚えていないというんですよ。そのうち顔も思い出せなくなりそうね。〕というと彼女笑い転げましたよ。

たしかにグレーは人に紛れてわかりにくかったかもしれないのですが、それはそうでしょうが・・・まぁ 腹の立つこと!!pout

P1200872_480x321


F6 妙義奇岩  

| | コメント (2)

映画〔白いカラス〕を観る

イギリス生まれの名優アンソニー・ホプキンスとハリウッドの名花ニコールキッドマン主演。2003年制作 ロバート・ベントン監督の映画。

ストーリーは 問題発言で大学教授の職を追われ、そのショックで妻も亡くなってしまう老年の男と、DV〔ドメスティック バイオレンス〕を受け子供まで失った孤独な掃除婦との悲恋物語です。元大学教授は妻にも明かさなかった重大な秘密を抱えて生きてきた人物。題名の(白いカラス)はそのことを意味しています。

大学教授などの知的職業の役柄はアンソニー・ホプキンスほど適役はいませんね。若いニコール・キッドマンとの年齢差〔ついでに背丈の違いも…(~_~;)〕が気になりましたが、この映画の場合、年齢差が悲恋物語の色をより深めている意味ではかえってよかったと思います。綺麗なニコールが今回適役といえないまでも、うらぶれた掃除婦という役柄をまずまず演じていて、元は良家の子女だったという役柄を彼女の持ち味である清楚さで残しています。

冒頭にクリントンがアメリカ大統領時代起こしたスキャンダルを話題にしていることから1990年代のことでごく最近の時代背景なのには驚かされます。なぜならこの映画は人種差別問題が主軸となっているもので、アメリカにおける人種差別問題の根深さを思い知らされますね。

私は〔陽の名残り〕を観て以来アンソニー・ホプキンスのファンですが、老身をさらしたベットシーンは見たくなかった(~_~;)。

若い妻を追いかけるDVの夫がエド・ハリスだとはちょっと気が付きませんでした。トレードマークのあの禿頭が隠され、おまけに顔がひげで覆われていましたので。。。目の感じで最後のほうでやっとエド・ハリスとわかりました。彼も好きな俳優の一人です。

この手の作品は好きで☆☆☆☆shine 久しぶりに見応えのある映画を観たという感じです。notes

20040430005fl00005viewrsz150x

| | コメント (0)

最高齢のモデル嬢


私が17,8年もお世話になっていた隣県のkデッサン会がいよいよもって閉鎖の危機に見舞われ、今月は休みとなってしまいました。その後はどうなるかまだ判りませんがおそらく、続けられないでしょう。

そこで私もいろいろ考えた末、思いついたことは、〔そうだ!あそこにお願いしてみようflair〕あそことは以前リフォームするときにお願いしたことのある〔シルバー人材センター

電話で問い合わせたところ〔デッサンのモデルさん!?・・・さぁ、そんなことははじめてなので受けてくれる人がいるかどうか。。。まずあたってみます。〕しばらくして、電話があり〔ホントに年寄りなんですけど、いいんですか?〕〔もちろんかまいません。(シルバーセンターにお願いしたんですから若い方を期待するはずはありません・・・は胸の中(^o^)  ぜひいらしてくださいnote

で、今日おずおずと我が家を訪れた、御年72歳、今まで描いたうちで最高齢のモデル嬢です↓

P1200870_480x321

ちょっと緊張気味^^

P1200871_480x321_2

だいぶリラックスしてきました^^

P1200869_480x321

自宅だと椅子なども自由に選べるので便利ですね。

初めは疲れると思ったので1時間だけお願いしました。また来週も来てくれる約束で、彼女は幼稚園から帰ってくる孫を迎えに行かなければならないとお茶も飲ますに帰りました。

| | コメント (2)

〔蛙鳴ー あめい〕を読んで

ノーベル文学賞を受賞した中国の作家ということにミーハー的興味を持ち、莫言の〔蛙鳴〕を読み始めてひと月、超大作ゆえまだやっと半分。途中で感想文を書くのも変だとは思いますが、何しろ分厚い。。。ですから感想も2度に分けないと、先に読んだことを忘れてしまいます。(~_~;)

