« 体型の進化 | トップページ | すする食文化 »

ワンパターンの散歩道(^'^)

吾ながらよくもまぁ飽きもせずと思うほど同じドライブコースcoldsweats01 ↓

P1200925_480x321

妙義山

1月初めに通った時と違うのは薄っすら雪が積もっている。妙義の雪は珍しいかも。。。

P1200941_480x321

佐久平から北アルプスを望む。

P1200944_480x321

これは乗鞍でしょうか?

P1200945_480x321_2

蓼科山

P1200950_480x321_2

左端が八ヶ岳主峰赤岳 佐久平SAは大好きなところですnote

P1200956_480x321


佐久近代美術館に寄って見ました。

P1200959_480x321


佐藤忠良 船越保武 柳原義達など日本屈指の彫刻家の作品を見ることが出来ます。

P1200975_480x321

そして今日のピカイチshine一月初めに来た時より雪がやや薄いですね。

P1200972_480x321


私は浅間のこのような雪模様を見たのは初めて。。。

横に雪の線が走るのはよくあることでしょうか?ちょっと感動しました。見慣れたはずなのに自然には驚かされることが多いですね。

そして妙義山麓の日帰り温泉、峠の釜めしを買うという、まったく変わり映えのしないいつものパターン。。。happy02

|

« 体型の進化 | トップページ | すする食文化 »

今日の出来事」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。おキヨさん。私は神戸の人間ですから、妙義山、浅間山の写真には、なじみがない分、いいな!と見入ってしまいます。とくに冬の山は身がしまる思いがしていいですね。たぶん日本有数の雄大な展望のできる散歩道でしょう。
 私は愛媛県の石鎚山がとほうもなく好きで、6回ほど登りましたが、神戸から本四架橋をこえていく道中、瀬戸内海あり四国山地ありの風景は、見飽きることがありませんでした。下山して帰る途中、必ずうどんを食べました。四国は讃岐に限らずどこで食べても、うどんに、はずれがない。四国の人のうどんに対する口が肥えているのでしょう。いつもながらの1泊2日の旅行でしたが、その決まりきったワンパターンの行程に安らぎをおぼえました。。

投稿: 浮舟 | 2013年1月30日 (水) 16時34分


おキヨさん、こんにちは

代わり映えしない、いつものパターンでも飽きが来ないのが良いですね!道路に積雪は無かったと思いますが、今年は全県的に雪が多いんです。
浅間山の横の縞模様は私も初めてです。
まさか浅間山が邪な考えを!?
噴火を二回見ていますからね~

投稿: | 2013年1月30日 (水) 18時19分

ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
先にお詫びですが、
おキヨさんのコメント欄、掲示板みたいにしてすみません。


浮舟さんが、石鎚山に6回と聴いて思わずの書き込みです。百名山でも行ってみたい山一番が、秋の早池峰山、二番目が石鎚山なのです。紅葉が素晴らしいですね!どちらも遠いですが行きたいと思います。
みんなで一緒にいかがでしょう?

投稿: | 2013年1月30日 (水) 21時44分

 私も山の話になると血が騒ぎます(笑)同じく掲示板がわりですが、おキヨさんは投稿者どおしの交流を許してくれるでしょう、と勝手に考え、甘えます。
 岳様
 山高きがゆえに貴からずといいますが、石鎚山は2000mにわずかに届かない高さながら、神々しい風格ある山です。信仰の山とはこういうものかと雰囲気のある山道をたどっていると思い知らされます。山頂の断崖も勇壮で、360度のパノラマと吹き上げる谷風に登山の苦労が報われます。ぜひ行って見てみてください。私の独断ですが、屋久島は別として、九州、四国、中国、近畿すべてをふくめて一番の山だと思います。

投稿: 浮舟 | 2013年1月30日 (水) 22時47分

浮舟様
こんばんは。
浮舟さんは神戸出身の方でしたか。だいたい〔おらが山〕というのは故郷の山、現在の住居地周辺の山が多いですね。石鎚山は愛媛ですが6回も登られたほど惚れ込んだ山なんですね。今検索してみましたら、なるほど登山される方がのめりこみそうな山容ですね。
たしかテレビで観たかもしれません。信仰の山ということで浮舟さんのように毎年登られる方がいるようですね。

石鎚山を知らない方でも、愛媛のうどんのほうは知ってると思いますよ。私は麺類が大好きですから一度は本場の讃岐うどんを食ベてみたいですね。

このようなワンパターン気持ちが落ち着きますねnotes

投稿: おキヨ | 2013年1月30日 (水) 23時58分

岳様
こんばんは。

そうなんです。ワンパターンと云いましたけど、飽きるどころか、行かないと落ち着かない気持ちになりますね。私の信仰の山は浅間山です。

岳さんもこの雪模様をはじめてご覧にになったんですか!?やっぱり珍しいんだ。。。

まさか!

