« ワンパターンの散歩道(^'^) | トップページ | 美人に目覚める »

すする食文化

ラーメン屋などでたまに見かけますが、あれ、すすらないで食べる若い人が居るんですね。すすれない日本人?

日本人って西洋人にはテーブルマナ―に置いて厳禁の〔音〕をだしてもマナー違反にはならない〔麺をすする、お茶をすする、 椀ものをすする〕ことが許されています。そういう食文化なのですすること、その時に出る音も日本ではマナーに反しません。そのほうが自然な食べ方になります。

ラーメン店で近くに座っているカップルの女性を見るともなしに観ていると、蓮華にラーメンを数本ずつとりながら口に運ぶ。。。あれで美味しいのかな?と余計なお世話ながら思ってしまいました。

食べ物をすする音が許されるのは、禅の作法では麺とたくあんだけだそうです。たくあんの噛む音はどんなに上品な方でも出さないわけにはいきません。因みに私は音は出ません。お漬物一切食べませんので。。。delicious

お茶も日本茶は男性なら結構豪快な音をさせてすすりますね。女性でも多少のすする音はOKgoodその方が美味しそうです。

私は食後のコーヒーをいつも一人でゆったりした気分で味わいますが、ここだけの話、コーヒーだってお茶のように音を立ててすするほうが美味しい。ホントですよ。おためしあれ。ただし家の中だけの話で、うっかり外でなさらないように。bleah

P1200998_480x321

P1210001_480x321

P1210003_480x321

私のバカチョンデジカメで撮った星たち

星の名が全然わからないcoldsweats01

|

« ワンパターンの散歩道(^'^) | トップページ | 美人に目覚める »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

 連日のコメントですみません。人生、すべからくでしゃばらないようにという父の教訓が頭にありますが、行動は積極的にという母の口癖も思い出し(本当の話ですよ~)今日も書くことにします。「すする」ですか、「すすりこむ」もありますね。落語などで扇子を箸にみたてて熱いうどんをすする仕草がありますが、まさに日本の食の文化を感じます。若い女性が汁が飛び散るのがイヤとか、行儀が悪そうとか言って、音を立てずに食べるのはまあ大目に見ましょう。今だけですから。おばちゃんとよばれるようになれば、、、。
 立ち食いうどんの店が大阪などでには多いです。そこでうどんをすすっていると、隣の見ず知らずのおじさんがよく話しかけてきます。「お兄さん、七味唐辛子ようさん(たくさん)かけてはったけど、辛いの好きでっか」「お兄さん、きつねうどんでっか、やっぱりうどんはきつねに限りますわなあ」「お兄さん、てんぷらでっか。この店に来たら、てんぷらうどんが正解でっせ」等々。
 大阪は東京とちがって、田舎者の集まっているような町です。そのなれなれしいところ、ぶしつけなところが、私はやっぱり好きです。

投稿: 浮舟 | 2013年1月31日 (木) 22時52分

浮舟様

コメントは悪意のない限り嬉しいものです。私はお母様の口癖のほうに賛成いたします。
私も風花さんや岳さんには毎回コメントを残しますが、根が図々しいせいか、浮舟さんのような謙虚な気持ちになったことはありませんね。勉強しましたcoldsweats01

この記事に対して落語を連想された方がもうおひとりいらっしゃいます。ツイッター仲間の伊藤さんがやはり日本の食文化として小さんの蕎麦をたぐる演技を思い浮かべたそうです。

若い方々の中に〔すする〕ことが出来ない人が増えたのは箸をもてなくなったことと関係があるのでしょうか?スプーンを使った食事が多くなれば、自然すするという食事の仕方が出来なくなるではと思います。すするという食事の仕方が下品とかマナーに欠けるといわれるのは個人の問題で、そういう方はどのような食事方法でも品に欠け、マナーに欠けるのではと思ってしまいます。
同じ民族であっても、住む地方で気質の違いがあるというのもまた興味深いものがあります。
それこそ〔みんな違って、みんないい〕ということに尽きますね。。。

投稿: おキヨ | 2013年2月 1日 (金) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワンパターンの散歩道(^'^) | トップページ | 美人に目覚める »