この本を読んで〔面白い〕という表現ははばかられます。なぜなら中国におけるかの〔一人っ子政策〕をテーマにした内容で重く、タブー視されていた事実を文学として赤裸々に取り上げたものだからです。

題名の蛙鳴は本来〔騒々しい子供の声ー蛙は子供を意味する〕という意味だそうですが、ここではこの世に生を受けることの無かった、法律によって堕胎された子供の声を意味するものです。

物語は主人公の伯母で、神の手を持つといわれるほど腕のいい助産婦が一人っ子政策により政府側に属して二人目を身ごもった妊婦の堕胎を強要する。かっての神の手が悪魔の手に変貌する物語です。伯母というのは作家自身の伯母で作家の半生も並行して語られています。

これだけの重いテーマがそう感ぜすに読み進められるのは、主人公オタマジャクシ〔一人称でわし〕が日本人の(先生)にあてて手紙で語り掛ける様式になっていて、これがなぜか広島弁?で妙にユーモラスで文体に勢いがあるからです。

堕胎を拒み、逃げる妊婦を追いかける場面はかなり凄惨ですが国の為に正義感をもって行っている助産婦の高揚感みたいなもので緩和されている感じを受けました。そしてとうとう主人公の妻も堕胎を強要さたあげく亡くなってしまう。。。

この本を中ほどまで読むのになぜひと月以上もかかったのかというと、かなり分厚い超大作だし、寝室用の為、ほんの数ページを読んだだけで眠くなる、 それと中国名に慣れずにごちゃごちゃになって〔さて、この人物は誰だっけ?〕を繰り返していたからですcoldsweats01

莫言の作品は読みやすく、面白いという評判なのでこれを読み終わったらもう一冊読んでみたい気になりました。

Photo

ノー別賞作家 莫言〔モー・イエン〕 言うべからずという意味だそうです。

| | コメント (8)

救急車有料化に賛成

わが団地、年々救急車がやってくる回数が高まっています。昨年暮れには我が家から数軒先のEさんのご主人が階段から落ちて脚を骨折、いまだに入院されています。今年になって我が家の真向いのAさんの奥さんが転倒し脳震盪を起こして救急車出動を依頼しました。ごく近くでもこれだけ頻繁ですから、団地全体からすると救急車の鳴らす音を聞くだけでもかなりの依頼があるようですね。

団地内が高齢化した証です。その原因は様々ですが聞くところによると転倒が多いようです。

転んで苦笑いしながら立ち上がれるのはせいぜい50代後半頃まででしょうか。60~70代になると転んだその場から動けないほどのの痛手を受けて、若い人が同居しているお宅が少ないとどうしても救急車ということになってしまいます。

今 救急車をタクシー代わりにのように呼ぶ人があるようで、有料化とする話がありますが、私はいっそその方がいいのではないかと考えます。高齢者はやむを得ない場合しか救急車の出動を依頼しません。有料化になると、税金の無駄遣いをしているという気持ちの負担が無くなるのですからへんに気兼ねしなくて済むことになるのではと思うのです。。。

我が家は10年ほど前に家の中を高齢者向きにリフォームし、つまづいて転ぶという心配が一応無くなりました。だから家の中ではまだ一度も転びません。でもえらい場所で転んじゃった。。。bearing

草津白根の眺望の良い駐車場で、大勢の人のいる前で、砂利に足をとられ、崖の下にコロコロ転がり落ちてしまいました。立ち上がれませんでした・・・恥ずかしくてcoldsweats02

結局恥ずかしい思いをしただけで済んで幸いでしたが、転ぶことは転んだのです。年寄りはどんなに注意していても転ぶし、それに対応するだけのバランス感覚を失っているので思わぬ大怪我してしまいがちです。遠慮なく救急車の出動をお願いするには有料化にすることがいいのではと思います。

P1090936_480x319_2

旧いスケッチブックから

珍しく富士山を描いていますね 下手ながら今よりは丁寧です。coldsweats01

| | コメント (4)

