« 〔蛙鳴ー あめい〕を読んで | トップページ | 映画〔白いカラス〕を観る »

最高齢のモデル嬢


私が17,8年もお世話になっていた隣県のkデッサン会がいよいよもって閉鎖の危機に見舞われ、今月は休みとなってしまいました。その後はどうなるかまだ判りませんがおそらく、続けられないでしょう。

そこで私もいろいろ考えた末、思いついたことは、〔そうだ!あそこにお願いしてみようflair〕あそことは以前リフォームするときにお願いしたことのある〔シルバー人材センター

電話で問い合わせたところ〔デッサンのモデルさん!?・・・さぁ、そんなことははじめてなので受けてくれる人がいるかどうか。。。まずあたってみます。〕しばらくして、電話があり〔ホントに年寄りなんですけど、いいんですか?〕〔もちろんかまいません。(シルバーセンターにお願いしたんですから若い方を期待するはずはありません・・・は胸の中(^o^)  ぜひいらしてくださいnote

で、今日おずおずと我が家を訪れた、御年72歳、今まで描いたうちで最高齢のモデル嬢です↓

P1200870_480x321

ちょっと緊張気味^^

P1200871_480x321_2

だいぶリラックスしてきました^^

P1200869_480x321

自宅だと椅子なども自由に選べるので便利ですね。

初めは疲れると思ったので1時間だけお願いしました。また来週も来てくれる約束で、彼女は幼稚園から帰ってくる孫を迎えに行かなければならないとお茶も飲ますに帰りました。

|

« 〔蛙鳴ー あめい〕を読んで | トップページ | 映画〔白いカラス〕を観る »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

モデルもギャラリーも高齢者が渋いのだ!芥川賞作家もだ! 
 72歳のモデル誕生、いい話ですね。呼ばれた人はとまどったでしょう。シルバー人材センターのおずおずとした対応もおもしろいです。老人の顔は人生が刻まれ、味があるというカメラマンもいますから、奇異な話にあらずです。
 私が村の風景を描いていると、ギャラリーが集まってきます。はじめはだまっていますが、会話の口火を切るのは、たいていおばあさんです。
「あなた、どこの国の人?」「日本で~す」
「観光旅行なの?」「いいえ、定住者で~す」
「どこに住んでるの?」「ドイビン村で~す」
「仕事は何をしているの」「年金生活で~す」
このプロセスを経て、最後の肝心要の質問は
「1か月にどれくらいもらっているの?」です!!
 ベトナムの人は大阪の人に似てます。ずけずけと本音できます。とくにお金のことはあれこれ訊いてきます。こういう場合、正直に答えるのが正解だと、後で村の人に教えてもらいました。日本ならプライバシーの侵害でしょう。でも、かくし事の少ない、あっけらかん生活もまた楽しからずやです。


投稿: 浮舟 | 2013年1月17日 (木) 14時53分

浮舟様

75歳の芥川賞やりましたね!高齢者の希望の星です。
絵画モデルも若い女性だけとは限らないと思うんです。現に老齢の人間を描いた名画も数多くありますし、私も昔顔の皺に魅力を感じて母や先輩の絵描きをモデルにしたこともあります。
ただ、顔のつくりに絵になるかどうかの問題がありますね。美醜というより持ち味というか雰囲気が必要になるかと思います。

そうですか、ベトナムでも口がお元気なのは女性なんですね。delicious自分が興味のあることはとことん聞き出す、それがそちら流のコミュニケーションなのでしょう。なにもわからず、得体のしれない人間とは付き合いづらいでしょうからね。
日本人の、立ち入るのは失礼とか、プライバシーの侵害とか考えすぎると付き合いが浅くなり心が通じ合わなくなってしまいます。
そちらののんびりムードが伝わってくるようです。

投稿: おキヨ | 2013年1月17日 (木) 17時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 〔蛙鳴ー あめい〕を読んで | トップページ | 映画〔白いカラス〕を観る »