浅間は優美な姿をしてますがじつはこわ~い山ですからね。怒れる美女となりませんよう。。。

投稿: おキヨ | 2013年1月31日 (木) 00時13分

岳様
どうぞどうぞ、ご自由に連絡を取り合ってくださいね。その方が私も嬉しいですから。。。

山のお好きな岳さんとしては石鎚山と聞いて血が騒ぐでしょうね。2千メートル足らずなのに凄い山容ですね。
”みんなで一緒に・・・”ということは私も?
岳さんおんぶしてくれますかsmile

投稿: おキヨ | 2013年1月31日 (木) 00時38分

浮舟様
許しますとも~wink
浮舟さんの書き込みで岳さんはもう気もそぞろではないでしょうか。
日時を合わせて、石鎚山の頂上で初顔合わせというのは実現できれば素晴らしいですね。

そういえば浮舟さんと岳さん年齢やらその他のことでもとても共通点をお持ちですよ。

投稿: おキヨ | 2013年1月31日 (木) 00時47分

浅間山の縦縞は普通に見られる現象ですが、これは私も初めて目にする現象です。
ディテールが分からないので何とも判別がつけにくいのですが、仮説を一つ。
軽い粉雪が降り積もっていたところに、猛烈なブリザード(地吹雪)が横なぐりに吹き付けて、風下側に流れてこんな珍しい模様ができた、なんてのはどうでしょうか?
自然はしばしば人智を超える造形を生み出しものですから・・・。
石鎚山が話題になっていますね。
私は一度だけ登りましたが、その時が一番見たいと念願していた「アケボノツツジ」(関東周辺のアカヤシオツツジの近縁種)の最盛期で大満足しました。

投稿: 風花爺さん | 2013年1月31日 (木) 06時38分

風花爺さん様

山の雪文様は季節で同じようになると思っていたので、浅間山の初めて見るこの不思議な魅力的な文様には驚きました。毎日浅間を見上げている方にとってはどうなのでしょう

ブリザードのしわざと考えるのが妥当なところでしょうね。レースを思わせる繊細な雪模様です。

登山好きの方々が石鎚山に集中されましたね^^
当ブログで知り合われた方々が石鎚山で顔合わせをshine現実になることを夢見ています。
私が元気でしたらこの計画に乗りたいところですが、残念ながら元気なのは口先だけとなりました。。。(>_<)

投稿: おキヨ | 2013年1月31日 (木) 12時28分

 岳様 風花爺さん様
 こんにちは。石鎚山を話題にしていただき、うれしく思います。私の所有する山ではありませんが(当たり前だ!)、自分の子どもを褒められたような気分です。山の好みは人それぞれです。ミスコンテストで1位になった美女が一番もてるかといったら、それは別の問題です。私は富士山には興味のない人間で、おキヨさんの言う、石鎚山に惚れこんだ、がピッタリの表現です。
 私は、今、ベトナム在住で、永住を期して3年目の隠居です。たぶん石鎚山の登山はもうだめでしょうね。思い出話として書きました。
 最後にくすりと笑えるお話を。石鎚の山頂から面河渓に下山するルートの途中に愛媛大学山岳部の無人小屋があり、「愛大小屋」の看板がかかっています。昔、その山小屋で1泊して翌日、朝の光でよく見たら、だれかのいたずらで「大」の字の右上に点を付けていました。「愛大小屋」ではなく「愛犬小屋」ですね。ユーモアのある落書きで怒る気になれませんでした。

投稿: 浮舟 | 2013年1月31日 (木) 15時42分

浮舟様

私宛ではないようですが、お二人の代りにレスをさせていただきます。

岳さん、風花さん、浮舟さんが石鎚山でお逢いする図を一瞬ででしたが夢見ました。夢ですからこれでいいんです。

これはいたずらにしても愉快ですね。ユーモアーにひらめきを感じます。愛大の学生は怒りつつも〔してやられた!〕と思ったでしょう。happy01

投稿: おキヨ | 2013年2月 2日 (土) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体型の進化 | トップページ | すする食文化 »