捨て猫親子の話

夫が可愛がっている野良猫のおっかさん〔母猫の名前〕親子。彼女と2匹の子供たちは、夫が家庭栽培のため借りている畑の近くに住み着いているのですが、昨年の秋に、畑の持ち主が猫一家が住処としていたきゅうりのビニールハウスを撤去してしまったというのです。夫が哀れに思い、にわか作りで代わりの住処をこしらえてやったというのですが、前のきゅうりのハウスの暖かさとは比べ物にならず、あの吹きっさらしの中、寒い夜など心配していましたが、ここ数日は寒さが和らいでほっとしています。

畑から帰ってきた夫が〔あいつら太陽にお腹を向けて日光浴していたよ〕というので〔そんな猫っているの!?〕というと〔生きる知恵を身に着けたんだ。犬も来ないようだし、無防備にお腹を陽にさらしたり、お尻を温めたりしていた。〕というのです。

畑に捨てられた猫は、今まで住んでいた場所を取り払われても、他に移動することはないんですね。どんなに寒かろうがそこが彼らの居場所。なんとか知恵をもって生きて行こうとしているようでその健気さ、たくましさにちょっとばかり感動。。。

せめてカロリーの高いお弁当を〔おっかさん一家〕にあげましょう。。。

Photo

そのうち立ち上がってこういうことを覚えるかも。。。happy01

| | コメント (4)

唐突に思い出すこと

先日ツイッター仲間のtoakoちゃんが〔今夜は石狩鍋~~note〕とつぶやいたのを読んで私は唐突に〔石狩平野~♪〕という歌を思いだし、その曲をハミング出来たのには我ながら驚きました。覚えていた歌詞は〔石狩平野~〕の箇所だけ。

これもツイッター仲間の伊藤さんが〔三橋美智也の歌でしょう〕とおっしゃたのですが、私がまだ13,4の子供の頃だったのでまだ三橋美智也はデビューしてなかった。はてな?と思いPCで検索したところ霧島昇が歌った〔石狩エレジー〕という歌謡曲でした。

私が子供の頃、我が家には大人がしゃがめば隠れてしまうほどの電蓄があって、私から上の兄妹たちは思い思いのレコードをかけて聴いていたものです。

〔石狩エレジー〕をよく聴いていたのは母だったように思います。母はレコード店に出かけるような人ではなかった。兄や姉は母にレコードを買ってあげるほど精神面が大人ではなかった。

とすると、子供たちに笑顔の記憶さえ残さなかった無骨物の父が母に流行歌のレコードを買ってあげた?

唐突に思い出した歌から記憶とも言えないふとしたことを手繰り、あれこれ想うことが最近多くなりましたね。。。

Photo

霧島昇

| | コメント (6)

不可能なこと

時々思うことに、自分はいったい、この世における物事のどれだけを知っているのだろうか。たとえば生涯人が知らなければならない事が1億あったとして、私は現在その何パーセントを知っているのだろうか。。。などと考えたりすることがあります。

まぁ、私ほどではないにしても、ほとんどの人が、なんとか生きて行くだけの事のほんの一部を知っただけで、あとのほとんどを知らずに生涯を終えると考えたほうがいいかもしれませんね。どんな物知りだろうが、偉人だろうが、知識はほんの一部を深く知っているだけで、広範囲という点ではさして変わりなく、知っておきたいことのすべてを知った上で心おきなく一生を終える人など皆無、不可能なことではないでしょうか。。。

でも、それを悲観的に思う必要などなくて、自分がまだ知らない、知らなければならない面白いことが無尽蔵にあると思えばこの世における興味が尽きることなどないと思いませんか?

ものを知らない私、恥をかきながらも、その分人様の何倍も物事に興味をもって残り少ない人生を過ごせそうな気がしますね。

P1200855_480x321

F6号 群馬 有笠山

| | コメント (10)

大型銭湯にて

団地の高齢化と老人二人家族の為、世の中の冬休みが始まるのも終わるのもさっぱりわからない私。かろうじて学校が休みに入ったことがわかるのは大型銭湯に行ったときぐらいのもの。休みに入ると子供や高校生などで、普段はお婆しかいない銭湯もがぜん鮮度が上がります。shine

長年人物を描いていても、孫のいない私、子供の裸は描きたくても描けませんので、銭湯はイメージトレーニングの絶好の場ですです。幼児なら〔まぁ、可愛らしいこと、ニコニコdelicious〕という手がありますが、小学生以上の子はやはりじっと見るのははばかられますので、さりげなくチラチラと。。。見かたによっては〔変な婆さんが変な目つきで我が子をじろじろ見ている〕風にとられかねませんからね。。。happy02

今日銭湯に出かけたら平常の〔婆専湯〕になっていましたので、あぁ冬休みが終わったんだとわかりました。

Img_916695_21665694_4


ジャン・ルノアールの肖像  ルノアール

| | コメント (2)

気になること。。。(ー_ー)

ドライブ先で夫がよく〔ほら、あの○○が見えるだろう〕と遠方を指さすことがあるのですが、私、よく見えないことがあるんです。82歳の夫より7歳下の私のほうがものが見えにくい。。。think

先日も、御代田方面から浅間の左方向に位置する高峰高原あたりへ双眼鏡を向けていた夫が〔あ、建物が見える!〕というので私も観てみたのですがこれがよく解らない。。。自分の目にレンズを合せてみてもよく解らなかったのですが、しつこい夫が面倒なので見えたことにしました。。。bleah

さらに左に双眼鏡を構えた夫が〔お~!槍ヶ岳だ〕というので〔どれどれ〕と私も双眼鏡をのぞきましたがこれもすぐには解らない。わきで夫にうるさく云われ、やっと薄ぼんやりとした槍ヶ岳をとらえることが出来ました。

これって、双眼鏡が定められないせいではなく、視力が相当に落ちているせいじゃないの?なにしろ夜ごとPCに向かいどうでもいいことを熱心に書いているんだもの、視力が落ちて不思議はない。あるいは高齢者の60%は免れないという白内障かも。。。sad

と不安に思いながらも、眼科に行くのが億劫です。。。

P1200743_480x321

サムホール
碓氷峠付近から見た浅間山

| | コメント (0)

ベーカリーの好青年 ♥

軽井沢方面に出かけたとき、私のスケッチ場所の一つに、御代田の〔Cocorade〕というベーカリーがあります。美味しいパンと無料のコーヒーを店内で頂けるのでお店はいつ行ってもお客でいっぱいです。

パン以外の売り物は中庭から見える横広がりの雄大な浅間山。私は横たわったような容の浅間は難しいと思っていたのですが、最近あえてこの場所から挑戦。すでに春の残雪の浅間をここから書いています。

今回も好みのパンと無料のコーヒーをもって店内から外へ。。。1月にして寒さは全く感じられず、誰も居ない屋外のベンチでスケッチが出来ました。

広大な浅間の麓で超安い昼食で満足し、さらに好みのパンを購入しレジに行くと、〔浅間山を堪能されましたか〕と声をかけられました。見るといつも厨房で仕事をしている長身の青年です。

普段、何処へ行っても若者と我々年代の高齢者とは分離状態が当たり前と感じているのでちょっと嬉しい驚き。。。なんて素敵な笑顔の青年でしょう。

こういう若者がいることを知れば〔この頃の若いものは。。。angry〕などと言う言葉を使ってはいけないような気になります。

P1200854_480x321

初描き。。。   すべり出しはは上々happy01

P1200851_480x321

このパンをいつもお土産に買います。一日で食べきれないのですが味は変わりません。

| | コメント (6)

浅間山に初詣

白々と冠雪した秀麗な浅間が外出のたびに手招きをしているようで、近くまで行かないと落ち着きません。で、天気に恵まれた今日(7日) 初詣?に軽井沢まで出かけてきました。

P1200752_480x321

妙義山と浅間山のツーショット

P1200755_480x321


剣で横に払ったように中腹から上のない山は荒船山。

ここは上信越道。不思議な光景でしょう、車が通っていません。

P1200759_480x321


たまたまではない証拠にここでも。。。

腑に落ちないので、横川SAのガソリンスタンで聞いたら〔休み明けにしてもこんなに人が少ないのは珍しいですよ〕とのこと。。。

P1200768_480x321

高岩山

P1200773_480x321

高岩山から軽井沢に行く途中の峠から、今まで気が付かなかった雪山が見えたのですが

なんという山かわかりません。

P1200777_480x321

意外に雪が少ないですね。。。

P1200803_480x321

いつものポジション

P1200808_480x321


頂上付近をアップ

P1200810_480x321


車が少ない!

P1200823_480x321

スキーヤーも少ない。。。

P1200820_480x321


このスケッチ場所が最もお気に入りなんですが、残念ながら曇ってきました。bearing

紅葉時とは段違いの静かな軽井沢で浅間山を堪能できました。notes

| | コメント (8)

伝統のからくり人形芝居

遠路出かけて肩透かしをくった感じの桐生骨董市だったのですが、好いこともありました。

P1200720_480x321

いつも表通りだけを歩いていたので判らなかったのですが、今回裏道を散策して、こんな興味深いものが残されていたことをはじめて知りました。

見学は無料。 私達が入るとすぐに舞台が始まりました。

P1200748_480x321

出しものは忠臣蔵と 曽我兄弟夜討 

昔ながらのゼンマイ仕掛けのからくり人形は今ではここだけということです。

P1200749_480x321

五条橋 

P1200747_480x321

芝居小屋の中の展示人形 〔撮影不可なので画像はすべてパンフレットからです〕中には相当古い人形も展示されていました。

江戸時代から続いているからくり人形芝居は昭和36年を最後に一旦中断、平成11年に再開したということです。人形芝居保存のための援助は少なく、現在は保存会の方々が細々と続けているという話です。

P1200745_480x321

援助の気持ちで展示販売されていた布地を購入。

テーブルクロスにいいですね。。。

 

| | コメント (0)

桐生骨董市

夫が〔久しぶりに骨董市をひやかしにいこうじゃないか。〕というので少々遅い時間とは思いましたが天満宮にお参りもかねて桐生市に出かけました。

案の定出かけた時間が遅かったdespair なんだかいつもよりはかなりお店が少ない。店じまいをしているところもあります。陽気がいいとお昼ごろだって賑やかなんですけどね。この寒さじゃ早めに店じまいするのもむりないか。。。

P1200697_480x321

天満宮ならいつもどうりの賑わいだろうと行ったところ、いつものお店通りが駐車場になっている!近所の方に訊いたところ、お正月には初詣の方の為に境内の骨董市は行わないとのこと。。。

そうかぁ、お正月に来たことがなかったんだ。。。と今日になって気が付きました。

P1200708_480x321

体が冷えてきたので喫茶店で暖かいものを。。。

P1200711_480x321

お店は元造り酒屋だったそうで当時のものが展示してありました。

P1200713_480x321

P1200714_480x321

かなり大きな酒屋さんだったようです。

| | コメント (6)

自己弁護 (^^ゞ

昨年、某美術団体を脱会してから1年、大作を一枚も描いていない・・・despair50号を描きかけて気に入らず途中で投げ出してしまいそのまま。

よし!昨年中途半端にしていた50号を何とか仕上げようdash と勢いをつけてアトリエに入ったのですが、またまた過去の駄作につかまっちゃって手直しです。。。これじゃ新しいキャンバスになかなか手がつかないな。。。happy02

実を云えば小品のほうが描いていて楽しいんです。会を辞めたもので、否応なしの大作を描かなくてもいいわけですから、そりゃ人間どうしたってたのしい方に気が向きます。smile

だからといって小品もそうは簡単にはいきません。それなりに難しい!。。。とかなんとか、自分のやる気の無さをなんとかごまかそうという気がありありとわかりますねcoldsweats01

P1200684_480x321_2

サムホール 妙義山

P1200679_480x321_2_2

旧いスケッチ

| | コメント (10)

同時解釈付き歴史ドラマ。。。(-_-メ)

昨日、テレビ東京の超大作ドラマ〔白虎隊―敗れざる者たち〕を観ました。17:00~23:48分というとてつもなく長~い放映時間のドラマを夫と二人で観たのですが、前々から申している通り、夫は男にしてはおしゃべりな上に自分の知識を傍にいるものに教えたがる癖があります。ですから今回のような歴史ものを観るき、それはもううるさい!(≧ヘ≦)

やれ西郷頼母を知っているか?よく知らないというと会津藩の家老でどうのこうの・・・それを今観てるんでしょうが!eye

土方歳三を知っているか?私〔新選組の副隊長。。。バカにすんな(-_-メ)は胸の中〕彼は東京郊外の田舎の百姓出でどうのこうの・・・沖田総士が新撰組髄一の美男と言われているが土方のほうが上で女にモテた。あの俳優はミスキャスト。。。うるさいなぁもうsad

北大路欣也はいいねぇ、さすがだねぇ。。。時代劇俳優はあのくらい顔がデカくないと様になんないよ。。。まぁ、それは同感だけど。。。

というわけで我が家は同時通訳ならぬ 同時解釈つきの歴史時代劇ドラマでした。punch

6

白虎隊 の北大路欣也

| | コメント (4)

テレビ三昧 (@_@)

朝起きてすぐにテレビをつけすでに始まっている箱根駅伝にくぎ付け。

食事をしながら、後片付けをしながら、食後のコーヒーを飲みながら、 洗濯物を干しながら。。。そのうちお昼になったので夫に軽食を整えながらも目はテレビ。。。波乱の箱根往路が日体大がトップを奪い終了。。。

自宅の風呂は寒いし面倒なので近くの大型銭湯へ。帰ってきて、再びテレビ。今度は7チャンネルで〔白虎隊〕を。。。なんと5時から12時までというあきれ返るほど長時間ドラマをこれも 食事の支度をしながら、お向かいのオバちゃんと新年のあいさつを交わしながら、電話の応対をしながら、後片付けをしながら、たまにウトウトしながらのテレビ観賞。。。

つまり、一日の大半をテレビを観ていたことになります。正月って家に居るとどうしてもこうなっちゃうんですね。

昔、テレビの悪影響を嘆いて〔一億総白痴化〕という言葉を流行らせた政治評論家がいましたが、テレビという文明機具は人間をどんどん怠惰の海に押し流し、思考力を奪う物だということがよく解りました。・・・といいながら明日の箱根復路が楽しみですnotes

P1200653_480x321_2

P1200656_480x321_2

P1200668_480x321


今日も昔のスケッチを。

ぎこちないですが今より丁寧に描いていますね。。。(^^ゞ

| | コメント (2)

やられた!

新年2日目にして記事消滅。。。私の油断を見越したかのように〔このページは表示できません〕と。。。このページが出ると一巻の終わりです。

こう頻繁なのはかってなかったことですから明らかに異常です。PCサポーターに相談しましょう。

P1200661_480x321

P1200663_480x321

P1200662_480x321

しょうがないので暮にアトリエの大掃除をした際に出てきた旧いスケッチを。。。

こんなものを描いていたんですね。しかも何枚も。。。蟹のなにが面白かったのか?eye

P1200649_480x321

P1200652_480x321_480x321

P1200660_480x321

なんでも貪欲に描いていたんですね。。。

| | コメント (2)

新年のご挨拶〔エラそうに・・・^^ゞ〕

  みなさま あけましておめでとうどざいます

            今年もよろしくお願い申し上げます。

と云ったってなに、昨日までの記事となんら変わるわけでもなく、相変わらず愚にもつかないことなど今年も書くつもり満々happy01

いまPCにむかっているのですが、ふと気が付くと、私の団地、0時過ぎても車の音ひとつしません。10年ほど前までは、年が変わって0時を回るころから車の音が聞こえ始めたものですが、今は全く静かなまま。。。団地が高齢化したので元朝詣りに出かける人が無くなったんですね。。。という我が家もしかり。深夜の寒空に飛び出す勇気などとっくに失せています。

それに、寝ずに出かけてまで神様に〔今年こそ良いことがありますように〕とお願いするほど良いことなどなくていい。昨年程度で結構。なまじいいことなどあろうものなら、その後が心配で落ち着かない。だって〔禍福は糾える縄のごとし〕と云うじゃありませんか。。。

新年早々ひねくれていますが、今年もこの調子でがさつに発進です。

Images

| | コメント (8)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »